落部小学校が全国に向けて実践発表します!(予告)

公民館の駐車場にみんなのアイドル・お猫様が現れるようになりました。
出会えたらラッキー?社会教育課のぐみです。

今日は学校の話題です。
毎年開催されている「小中一貫教育全国サミット」。
小中一貫教育と言えば、小学校と中学校とで一貫性を持たせた体系的な教育を行っているものですが、このサミット、今年は北海道が舞台なのだそうで。
実は、今年のサミットで開催される分科会の1つ「社会に開かれた教育課程」で、八雲町から落部小学校がその取り組みの実践発表を行うそうなのです!すごい!!(拍手)

サミットのチラシ(北広島市教育委員会様より)

しかもこのサミット、今年は八雲町にいながら参加できちゃいます。

当初は北広島市での現地開催が予定されていましたが、コロナ禍における新しい生活様式の中でのサミットとして、Webを活用したオンラインでの開催(デジタル開催)となったのです。

北広島市まで観に行くのは大変だけど、オンラインなら、手持ちのデバイス(スマホやパソコン)を使って、八雲町にいながら参加できますよね。ありがたや…。(視聴期間は11月12日から12月12日まで)

落部小学校は、「小中一貫教育とコミュニティ・スクールで、地域の未来を創る学校づくり」というテーマで実践発表を行います。この他、京都産業大学の西川教授とのパネルディスカッションも行うのだとか。

落部地域と言えば、小中一貫型コミュニティ・スクールを町内で先行導入した地域。
地域と学校が手を取り合って子どもたちを育む活動を精力的に展開されてきました。
その取り組みについて、ぜひオンラインで視聴して、落部小学校を応援しましょう!(こぶし)

視聴申込は、11月9日まで、北広島市教育委員会のホームページから受け付けています。配信内容や視聴方法などの詳細も、こちらから確認してくださいね。
申込はこちらのページから(北広島市教育委員会)

コミュニティ・スクールってなんぞや?という方は以下のページも参照ください。
八雲町コミュニティ・スクールの取組
八雲町CS連協だより

カテゴリー: 未分類 | コメントする

八雲を知ろう!八雲学⑤「熊石学習バスツアー」

もう冬はすぐそこなのか…大量の雪虫が顔面に飛び込んできます。
社会教育課のぐみです。

さて。本日は八雲学講座第5回目のレポートです。

バックナンバー
第1回目講座レポート「尾張徳川家ゆかりの地バスツアー」
第2回目講座レポート「自然に寄り添い育てる野菜とそのタネの話。」
第3回目講座レポート「八雲の遺跡が語る縄文の世界」
第4回目講座レポート「八雲の運輸業、その歩み」

10月24日(日)は、「熊石学習バスツアー」と題し、皆さんと熊石に出かけてきました!
まず向かったのは、熊石歴史記念館。
元熊石町史の編さん委員で、熊石郷土史家でもある松田紀嗣さんを講師に招き、熊石地区の歴史的概要について解説いただきました。

熊石歴史記念館での学習

第1回目の講座「尾張徳川家ゆかりの地バスツアー」で学んだとおり、太平洋側の八雲地域は徳川家の影響を大きく受けた歴史であったのに対し、日本海側の熊石地域は松前藩との関わりが深いなど、同じ1つの町ですが大きな違いがあることを改めて学ぶことができました。
(「熊石」はアイヌ語の「クマウシ」が語源で、「魚を乾かす竿のあるところ」という意味。ニシンをはじめとして、古くから漁業の町として栄えてきたのだそうです。)
展示品それぞれの、松田さんだからこそ話せる裏話もあり、時折笑いも起こりながらの1時間30分でした。
歴史記念館で学んだあとは、それにまつわる熊石各地の史跡めぐりも面白そう!
また熊石に再訪したい、と思える内容でした。

続いて移動したのは、熊石海洋深層水交流施設。
松田さんの解説を通して、熊石はかつてニシンの千石場所として繁栄してきたことを学びましたが、ここからは頭を現代へと切り替えて、「熊石における漁業の現状」を学びます。
「“北海道発”トラウトサーモン養殖の試み」と題して、熊石総合支所産業課長の吉田一久氏に解説いただきました。 

熊石における漁業の現状を学習

漁業資源の深刻な減少が続いている熊石地域ですが、令和元年12月から、沿岸漁業の振興と漁業経営の安定・地域の活性化を目指し、北海道では初となる「トラウトサーモン」の本格生産に向けた実証試験が行われています。(取組みは八雲地域でも行われています)
新聞等でも数多く報道されており、「北海道二海サーモン」と名付けられ、八雲町のふるさと納税の返礼品になるなど、耳にした方も多いですよね。
熊石における養殖試験(2サイクル目)の結果としては、生存率は87%。多くが出荷できる規格を満たしていたとのことで、確かな手応えも感じているのだとか!

終盤には、熊石海洋深層水がどのように利活用されているのかの解説や…

栄養いっぱい!熊石海洋深層水

 水産試験研究施設も見学させてもらい、「海のパセリ」と呼ばれるスーパーフード・海藻の「ダルス」や、様々な魚を養殖している水槽も見させていただき、熊石ならではの海洋資源を活用した現代の漁業について、学びを深めることができました。 

元気いっぱいに泳ぐ魚たち

八雲学を受講されている方は、八雲地域側にお住まいの方のみ。同じ八雲町とは言え、雲石峠を越えた熊石地域に出かける機会や、その歴史や風土、産業について学ぶ機会はそう多くないかもしれませんね。
現地に直接行って、見て、聞いて、感じられるものはやはり大きいなと感じる1日でした。
(日本海に沈む真っ赤な夕陽も見られて、ザ・熊石らしさも満喫!)
講師をお引き受けいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

 さて、次回、11月10日(水)の八雲学講座は、全身に伝わる太鼓の迫力に感動必至!?
八雲ばやし『どどん鼓座』とその鼓動」(講師:八雲ばやし「どどん鼓座」代表政田翔太氏)です。
「どどん鼓座」が持つお囃子は、それぞれが八雲の自然や文化を物語っている…って、ご存知でしたか?
当日は太鼓の実演も予定されているそうなので、お話に加えてとても楽しみです♪
次回のレポートもぜひご覧ください♪

カテゴリー: 公民館講座 | コメントする

交通安全は町に住む1人ひとりの心がけから

事務室でも遂に加湿器が稼働し始めました。社会教育課のぐみです。

さて、ただいま八雲町公民館では、正面玄関(自動販売機前)において、町内の郵便局で働く皆さんが作成された、「八雲郵便局配達エリア内危険箇所マップ(町内通学路危険箇所マップ)」を掲示しています。(マップは熊石地域を除く)

危険箇所マップ(公民館での掲示の様子)


年6月に千葉県八街市で発生した、通学路にトラックが突っ込み、児童5人が死傷した事故を覚えていらっしゃるでしょうか。
この事故を受け、町内の学校からも「登下校中の児童生徒の交通事故が心配だ」という声があがりました。
そこで、町の道路を知り尽くしたスペシャリストである郵便局員(ドライバー)の皆さんが、普段の業務中に感じる「道路(通学路)の危険箇所」を八雲町の地図に落とし込んで、
「道路(通学路)の危険箇所マップ」を作ってくださったのです。
この一連の流れについては、「八雲町CS連協だより第5号(2ページ)」でも紹介しています。
ちなみに4コマ化もしてみました(PDFファイル)
地域の皆さんで子どもたちの安全を守ってくださって、ありがたい限りです。

 「八雲町CS連協だより」のページはこちらをクリック

交通安全は、町に住む私たち1人ひとりの心がけから。
マップは、それぞれの危険箇所について実際の写真と、どんな危険が潜んでいるのか、わかりやすく紹介されていますので、
公民館にお立ち寄りの際は、普段使っている道路がないか、ぜひチェックしてみてくださいね!
(こうした掲示物は、普段は公民館1階ロビーに掲示しているのですが、今は選挙の期日前投票会場になっています。選挙終了後にはロビーに移動させて掲示予定です。)

 マップを作ってくださった郵便局員の皆さん、ありがとうございました!

カテゴリー: 公民館 | コメントする

八雲を知ろう!八雲学④「八雲の運輸業、その歩み」

遂に道内でも降雪が!ホットカーペットを出してきました。
社会教育課のぐみです。

 さて。本日は恒例となってきた八雲学講座第4回目のレポートです。

バックナンバー
第1回目講座レポート「尾張徳川家ゆかりの地バスツアー」
第2回目講座レポート「自然に寄り添い育てる野菜とそのタネの話。」
第3回目講座レポート「八雲の遺跡が語る縄文の世界」

10月13日(水)は、
「八雲の運輸業、その歩み~はじまりは馬1頭から~」というテーマで、
平成30年まで八雲運輸商事の経営に携わっていらっしゃった、株式会社コパンの平野百合子さんにご講演いただきました。
 

▲会場の様子

平野さんのお話ならぜひ聞きたい!という問合せも多く、この日も大盛況でした。

平野百合子さんのお父様が馬1頭(!)の購入から始められた運送業。
農家からの牛乳、石炭、丸太…運べるものは何でも、ときには人も載せていたんですよとのお話。
講座では、平野さんが所有している貴重な映像資料(当時の運送の様子、八雲の町並み、かつてあったお祭りなど)も、たくさん見せていただきました。

会場からは、「さらんべ公園のさくらまつり、懐かしい!」「今の町並みの面影があるね」「昔もこの道路はあったんだね…」といった声もあり、皆さんも興味津々。

海岸にテトラポットを設置するために、海の中を豪快に走っていたトラックの映像(!)など、思わず二度見してしまうシーンもあり、私も大変興味深く受講させていただきました。

八雲における運送の歴史を紐解くことは、当時八雲に住んでいた人々の暮らしぶりや仕事、文化を紐解くことにもつながっていて、まさに戦後の八雲町(日本)の歴史を学ぶ時間にもなりました。

講師を務めてくださった平野さん、どうもありがとうございました。 

さて、次回の八雲学講座は、雲石峠を越えて「熊石」へ行ってきます!
1.熊石歴史探訪~熊石歴史記念館の展示から~ 講師 熊石郷土史家 松田紀嗣氏
2.熊石における漁業の現状~熊石ならではの海洋資源を活用して~ 講師 八雲町産業課課長 吉田一久氏
の豪華2本立てで行います。次回のレポートもお楽しみに♪

 

カテゴリー: 公民館, 公民館講座 | コメントする

八雲を知ろう!八雲学③「八雲の遺跡が語る縄文の世界」

朝晩はめっきり冷え込むようになりましたね、社会教育課のぐみです。

さて、本日は八雲学講座第3回目のレポートです。
バックナンバー
第1回目講座レポート「尾張徳川家ゆかりの地バスツアー “八雲”の足跡をたずねて」
第2回目講座レポート「自然に寄り添い育てる野菜とそのタネの話。~種をとり命をつなぐ~」

講座の様子

北海道・北東北縄文遺跡群の世界遺産登録が決定したことは記憶に新しいですね。
9月15日(水)は、タイムリーなこのトピックに基づき、「八雲の遺跡が語る縄文の世界」というテーマで八雲町郷土資料館の柴田学芸員から学びました。

遺跡ってそもそもなに?という解説から、
実はたくさんある町内の縄文文化の文化財などについて、スライドショーで詳しく教えてもらいました。
遺跡・出土品。
それぞれ誰が、どんな目的で作ったのか、使われたのか。
これ!と断定できるものはなく、様々な資料とも照らし合わせながら考察するから「諸説あり」になるとのこと。とても難しいけれど、ロマンのある研究だなぁと感じました。

講座の最後には、八雲を飛び出して苫小牧・東京・そしてフランスで展示されたこともある「赤彩注口土器(せきさいちゅうこうどき)」の実物も見させてもらいました。
とてもきれいな赤色で、まるいダルマ型。こんなに美しい状態の土器が野田生の遺跡から出土したなんてすごいです。
受講生の皆さんも土器の細部まで熱心に観察されていらっしゃいました。

*****

さて次回は、
10月13日(水)19時~20時30分
「八雲の運輸業、その歩み ~はじまりは馬1頭から~」
講師:株式会社コパン 平野百合子さん
です!
普段なかなか見られない貴重な「お宝写真・映像資料」を用意されていると聞いております。次回もわくわく!

カテゴリー: 公民館, 公民館講座 | コメントする