ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 第36回青年問題研究集会を開催します

第36回青年問題研究集会を開催します

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年2月5日更新

第36回青年問題研究集会を開催します(参加者募集)

今年は「自分の頭で考え、自分の言葉で人生を語ろう!」をテーマに開催します。
今までの人生や周りの出来事を振り返って、課題や悩みを語り合い、
これからの自分の人生をどう歩んでいくか、仲間と一緒に考えてみませんか?

1日目 2月29日(土曜日) 八雲町公民館集会室にて 参加無料

13時30分~15時30分
記念講演「これからの日本を支える、青年に期待すること」
講師 佐藤 藤三郎 氏(山形県在住の農業問題評論家、作家)

講師の佐藤さんは、昭和10年、山形県生まれ。
無着成恭の「山びこ学校」の卒業生で、山形県上山市の青年学級主事、教育委員、農協理事などを務めました。
全国青年問題研究集会の助言者も長く務められ、青年の生き方やまちづくりへの造詣が深い講師です。
「これからの日本を支える青年に期待すること」をテーマに講演いただくと共に、
八雲町にも関係が深い「今の日本を取り巻く農業問題」についてもお話しいただきます。

※終了後、講師を囲んだ意見交流会を同会場にて開催します。(1時間程度、希望者のみ)

2日目 3月1日(日曜日) 八雲町公民館にて 参加無料(昼食注文の場合は500円かかります)

9時30分~15時00分 分科会
「まちづくり」「結婚・子育て」「環境」のうち、いずれか興味・関心のある分科会に入り、少人数で語り合います。
ひとりの課題をみんなの課題として考える、出会いと語り合いの場です。
15時00分~16時00分 全体会
それぞれの分科会でどんなことが話されたのかを共有し、これからの行動について決意表明を行います。

参加申し込み

・記念講演にのみ参加の方
 2月27日(木曜日)までに社会教育課(0137-63-3131)へ電話で申し込み
・分科会にも参加の方
 希望の分科会を1つ選択し、別添の参加申込書(自己紹介カード)とレポートを作成し2月14日(金曜日)までに社会教育課(公民館)へ提出してください。(事前に資料集を作成し、参加者へ配布するために必要な資料となります)
第36回青年問題研究集会 チラシ [PDFファイル/446KB]
第36回青年問題研究集会 実施要項 [Wordファイル/16KB]
参加申込書(自己紹介カード) [Excelファイル/15KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーへ登録<外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>