ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 世界アルツハイマーデー ポスター展の開催について

世界アルツハイマーデー ポスター展の開催について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年9月14日更新

世界アルツハイマーデー ポスター展

世界アルツハイマーデー タイトルバナー

 

世界アルツハイマーデーとは?

 認知症は、高齢になってくるとだれもがかかる可能性のある病気です。これから4年後の2025年には、65歳以上の方の5人に1人が認知症になるといわれています。認知症になっても住み慣れた家で安心して暮らしていくには、より多くの人が認知症のことを正しく知り、あたたかく見守り、支えることが必要です。

 そこで、平成6年に国際アルツハイマー病協会が世界保健機関(WHO)と協働し、毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と定め、この日を中心に認知症の普及啓発活動が始まりました。そして9月を「世界アルツハイマー月間」として、期間中には公益社団法人家族の会をはじめとした様々な団体が普及啓発活動や研修会等の行事を開催しています。

 八雲町でも、認知症の正しい知識をより多くの方に知っていただくため、9月14日(火曜日)から9月26日(日曜日)までの約2週間、八雲町立図書館ロビーにてポスター展を開催します。

ポスター展の様子 

ポスター展の様子

 

資料等の展示について

 ポスター展の会場には、認知症に関する資料や各種パンフレット、図書館に所蔵されている認知症関連の書籍を展示しています。資料やパンフレットにつきましては、ご自由にお持ちいただくことができます。

 関連書籍はお子さまから高齢者の方までお読みいただけるよう、様々な内容のものを展示しております。図書室窓口にて所定の貸し出し手続きの上、お借りいただくことができます。この機会にぜひお立ち寄りください。

関連書籍 

関連書籍のコーナー

資料配布 

配布資料のコーナー

 

その他の関連情報

世界アルツハイマーデーに関する特設ページ

厚生労働省<外部リンク>

認知症家族の会<外部リンク>

認知症家族の会の啓発リーフレット

リーフレット 表

 

リーフレット 裏

世界アルツハイマーデー リーフレット [PDFファイル]

認知症家族の会 読む・知る・認知症キャンペーン2021

 「公益社団法人認知症の人と家族の会」では、認知症に関する最新情報や正しい理解を促す書籍を選び、推薦図書として紹介しています。

※八雲町立図書館未所蔵の書籍については、窓口でのお取り寄せ手続きが必要です。

キャンペーンページ<外部リンク>

2021推薦図書一覧 [PDFファイル]

認知症サポーター養成講座

 八雲町では、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らすことのできるまちづくりをめざし、認知症サポーター養成講座を実施しています。

 認知症サポーターは何か特別なことをするものではなく、認知症を正しく理解し、認知症の方やその介護者の方をあたたかく見守り支える存在です。養成講座開催にあたって受講人数は問いませんので、一度受講してみませんか?開催のご相談希望の方は認知症サポーター養成講座のご案内をご覧のうえ、下記連絡先までご連絡ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーへ登録<外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>