ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 体育課 > 涼しい夏にリフレッシュ!スポーツ合宿を北海道八雲町で!

涼しい夏にリフレッシュ!スポーツ合宿を北海道八雲町で!

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月1日更新

道南トレセン涼しい夏にリフレッシュ!スポーツ合宿を北海道八雲町で!の画像ソフトボールマスターズ北海道予選会

八雲町ではスポーツ合宿誘致活動を展開しております

 八雲町は、実業団から大学・高校・中学校競技部、スポーツ少年団などの合宿地に最適な条件を整えて、合宿誘致活動を展開しております。
 屋外運動場は2箇所あり、総合体育館に隣接する運動公園には、野球場1箇所、ソフトボール場1箇所、テニスコート(グリーンサンド)3面を備えてあります。
 大新地区のスポーツ公園は、陸上競技トラック、フィールド、テニスコート(全天候型3面)のほか、多目的グラウンドではサッカーを中心に野球、ソフトボール等行うことができます。特に、サッカーについては、一般用2面、少年用5面のコートで使用することができます。
 温水プールは、水泳競技者からは泳ぎやすく清涼感のあるプールであると好評を得ています。
 総合体育館では、バスケットボール2面、バレーボール3面、バドミントン10面のコートで使用でき、ランニングデッキ1周150mのほか、トレーニング器機も完備しております。
 スポーツ合宿で施設を使用する場合は、宿泊日数に応じて使用料を割引することができますので、夏期休暇、ゴールデンウィークを利用して、ぜひ一度、当町での合宿をご検討いただきたくお願いいたします。

お問い合わせ先


 八雲町教育委員会体育課
Tel:0137-62-2141
Fax:0137-62-2142
E-mail:taiiku@town.yakumo.lg.jp

サッカー合宿

サッカー合宿の画像1八雲ホテル旅館組合サッカー大会の画像1八雲ホテル旅館組合サッカー大会の画像2 サッカー合宿の画像2サッカー合宿の画像3サッカー合宿の画像4

八雲スポーツ公園

  • サッカーコート
     サッカーコートは、陸上競技場フィールドに大人用1面または子供用(11人制1面、8人制2面)として使用できます。また、多目的グラウンドには、大人用1面または子供用(11人制2面、8人制2面)で使用できます。
  • 使用料
     使用する団体は、陸上競技場、多目的グラウンドとも使用料が1時間当たり通常1,000円のところ、合宿での使用の場合、1~2泊は50%減免、3~4泊では75%、5泊以上で100%(無料)になります。
    八雲スポーツ公園のホームページ

ソフトボール合宿

ソフトボール合宿の画像1ソフトボール合宿の画像2ソフトボール合宿の画像3

八雲運動公園

  • ソフトボール場
    1球場、夜間照明設備、更衣室完備。
    総合体育館と隣接しており、ランニングデッキ(1周150m)、トレーニングルーム、シャワー室、ミーティングルームが使用できます。
  • 使用料
     使用する団体は、1時間当たり通常1,000円のところ、合宿での使用の場合、1~2泊は50%減免、3~4泊では75%、5泊以上で100%(無料)になります。
    八雲運動公園のホームページ

軟式野球合宿

軟式野球合宿の画像1軟式野球合宿の画像2軟式野球合宿の画像3 軟式野球合宿の画像4軟式野球合宿の画像5軟式野球合宿の画像6

八雲運動公園

  • 野球場
    1球場、夜間照明設備、更衣室完備。
    少年野球であれば、ソフトボール場も使用できます。この球場は、硬式野球の試合はできません。
  • 使用料
    使用する団体は、1時間当たり通常1,000円のところ、合宿での使用の場合、1~2泊は50%減免、3~4泊では75%、5泊以上で100%(無料)になります。

水泳合宿

水泳合宿の画像1水泳合宿の画像2水泳合宿の画像3 水泳合宿の画像4水泳合宿の画像5水泳合宿の画像6 水泳合宿の画像7水泳合宿の画像8水泳合宿の画像9

八雲町温水プール

  • プール 25m×8コース 水深1.2m 6コース(一般用)0.8m 2コース(子供用)、歩行用プール、幼児用プール、アクアトレーナー2基、ジャグジー40℃、採暖室60℃、シャワー室(石けん、シャンプーの持込可)、ミーティングルーム(飲食可)
  • 一般利用の場合
    平成27年5月1日~12月19日
    • 一般利用日
      火曜日から金曜日 14時00分~20時30分(17時00分~18時00分閉館)
      土曜日 14時00分~17時00分
      小・中学生の夏休み期間は、午前の部(10時00分~12時00分)も開館します。
    • 休館日 日曜日、月曜日
  • 平成27年12月20日~平成28年2月2日
    機械メンテナンス、プール水入換えのため休館。
  • 平成28年2月3日~4月30日
    上記休館日のほかに、火曜日も休館日となります。
  • 合宿利用の場合
    開館日の一般利用時間帯は、2コースの占用利用となりますが、閉館時間及び休館日ついては、全コースを占用利用することができます。
  • なお、パドル、フィン等の補助用具の使用や、安全管理が適切になされていると判断される場合、誓約書を提出の上、飛び込み台からの飛び込みを許可しています。
    (例) 平成27年5月2日(土曜日)~6日(水曜日)使用の場合。
    • 2日(土曜日)8時00分~14時00分 全コース占用可
      • 14時00分~17時00分 一般利用時間帯のため、2コースのみ占用可。
      • 17時00分~21時00分 全コース占用可
    • 3日(日曜日)8時00分~21時00分 休館日のため、全コース占用可。
    • 4日(月曜日)8時00分~21時00分 休館日のため、全コース占用可。
    • 5日(火曜日)8時00分~14時00分 全コース占用可。
      14時00分~20時30分 一般利用時間帯のため、2コースのみ占用可。
    • 6日(水曜日) 8時00分~14時00分 全コース占用可。
      14時00分~20時30分 一般利用時間帯のため、2コースのみ占用可。
      ※9月19日(土曜日)~23日(水曜日)についても、同様の扱いとなります。
  • プール使用料
    プール室に入室する方は、使用料として1日、一人300円納入していただきます。
    なお、コース占用使用料は、無料になります。

 八雲町温水プールのホームページ

陸上長距離走合宿

陸上長距離走合宿の画像1陸上長距離走合宿の画像2陸上長距離走合宿の画像3

環境

八雲町は、道南の中でも夏は涼しく(曇りやすく)、夏の長距離走合宿をする環境を整えています。
ランニング環境は、スポーツ公園陸上競技場の周辺に農道が張り巡らされており、平坦な道路、アップダウンのある道路など、いくつものコースを設定することができます。
また、道立公園「噴火湾パノラマパーク」内は、アップダウンのある整備された丘で、ジョグをするのに適しています。
北海道で合宿を計画されるチームの皆さま、道南八雲町での合宿はいかがでしょうか。

アクセス

北海道南部の函館市から北へ80kmに位置し、交通のアクセスが良いです。

  • 函館駅から八雲駅 特急で1時間
    大沼公園駅から八雲駅 特急で40分
    函館空港から八雲 一般道を車で1時間45分(大沼公園から高速道路あり)
  • 新千歳空港駅から八雲駅 特急で2時間
    新千歳空港から八雲 高速道を車で2時間

体育課より

  • 体育課職員が、練習の目的に合ったコースを案内します。
  • ロードバイクを使って、設定したコースの距離を計ることができます。
  • 距離表示などの看板を道路ぎわに立てることができます。
  • スクーターをお貸しします。
  • 普通自転車(変速付)をお貸しします。

バスの送迎

町内にはバスを所有している宿泊施設が4件あり、そこで宿泊されると、宿からスポーツ公園陸上競技場や噴火湾パノラマパークなどの練習場所へ送迎します。
また、函館空港、千歳空港などの遠距離の送迎については、宿泊施設との相談になります。

陸上競技場

陸上競技場の画像 1陸上競技場の画像 2陸上競技場の画像 3

  • チームは、気温が低くなる夕方にペース走をしました。
  • 監督曰く、トラックがきれいに整備されている。土のトラックは、足にやさいい。練習内容によっては、十分使えるとのことです。

山間部でのロード

山間部でのロードの画像1山間部でのロードの画像2山間部でのロードの画像3

  • チームは、山深い宿舎から2班に分かれて、30キロ走をしました。
  • 宿舎からの出発であれば、物資の用意など何かと都合が良いようです。
  • このコースはたまに車が通りますが、適度にアップダウンがあり、その日は涼しかったこともあって、良い練習ができたようです。

パノラマパーク

パノラマパークの画像1パノラマパークの画像2パノラマパークの画像3 パノラマパークの画像4パノラマパークの画像5パノラマパークの画像6

  • 宿泊施設のバスで移動し、噴火湾パノラマパークで90分ジョグを行いました。パーク内は、遊歩道と芝がきれいに整備されており、適度なアップダウンがあります。車の心配はまったくありません。
  • パーク内(左下)は、北海道内でも2箇所しかないディスクゴルフ公認コースとなっており、6月に北海道オープンが開かれ、全国からプロ選手が集まります。
  • 練習を終えてからだを休める選手たち(右下)。噴火湾を目前に、その先はニセコ連峰と羊蹄山(蝦夷富士)が見えます。ロケーションは最高です。選手、監督、コーチ、案内した体育課職員も満足でした。

練習コースの紹

練習コースの紹介の画像1
遊楽部河川敷ランニングコース
1周約4kmあります

練習コースの紹介の画像2
立岩地区
フリージョグをするのに最適です

練習コースの紹介の画像3
花浦地区
平坦なコースをつくることができます

練習コースの紹介の画像4
大新地区
陸上競技場周辺の農道です

練習コースの紹介の画像5
山越地区(ミルクロード)
噴火湾パノラマパーク隣の農道です
ミルクロードと言われ、アップダウンが連続します

練習コースの紹介の画像6
野田生地区(ミルクロード)
高速道路の工事が始まる以前は、実業団の選手が走られていました

練習コースの紹介の画像7
大新地区
育成牧場に向かう農道です
上り調子、下り調子となります

練習コースの紹介の画像8
大新地区
育成牧場頂上付近の農道です
乳牛が放牧されています

練習コースの紹介の画像9
大新地区(育成牧場展望台
八雲市街地、噴火湾、羊蹄山、駒ケ岳が見えます
市民ランナーが自主トレでここまで来ます