ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 八雲町小中一貫型コミュニティ・スクール

八雲町小中一貫型コミュニティ・スクール

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年3月19日更新

八雲町小中一貫型コミュニティ・スクールについて

 八雲町教育委員会では、平成30年度から町内すべての小学校、中学校において
 「小中一貫型コミュニティ・スクール」を導入しました。

コミュニティ・スクールとは

 コミュニティ・スクールとは、「学校運営協議会制度を導入した学校」のことを言います。
 この学校運営協議会は保護者や地域住民などから構成されていますが、
 学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を述べるといった取組が行われています。
 いわば、コミュニティ・スクールは、
 学校や保護者・地域の皆さんが共に知恵を出し合い、
 協働しながら子どもたちの豊かな成長を支えていく、「地域とともにある学校づくり」を進めるための仕組み
であり、
 地域コミュニティの活性化にもつながる取組と言えます。


コミュニティ・スクールのイメージ図(出典 北海道教育委員会)
コミュニティ・スクールのイメージ図

八雲町におけるコミュニティ・スクール

 八雲町においては、4つの中学校区(八雲中学校区・野田生中学校区・落部中学校区・熊石中学校区)を基盤に、
 学校、保護者、地域が一体となって「目指す15歳(中学3年生)の子どもたちの姿」を共有し、
 各地域ならではの学習素材や地域人材を取り入れた取組を実施しているほか、
 小中学校で統一した学習・生活のきまりを定めるなど、「小中一貫型のコミュニティ・スクール」として様々な取組が行われています。

各中学校区と、「目指す15歳(中学3年生)の子どもたちの姿」

  • 八雲中学校区(八雲中学校・八雲小学校・山崎小学校・浜松小学校)
     「郷土を愛し、未来を築く人間」
  • 野田生中学校区(野田生中学校・野田生小学校・山越小学校・東野小学校)
     「自ら考え学び、自他を認め、思いやりと強くたくましい体をもつ若者」
  • 落部中学校区(落部中学校・落部小学校)
     「落部に遊び、学び、誇りをもつ子ども(生徒)」
  • 熊石中学校区(熊石中学校・熊石小学校)
     「学びを広げる子ども(知)自他を尊重する子ども(徳)活力あふれるたくましい子ども(体)」

八雲町コミュニティ・スクール連絡協議会

 町内におけるコミュニティ・スクールの運営について一層の充実と深化を図り、
 各中学校区における取組の交流や情報の共有を図ることをねらいとして、
 平成30年度より「八雲町コミュニティ・スクール連絡協議会」を設置しました。
 先進地への視察研修を行うほか、会議を通して各中学校区における取組の情報共有を行っています。
 また、町内の各家庭、地域へコミュニティ・スクールの取組を紹介する「八雲町CS連協だより」を作成し配布しています。

参考リンク