ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新生児聴覚検査

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年4月1日更新

新生児聴覚検査費用助成について

 八雲町では令和4年4月1日より新生児聴覚検査費用助成事業を開始することとなりました。生まれた赤ちゃんが適切な時期に聴覚検査を受けることができるように、検査にかかる費用を一部助成いたします。

【助成対象者】

 令和4年4月1日以降に検査を受けた新生児の保護者で、八雲町に住民票を有する方。

 

【対象となる検査】

 ・ 自動ABR(自動聴性脳幹反応検査)

 ・ OAE検査(耳音響放射検査)

※いずれの検査も赤ちゃんが眠っている間に耳に機械を当てて行い、5分程度で終了します。

 

【検査時期】

通常、分娩した医療機関で入院中に行われます。

 ・ 初回検査・・・生後3日以内に行います

 ・ 確認検査・・・初回検査で「再検査」の結果が出た方へ、おおむね1週間以内に同じ検査を

          繰り返して行います

 

【助成内容】

 〇 初回検査

 ・ 道内の委託医療機関を受診する場合は、妊娠届出時に交付された「新生児聴覚検査受診票」を

   医療機関に提出します。

   検査に要する費用のうち、上限5,000円(税込)までを助成します。

 ・ 受診票は出産後、最初の新生児聴覚検査にご利用ください。(生後1か月頃まで)

 ・ 受診票は原則再発行はできません。ただし、やむを得ない事情がある場合にはお申し出ください。

 ・ 受診票は、検査後に委託医療機関から八雲町へ送付されます。

 

 〇 確認検査

 ・ 新生児聴覚検査受診票による助成対象にはなりませんが、申請をしていただくことで医療機関に

   お支払いいただいた検査費用のうち、上限5,000円(税込)までを助成します。(償還払い制度)

 

※北海道外の医療機関で聴覚検査を受けられる場合は「初回検査」「確認検査」ともに町に申請をして

 いただくことで、医療機関にお支払いいただいた検査費用のうち、上限5,000円(税込)までを助成

 します。(償還払い制度)

 

償還払い制度による助成金の申請手続きについて

 【申請方法】

申請に必要な以下のものを提出してください。

 〇 新生児聴覚検査費用助成申請書 ~ 以下からダウンロードできます。(シルバープラザ・落部

                    支所・熊石総合支所でもお渡しできます)

 〇 検査費用が確認できる領収書や診療明細書

 〇 母子健康手帳(検査日や検査内容、結果が確認できるもの)

 〇 助成対象者(保護者)の方名義の口座番号が確認できるもの

 〇 未使用の新生児聴覚検査受診票(確認検査の費用助成申請の場合は不要)

 〇 申請者の本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証等)

 〇 委任状 ~ 申請者が保護者以外の時に必要です。以下からダウンロードできます。

         (シルバープラザ・落部支所・熊石総合支所でもお渡しできます)

   申請書 [PDFファイル/127KB]        委任状 [PDFファイル/53KB]

 

【申請時期】

検査日から1年以内

 

【申請先】

 〇 八雲町総合保健福祉施設シルバープラザ 保健福祉課健康推進係

   八雲町栄町13番地1       電話 : (0137)64-2111

 〇 落部支所

   八雲町落部879番地        電話 : (0137)67-2231

 〇 熊石総合支所 住民サービス課住民福祉係

   八雲町熊石根崎町116番地    電話 : (01398)2-3111                   

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)