にわかSEは大忙し!

地デジ対策最終手段「ホワイトリスト」

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-13 20:00

ども。
選挙事務の疲れが1日遅れで来ました。最近急速に若さを失いつつある担当ちゅんです。

地デジ開始まであと1年と少しとなりました。
多くの世帯でデジタルテレビに買い換えるなど準備が進められていることと思います。しかし、八雲町内(主に山間部)には高性能なアンテナをつけようともデジタル放送を受信できない「新たな難視」と呼ばれる世帯が数世帯あります。

これまでのアナログ放送では多少映像がザラザラしても最悪音声だけは聞くことができていましたが、デジタル放送になると極端に言うと映る・映らないの2択です。なんとか映像を見れるとか、音だけは聞けるという中間は無く、映らなくなるレベルになると一切受信できなくなります。なので、アナログでは見られたものが、デジタルになることで見られなくなるという意味で「新たな」難視なのです。

そうした地域を救うための最終手段として、国では衛星放送で地上波を受信してもらう方法を用意しています。通称「ホワイトリスト」と呼ばれるもので、暫定的にBSアンテナでテレビを受信します。「それなら地デジ対策は要らないんじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで暫定措置なので期間が定められていますし、その期間内でしっかりと対策をしていくというものです。もちろん、受信強度の調査を行った結果、アンテナでは受信できない世帯のみがこの対象となるのは言うまでもありません。BSアンテナがあるからといって誰でも見られる訳じゃないんです。

それでもテレビが見られるんだからよかった!と、本来手放しで喜びたいところなのですが、そうもいきません。なぜなら送られてくる電波は衛星放送なので、全国一律の放送を見るかたちとなり、なんと北海道でも放送されるのは東京の番組です。なので、道民におなじみのあの番組やその番組も見ることはできません。当たり前ですが、天気予報も東京の天気ですし、新聞(地方紙)のテレビ欄では役に立ちません。テレビが見られない不便さよりはマシかもしれませんが、これはかなり厳しいと思われます。普段身近にあるものに限って、いざ無くなってみて大切さを思い知るというのは、まさにこのときの言葉じゃないでしょうか。

デジタル放送できれいな映像を見ることができる反面、こうした不自由さを我慢しなければならない方もいるという事実を決して忘れてはいけないと思います。


地デジの準備、大丈夫ですか?

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8843)

無線LANとISM機器

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-12 14:29

選挙も無事終了しました。でも開票所から帰ったのが「今日」でしたので多少疲れ気味です。最後の選挙ネタを書きたいなと思いましたが、考えがまとまりそうも無いので後日とします。

さて先日、2.4GHzの無線LANが電子レンジと同じ周波数だと書きました。そしてこの周波数が、ISMバンドと呼ばれ本来、産業・科学・医療用機器の周波数帯となっている事も書きました。今回は「医療用機器」もこの周波数帯を使用していると言う点に注目です。

町立の八雲総合病院でも、管理事務用にPCが配備されており役場のjoho系ネットワークに接続しています。これらのPCは事務室内において無線LANで接続されており、煩わしいケーブルを引き回さない仕様になっています。平成14年に病院事務室のネットワーク設計で、無線LANを使うなら2.4GHzはISMバンドと知っていたので、医療用機器に影響を与えることは万が一にも許されない考えました。これは実際に病院でISMバンドの機器が使われていようがいまいが、使用される可能性が今後も否定できないことから、ISMバンドである2.4GHzは一切使用しない事としました。となると2.4GHz以外の無線LANには、IEEE802.11aという規格で5.2GHz帯の無線LANもありましたので、これでネットワークを構築することになったのです。

当時は無線LAN機器そのものが高価でしたし、802.11aの商品は本当に少なく大変だった記憶があります。さて、そんな病院事務室内のネットワークだったのですが、今回端末PCの更新が行われたので、調達仕様書に802.11aを書いたのは当然ですがナント・・・・!新型のノートPCでは、既設の無線アクセスポイントと何としても通信が出来ないのです?

調べました。2005年に電波法が改正になって、今までの日本独自チャンネルプラン(J52)から国際標準のチャンネルプラン(W52)に規格が変わっているのです。当然既設のネットワーク機器はJ52でしたが、最近売られているのはW52又はW52+W53の新型です。なんとこれらには互換性が無いのです!最終型のJ52機器ならファームウェアのアップデートでW52へ変更できるらしいのですが、病院のアクセスポイントは、古すぎ?残念J52のみでした。結局、アクセスポイントもW52の新型へ更新し無事に全PCのネットワーク接続が可能となりました。

でもある意味?逆に今売っていないJ52の方がセキュリティが高いかも知れない?

国際標準化された802.11a
日本独自のJ52と国際標準のW52は近い周波数なんだけれど通信は出来ない。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11098)

ハードディスク2TBの壁

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-9 17:59

ども。
健康診断の結果に、ほっと胸を撫で下ろした担当ちゅんです。

以前、当ブログで「メール2GBの壁」という記事を書きましたが、本日はハードディスク2TB(テラバイト:およそ1000GB)の壁です。PCの世界にはとにかく色々な「壁(容量制限)」が存在します。

最近はハードディスクの大容量化・低価格化が顕著で、2TBの3.5インチハードディスクが1万円を切る値段で販売されているのを見かけるようになりました。2TBといえば、100人程度のオフィスで共有するファイルサーバーくらいの容量。数年前はうん十万したような機器が、いまや家庭用です。個人での使用で2TBも使うのか?という疑問もありますが、結局は「大は小を兼ねる」です。数人で共有して簡易的なファイルサーバーとしての用途も考えられます。

当の私も、実は個人的にハードディスクの新調を検討しております。さすがに、120GBでは手狭になってきましたので。

しかし、ここに若干の落とし穴が存在しています。実は、ハードディスクが2TBを超えると、Windows XP (32bit)以前のOSでは認識させることができなくなるのです。

==================マニアック記事。読み飛ばし推奨。=================
なぜ2TBに壁があるのかというと、原因は主にMBR(マスターブートレコード)の制限から発生しています。MBRとはハードディスクの先頭にあるデータで、OSの起動方法やハードディスク容量などの情報が書き込まれている領域のことですが、この情報は32bitで管理されているので、32bit…すなわち2の32乗個のセクタ数しか管理することができないという理由なんだそうです。一般的なハードディスクは1セクタ512バイトなので、計算するとこうなるのです。

2の32乗=4,294,967,296セクタ
4,294,967,296セクタ×512バイト=2,199,023,255,552バイト=2TB(テラバイト)

ちなみに、バイト数の計算は次のとおりです。
1KB(キロバイト) 1,024バイト
1MB(メガバイト) 1,024×1,024=1,048,576バイト
1GB(ギガバイト) 1,048,576×1,024=1,073,741,824バイト
1TB(テラバイト) 1,073,741,824×1024=1,099,511,627,776バイト

以上の理由から、2TB以上の領域は管理できないのです。
==========================ここまで==========================

この辺の事情は32bitのOSで3.2GBを超えるメモリを認識できないことと似ています。認識できない領域は未使用の領域として残ってしまうんだそうです。

Windows XP(64bit)やVista、7ではこの問題はクリアできているので、世間的には大きな問題にはなっていませんが、単純に「安いから買おう」と手を出すと痛い目を見る人もいるかもしれません。こうして考えると、様々な面で限界が垣間見える32bitが淘汰されていく時代がすぐそこまで迫っているように思えます。周辺機器やソフトウェアの対応も今ではほとんど心配ありませんし、機会があればそろそろ64bitに挑戦してみたいと思っています。実は未体験なんです!

HDD
2TBのHDD。円盤が4枚登載されています。美しいです…。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13290)

無線LANと電子レンジ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-8 17:29

パソコンのネットワークで使用される無線LANの規格でIEEE802.11gみたいな表示をみたことがありませんか?

一般家庭に普及している無線LANは、IEEE(アイ・トリプルイー)という規格で、周波数や変調方式等を国際標準で定めています。この中の802.11b、802.11gや802.11nなどが2.4GHz帯という周波数を使用しています。この周波数は、TV、ラジオや携帯電話などよりはるかに高い(波長が短い)極超短波と言われる周波数なのですが、この2.4GHz帯が面白いのです。何がって?

順序立てて話をすると、まずISMバンドであること。ISMとは、Industry-Science-Medicalの頭文字で、日本語に訳すと、産業・科学・医療用の周波数帯となります。これは、国際機関であるITU(国際電気通信連合)によって指定されいて、電波をもっぱら無線通信以外の産業・科学・医療等の高周波エネルギー源として利用することになっています。この本来無線通信に使わないようにしてあった(言い換えると、あまり使われていなかった?)周波数なので、ISM機器からの混信を許容した上で、アマチュア無線に二次業務として使用する事が許されたりしていました。更にこれらの割り当てと重複する形で、最近急増した無線LAN等でも使用されるようになったのです。ちなみにISM機器からの電波の漏れは、厳しく制限されており、他の機器に影響があるようなことはほとんどありません。また、電子レンジや工業用加熱炉の多くはISMバンドの中心?を使っていますが、無線LANはバンドの端を使っています。なので同じ周波数帯でも共存が出来るのです。

次にISMバンドの本来目的である「高周波エネルギー源」に電子レンジのマグネトロンがあります。ご家庭の電子レンジも2.4GHz帯の電波を出しているのです。しかし金属で遮断された「庫内」に発射され、それらは暖める食品などの水分子を振動させます。振動することにより発熱して調理が出来る仕組みなのです。電子レンジは、水分が無ければ暖かくならないのです。試しにお皿だけをチンして下さい。お皿は冷たいままです。さて、この電子レンジから、少し電波が漏れたとします。勿論、漏れても人体には健康被害が出ない程度の話です。しかし当然、無線LANには影響すると思われます。しかし、ISMバンドは無線通信が主の周波数でないので致し方ない・・・・となるのかな?

IEEE802.11aとbとgの使えるLANカード
大出力の無線LANなら冷凍食品も”チン”と解凍出来る?

(投稿者:92)

Windows標準のコピーを強化するフリーソフト

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-7 12:40

ども。
久しぶりに会った両親の第一声が「大きくなった?」だった、残念な担当ちゅんです。

さて、にわかSEを日々しておりますと、パソコンを入れ替える際など何かと大きいデータをコピーすることが多いのですが、Windows標準のコピーでは用が足りないと感じることが多いです。

例えば、大量のデータが入っているフォルダをコピーしようとして「残り時間30分」と表示されたとして、ようやく残り5分まで終了したところで何らかのエラーが発生して止まってしまった場合。再びコピーしようとすると「上書き」するしかなく、再び30分の苦行を強いられることになります。ここで「ファイルが新しければ上書き」ができれば、既にコピー済みの同一ファイルはスキップして効率よくコピーできます。

また、メールデータのように1つのファイルで数100MB以上あるような場合。Windows標準コピーはキャッシュを使用しているせいか極端に速度が遅くなってしまいます。

そこで登場するのがコピー機能を強化するフリーソフトです。

TeraCopy

○利点
  • 物理メモリをバッファとして利用するので高速コピー可能
  • ファイルのコピーなどの操作を一時中断、再開が可能
  • Windows標準のコピー機能と置き換えることが可能
  • 右クリックやドラックアンドドロップにも対応

×欠点
  • 対象PCへインストールが必要
  • 英語

FastCopy

○利点
  • 物理メモリをバッファとして利用するので高速コピー可能
  • 256文字を超えた名前のファイルもコピー可能
  • インストールせずにUSBからも起動可能
  • 日本製なのでメニューやヘルプが日本語

×欠点?
  • あまりに早すぎて本当にコピーされたか不安になる
  • コピー元、コピー先の指定が面倒

双方ともすばらしいソフトです。特に1つのファイルで数GBあるような動画などをコピーする際に威力を発揮します。やはり物理メモリをバッファに使っている効果は絶大です。個人的な感覚としては、出先などで大きなファイルをコピーしなければならない場合はFastCopyを使い、定期的に大きなファイルを扱ったり、データのバックアップを行ったりする場合はTeraCopyを使う感じです。どちらも、一度使うとやめられない類のソフトには違いありません(ちなみにFastCopyの作者さんはかの有名なIP Messengerの作者さんです)。

それでも、コピーする先のデバイスがUSBメモリで、PCがUSB1.1だった場合なんかは最悪です。転送速度が遅いのでコピー速度が頭打ちになってしまいます。本日、とあるPCからデータの抜き取りを行いましたが、きっちり「毎秒1MB」しか速度がでませんでした(泣)
ちなみに、USB2.0だと理論上「毎秒60MB」での転送が可能です。

FastCopy
大容量のファイルをコピーするときはこの記事を思い出してね

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11278)

戦力その2 CRS-9型

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-6 14:27

 選挙の開票所では、様々な機器を使用し迅速で正確な開票をおこなっています。前回は「選挙専用計数機 テラック-EL21型」をご紹介しましたが、お約束の第2弾です。今回の戦力は「自書式投票用紙読取分類機 テラック-CRS9型」です。EL-21型と同じ、選挙関連用品メーカー大手の"○サシ"社の製品です。

 開票所を参観されたことのある方は、会場で「カタン・カタン・カタン・・・」と小気味よい音を立てて投票用紙がくるくると流れていく機械をご存じですよね。この機械が自書式投票用紙読取分類機 テラック-CRS9なのです。PC業界的に説明すると、SCSI接続のOCRで判別した票を分類することも出来る装置とでもなるのでしょうか?

 表裏揃えた投票用紙をセットすると自動で起動し、票は読み取り装置部分を通過します。○サシ社オリジナルの、人間の眼のように手書き文字を判別する「文字認識エンジン」が搭載されており、候補者名や政党名等を正確に判別し、所定の位置(スタッカー)へ票を送ります。動作速度は余裕を持って毎分約300枚の設定としています。弱点といえば、スタッカーが9個ですので、8種類+その他(読み取り不能)となります。しかし、今回の比例代表選挙のようになると、1番スタッカーには「ア行」2番スタッカーには「カ行」というように複数の候補を分類することも可能です。これらの分類ルールの設定は、SCSI接続されたPCからその都度変更作業を行います。ちなみに価格は一式で300万円弱で、八雲町選管には1台しかありません。現在は新型のCRS9n型が売られており、これはフルオプションで500万円位らしいです。勿論、新型ではSCSIじゃなくてUSB2.0の接続になっているは言うまでもありません。今回の選挙でもCRS9型は「選挙区選挙」の処理後「比例代表選挙」を2パターンで大活躍する予定となっています。

 調子に乗って「戦力その3」もあるのか?

テラック-CRS9型
何人前モノ威力を発揮する「自書式投票用紙読取分類機」

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12136)

Li-ion電池の話

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-5 16:38

ども。
期日前投票事務のため、投票所勤務をしておりました担当ちゅんです。

私事ではありますが、このたび携帯電話を新調いたしました。そして新しい携帯電話に持ち替えてまず驚くことが「バッテリーの持ち」です。毎日使うものなのでバッテリーの消耗は仕方がありませんけど、前に使っていた端末は約2年間の使用で、普通に使っていても2日間は持ちませんでした。今の端末は最新式でバッテリーが大容量で電圧も低く作られているようですが、それでも体感として従来の倍くらいの持ちに感じます。

多くのモバイル機器に搭載されているバッテリーですが、ノートPCや携帯電話に多く使われているのが「Li-ion(リチウムイオン)電池」と呼ばれるものです(間違っても「ライオン(Lion)電池」じゃありませんよ)。この電池が発明されたことによって、今日のモバイル機器の充実があると言っても過言ではないと私は思っています。ちなみに、近年人気のハイブリッドカー(電気自動車)に搭載されているのもLi-ion電池です。そのくらい身近な存在となった電池ではありますが、今日はこれをいかに長持ちさせるかを調べてみようと思います。

実は、Li-ion電池は「満充電で保存すると劣化が激しくなり、保存温度が高いほど劣化が早く進む」ものなんだそうです(Apple社のサイトでは「バッテリーを50%充電した状態で保存する方法をお勧めする」とあります)。気分的に、長期間使わなくなる前にはバッテリーを充電してから保存しようと考えてしまいがちですが、実はこれは間違いです。携帯電話端末を買い換えて、古い端末を保管しておく際などはこの点に注意が必要といえますし、ノートPCは最低限、使わないときはACアダプタの線を抜いておく配慮が必要かもしれません。

また、バッテリーを充電する際などに「完全に使い切ってから満充電すると電池が長持ちする」「頻繁に充電すると寿命が短くなる」などと言われることもありますが、これはLi-ion電池に関しては当てはまりません。この電池の特徴のひとつとして、浅い放充電を繰り返すと容量が低下してしまう現象(メモリー効果といいます)が少ない点があげられるそうで、むしろ完全に放電したところから満充電すると「充電による発熱」で電池が劣化してしまうことも懸念されます。まずはご自分の使用されているバッテリーがLi-ion電池なのか、その他の電池(ニッケル水素やニカド)なのかをご確認され、その電池に合った適切な使用方法を守ることが大切です。

携帯電話は基本的に日中は待機電力などで放電した状態におかれ、夜間に充電される方が多いかと思われますが、実はこうした使い方はバッテリーにとっては理想的と言えるのかもしれません。ノートPCの場合、たまにはバッテリー駆動させ、バッテリー液が流動している状態をつくるのが良いのだそうです。それでも、概ね300回の充電で容量は80%程度にまで劣化してしまうそうです。300回といえば約1年。バッテリーの劣化はモバイル機器の宿命かもしれませんね。

Li-ion
ちなみにLi-ion電池の識別色は「青」だそうです。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8428)

今日と明日は八雲山車行列です。

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-2 15:55

 北海道3大あんどん祭りに数えられる「八雲山車行列」が、いよいよ今日明日の2日間、町内メインストリートを練り歩きます。今年で28回を数える山車行列ですが、当然な事として八雲町役場も一つの団体として参加しております。連続26回目の参加ですので、すっかりお馴染みとなっています。しかしながら役場の山車も、本体の造作や帯同する踊り部隊の規模など全盛期から見たら・・・。残念な事に、諸事情により多少?寂しくなっています。

 さて、このような全道規模の大きなイベントなので、インターネットで八雲山車行列の情報収集をされた方も多いと思います。公式ウェブサイトがあるのは知っていましたので、我々もそこからデータ収集をしようと思っていましたが・・・・・・・・。最近急に、山車行列の公式ウェブサイトが更新されたので驚かれた方も多いと思います。実はちょっと見過ごせなくなりまして、お節介とは思いながらもテコ入れをすることになりました。実行委の承諾を得てTOPページと既存のページに手を付け、ほぼ全面リニューアルとしました。今年の告知部分は実行委で作り簡単にリンクを付けられるようにと、取り急ぎのシンプル版としました。でも、それなりにCOOLになったと我々2人は自画自賛?それと以前から「ちゅん」が実行委に囁いていました「インターネットによる審査投票」も一応完成しています。沿道で山車をご覧になった後、携帯やPCから投票できるシステムとなっていますので是非ご活用下さい。

 八雲山車行列の公式ウェブサイト http://www.yakumo-dashi.com/

 本日は、19時に図書館を出発です。初夏らしい良い天気とは言えませんが(言い換えれば、八雲らしい天気と言うことです)、何とか天気も持ちそうです。沢山の方々のご声援をお願いいたします。ちなみに、若い職員に頑張ってもらおうと、私(ロートル?)は期日前投票所の当番となっています。当然ですね?

役場の踊り部
役場の踊り部隊は、ご存じ「阿波踊り」

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8208)

コードとかを留めるやつ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-1 17:12

ども。
夕食にカレーライス4日目突入予定の担当ちゅんです。

今日はいつにも増してマニアックなネタを書きます。
変に熱い記事になりますが、ご容赦ください。

皆さんは電源ケーブルなどを束ねるとき、どうしてますか?情報担当をしていますと、とにかくコード類が多くて束ねるのが大変です。グルグルと手に巻きつけていって、最後に末端部分でグルッと一巻きして留める(言葉にすると分かりづらいですが、そう、今あなたが想像されたとおりのそれです)というのが無難ですが、数本をまとめて束ねる際などはこの手法は使えないですよね。

こんなときによく使うのが、針金のようで針金ではない、プラスチックのようでプラスチックではない、ヨジってケーブルを束ねておけるアレです(またしても言葉にできませんが、それです)。正式名称なのか分かりませんが、どうやら「ビニタイ」と呼ばれるものなんだそうです。

新しい機器を設定するときなど、ケーブル類はほとんどがビニタイで結束されてきます。これを捨てずにとっておくと、次にケーブルを束ねるときに使えて便利です。そしてそのビニタイですが、私の中では2種類存在しています。一度使ってしまうとヨジれがなかなか戻らない「使い捨てタイプ」と、コシがあって何度でも使える「再利用タイプ」です。使い捨てタイプでも無理をすれば再利用できるのですが、やはり理想は再利用タイプ。これをたくさんもっていると、機器の設置の際に幸せになれます。

また、コードを束ねた後で解くことがないような場合は一度穴を通すと逆方向には抜けなくなるアレを使ったりもします。一般的には「結束バンド」もしくは「インシュロックタイ」と呼ばれ、特にカー用品などでは「タイラップ」と呼ばれます。こちらの方が馴染みがある方もいらっしゃるかと。非常にレアなケースで「コンベックス」と呼ばれることもあります。

結束バンドにも種類があり、色が黒いものは屋外用、白いものは屋内用とされています。また、ビニタイと同じで一度締めると二度と外れなくなる使い捨てタイプと、取り外し可能な再利用タイプがあります。二度と外れなくなる性質を利用して、海外の警察ではなんと手錠の代わりにこれを使っているそうです。すごい。

こうして適材適所で結束部材を使い分けると、とてもきれいにケーブルをまとめられます。複数本を1本の太い束にしたあとは、仕上げにスパイラルチューブを巻いておけば完璧です!…といいながら、私の机の上がすでにそうなっていませんけどね。

ビニタイ
上が使い捨て、下が再利用です。違いが分かりますか?

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11079)

戦力その1 EL21型

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-6-30 16:39

 情報政策室員の2名は、選挙管理委員会の書記も併任しているので、7月11日執行の第22回参議院議員通常選挙の投票率向上を祈念して選挙ネタをもう少し。

 選挙の開票所では、様々な機器を使用し迅速で正確な開票をおこなっています。今回紹介するのは、投票用紙の枚数を数える機械です。正式な名称を「選挙専用計数機 テラック-EL21型」といいます。開票所をご覧になったことのある方でしたらご存じと思いますが、開披後区分された投票用紙の枚数を高速で数えます。その性能は、ナント最速1500枚/分となっています。メーカーは選挙関連用品業界大手の"○サシ"ですが、このメーカーは、銀行などで紙幣を数える計数機も作っている会社です。この業界では他に、○本選挙センターや小○太などが有名どころです。

 さて、開票所には2ラインに2台づつ合計4台のEL21がセットされます。誤りがないように、同じ票束の枚数を2台の計数機によって数える体制となっています。具体的には、1台目のEL21には20〜100票で自動停止する様に設定をしておきます。(この票数は選挙により異なります)その計測した票束を、2台目のEL21によってもう一度計測し、間違いが無ければ次の行程へ廻されていきます。まさに開票所でEL21は、重要な戦力となっています。

 しかしながら、このEL21にも弱点があります。数年前の選挙から投票用紙が「紙」から「BPコート紙」と呼ばれる紙では無い?ビニールのようなモノ?に変わっています。これは、紙だと投票箱に投票する時に、折り曲げると折り跡が最後まで残りますが、BPコート紙では折り曲げて投票しても、投票箱の中で元通り平らに開きます。折り跡も残りません。投票用紙が平らになっていると、開披作業の速度が向上することは言うまでもありません。良いことばかりのような「BPコート紙」なのですが、水分(湿気)に弱いんです。溶けてしまうのではなく、票どうしが粘着してしまうのです。投票用紙が2枚重なってこのEL21に入ると「二重」ランプが点灯しストップします。正しい動作なのですが、このエラーが頻発してしまうのです。なので特に夏の選挙は、選挙事務従事者の「汗」対策も重要な要素になっています。

 タイトルに「戦力その1 EL21型」と付けたので、そのうちに「戦力その2」もしつこく書きたいと思います。

(株)ムサシ テラック-EL21型
1分間に1,500枚の投票用紙を計測する テラック-EL21型

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11476)


ブログ カレンダー
« « 2019 3月 » »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open