にわかSEは大忙し!

公衆端末の廃止に向けて

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-29 16:13

町では平成13年度から公共施設8ヶ所において、自由にインターネットが利用できるよう、タッチパネル式の公衆端末(KIOSK)を設置して参りました。肝心のインターネット回線は当時最速のISDNで64kbpsで整備されましたが、その後ADSLになり、現在では光回線も使用しています。通信速度はなんと1,500倍以上にも高速化しています。それは9年も経過すれば、大きく様変わりして当然ですよね。なにせ変化の大きいIT業界ですのでから・・・。当時、最新で高価だった端末(PC)も今見れば貧相です。セレロン800MHzでメモリ128MB、HDDは20GBでWindows2000といえば、高性能PCバリバリだったのですが・・・。今ではメーカーからも保守部品は有りませんと言われる始末です。この頃のPCに多い電源廻りのコンデンサー破裂も数台見つかり、1500μFの6.3Vコンデンサーを何個も交換して延命をしてきましたが、そろそろ限界です。

この公衆端末も、PCの低価格や携帯電話によるメール通信の爆発的普及など、大きな情勢の変化により当初の目的を達したと考えています。町へのご意見・ご質問のメールも、携帯や自宅のPCからがほとんどですし、最近の公衆端末利用度も、設置当初よりだいぶ低下しています。それに壊れた端末を更新するのにだって、1台10万円弱はかかると思われます。結論として情報政策室では、設置している各施設管理担当と協議しながら、今年度末までに順次廃止することとしました。永らくご利用頂きまして、本当にありがとうございました。しかし、情報政策室では次の一手を模索中です。このまま町民皆さんの利便性をカットしただけには出来ません。

そこで!主要公共施設に「FreeSpot」を付けたいな・・・と。先陣を切っている「はぴあ八雲」と同じように??これってセキュリティさえクリア出来れば機器的コストはかなり安価に出来そうです。そうなれば、皆さんが持ち込んだPC、iPad、スマートフォンなどがWi-Fiでネットへ接続できます。DSやPSPなんかも可能と言えば可能に・・・。さてどうしましょうか?

KIOSKのメイン基板が壊れました。
部品が入手出来ません。でも故障中のままでは・・・。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7887)

地デジの準備はお早めに!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-28 17:03

ども。
私もついに!地デジ対応の薄型テレビを購入することができました。実は明日到着予定なのですが、今から楽しみでしょうがない担当ちゅんです。

昨日から、当ウェブサイトのトップページにアナログ放送終了までのカウントダウンタイマーを設置しております。もうごらんになりましたでしょうか。
既にご存知かとは思いますが、現在の地上アナログ放送は2011年7月24日に終了します。本日現在であと361日。とうとう1年をきりました。そこで、町としても住民の方への周知PRを行うため、こうしたバナーと、地デジに関する状況提供を行っています。

さて。今日はずいぶんとおとなしめな記事だと思った方は、どうぞここからは全て読み飛ばし、地デジのページでも見に行ってください。今日は、これまでに類を見ないほどマニアックな内容となります。

=====================================
実は、このカウントダウンですが、個人的にはとってもハイレベルな仕事でした。構想としては単純で、バナーのイメージの上に数字を重ね、その数字が指定日まで自動的にカウントダウンする仕組みなのですが、これがなかなか大変です。
まず、画像をそのまま貼り付けてしまってはその上に数字をおくことができませんので、バナーの画像は背景におきました。さらに、それをクリックして別ページに飛ばしたいので、スタイルは工夫してDIVタグに次のように書いてみました。

style="display: block;
background: url(http://www.town.yakumo.lg.jp/images/banners/tv.jpg);
width: 180px;
height: 80px;
position: relative"

こうすることで、幅180px高さ80pxの塊をつくり、そこに背景を表示できます。

次に、数字をカウントダウンさせるわけですが、まずどうやって数字を変えているかといいますと、これはJavaScriptを使っています。参考にさせていただいたのは「JavaScript便利帳」というサイト。私はJavaScriptを一から起こす能力がないので、こうしたサイトを参考にさせていただきました。スクリプトの使用・改造は自由とされており、たいへん助かります。

0〜9まで数字の画像を作り、このスクリプトを使うと、ちゃんとアナログ放送終了までの日数をカウントダウンしてくれました。あとは、数字の表示する位置としてSPANタグに次のように書くと、完成です。

style="left: 100px;
top: 44px;
position: absolute;"

位置を背景画像の上から44px,左から100pxの位置に表示したいという設定。ここで位置を決めるためにposition:absoluteを使いたいので、わざわざ親要素にposition:relativeを仕込みました。
=====================================

と、完成するとまるで素人が作ったとは思えない、しっかりしたバナーとなるわけです。実はこのバナーには秘密がありまして、使用したがぞ…うぉっほん、これ以上は言えません!
毎日減っていく数字を眺めていると、それだけで悦に入ってしまうちゅんでした。

地デジの準備はお早めに!
ようやくどうどうと「お早めに!」と言えるようになりました。
(投稿者:ちゅん)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8595)

ノートパソコンと省エネ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-27 14:45

庁舎内に於いても省エネが重要課題となっています。経費の節約と地球環境の保護が同時に出来てしまう?この省エネですが、IT担当者らしくパソコンの省エネ実践について考えてみました。

私たちの職場で多く使われているノートPCには、ACアダプタ(外部電源)が付きものです。そうですアレです。100VコンセントとPCの中間に位置する一般に黒いプラスチックBOXのことです。これは、商用電源の交流100VをPCで使用可能な直流15〜20Vに変換する装置です。私が職場で使っているE社PCの純正ACアダプタは、入力100-240V交流1.5Aで、出力19V直流3.42Aとなっています。当然?やはり?中国製でした。最初の実験です、ノートPCって一日仕事をすれば、どれだけ電気を消費するのかです。ecowattと言う簡易型電力量表示器の登場です。この機械、何で私が持っていたのか・・・覚えていません?ともあれ、昨日一日(8時30分〜18時30分の10時間)自分のPCを測ってみました。表示された累積値ですが、総消費電力は0.16kwh、1時間当たり0.4円で10時間稼働したので4円の電気料となっています。ちなみにCO2の排出量は0.09kgCO2だそうです。本当に正確かは?です。なにせecowattにも目安だと自信なさげに書いています?情報政策室の管理しているPCが320台、単純計算で、1日1台4円として320台なので1日全台で1,280円、これが1ヶ月22日稼働として28,160円となります。

次は、待機電力についてです。PCにACアダプタを繋いだまま帰宅したとします。PCの電源を切らずに帰ったとしたら、やはり1時間0.4円がこの間にも掛かります。(実際にはスタンバイになったりするので微妙?)これは、言語道断です!実はPCの電源を切ったとしても、自然放電に対するバッテリーの充電が始まったするので、実際には電気を消費してしまうことが有るのです。では、PCからACアダプタの差し込み抜いて帰ればどうでしょうか?調べたところこれでも僅かながら電気を消費するらしいのです。100Vに繋いだだけのACアダプタにさわると「ほんのり暖かい」ことがあります。PCが繋がっていない無負荷の状態でも、電圧を変換する仕組みは確実に動作しているからです。暖かいと言うことは、変換時に不効率だった電力が発熱という形になって消費された証しなのです。この消費電力をecowattで計りたくて一晩ACアダプタだけを差し込んで放置してみました。なんと!あまりに小さい消費電力な様で累積値は全て0から動きませんでした。残念です。これは、ACアダプタの省エネ化が進みこの辺に考慮された製品だからかな?もっと緻密に正確な表示器でなければ、ダメなようです。他の情報によると携帯用の四角い小さい充電器って意外に電気を食うらしい。勿論、充電していないときにですよ!なのでコンセントからマメに抜くようにした方が省エネとのこと。

さて、今回は計れませんでしたが、本気で省エネを考えるのならノートPCのACアダプタは「帰宅時に電源コンセントから抜く」が正解のようです。早速、実践したと思います。

ecowatt (株)エネゲート製
ecowatt 1時間当たり0.4円の電力を消費中

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10145)

ファイルの圧縮とLZH

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-26 17:43

ども。
週末は東京に行っていましたが、気温35度という、ちょっと北海道では経験できない暑さにびっくりした担当ちゅんです。

今日はとある相談を受けました。「メールが送られてきたんだけど、開けない。LZHって書いてある」とのことです。

今でこそZIPが主流になりつつありますが、LZHはそれに次ぐ代表的な圧縮形式です。一昔前は海外のファイルはZIPで、国産のファイルはLZHってなこともありましたが、WindowsXP以降からは標準でZIP作成と展開の機能が搭載されましたので、最近はすっかり見かけることが少なくなりました(ちなみに、LZH形式の圧縮を行う際に利用される「UNLHA32.DLL」というライブラリファイルの開発は本年6月に既に中止されており、開発者は「使用しないでくれ」と呼びかけているようです)。

それでもLZHのファイルを添付したメールなどがたまに届き、解凍ソフトをインストールしてくれという連絡が来るたびに業務用PCの保守を担当している私としては「何もそんなマニアックな圧縮をしなくてもいいでしょ」という気分になります。なぜなら、普通にZIPで圧縮すれば相手先に迷惑がかかることはまずありませんし、Windows標準の機能だけではLZHファイルを作成できないからです。わざわざツールを使ってコレを作っているんですよ!もっと言えば、何かのこだわりでLZHを使っているのでしょうが、ZIPファイルにはセキュリティに優れた「パスワード」機能もあります。セキュリティを重視している企業等では、まずはパスワード付のZIPファイルをメールで送信し、後から電話などでKeyを連絡するというところもあります。

じゃあなぜLZHを使うのか。私の予想するところでは「懐古主義的」な理由からではないかと。私はまだかろうじて20代ですが、初めて触ったパソコンはPC98でした。その当時、圧縮ファイルと言えばLZHであり、雑誌のおまけでついてきたフリーソフトをMS-DOSのコマンドラインから試行錯誤して解凍していたものです。そんなことから、今でもLZHの圧縮ファイルをダブルクリックで解凍しているのを見かけると「便利になったものよのぉ」と、しみじみ思うのです。

そんなわけですので、あえて理由が無いときは普通にZIPファイルで圧縮することを当室としてはお勧めします。中にはRAR形式最高!という猛者もいるかもしれませんが、最高と思っているのはあなただけで、送られた方は迷惑千万です。ファイルを送るときは「相手が開けるかどうか」に配慮するのがトラブルを未然に防ぐ上で重要です。

ZIPとLZHの比較
WindowsのFontsフォルダを圧縮してみました。軍配はZIP。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8601)

選挙話の最終回

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-23 17:22

参議院選挙から2週間が過ぎ、テレビ等マスコミ報道は、はねじれ国会の政局へと・・・。さて、選挙の開票所での戦力を紹介してきましたが、最終回です。

今回の開票段取りは、選管で十分に検討された人員配置と用意された戦力マシーンによって3年前の参議院選挙よりも終了時間が1時間程度短縮されましたので、まずは上手に出来たと言ってよいのかと思います。しかし!問題も発生していたのです。暴露話では有りませんが、強力な戦力となるはずの「自書式投票用紙読取分類機 テラック-CRS9型」なのですが、イマイチ読み取りspeedが遅い??実は今回の設定速度は、余裕をみて毎分420枚だったのですが、どうも遅い??このテラック-CRS9型の最高速度は毎分460枚なのでそれほど遅い設定では無いのですが、担当者全員が何故か遅いと感じていたのです。一応全票CRS9型を通したのですが、使ってみたらストレスが・・・。

そこで本日、販売元の○サシが来まして、PCからログをとって解析することになりました。結果は毎分400枚程度は、ちゃんと読み取っているとなっています。おかしいなあ?みんなが遅いと感じたのは?・・・原因が不明のまま、機材一式はまた眠りに就きました。次回の登場は、統一地方選挙の前半戦(知事・道議)の予定ですが、しっかり○サシの担当者が八雲町に張り付き、動作を確認することになりました。

意外にもっと早く出番が来ることが無いように祈ります。

遅いと感じた原因を調査の図
PCから作業履歴をみたら十分な速度が出ているらしい?

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7422)

プリンタ故障と裏テクニック

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-22 11:54

ども。
自宅の部屋が暑すぎるのですが、原因はどうやら発熱の大きいPCのような気がしてきた担当ちゅんです。

今日もレスキューの電話がなりました。内容は「レーザープリンタが動かなくなった。パネルにはエラーコードも表示されている」というもの。プリンタはモーターで紙送りの芯を動かしたりと可動部が多い機器なので、どうしても故障が多いです。ある意味、備品ではありますが消耗品的な扱いです。

メーカーと保守契約をしていますので、故障時はオンサイト修理(サービスマンが現場に派遣され、利用場所にて修理を行う方式)が受けられます。ですが、修理に至るまでには、交換部品の手配やら何やらで正味1週間程度は見なければなりません。今回故障したプリンタは戸籍の窓口に設置しているプリンタなので、これが使えなくなると戸籍抄本も住民票も印鑑証明書も何も発行できない事態となってしまいます。SE担当としてやってはいけないことの代表に、機器の故障が原因で業務を止めてしまうことがあげられます。黙って指をくわえて見ているわけにもいきませんから、代替のプリンタを出すことにしました。

今回、故障したのは某大手メーカーN製のプリンタ。こちらから持っていった代替品は同じプリンタの後継機。ここでひとつ非公式な「裏テクニック」があります。メーカーのウェブサイト等では一切書かれていないことですが、実はこの後継機のプリンタは型番が違っても古いプリンタドライバで動いてしまうんです。おそらく、どこかに不具合が出るのでしょうが、今までの経験上、これでクレームが出たことはありません。要するに、プリンタを交換してIPアドレスを書き換えるだけでPCの設定は一切いらないということです。こういうときに、いかに現場で楽をできるかがにわかSE的にはとても重要なのです!

というわけで、何ら問題なくプリンタは動きました。かかった時間は30分足らず。町民の皆さんに迷惑をかけることなく、無事に住民票も発行できました。どういうわけか、機器は季節の変わり目に故障することが多いです。最近は八雲町も暑いです。短い北国の夏ですので、満喫したいと思います。

比較
メーカーウェブサイトより。ドライバのサイズは若干異なるようです。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8863)

休日もPCでお手伝い

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-21 13:11

先日、大新のスポーツ公園の陸上競技場をメインに、小学生の駅伝大会が行われました。1チーム4名で約900Mの周回コースを1周づつ走り襷を繋ぎました。町内中の小学校から沢山の選手が集まり毎年大賑わいの大会でした。なんと言っても、小学生の大会なので、応援の父兄の数も半端じゃありません。

恒例となっていますので、今年もYPDのメンバーとしてボランティア参加してきました。仕事は、決審から羅列で書かれた通過順のゼッケンナンバーと、ストップウォッチと連動して打ち出されるタイムを印字したレシート?が、我々の所に来ます。これを予め作成しておいた、データベースに入力すると、各チームの総合順位と区間賞が判る仕組みとなっています。と言っても表計算ソフトの代表選手である「エクセル」で作られていて、最後に必要なデータをCSVではき出します。シンプルにクロスケーブル接続されたもう一台のPCで、年賀状ソフトを利用して、賞状を印刷します。この仕組みを我々は「駅伝くん」と呼んでいて、もう10年位も使っている不朽の名作となっています。先に行われたミルクロードレースもこの「駅伝くん」から派生した亜種を使っています。これを使うと3名で、成績発表から各種表彰状作成まで短時間で出来てしまいます。最近では更なるスピードアップは、プリンターの高速化ぐらい?と話しています。今回の駅伝大会は、何のトラブルも無く?見事な大会運営で終了となりました。

このようにPCは柔軟な発想で使えば、本当に省力化が可能な便利TOOLです。一度ガリッとシステムを作れば、本当に楽が出来ます。その肝は、シンプルな構成でしょうか?ちなみに次回の出動は、秋の中学生駅伝の予定です。

駅伝大会のお手伝い
3名で成績の集計と表彰状づくりを引き受けています。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7268)

時代の波?新しすぎるPCってこれだもん!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-20 20:31

ども。
私ごとですが、このたび30歳を目前に結婚することになりました担当ちゅんです。職員も見ているこのブログで報告するというのが、なんとも「にわかSE」的で、実は機会をずっとうかがっておりました。

さて、本日はとある部署で新調したPCの設定業務でした。
新品のPCはいいですね!特定業務を行うために導入した端末ですが、我が社の情報系端末では到底ありえない「Intel Core i3」登載。「Intel Core 2 Duo」でさえ高嶺の花なのに、一気に最新式です。メモリも潤沢に積んでいて、動かしているOSはXPとくれば、それはそれは「爆速」なのです。

しかし、こうした最新の端末には落とし穴があるのも宿命。今回、セットアップした端末はなぜか無線LAN内蔵ではなかったので、已む無くPCカードスロットの無線LANカードを導入しましょうと本体をぐるりと拝見いたしましたが、なんと


PCカードスロットが無い!!!


驚きました。代わりにあった「穴」には「EC」とだけ書かれています。EC?何のこっちゃ。
調べてみましたが、ECとは「ExpressCard」の略で、これまでのPCカード(CardBus)の後継として開発され、機能は全て引き継がれるのですが「形状が異なる」ので直接の互換性はないとのこと。じゃあどうすりゃいいんだよ!…はい、おとなしく有線のLANにします。

無いものねだりをしても仕方がないです。ダメと分かればあっさり引き下がるのがこの業界のセオリーと個人的には思っています。

気を取り直して作業続行。今度はISDNのTAを介してダイヤルアップ接続を作ります。いまどきISDN?はい、これも仕方が無いのです。業務の中で指定されていますから。今度はシリアル端子(RS-232)接続ですが、これも何やら嫌な予感がします。


やっぱり!!シリアル端子も無い!


こっちは今時のPCだと当たり前です。というか、逆にシリアル端子が登載されたノートPCが売っているなら教えてほしいくらいです。仕方が無いのでシリアル端子をUSB端子に変換するコネクタを持ってきて、無事接続完了です。ちゃんとCOMポートとして認識されました。

と、いった具合で、最新式のPCは確かに動作も機敏で快適ではありますが、周辺機器が古いままだと実質「業務には使えないPC」となってしまいます。これを何とか最新式でも使えるよう、我々SEが延命措置を施すわけです。そう考えると、フロッピディスクが製造中止となった今、フロッピー必須の業務があった場合どうすりゃいいんだ?と、内心ドキドキです。製造中止は本当に困ってしまいます。

ECとPCカード
無理やり突っ込んでスロットを壊すところでしたよ。

(投稿者:おめでたのちゅん)

Windows2000とウィルス対策ソフト

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-16 16:24

先日、ちゅんも書いていましたが7月13日をもって、マイクロソフト社のWindows 2000延長サポートフェーズ終了が終了しました。つまり、マイクロソフト社は、Windows 2000というOSに対して致命的な欠陥が発見されても、修正を行いません。Windows 2000は、過去の遺物となったと言うことです。

でも、急に14日からPCが使えなくなる訳ではありません。製造・販売元からの最良な環境の提供が止まったに過ぎないのですが、これが大きな問題なのです。当然な話で、Windows 2000に関係するアプリケーションソフトは、全て今後の修正や開発をやめてしまします。特に致命的な問題は、ウィルス対策ソフトの更新がSTOPすることです。

ウェブサイトで主だったウィルス対策ソフトの対応状況を調べてみました。

マカフィー

マカフィー・インターネットセキュリティ等の製品はWindows 2000をサポートしていません。OSに係わらず、現在2010バージョンが発売されておりますので、2008年以前の製品はサポート終了となっています。なので2009年版はサポート中ですが、なんとWindows 2000は非対応となっていました。結果、Windows 2000を正規にサポートしたウィルス対策商品は無いようです。

トレンドマイクロ

現行のウイルスバスター2010は、Windows 2000をサポートしていません。もっとも、ウイルスバスター2008からWindows 2000を既にサポートしておりません。バージョン2007までは使えたのですが、定義ファイルの更新が2008年12月で終了しています。やはり、今では使えません。

シマンテック

ノートン360やノートン インターネット セキュリティ 2010も、やはりWindows 2000をサポートしていません。Windows 2000で使用できたのは、バージョン2005までのようです。2005は今時売っていないので、やはり使える製品は無いことになります。

キヤノンITソリューションズ

最近あちらこちらで使用者を見かける、評判の良いウィルス対策ソフトです。統合型の、ESET Smart Security V4.2は、Windows 2000をサポートしていません。しかし、ESET NOD32アンチウイルス V4.2のほうは、Windows 2000対応と明記されていますので安心して使用できるようです。 ただし、2000SP4に限定で、サポート期間は明記されていません。

ジャストシステム

カスペルスキーって言うウィル対策ソフトを知っていますか?一時は飛ぶ鳥も落とす位?勢いのあったソフトです。今でも利用者は多いと思います。さて、Kaspersky Internet Security 2010もWindows 2000を明記しています。やはり何時まで使えるかは明記されていません。

KINGSOFT

無料版(但しCMが出る)もありますので利用者も多いと思います。現行のInternetSecurity 2011にはしっかりと、Windows 2000サポートをうたっています。しかしやはりここも、何時まで使えるかは明記されていません。

以上から、大手3社は既に対応製品が無いようです。でも、今後のサポート期間を明記していませんが使えるウィルス対策ソフトが有るのは事実です。自宅のPCなら自己責任でWindows 2000が使えないことも無いかな・・・?

トレンドマイクロのウェブサイトから転用しました。
トレンドマイクロのウェブサイトには、こんな告知がありました。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11568)

さようならWindows2000

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-15 16:43

ども。
周りの人が暑くなくてもなぜか私だけが暑いという担当ちゅんです。

本日は戸籍窓口に設置している公的個人認証端末のOS入れ替えを行いました。
以前から数回、このブログで記事にした「Windows2000サポート終了(7月13日)」の件に伴い、Windows XPへのアップグレードを迫られたのです。

公的個人認証の窓口端末は1台しか設置していないので、昼間に作業するわけにもいかず。昨晩、こそこそ忍者のように忍び寄り、端末を職場に運んできました。まずは既存のハードディスクを避けて、別なハードディスクにWindows XPをインストールします。それにしても問題が山積みで大変でした。

1.既存のメモリは256MBでしたが、XPでは不足するので512MBに増設。
2.インストールメディアはDVDでしたが、いまどきCD-ROMドライブ登載。Cool!!
3.クリーンインストールなのでドライバは当たらず。一つ一つドライバ探し。

まあ、これら作業は大変なだけでさして問題ありません。時間はかかりますが慣れたものです。昨日のうちにここまでを無事終了させ、本日いよいよアプリケーションのインストール作業を行っていきました。

それにしてもさすが「公的個人認証=究極の個人情報」です。これでもか、これでもかと言うほどの厳重なセキュリティ。回線から始まって、ID、パスワード、その他もろもろ…。しかも、取り扱う資料全てが「秘密扱い」と大きく記載されておりました。分厚いマニュアルとにらめっこしながら数時間、ようやくセットアップは終了しました。

さて、それでは動作確認をしましょう!ということで、意気揚々とソフトを起動させたのですが…。


画面には無常にも「システムエラーのため作業を継続できません」の文字が。


どうやらカードリーダライタのドライバがWindows XPではうまく動かなかった模様。Windows2000用のドライバを無理やり突っ込んだので当たり前?メーカーのサポートデスクに電話し、XP用のドライバをメールで送ってもらって何とか動かすことができました。

非常に神経の使う作業でありましたが、本務に迷惑をかけずに何とか終了できました。しかし…。実は公的個人認証窓口端末は熊石総合支所にも設置されているので、明日以降、全く同じ作業を今度は熊石で行わなければなりません。そこにはそこでのドラマがきっとあるんでしょう。今度は情報政策室の自席と行ったり来たりができないので、難易度は高そうです。さて、どうなることやら。

ただいま、OSの入れ替え中
お客さんが来たらハードディスクを付け替える作戦。成功でした!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8111)


ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open