LANケーブルの性能試験

ども。
趣味の自転車で真っ赤に日焼けして「焼けたね」と声をかけられる担当ちゅんです。

本日はGIGAスクールネットワーク工事の定例会議でした。当町は工事を2つの工区に分けて発注しているため、それぞれの工区を担当する現場代理人さんが参加。この工事では、一般的な建築工事のように施工管理をしてくれる業者さんがおりませんので、定例会議では進捗状況の確認、質疑への対応などなど、教育委員会の担当と私の2人ですべて切り盛りしております。

そんな中で話題となったのが「LANケーブルの性能試験」です。通常、現場でLANケーブルを成端する場合はケーブルテスターにより疎通確認が行われます。これは、LANケーブルが途中で断線していないか、またRJ-45コネクタが正しく取り付けられているかをチェックするもの。これをクリアしなければ、そもそも通信ができませんので基本中の基本といえます。
しかし、今回の事業で施工するケーブル規格は「Cat6A」としており、国の標準仕様書でも「敷設したケーブルにおいて、試験を実施し全て合格であること」とされているなど、若干いつもの勝手とは違います。

性能試験とは具体的にどのような試験なのかというと、これはネットワーク製品メーカー大手「PANDUIT」さんのウェブサイトに詳しく書かれています。

Q15.要求仕様書にテスト内容を記載しようと思いますが、何を求めるべきでしょうか?
10Gbpsの通信を担保する場合、テスト作業は非常に重要です。単なる導通チェッカーによるテストでは性能測定がなされませんので、フルークネットワークス社等が提供する「ネットワークアナライザー」を使用して試験するよう、求めてください。
PANDUIT:GIGAスクール構想向け Cat6Aパーフェクトガイドより引用
https://www.panduit.co.jp/solution/gigaschool/

まさにこの通りです。一般的なLANケーブルであるCat5eではなく、わざわざCat6Aを指定している以上、きちんと速度が出ることを証明してもらう必要があるということです。
しかし、上記引用にもあるとおり、この試験を行うためには専用の機械が必要で、しかも万人が持っているようなものではない、と。さらに言えばものすごく高価な機械で、常時このような仕事をされている業者さんであれば良いのですが、今回の工事の目的にだけ用意するような代物ではないというのが本日の話題でした。

結局のところ、試験は専門の業者さんにお願いすることで対応していただけるとのことで安心しましたが、標準仕様書にもあるとはいえ、発注者としては「ご苦労をおかけします」という恐縮な気持ちになったのは正直なところです。
今後はますます「通信帯域」などを意識したネットワーク構築が必要となってきますし、今回の案件以外でも「Cat7」といった高規格なケーブルを整備する場面は多そうです。そうなると必然的に性能試験という話にもなり、当然、我々のような素人がケーブルを作ってこの性能をクリアできるとも思えません。なかなか難しい時代になってきたなと感じています。

テスターこれだけでは完結しない仕事がこれからは増えそうです

(投稿者:ちゅん)


カテゴリー: つぶやき パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です