八雲を知ろう!八雲学②「自然に寄り添い育てる野菜とそのタネの話。」

ついにまた北海道にも緊急事態宣言が…社会教育課のぐみです。
公民館についても、平日の開館時間が20時までと短縮になりました。(本日から9月12日まで)
夜間に利用いただいている皆様には申し訳ありませんが、ご理解ご協力よろしくお願い致します。

さて、本日は八雲学講座第2回目のレポートです。
バックナンバー
第1回目講座レポート「尾張徳川家ゆかりの地バスツアー “八雲”の足跡をたずねて」

第2回八雲学講座
8月25日(水)19時~20時30分 八雲町公民館にて
「自然に寄り添い育てる野菜とそのタネの話。~種をとり命をつなぐ~」
講師:八雲山水自然農園 大林 誠 氏

講座の様子

野田生地区で8年前に新規就農し、少量多品目の有機農業を実践されている大林さんご夫妻。
新聞やインターネットで拝見していた「自然共生栽培」「種の保存」の取組がとっても面白くて、
「ぜひ八雲学でお話ししてもらいたい!」と農園にお邪魔したのが6月。
この日も、ご本人の人柄と農業への熱い想いが伝わる手書きの資料を元に、1時間30分のご講演をいただきました。

土中の微生物の力を生かす「不耕起栽培」(実際に山水自然農園さんの土は、触るとふかふか!)
少量多品目栽培だからこその、農園の多様性=生まれるのは強い生命力の野菜たち。(農園には、聞いたことのない名前の植物がいっぱい!)
種を自分で選抜採種することは、食糧自給や地域の自立につながるのですが、
「大きなテーマ(問題)なのに、❝種の話❞ってあまり取り上げられない。」というお話には「なるほど、確かにな…」と感じました。

「人も自然の一部。野菜作りは自分と向き合うこと。」と語った大林さん。

受講生からは
「こんな熱い想いを持った農家さんがいるなんて」
「町の子どもたちにもぜひ話してもらいたい」
「何気なく食べている野菜がどうやって作られているのか、自分や環境にどんな影響があるのか、見つめ直したい」
といった声が寄せられました。

この日も21名の受講生にご参加いただきました。
ありがとうございました!

*****

さて次回は、
9月15日(水)19時~20時
「縄文遺跡群・世界遺産登録決定! 八雲の遺跡が語る縄文の世界」
講師:八雲町郷土資料館 学芸員 柴田信一さんです。

これ、当初の講座チラシを配布したときには世界遺産登録が決定していなかったので、
「世界遺産登録決定“間近”!」にしていたという裏話も…。
無事に登録決定されて良かった♪

八雲町郷土資料館で開催されている企画展「八雲の縄文展」の解説をメインに、
縄文時代の生活と文化を皆さんで学んでいきます。次回のレポートもお楽しみに!

(追記)
北海道への緊急事態宣言発令により、郷土資料館も9月30日まで臨時休館が決定しました。
今後もお越しになる際には、郷土資料館のページで開館状況を確認されてからご来館ください!

カテゴリー: 公民館, 公民館講座 | コメントする

令和3年度子どもアイディア工作展のお知らせ

こんにちは、わかめです。
もうすぐ9月、秋が近づいてきました。
8月28日(土)から9月5日(日)までの期間、「第43回目子どもアイディア工作展」を開催いたします。

会場は八雲町公民館1階ロビーです。緊急事態宣言期間中となりますので、ご来館の際には、体調管理・手指の消毒をお願いいたします。
開館時間は、平日9:00~20:00まで、土日は9:00~17:00までとなります。
 
子どもアイディア工作展

今年も八雲町内の小学生の力作をぜひともご覧ください。

わかめ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

八雲を知ろう!八雲学①「”八雲”の足跡をたずねて」

昨日のスコールで八雲町はしっとりしています…社会教育課のぐみです。
さて、八雲町公民館では公民館生涯学習講座のひとつとして「八雲を知ろう!八雲学講座」を平成24年度より開講しています。
新型コロナウィルスの流行により2年間の開講を見合わせていましたが、3年ぶりとなる今年、久しぶりに開講することができました。

講座のチラシ

講座のチラシについては社会教育課のページからダウンロード(閲覧)できますよ。
「知れば誰かに話したくなる…知られざる八雲のひみつ!」と銘打ち、8月から11月まで、八雲町の歴史や文化、産業など、様々な視点から八雲町を見つめ直す、全7講座でラインナップです。
おかげさまで定員を超える申し込みをいただきました。ありがとうございます!(喜びの舞)

8月22日(日)は、記念すべき第1回目として、
「尾張徳川家ゆかりの地バスツアー・【八雲】の足跡をたずねて」を開催しました。

熱心な受講生のみなさん

当日は100%の雨予報だったのですが、開催中はなんとか小雨でとどまってくれて、
時折バスを降りながら、実際に町内各所の石碑(記念碑)等をめぐりながら学ぶことができました。

聞きなれている地名の意外な由来。
八雲開拓の歴史やアイヌの人々のお話し。
徳川家と八雲町の密接な関わりなどなど、「あっ!」という間に感じる2時間30分。
知られざるエピソードの数々に受講生からはどよめきと驚きの声があがっていました。

公民館にある徳川さんの像

皆さんから寄せられる質問にも「それはね…」と即座に答えてくれる、八雲町文化財保護審議会委員の幸村講師。
(幸村さんのお話しだから聞きたい!という熱烈なファンの受講生も。)
皆さんからの質問を通して新たに学ぶこともあって、貴重な学び合いの機会になっていました。

次回は8月25日(水)、「自然に寄り添い育てる野菜とそのタネの話。」というテーマで、八雲山水自然農園の大林誠さんに講演いただきます。楽しみです!

カテゴリー: 公民館, 公民館講座 | コメントする

英語で学ぶ「バブルペイント」

張り切って夏の衣替えをしたのに、もう寒くて震えている ぐみ です。ぶるるるる。
子どもたちの夏休みも昨日で終わり。この間、社会教育課では子どもたちを対象とした様々な事業を開催してきました。(蛍の観察会、子どもプログラミング講座、国際交流事業などなど…)
新型コロナウィルスの影響で、夏休みだけどあまり遠くへお出かけできない子がいるのなら、八雲にいてもたくさん面白いこと・楽しい体験ができるよ、と伝えられたらいいな。

今日は、その中のひとつ「国際交流事業・英語でバブルペイント」の模様をご紹介します。

 事業案内チラシ(八雲会場版)

町内の小中学校で英語を教えてくれている外国語指導助手(ALT)との交流を通して、国際語となっている英語や外国の文化に親しむことを目的に実施している事業。
今年は、アメリカ出身のケリア先生とブライス先生から、泡で絵を描く「バブルペイント」の方法を「オールイングリッシュ」で教わりました。

▲暑い中でも元気いっぱい教えてくれました!

本来であれば、石けん水と絵の具を混ぜたものに、ストローで息を吹きかけて泡をつくり、その泡を画用紙に写し取る…という方法なのですが、このコロナ禍、ストローで呼気を吹きかけ続けるのはマズいかも…?ということで、いろいろな方法を模索。

スポイトで空気を入れてみたり、タイヤの空気入れチューブを持ってきてみたり、スプーンでひたすら泡立ててみたりしたのですが…結果はイマイチ。

試行錯誤の結果、バルーンの空気入れに使うようなポンプを使えば、限りなくストローで作る泡に近いものが作れることが発覚!(泣いた)
さらに、
「砂糖を混ぜるとより割れにくい泡が作れるぞ!」
「水と洗剤、絵の具の黄金配合率はコレだ!」
など、まさに戦い(実験)の中で強くなる私たちなのでした。

八雲・落部・熊石と3会場で実施。
子どもたちは、より細かい泡の作り方を独自に編み出したり、複数の色で作った泡をつなげてグラデーションをつけてみたりと、各会場(地域)毎に全く異なるアイディアが光っていて、私たち運営者も舌を巻きました。子どもの柔軟な発想力って凄いなあ…。


▲筆ではとても描けない、きれいな泡の模様。


▲慣れないポンプでの泡づくりも頑張ってくれました。(おうちではぜひストローでも作ってみてね!)

当日は、日本語通訳をしてくれる方、また地域の方にも運営をお手伝いいただきました。ありがとうございました。
帰るときには、ケリア先生とブライス先生に「サンキュー!」と手を振っていた子もいて、大変めんこかったです。
英語で学んだバブルペイントのレシピと作り方、ぜひお家でもう一度トライしてみてね!

カテゴリー: 各種行事, 未分類 | コメントする

ユーラップ川自然体験学習を開催しました!

こんにちは、わかめです!
8月は楽しい夏休み!暑さに負けずに楽しく過ごしていますか?
さて、少し前の6月27日(日)に実施しました「ユーラップ川自然体験学習」の様子をご紹介します。

この日は晴天に恵まれ、朝から日差しが気持ちよい日となりました。
公民館から川へ移動し、全員で川釣りの準備を行いました。
川での事故防止のため、救命胴着を着用してから、講師の先生のお話しに集中します。

 
ウグイ、ヤマメといった川魚の産卵時期、生息している場所などなど…。
釣り餌のつけ方、針を落とすポイントなど、魚釣りのコツを教わります。
 
早速、各自好きな場所を選んで、釣りを開始します!
流れの速い場所、陰になっている場所、どこに魚が潜んでいるのでしょうか?
 
「やった!釣れたよ!すごくヌルヌルしてるよ!」
元気に動く魚を逃がさないように持つのは難しいね!
 
釣った魚を水槽に入れて、魚ごとの模様ヒレの形を観察します。
釣り針に餌を付けたり、針から魚を外すのは少し難しかったようですが、みんな大人に手伝ってもらいながら上手に取り組んでいました。

まだまだ夏真っ盛り、家族で川や海へ出かけることもあると思いますが、ルールを守って事故の無いよう安全に楽しみましょう。
次回の体験学習もお楽しみに!

カテゴリー: 未分類 | コメントする