KKB

  • カテゴリ 郷土資料館 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

土日に函館蔦屋書店で縄文文化の展示をします!

カテゴリ : 
郷土資料館 » 八雲の歴史
執筆 : 
八雲町 2019-2-22 22:29

やっほー、しげちゃんです。
また胆振東部で震災…冬場なので、いろいろ心配です。

さて、函館蔦屋書店で開催されているDOKI DOKI JOMON EXPO。
渡島管内の自治体による展示が土日にあるのですが、八雲は明日から出番。
どんな展示にしようか悩みつつ、どーせなら「実はいろいろある八雲」で勝負しようと、50点近く持って行くことにしました。

展示構想
どう配置するか悩み中…

イベント情報はこちら(函館蔦屋書店HP)こちら(函館イベントガイド)からどうぞ。

そして、実は先週トークショーされた『はじめての土偶』等の著者の譽田亜紀子さんが、帰りがけに八雲に寄ってくださっていました。
普段展示していないいろいろな土偶とかとかお見せして、気に入ったものを選んでいただきました。

土偶
左が栄浜1遺跡出土、右が栄浜3遺跡出土

この譽田さんイチオシな笑い顔の2点も函館蔦屋に持って行きます。

なお

・23日(土)は10時頃から12時まで

・24日(日)は15時頃から17時まで

八雲の解説員が現地にいる予定ですので、お気軽にお声がけください。
よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (72)

小学校での授業風景がNHKで取り上げられました

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2019-2-19 20:37

やっほー!しげちゃんです。
昨年末から小学校で授業のお手伝いをしています。

八雲小学校4年生が、総合的な学習の時間で、街の歴史を調べて絵本を作ることをしています。
私からは、まず簡単に八雲地域の産業の移り変わりと、商店街の変遷をパワーポイントを使って写真多めで説明しました。

そして副読本やパワーポイントのハンドアウトを基に、グループごと3テーマに分かれて絵本を作っています。
先週の授業の様子が、NHK北海道のローカルニュースで取り上げられました。
1週間(たぶん2月25日まで?)、NHK NEWS WEBで見えますので、見逃したとか、そもそも道南に住んでないといったかたは、こちらでご覧いただければと思います。

こちらからどうぞ(北海道 NEWS WEBに飛びます)。

今日、3回目のお手伝いに行ったら、帰りがけにプレゼントいただきました。


木彫り熊イラスト

木彫り熊のイラスト。
ありがとう!ディスプレイのふちに貼っておきます。

なお、この絵本は、八小の参観日にお披露目されます。
その後、3月後半から資料館で展示する予定です。

よろしくどーぞ!

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (285)

函館蔦屋で縄文のイベント開催!八雲も参加します。

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2019-2-15 20:07

やっほー!しげちゃんです。
本日15日から24日まで、DOKI DOKI JOMON EXPOが函館蔦屋にて開催されます。

函館蔦屋内のマルシェにて、縄文文化に関する様々な展示、体験コーナー、物販等が開催されます。

2階のステージで、16日には、縄文好きタレントの藤岡みなみさんと縄文ZINE編集長の望月昭秀さんの縄文トークセッション。

17日には、映画『縄文にハマる人々』監督の山岡信貴さんと『はじめての土偶』等の著者の譽田亜紀子さんの縄文トークセッションがあります。

16・17日と23・24日の土日に道南の各市町が土偶や土器を持ち寄って展示を行うコーナーもあります。
(現在、WEBで唯一EXPOの情報が載っているのが函館蔦屋のHP こちら

八雲町の展示は、トークセッションとかがない23・24日にやりますので、函館蔦屋にお立ち寄りの際にはチラッと覗いていただければと思います。
23日は10時頃から17時まで。
24日は9時から17時までの予定です。

イベント的には土偶と土器を推してるようですが、展示品は任せてもらえるので、石偶・石器ももって行こうかと思いつつ。
熊の意匠付き土器はもっていこうかな。

熊意匠付き土器

よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (380)

赤彩注口土器を凱旋展示します

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2019-2-8 18:45

やっほー、しげちゃんです。
気がつけば2月…って、最近この書き出しばかりな気がします。
いろいろ追われっぱなしです。うっ…また原稿が…(来週の道新みなみかぜをお楽しみに

さて、実はさむいべやのネタとか、わくわく教室のアイスキャンドルのネタとかあるんですが、それは次回以降に紹介するとしまして、今回は明日から開催の収蔵美術展のCMです。

資料館に収蔵されている絵画資料を紹介する毎年恒例の企画展。リトグラフにシルクスクリーン、木版、水彩画等展示します。企画展等をやる小展示室が小さい(廊下の一部と思われることも…)ため、あまりゆったり見ていただくことはできませんが、じゃあ展示しないままでいいのかというといいわけがなく、狭い中で何とかやりくりして構成しています。

今回はその収蔵美術展に、東京国立博物館・パリ日本文化会館で展示された赤彩注口土器(野田生1遺跡出土、道指定文化財)を特別に展示します。「縄文の美」もあわせてご覧ください。

あかぶたちゃん
帰ってきたときの写真(その時ブログに書こうとしていたのに、こんな時期に…

収蔵美術展の期間は2月9日から3月17日まで。月曜日と祝日は閉館です。
この機会にぜひご覧ください。
なお、本企画展の担当、しんちゃんですが、今年3月で定年退職になりますので、現職で最後の企画展になります。

よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (349)

やっほー、しげちゃんです。
先日放送のニッポン視察団!で、木彫り熊が出てました。

外国人がはるばる買いに来るというか、買って帰るお土産で24位という成績。
八雲の伝統的な木彫り熊は作って「売って」いる人がいないので、骨董品店やリサイクルショップを巡るかネットオークションを探すことになりますが、八雲以外の木彫り熊なら新千歳空港や函館空港内にある店で売っていました。他にも函館駅前や札幌すすきの狸小路のお土産屋さんとかでも、道内の木彫り熊なら売ってました。(しげちゃん調べ)
後述するJP01で紹介されている、札幌の桑園駅そばの遊木民さんでも売ってます。遊木民さんは民芸品の卸されていて、最近、卸だけでなくお店で販売もされるようになりました。

…しっかし、1位がサッポ〇ク〇シックとは…

それはさておき。

北海道の様々なことを紹介しているフリーペーパー、『JP01』(ジェイピーゼロワン)のVol.20、2018年冬号の特集は、「北海道のものづくり」。
アイヌの伝統的な工芸品、小樽ガラス(視察団で12位でしたね)、旭川家具とともに、木彫り熊も取り上げられています。

JP01のHP

jp01

無茶ぶりに応えた結果、ネタ枠もありますが…
木彫り熊が注目されて、いいねって言ってくれる人が増えてくれればと思っています。
冊子は資料館でも配布しています。町内だと他は丘の駅ですね。
道内各地の道の駅とかで配布しています。
道外で手に入らない方は上記HPから閲覧できるので、そちらをどうぞ。


なお、P56では、資料館が収蔵している土偶や土器、骨角器も紹介されてます。

JP01

この撮影の時は赤彩注口土器はパリへ出張中だったので載ってませんが、それ以外にもいろいろあるんですよね。
これらの土偶とかとか、去年しんちゃんが企画展で紹介しましたが、やっぱりなんとか常設展にしたいなぁと思いつつ、考古部分のリニューアルするのには時間がかかりそうで。
来年も企画展で出していきたいところです。

今年もありがとうございました。
みなさま、よいお年を。
資料館の来年の営業は6日からですので、よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (491)

やっほー!しげちゃんです。
気がつけば本年の営業が終了してました。…時間の流れが速すぎて、このままじゃ年越せません。

とはいえ、本日が資料館の営業最終日。
すんごい大雪でしたが…来館してくださった方々には感謝です。
なお、資料館は年明けの6日(日)から開館します。

木彫り熊資料館内部

さて、テレビ朝日系列『世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ視察団』の12月29日放送分にて、木彫り熊が取り上げられます。

番組HPによると

「北海道の…木彫りの熊!?まさか日本人の大定番がいま外国人に愛されている?」

だそうで、外国の人はどんな反応をしているのでしょうか。

12月29日(土)18:30からの放送です!

お楽しみに。

よろしくどうぞー!

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (586)

朝日新聞朝刊の文化の扉で木彫り熊が特集されました

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2018-11-5 20:27

やっほー!しげちゃんです。
本日11月5日の朝日新聞朝刊の文化の扉にて、木彫り熊が特集されました。
全国各地から、木彫り熊を売っているのかという問い合わせ(資料館では販売しておりません)や、「ウチにも旅行で買ったのがあるよ、がんばってね」といった励ましのお電話を5件いただきました。ありがとうございます。

紙面については、デジタル版を読んでいただくか、町内であれば朝日新聞の販売店で購入するか、図書館のブラウジングコーナーで読めます。資料館でも閲覧は可能です。
デジタル版はこちらから
(朝日新聞の該当記事に飛びます。全文を読むには無料の会員登録か、有料会員登録が必要です)

記事では様々な方がコメントをされていますが、人類学者の中沢さんは、木彫り熊資料館に来た時に柴崎熊を見て気に入り、自身がディレクターを務めた東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTでの企画展「野生展」で、ぜひ木彫り熊を展示したいということで、お貸ししたことがあります。
せっかくなので、他のみなさんのコメントをもっと長くというか、むしろノーカットで紹介してほしいなぁというのが正直な感想です。

 

さて、今回取材に来た記者から、新しいタイプの木彫り熊を紹介してもらいました。

題して、「新聞をくわえる羆」。

新聞を咥える木彫り熊
新聞も木を彫っています

朝日新聞北海道支社にあるそうです。
これは、1979(昭和53)年、販売担当員の方が異動で北海道を離れる際に、新聞販売店組織から餞別(?)として販売員の方に寄贈されたものだそうです。
それが支社に寄贈されるわけですが、そのきっかけは、「1960年代後半に、雪深い地域で四つん這いになって新聞を口にくわえて配達した」という逸話を2011年に聞き、この木彫り熊のことを思い出して寄贈したとのこと。

気にしてみれば、いろんなところに潜んでいる(潜まず堂々と飾られてるけど、意識しないとスルーしてしまう)木彫り熊。
私が知る限りでも、昨年は昭和新山で彫っていた阿野洋二郎さん、最近は阿寒湖の藤戸竹喜さんと、素晴らしい作者がお亡くなりになり、残念でなりません。
「衰退の歴史を乗り越え、魅力が再評価」と記事にありますが、これからどう作り手を育てていくのかは大きな課題だと思っています。
また、
明確な裏付けがある八雲での発祥からすると、木彫り熊は来年で発祥から95周年。
まず自分ができること…もっと調査研究をして、魅力を伝えられるよう、精進します。

…といいながらも、今月は急に埋蔵文化財関係のアレコレが立て続き、雪が降るまでが勝負な感じに。
よく勘違いされますが、木彫り熊だけやってるわけではありませんし、尾張徳川のことや、考古学だけやってるわけでもありません。能力不足で手が届かないところが多いのは自覚しておりますが、少しずついろいろ進めていきます。

よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (597)

一同に資料がみられるのは、特別展の期間だけ

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2018-10-20 17:52

やっほー、しげちゃんです。
本日、特別展関連講演会「徳川さんがみた八雲」を開催しました。
町内外から多くの方々に来ていただきまして、ありがとうございました。

講演会風景

内容は、現在特別展で展示中の、東京にあった八雲産業株式会社が管理している資料群の時代、大正6年から昭和16年頃を中心に、徳川さんが八雲でどんなことをしていたのか、どんな風景を見ていたのかをお話ししました。
この基礎資料となる徳川農場日誌は、個人的に東京まで出かけていって調査しています。実は足掛け3年、ようやく徳川さんが八雲でどんな過ごし方をしていたのか、わかってきました。

ちょうど昨日、NHKプレミアムで再放送していた「華族」でも使われた、昭和5年の八雲の映像を、八雲で初公開しました。
雪の上を馬橇で移動する風景とか、アイヌの道具エキンネクワを使って雪の斜面を滑り降りる場面とか、バランスをとるように使う場面とか、アイヌの熊送りの様子とか…
徳川林政史研究所からお借りしての特別上映でした。

まぁ八雲で初公開といえば、特別展で展示しているのも八雲での展示は初なんですよね。
以前、小樽市総合博物館と、川崎市市民ミュージアムと、沖縄県立博物館・美術館で開催された「アイヌ-美を求める心」で展示されていた作品群です。
他に、近代美術館で開催された「徳川美術館展」で展示された、スイスで作られた木彫り熊の学校も、ついに八雲で展示です。
ほかに、これまで展示されず、図録にも収録されていない木彫り熊に、すごいのがあるんです。

特別展ポスター

展示は11月25日(日)までで、月曜日休館。祝日は臨時開館します。
梅村庭園の紅葉もいい感じになりつつあるので、ぜひお立ち寄りください。

なお、梅村庭園については、LINEトラベルに記事を投稿してくださった方がいます。
北海道八雲町の梅村庭園は紅葉の名所!近くには木彫熊資料館も! ヨッシー宙船 
(リンク先は別サイトになります)
当館から、いくつか写真を提供しました。

よろしくどーぞ!

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (683)

マツコの知らない世界で木彫り熊も紹介されました

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2018-9-7 20:16

この度の台風、そして大地震およびその後の全道的な停電で、多くの方が被災され、今も大変な状況におかれていることとと存じます。被災からの一刻も早い復旧・復興をお祈りしております。しげちゃんです。
なお、資料館の展示資料は揺れで倒れたりすることなく、無事でした。

さて、台風が北海道に近づいていた日、TBS『マツコの知らない世界』では、「ご当地民芸品の世界」が放送されていました。
そのなかで、北海道といえば木彫り熊ということで、鮭咥え熊が紹介されましたが、話の中で面彫りの熊が若者に人気あるって話がでまして、その画像を資料館から提供しました。
放送は、あと4日間はTBSの公式、TBS FREEで無料見ることができます。木彫り熊は、37分くらいから。

こちら

ちょっと補足すると、昭和初期にたくさん職人がいて作られた面彫りが、今若い人たちの間で人気という話がありますが、画面上に出てくる柴崎さんの熊は、戦後の作風です。
もっといえば、戦前には八雲の木彫り熊はすごく有名で、いろいろな姿(スキーしてたり鮭背負ったり相撲したり種まきしたり)が作られていましたが、他の地域ではあまり変形熊といわれるいろんなポーズをした熊は作られていなかったようです。
八雲では昭和3年にはすでに「荒彫」といわれたカットされた面で熊を表現した木彫り熊(面彫りの一種。ほかに一刀彫とか、素彫りとか、時代や作者によっていろいろ呼ばれるカットされた面で熊を表現したものを、総称して面彫りと呼んでいます)も生まれていまして、柴崎さんも荒彫と呼ばれたころの熊、彫っています。
なお、鮭をくわえた姿は戦後のブームで生まれて定番化したもので、八雲以外の場所で作られたもの、という理解です。いろいろお話したいことはありますが、整理するのに時間がかかるので、番組を紹介&補足するにとどめさせていただきます。

なおこの最近ブームの柴崎熊は、八雲町木彫り熊資料館で見れます。


柴崎熊

停電のため6日は臨時休館いたしましたが、本日から通常通り開館しています。
ただ、急な停電や余震等ありましたら、また臨時休館する可能性もありますが、ご了承ください。

よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1194)

満員御礼!八雲ふるさと物語

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2018-8-31 18:38

やっほー!しげちゃんです。
気がつけば週末で、月末。時間がたつのが早いです。

さて、前の日曜日には、八雲で演劇が公演されました。

タイトルは、「八雲ふるさと物語」。

なんもない八雲が嫌いなボクが、過去にタイムスリップして、八雲へ移住を決めた慶勝についてや、主に徳川農場で行われた米からジャガイモ、酪農への移り変わりを見てきて、当たり前のことがすごい苦労の上に成り立っているんだってことに気がついて、八雲を好きになるというストーリー。

私は有志の裏方として緞帳や中割幕とかの操作をやってました。
二階からみていましたが…

あいさつ

開演前はこんな感じの客入りが(主催者挨拶中)

まんいん

開演中にはこんな感じに。

前のほうの絨毯に座ってみる場所、すごいことになっていました。
実は劇が始まる前にも事前に設置した椅子じゃ全然足らず追加で出しまくって、アンケートも150枚が捌け…
大体250人以上集まってくださったみたいです。

脚本のストーリーのネタだしと、事実確認等の校正作業からかかわらせてもらって、多くの方に見てもらえて、好評だったのがよかったです。
帰りがけに、子どもたちが「ヤクモーンフラーッシュ!」と言いながら帰ってたってのは嬉しいですよねぇ。
どれだけ歴史を理解できたのかはさておき、楽しんでもらえたことには違いないかな。

また、NHKにも取材してもらい、全道ニュースになりました。
ってことで、こちらからその動画をどうぞ(9/2くらいまでは見れると思います)

よろしくどーぞ。

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (811)


ブログ カレンダー
« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント