トップページ  >  組織から探す  >  八雲町郷土資料館  >  平成29年度企画展のお知らせ

平成29年度企画展のお知らせ

平成29年度企画展・特別展のお知らせ

平成29年度の企画展・特別展のお知らせです。

企画展 重要文化財コタン温泉遺跡出土品展

 コタン温泉遺跡から出土した国の重要文化財「コタン温泉遺跡出土品」と町内の遺跡から出土したj縄文時代後期の遺物を展示します。

◎開催場所 八雲町木彫り熊資料館 2階小展示室

◎開催期間 平成29年10月17日(火)〜11月5日(日)

         9時〜16時30分

         ※開催期間中の国民の祝日は開館します

◎入  館 料   無料

◎問合わせ先 八雲町郷土資料館(電話:0137-63-3131)

 

 

特別展 ユーラップアイヌ〜椎久コレクション展〜

市立函館博物館に収蔵されている、ユーラップアイヌのリーダーだったトイタレキエカシ(椎久年蔵氏)ゆかりの資料を借用し、里帰り展示をします。

あわせて道南ブロック博物館施設等連絡協議会の郷土学講座「ユーラップのアイヌ文化」を10月1日に開催します。

ユーラップアイヌ展ポスター

開催期間:平成29年9月9日(土)〜11月19日(日)
開館時間:9時から16時30分
休館日:月曜日
入場料:無料
問い合わせ:八雲町郷土資料館(0137−63−3131)

関連講座:道南ブロック博物館施設等連絡協議会 郷土学講座 「ユーラップのアイヌ文化」
10月1日(日)13時30分〜16時
講師:大矢京右氏(函館市教育委員会)、大谷茂之(特別展担当)

新町指定文化財展

平成28年度に新たに八雲町指定文化財となった4件7点の貴重な文化財を一般公開します。

【展示品】

・子安観音菩薩像(門昌庵所蔵)

 安永7(1778)年に木食百道が蝦夷地において初めて製作した仏像。

・熊石村村会所諸用留(門昌庵所蔵)

 天明6(1786)年〜寛政12(1800)に書かれた、村会所の業務などの記録。

・八雲村概況図(八雲町郷土資料館所蔵)

 明治23年ころの野田生、山越、八雲、黒岩の様子と明治37年の元町の消失家屋が描かれた絵図。

・土偶(八雲町郷土資料館所蔵)

 栄浜3遺跡から出土した、今から約2,500年前の縄文時代晩期のほぼ完全な形の土偶。

【開催場所】八雲町木彫り熊資料館(八雲町末広町154)

【開催期間】7月15日(土)〜9月3日(日)

【休   日】毎週月曜日(7月17日と8月11日の国民の祝日は開館する)

【入 場 料】無料

 

 

熊をモチーフとした木彫家 柴崎重行の世界

芸術家としても評価されている柴崎重行の作品を一堂に展示します。

関連講座として、八雲の木彫り熊と、柴崎熊についての講演会を6月24日(土)に公民館集会室で開催します。
資料の準備がありますので、参加希望の方は事前に0137-63-3131又はmuseum@town.yakumo.lg.jpまでお申込みください

ポスター

開催日時 4月29日(土・祝)から8月27日(日)午前9時〜午後4時30分
休館日 月曜日(ただし5月1日(月)は開館)
開催場所 八雲町木彫り熊資料館 展示室
入場料 無料
関連講座

「柴崎熊について」
八雲の木彫り熊の歴史を振り返りつつ、柴崎重行についてお話します。
日時は6月24日(土)14時〜15時、場所は公民館2階集会室で、無料です。

資料の準備がありますので、参加希望の方は事前に0137-63-3131又はmuseum@town.yakumo.lg.jpまでお申込みください。

 

プリンタ用画面
前
郷土資料館の概要
カテゴリートップ
八雲町郷土資料館・八雲町木彫り熊資料館
次
八雲町郷土資料館リーフレット
トップページ  >  組織から探す  >  八雲町郷土資料館  >  平成29年度企画展のお知らせ


open

町へのご意見 open

便利なサービス open