熊石春夏秋冬

  • カテゴリ 四方山話 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

泣くな!笑って!卒園写真撮影!

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
八雲町 2014-3-5 13:00

何だか一気に冬に逆戻りしたかのように雪が降り続いています。
湿った重い雪でやや茶色がかっているような気がします。
黄砂?PM2.5?そんな今日この頃。

さて、昨日は熊石保育園と相沼保育園で卒園写真撮影を行いました。

各保育園の玄関先には今までの卒園記念写真がずらり。
幼いころの自分の写真を発見し、なかなか感慨深いものがありました。

とりあえず早速、今年入学する子供たちを撮影をパチリ。
次に全員で撮影。ところが一番下の子が、私の顔を見るなりギャン泣き。
「おじさん、怖くないよ!」と言ったところで泣き止まず。
そして、年長さんが喧嘩して泣きはじめ、カオスな状態に。

おすまし写真の後ははっちゃけた感じで。

子どもたちに面白ポーズをとってもらいました。

保育士の皆さんのおかげで、無事撮影が終了しました。ありがとうございました!

投稿者 Rodrigues

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3118)

熊石冬景色

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
八雲町 2014-1-22 14:00

暦の上では一年で最も寒いと言われる大寒が過ぎ、まさに冬真っ盛りな今日この頃。

今回は、熊石冬景色という事で、ここ最近の熊石の様子など。

年が明けてからは土日ともなると、サクラマスを求めてあちこちから釣り人が訪れています。この日は、浜中の海岸に入釣する人が多くみられました。


日本海を眺めながら滑ることの出来るひらたないスキー場です。

この日はあいにくの曇り空でしたが、晴れた日には大島まで望めます。


孫にスキーを教えるの図。スキーを楽しんだ後は是非ひらたない温泉あわびの湯で汗を流してください。

熊石福祉センターの解体工事が始まっています。昭和43年9月に竣功し、成人式や文化祭、各種講演、青年団活動、演芸会や結婚式等々、町民と共に歩んできた福祉センターも間もなく生まれ変わります。


完成当時の雰囲気を少しでも感じようと、昔の広報くまいしをひっぱり出してみました。完成に際して、「福祉センター特集号」が発行されており、まさに町民が待ちわびた完成だったのだと感じます。

当時の人口は9,151人。昔は4コマ漫画が掲載されていたんですね。いやはや昔の広報誌って、読めば読むほど止まらなくなります。

投稿者 Rodrigues

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4446)

クリスマス絵本展のお知らせ

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
八雲町 2013-12-11 14:10

朝刊折り込みのスケトウダラ売り出しのチラシに「ああ、こんな寒い日はスケトウダラ鍋でくいっと一杯。身も心も温まりたいな」てな感じの今日この頃。冷え込みますね〜。

さて、12月も半ばに差し掛かり、熊石にもクリスマス感が漂ってきました。

今年も熊石ヤングサークルによるクリスマスイルミネーションが町を彩ります。「まちを明るく盛り上げよう」と毎年行なっているものです。


省電力LEDの青白い煌めき。雪が降るとより一層クリスマス感が味わえます。

熊石総合支所前にはクリスマスツリー!

雲石小学校でも、クリスマスを前に大きなサンタさんがお目見え。クリスマスツリーも飾り付けられ、キラキラと輝いています。みんなサンタさんにどんなお願いするのかな?願いが届くといいね。

 

さて、熊石総合支所町民ギャラリーで10日から25日まで、「クリスマス絵本展」が開催されています。

クリスマスをテーマにしたお話や絵本の他、パーティー料理や飾りの作り方を紹介した本等、クリスマスを楽しく過ごせるような本を約50冊展示しています。皆様のお越しをお待ちしています。

投稿者 Rodrigues

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2836)

珍しい形のサツマイモの話

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
八雲町 2013-11-8 13:00

急速な低気圧の発達で、冬型の気圧配置。熊石でも昨夜から強風が吹き荒れています。
天気予報も来週には雪マークがちらほら。いよいよ冬到来ですね。
新しいスキー板とブーツが欲しいなと悩んでいる今日この頃。

さて、いろいろ取材して回った中で広報やくもにも支所だよりにも紹介しきれなかったネタ、いわゆるお蔵入りのネタを一ネタ。

熊石根崎町の伊藤さんの家庭菜園で、珍しい形のサツマイモが採れました。
よく見ると,とぐろを巻いたヘビにそっくり。


伊藤さんは自宅近くの畑で毎年、夏野菜やサツマイモなどを育てています。
サツマイモの栽培は去年はじめたばかりで、今年は15本ほど植え、収穫するために、クワを入れて掘り出したところ、ヘビにそっくりなサツマイモが出てきてびっくりしたそうです。
「今年はヘビ年だし、何か良いことがあれば」と伊藤さんは話していました。


実物はヘビがとぐろを巻いてるような感じなのですが、いろいろ試行錯誤してみましたがうまくヘビのとぐろ感がうまく出せず。。。

机の引き出しを見て思い出した今日この頃。

投稿者 Rodrigues

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3241)

根崎神社例大祭が開催されます!

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
八雲町 2013-8-12 9:00

熊石の夏を彩る根崎神社例大祭が、8月13日(火)から15日(木)まで行われます。

「天狗さん」と呼ばれる猿田彦を先頭に、神輿、山車が列をなし、2日間で町内を約20Kmを巡行します。

13日は、午後5時より宵宮祭が行われ、5台の山車が根崎神社前に集結し、お祓いを受けます。

14日は、8台の山車が関内漁港に集結し、行列を整え、午後1時30分に出立つします。行列は、根崎神社を目指して、関内、西浜、鳴神、雲石と各町内を巡行していきます。

15日は、鮎川地区を午後1時に出立つし、鮎川、平、畳岩、根崎と各町内を巡って、午後6時に熊石漁港ふれあい広場に集結します。
整然と並べられた8台の山車が薄闇の中、ライトアップされ、とても幻想的です。
午後7時にふれあい広場を出て、根崎神社前に山車が集結すると、沿道に多くの方々が押し寄せ、祭りの盛り上がりも最高潮に達し、最後に神社に神輿を迎え入れることで締めくくられます。

なお、15日は根崎神社周辺に交通規制がかかり、午後7時から9時まで車両の通行は出来ません。
迂回路を設定してありますので、警察及び係員の指示に従って通行してください。


宵宮祭。神主からお祓いを受けます。

関内方面を巡行。

夜の山車 祭囃子が賑やか。

神社の階段を駆け上がります!

投稿者 Rodrigues

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2970)

カワセミが保護されました

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
guest 2011-7-26 14:42

 夏本番の季節となりましたが、25度を超える暑い日がまだ何日もありません。昨日、初めて熊石総合支所の横の根崎神社の雑木林からミンミンゼミの鳴き声が聞こえました。やっと夏が来たなと感じたところです。

町内の小中学校も夏休みに入りましたが、先日、雲石小学校の窓ガラスに「カワセミ」がぶつかり、脳震とうをおこして気絶しているところを保護されました。(写真)青みがかった羽が特徴で、とても川のダイビングの王者とは思えないほどおとなしく、「渓流の宝石」と呼ばれるくらい大変綺麗な鳥です。
虫かごに入れられて、自然保護観察員に引き渡されましたが、その後元気を回復して自然界に飛び立っていきました。

                                (投稿者:マグマ大使) 


(保護されたカワセミ、元気に飛び立ちました)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3703)

今日は立春!暖かくなりましたね

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
guest 2011-2-4 15:34

 大雪の1月も終わり、2月に入りやっと雪が止んだ感じです。2日から天気に恵まれプラス気温が続き、雪解けも進んでいます。道新の記事では熊石が平年より雪が少ない報道がされていますが、そんなことはありません。アメダス観測地点が平成21年9月末に変わったためです。消防署前から熊石漁港のふれあい広場へ移動になり、場所としては吹きさらしで風に飛ばされてしまい、実際の降雪量と差が生じます。平年値と比べると当然少ないのは当り前なのです。
 逆に、風が強いところなので、今までに比べ風力の値が更新されています。日最大風速では、観測史上10位以内に5つもランクインしてますし、最大瞬間風速に関しては、10位以内すべてが漁港に移ってからのデータ更新です。データが物語っています「風が雪を飛ばしてる!」と・・・・。
 雪の話のついでに、熊石の住民は雪掻きが本当にマメです。特に国道に面した世帯では、除雪車が通過すると一斉に外へ出て雪かきを始めます。高齢世帯が多く昼間でも家にいる人が多いので、暇つぶしに雪掻きするのではなく、性格の几帳面な人が多いのと隣近所への迷惑など世間体を気にして、腰、足、腕、肩の痛いのを我慢しながらもやっています。国道を車で通っている人は、道路横断するのが危なくて・・・と思っているでしょうが、そのお陰で雪山が低く、国道の車道幅も確保され、他の町村に比べて見通しが良いと思っています。今日から立春、この先雪が少ないことを祈っています。

 1月の下旬からエビ篭漁が始まりました。漁模様はまずまずのようで、ボタンエビ、シマエビ、ナンバンエビ(甘エビ)が獲れています。昨日シマエビを買って刺身で食べましたが、鮮度が良すぎて、皮を剥くのが大変です。プリプリした触感で美味しくいただきました。見かけはゴツイオニエビは、最近人気があって値段も高く、出荷するようになって口に入らなくなりました。

(投稿者:マグマ大使)

真っ赤なシマエビ
(鮮度抜群透明感のある真っ赤なシマエビ)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4089)

かるた大会がありました

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
guest 2011-1-12 14:02

毎日のように雪が降り、連日雪かきに追われている今日この頃です。まだまだ冬型が続きそうで、今週いっぱいは雪が降りそうな状況です。
子供たちの冬休みは16日までですが、休み中のお正月行事恒例の、新春書初め席書大会が5日に行われたほか、かるた大会(百人一首)も8日に熊石第一中学校でおこなわれました。(写真)本町地区東野小学校からも参加し、小中学生8チーム30人ほどが参加して行われ、相沼小学校チームが低学年、高学年ともに優勝しました。
我が家の子供たちが小学生の頃は(10年以上前になりますが)参加チームも30チーム以上で、体育館も狭いぐらいで、各町内の子ども会が競って練習を重ね参加したものです。子供の数が少なくなり、地域単位で練習もできなく、伝統のかるたに親しむ機会が減ってしまうことに淋しさを感じます。

熊石青年団体連絡協議会と呼ばれる団体があった頃、(昭和50年代〜平成10年頃)熊石の方言や屋号、言い伝えなど小冊子にまとめました。その中から正月にちなんで1つ紹介しますと、「小正月に風呂を沸かすと地獄の釜のフタが開く」という言い伝えがあります。小正月は女の正月で、正月から働きずめで、せめてこの日に女性を使うようだと地獄が近くなるたとえです。男性陣は御用心を!小正月は日頃の感謝をこめて、奥様にご馳走するのもいいかも・・・!

(投稿者:マグマ大使)

子どもかるた大会の様子
(元気に札をとる子どもたち)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3637)

穏やかな新年の幕開けです

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
guest 2011-1-5 14:23

新年あけましておめでとうございます。
本年も「熊石ブログ春夏秋冬」をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
今年のお正月は天候に恵まれ、穏やかな年明けとなりました。元旦の朝、起きて何気なく寝室のカーテンを開けたら、ちょうど初日の出の瞬間でした。慌ててケータイで写真を撮って、今年一年の幸せを祈りました。(窓からの写真です)熊石に生れて51年(正確には52回目の新年)物心ついて4○年?になりますが、初日の出を見たのは初めてです。冬の日本海で、元旦に晴天になること事態確立が低く、ましてや日の出の東側に雲が無いなんて珍しいことです。きっと、今年は熊石にとっても自分にとっても良いことがあると期待しています。(初夢はなんだったか忘れた?見たのか、見ないのか、それさえも記憶になく・・・)

道新の地方版にも掲載されましたが、3日福祉センターで熊石地域の成人式がありました。対象者40人のうち33人が出席しました。旧町の時から出身者が帰省する正月に合せて成人式を行っています。最近では、夏のお盆に成人式を行う町もありますが、独身女性が振袖を着るならやはりお正月ですよね。ほとんど着物を着る機会がなくなった昨今、せめて成人式に合せて振袖を着て、記念写真を撮るパターンが多いのではと思います。写真は今年の参加者の集合写真ですが、つい2年位前までは、どこの誰か判ったのですが・・・化粧で変わったのか?大人になって変わったのか?それとも自分の記憶が・・・まだお正月だし早く帰ってグラスを持って脳トレしよう!

(投稿者:マグマ大使)

窓から見えた初日の出(乙部町方向の山から)
窓から見えた初日の出(乙部町方向の山から)

成人式集合写真
今年の新成人の顔ぶれ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3670)

イルミネーションが設置されました

カテゴリ : 
四方山話
執筆 : 
guest 2010-12-21 11:57

年の瀬も近づいてきましたが、昨日の雨で先日積もった雪がほとんど消えてしまいました。
近年は地球温暖化とやらが進行して、気温が上昇傾向にあるほか、異常気象が多くなったと言われていますが師走の雨は足元は滑って危ないし、防寒着は濡れるし・・・寒気の寒さの方がよっぽどましですね。今日は一転して良い天気で暖かい陽気です。
やはり師走のこの時期になると、イルミネーションが商店街などでピカピカ輝いていると綺麗ですね。近頃は民家で飾り点灯しているところも見かけますが、中々凝ってて凄いなぁ〜と思っちゃいます。
18日土曜日に「熊石ヤングサークル」が昨年に続き、熊石総合支所前と根崎地区(信金から干場電気)までの国道街路樹にイルミネーションを設置点灯しました。暗〜い街中を少しでも明るく活気あるものにと願って実施しています。若者が少ない熊石ですが、地元に残っている人たちが頑張ることは喜ばしいことです。

(投稿者:マグマ大使)

熊石総合支所前のツリー型
熊石総合支所前のツリー型イルミネーション

国道街路樹のイルミネーション
国道街路所のイルミネーション

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4622)


ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

便利なサービス open

町へのご意見 open