住民基本台帳法が改正されます!

住民基本台帳法が改正されます!

平成24年7月9日から、住民基本台帳法が変わります。これにより、住民基本台帳カード(住基カード)がさらに使いやすくなるとともに、外国人住民の方にも住民票が作成されるようになります。

町外に引越しをしても、住基カードがそのまま使えるようになります!

これまでは、町外に転出すると、住基カードが失効するため、カードを返納していただきましたが、今後は今お持ちのカードを継続して利用することができます。継続して利用する場合は、新しい住所地の役所窓口に住基カードをお持ちいただき、カードの暗証番号(既に登録している4桁の数字)を入力していただきます。さらに、住基カードに新しい住所を記載するなどの手続きが必要になります。電子証明書が格納されている場合は、住所が変わると失効しますので、再度手続きが必要です。

転入転出手続きの特例

住基カードをお持ちの方は、郵送等で転出届を提出すると(窓口でも受け付けています。)転出証明書がなくても転入の手続きができます。

手続き方法についてはこちらをご覧ください。
郵送による転出届

留意事項

外国人住民の方に住民票が作成されます!

これまで外国人住民の方に適用されていた外国人登録制度が廃止され、日本人と同じように住民票が作成されます。対象となるのは、特別永住者および在留期間が3ヶ月を超える中長期滞在者の方です。日本人と同居をしている方は、同一の世帯として住民票を作成します。この改正による主な変更点は次のとおりです。

☆新たに入国された方、または在留期間更新時等に入国管理局から在留カードが交付されます。また、特別永住者の方には、市区町村の窓口で特別永住者証明書を交付します。
 備考:在留カード、特別永住者証明書への切替えを済ませていない方
 一定の期間、外国人登録証明書は在留カード、特別永住者証明書とみなされます。

☆住所変更をされる方は、在留カード、特別永住者証明書または外国人登録証明書を必ずご持参ください。
 ★本人または世帯員が外国人住民の方の場合、全員のものが必要になります。
 ★在留カード、特別永住者証明書または外国人登録証明書を持参いただけないと、窓口に二度来ていただくことになりますので、ご注意ください。

☆町外または国外に転出される場合は、転出手続きが必要になります。(町外への転出の場合は、転出証明書を発行します。)

☆他市町村から引越ししてきたとき(転入届)
 ★届出期間・・・引越ししてきた日から14日以内。
 ★対象となる方・・・八雲町以外からの市区町村から引越ししてきた方。
 ★届出する人・・・原則として本人ですが、代理人に委任することもできます。(委任状が必要です。)
 ★届出方法・・・転出証明書を窓口に提出してください。
 ★届出に必要なもの
  ・前住所地の市区町村が発行した転出証明書
  ・異動する世帯員全員の在留カード、特別永住者証明書またはみなし外国人登録証明書
  ・届出人の本人確認ができる書類(有効期限内の運転免許証・旅券(パスポート)または住民基本台帳カード等)・・・外国人住民の方が届出人の場合は、在留カード等で確認ができるため必要ありません。

こちらもご覧ください。
総務省:外国人住民に係る住民基本台帳制度について
法務省:日本に在留する外国人の皆さんへ2012年7月9日(月)から新しい在留管理制度がスタート!

 

外国人住民の方の住基ネット運用開始について

2012年7月に外国人登録法が廃止され、外国人住民の方も住民基本台帳法の適用対象となりましたが、2013年7月8日からは、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)についても外国人住民の方の運用が始まります。

〜外国人住民の方の変更点〜

住基カード、電子証明書の申請についてはこちらをご覧ください。

住基ネット及び住基カードに関する詳しい内容につきましては下記関連リンクをご覧ください。
総務省「外国人住民に係る住民基本台帳制度について

お問い合わせ
八雲町役場住民生活課戸籍住民係