にわかSEは大忙し!

日本語が入力できる状態にならない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-20 17:30

先日、職員の採用の連絡があり、準備を行っていたノート型パソコン。準備が終了したため、試運転ならぬ「動作確認」を行うことにしました。

まずは、業務システムが動作するかを確認します。グループウェアや財務会計システムなどを起動させ、正常に動作するかを確認します。無事に起動と動作を確認できました。
次に、メールの確認。これも正常の動作が確認できました。
セキュリティ強靭化後は、インターネット閲覧はリモート環境で行っていますので、その動作も確認します。これも正常の動作を確認。我が社のホームページも無事に閲覧できました。
当町の業務用パソコンには、追加で数種類のソフトウェアをインストールしていますので、その起動と動作を確認します。こちらも無事に使用ができました。

そして、最後に「有名統合型オフィスソフトウェア」の起動と動作を確認します。
まずは、「有名文章作成ソフトウェア」の確認から。ソフトウェアを起動。無事に起動しました。文字を入力してみます。ひらがなが表示され、漢字変換操作を行うとひらがなが漢字へ変わりました。動作の確認ができました。良かった、良かった。
続いて、「有名表計算ソフトウェア」についても確認を試みます。ソフトウェアを起動。こちらも無事に起動しました。文字を入力してみます。アルファベットや数字が表示されました。良かった、良かった。
さらに、日本語の入力を試そうと「半角/全角」キーを押します。続いて、文字を入力を試みます。しかし、枠の中にはアルファベットが表示されています。ひらがなが表示されませんでした。頭の中に「?マーク」が浮かびます。「キーを押し間違えたかな?」と思い、もう一度「半角/全角キー」を押し、文字を入力してみます。やはり、アルファベットが表示されます。タスクバーの「言語」のところを見ますと、「あ」ではなく「A」が表示されています。この状態ではアルファベットが表示されて当然ですね。「設定が悪いのかな?」と思い、設定画面を開き「キーの設定」を確認します。見ますとキーの割り当ては間違ってはいませんでした。

「?」が頭の中に再びあらわれます。そして、「もしかして!」が頭の中に浮かびます。ソフトウェアが正常であれば、次に疑うは「ハードウェア」。キーボードの故障を疑います。
デスクトップ型パソコンからUSBキーボードを外し、対象のノート型パソコンへ接続します。そして、「半角/全角キー」を押します。すると、「A」の表示が「あ」の表示に変わりました!犯人はキーボードのようです。
ということで、キーボードの交換を実施。いつもの「宝箱」から同型のキーボードを探し、交換。動作を確認すると、「A」の表示が「あ」の表示に変わりました!良かった、良かった。

いろいろありましたが、新たな使用者のもとへパソコンが旅立って行った出来事でした。

キーの設定画面の写真
キーの割り当ては正常。今回はハードウェア障害でした。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (336)

そこじゃない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-19 17:30

ども。
自称「雨男」の担当ちゅんです。

先日、とある外勤先にて「あ、ちょうどいいところに!」と呼び止められました。話を伺うと「プリンタの設定がされていないPCがあるので、ちょっとお願いできないか?」とのこと。お安い御用です。

現場にて対象のプリンタを確認。どうやら、少し前まで別な部署でコピー機&ファックスとして利用されていた旧式の複合機のようです。見たところLANケーブルが刺さる場所は無いようでしたが、代わりにUSBの無線プリントサーバが取り付けられていました。
対象のPCをお借りしてPINGを通してみるとちゃんとプリントサーバまで通信できているようで一安心。プリンタドライバさえインストールすれば利用可能になるはずです。

現在、自治体では強靭な情報セキュリティ対策が実施され、インターネットから簡単にドライバをダウンロードできなくなっています。ですので、留守番となっていた隣席ふろんと氏に電話したうえで、職場のPCからドライバをダウンロードしてもらい、セキュリティチェック等所定の手続きを踏んだうえで外部に取り出し、対象PCがアクセス可能な共有フォルダに展開してもらうという手順を踏みます。なんともまどろっこしい手順ですが、全ては情報セキュリティを確保するために必要なことです。

5分、10分と時間が経過。ついにふろんと氏から「終わりましたよ〜」と電話が来て、作業を再開。プリンタドライバを一端ローカルプリンタとしてインストールし、その後でStandard TCP/IP Portをつくり、IPアドレスを指定。プリントサーバで設定するときのお決まりの作業です。最後の仕上げで自信満々に「テストページの印刷」をクリックして、しばし待つ。待つ・・。待つ・・・と、ややしばらく待ってみたもののプリンタが動く気配は一向にありません。

ここまで順調だったのに、突然不穏な空気に。恐る恐るブラウザからIPでプリントサーバにアクセスしてみます。すると、どうやらデバイスとしてプリンタを認識できていないようです。なんてこった!
しかし、慌ててはいけません。まずはプリントサーバを再起動して様子を見るのが鉄則です。さらにプリントサーバの配線も含め再度設置状況を確認。ふと、プリンタ側に接続されているUSBケーブルのことが気になり、ちょっとだけ引っ張ってみます。すると、何の抵抗もなく「スポッ」と抜けました。何が起きたのかわからず、とりあえずプリンタの裏側に回ってコネクタを確認。

・・・後は文末の画像をご覧いただければと思います。思わず「そこじゃない!」と独り言をつぶやいてTHE ENDとなりました。ちなみに、今回の複合機にはUSBポートも搭載されておらず、そもそもプリンタ機能非搭載だったようです。それなら仕方がない?かなぁ。でもなぁ。

そこじゃない
電話のモジュラーケーブルを差し込む場所ですよね

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (363)

パソコンのやりくりの中で

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-18 17:30

当町では、「一人1パソコン」としております。今時は当たり前のことかもしれませんね。二十年くらい前、パーソナルコンピューターは部署に一台あるかないか。他の人が使用していない時間に使用するのが当たり前でした。ワープロは数台ありましたが、これも皆で「やりくり」して使用していました。その時には、こんなにも早く、このような時代がやって来るとは思ってはおらず、テレビや漫画の世界の話と自分は思っていました。

職場の「備品」であるパソコン。所有者は我が社。パソコンには管理シールを貼り、管理台帳で使用者を管理しています。
我が社もそうですが、定期的(時には突然)な「人事異動」や「採用・退職」があり、その度にパソコンは使用者や部署が変わります。パソコンも「異動」ならぬ「移動」をする訳です。内浦湾側から日本海側へ移動する事もあります。

この度、人事担当から職員の「採用」があるとの連絡があったため、パソコンを準備することとなりました。保管場所へ向かい、在庫のノートパソコンを一台手に取り、執務室まで持ってきました。設定を行うためにパソコンの上蓋を開けた瞬間、驚きました・・・。

画面の周りにたくさんの「シール」が貼られていました。
そのシール達には、関係団体の担当者名や電話番号、電話の短縮番号の一覧、そして残念ながら使用していた職員の方の「ログインIDやパスワード」も記載されていました。

Windowsには「付箋機能」があるので、それを利用していただければな・・・。と考えたり、セキュリティ上よろしくないな・・・。と考えたり。

まずは、中身のリセットの前に、外面のリセットから開始した出来事でした。

ノートパソコンの画面のまわり
皆様のパソコンは大丈夫ですか?

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (367)

すべてのLANの電源がつながっています

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-14 17:40

ども。
このように暑い日が続くと、エアコンのあるサーバ室での作業が恋しくなる担当ちゅんです。

先日、ふろんと氏とともに熊石方面に外勤に出た際の帰り道に起きた出来事。助手席に乗っていた私の携帯電話が鳴り、相手は教育委員会の担当者。時間はすでに17時を回っております。何事かと思い電話に出てみると「○○小学校の職員室でネットが使えなくなって困っているようだ」との連絡でした。

実はその日の夜に予定を入れていたので、私は現場に向かうことができない状況。ですが、いつ何時トラブルが起こるかわからない職場、こういうこともあります。職場に到着するまでの30分間、車中で隣席ふろんと氏に全てを託す作戦会議です。

この手のトラブルが起きた場合、根っこから順に辿っていくのが定石ですので「まずはモデムの電源はどうなっているか、次にルータの電源はどうなっているかと地道に探るしかないだろうね」という話に。ただ、これをやっていては時間がかかるので、ここからは「エスパー」になります。私の勘では、今回の原因は状況的に「無線アクセスポイント」にあるように思っていました。なので、まずは単刀直入に「アクセスポイントの電源ランプはついていますか?」と聞いてみることを提案。ここで「ついていません」となった場合、アクセスポイントに電源供給しているPoE機器の故障、もしくは電源ケーブルが抜けている的なトラブルだろうと。
非常に心苦しかったのですが、この辺で時間となり、残りの業務をふろんと氏に引き継ぎ、私は帰宅しました。

翌日、ふろんと氏から朗報がもたらされました。「やっぱり原因はアクセスポイントでした」とのこと。それだけではなく「予想通りPoE機器の電源ケーブルが抜けていました」と。ここまで勘が的中すると痛快です。しかも「現地に向かうことなく、電話だけで対応完了でした」と。素晴らしい!いつもこうなら助かります。
後日、その学校に用事があって訪問した際、アクセスポイントの横とPoE機器の電源ケーブルにはしっかりと対策がなされていました。これを見るたび、今回のファインプレーを思い出すんだろうな〜と思いながら、シャッターを切りました。

対策
今後は抜けないように注意してくださいね

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (324)

宿泊先でのWi-Fi設備

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-13 17:30

自分は町外等に出かけた場合、宿には宿泊せずに「日帰り」をもっとうとしています。かなりの遠方に出かける際でも、日帰りです。長距離を車で運転するのは苦になりませんし、むしろ好む方です。
なぜ「日帰り」か?それは、自分の家以外の場所で眠ることが非常に辛いからです。「まくらが変わると眠れない」など、よく聞く話ですが、自分はそのようなタイプです。寝た気がしませんし、疲れがたまります。同意していただける方も多いのでは?と思います。

この度、宿にどうしても宿泊をしなければならない状況に迫られました。不安の中、宿へ向かいました。

受付で手続きを済ませ、鍵を受取り、部屋へ向かいます。
入室し、荷物を置き、やれやれと思っていたところ、壁についている機器が気になりました。
電話のモジュラーから線がでて、繋がっている機器で二つに分かれています。一方は電話機へ向かっていました。もう一方は黒くて四角い機器へ向かっていました。その機器にはLANケーブルが繋がれており、その先には黒くて小さい機器がありました。
「これは何かな?」と思ってよく見ると裏に「SSID」の記載がありました。Wi-Fiルーターでした。非常に小さなサイズ。最初の機器はADSLのスプリッタ、壁の機器はADSLモデムでありました。
この宿では、宿泊者へのサービスとしてWi-Fiを提供しているようです。

今時は、街に「Wi-Fi」があふれています。
観光施設や喫茶店などか提供するWi-Fi。24時間営業のコンビニエンスストアは24時間Wi-Fiが提供されています。携帯電話会社が提供するWi-Fiもあります。そのほとんどが「無料」です。メールアドレスの登録などの作業が必要な場合が多いですが、なにもせずとも「接続」できる状態のWi-Fiもあります。
世界的に有名なチェーン店のカフェの前を通ると、スマートフォンやパソコンを操作しながらコーヒーなどを飲んでいる方を多く見かけます。
それほどにも皆が求めているWi-Fi。無料提供の場合は通信料が節約できますので、ありがたい存在です。

「ガラケー」の自分には「不要」ですが、今や当たり前のサービスに出会った出来事でした。

Wi-Fiルーターの写真
宿に設置されていた、小型のWi-Fiルーター

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (395)

現場にて「念のため」に救われる

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-12 17:40

ども。
暑い暑いと言いながら過ごすくらいの方が性分に合っている自称・夏男の担当ちゅんです。

本日はとある学校にて、ネットワークの仕様変更に伴うルータ交換を実施しました。ルータは事前にネットワーク保守業者さんに送付しておいたので、すでに初期設定が完了しており、現場ではLANケーブルを取り付けて電源をオンにするだけという簡単なお仕事です。

珍しく準備万端での外勤となるわけですが、こういう時に限って落とし穴があるものだというのが、過去の経験則。なので、念のためネットワーク構成図などが記された「虎の巻」と、工具類一式が詰め込まれた「工具箱」を手に現場に向かいました。

現場に到着し、まずは既設ルータの場所を確認。機器は当然職員室にあるものだと思い込んであちらこちら探してみるも、あるのはHUBだけ。ここで薄っすらと「確か別な場所にあったような気が・・・」と思い出し、さっそく「虎の巻」の出番です。結果、ルータは職員室ではない秘密の小部屋に設置されていると記されていて事なきを得ました。

ホッと一安心して秘密の小部屋へ。やはり通信機器類はこの部屋にまとめられていました。早速機器を交換・・・と思ったら、なんと既設ルータは壁にネジで固定されていました。それだけではなく、HUBとルータを接続しているLANケーブルの長さも若干短く、そのままでは持ち込んだ機器には接続できないということが判明。しかし、焦ることはありません。今度は「工具箱」の出番です。ドライバーでネジを取り外し、持ち込んだルータを壁面に取り付ける細工を施し、LANケーブルも必要な長さで作り直します。我が社の工具箱さえあれば大概のことには対応可能です。

結果として、ルータ変更は滞りなく終了し、業務完了となりました。
それにしても、「念のため」と思って持って行ったブツが、まさか全て必須とされている案件とは思いもしませんでした。こういうことが起きるから、外勤って怖いです。荷物が多くなって面倒ではありますが、やはり「念のため」は大切なことだと再認識しました。

作業中の風景
ドライバー1本も、ない時にはすごく困ります。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (372)

Windows10を英語で使用する

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-11 17:30

教育関係部局には、外国語教育を行う職員の方が採用されています。現在採用されている職員の方は、英語を教える方で、普段は英語を読み書きしている方です。当町では「一人一パソコン」としておりますので、その方にも業務用パソコンを支給しています。以前の更新の際はWindows7のOSでの調達を行いましたので、英語版のWindowsOSを搭載したパソコンを配備しておりました。そのパソコンに何らかのトラブルがあった場合、リカバリ作業を行うこととなる訳です。自分が担当することとなれば、英語はよくわかりませんので「雰囲気」でつかみ取って行うことになります。

Windows7では、最上位グレードのUltimate(アルティメット)「だけ」の機能で「多言語対応」が行え、35種類の言語の切替が行えるそうですが、Windows10では標準機能で行えるとの話を聞き、パソコンの入替の際には英語版の調達が不要となったり、外国語教育を行う職員の増員の際にも既存のパソコンで対応が可能となることが想定されます。保守の際には日本語モードで作業を行い、作業後には英語モードで返却ということが可能になります。
ということで、検証を行うことにしました。

設定の「時刻と言語」の「地域と言語」のところで設定を行います。
「言語を追加する」をクリックすると追加できる言語の一覧が表示されました。中国語、韓国語。アッサム語、中央アトラスタマジット語(ティフィナグ)というような自分は聞いたことが無い言語もありました。世の中にいろいろな言語があり、Windowsはそれに対応しているのですね。
今回は「英語」を選択。すると、英語の種類の一覧が表示されました。英語にも種類があるのですね。「英語(米国)」を選択しました。すると「Windows Updateを検索しています」が表示されました。しばらく待ちますと「言語パックを使用できます」が表示されました。
「規定値として設定する」を選択し「オプション」を選択します。「言語パックのダウンロード」を選択すると「ダウンロード中」が表示されました。インターネット経由で取得を行っているようです。しばらく待っていますと「言語パックをインストールしました」が表示されました。「次回のサインイン以降に表示言語となります」の表示が出ましたので、指示通りサインアウトしてサインインを行いました。すると、表示が英語になりました。

次回は「これでイケる」と感じた出来事でした。

英語表示のWindows10
使用するキーボードの設定は英語版ではなく、日本語版を使用すると記号の入力で困りません。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (305)

DHCPオプション

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-10 19:10

ども。
ヒアリが怖い担当ちゅんです。

このところ、打ち合わせラッシュです。春先に契約をした案件の納期が7月末とかお盆前あたりに設定されていることが関係しているみたいですが、このところの北海道らしからぬ暑さのせいもあり、消耗が激しい日々です。

そんな中、とある難しめの打ち合わせに出席しておりましたら、聞いたことの無い用語が出てきて焦る案件が発生しました。その打ち合わせは、業者さんが2社出席しており、その用語は業者さんの間で取り交わされていたもので、私としては知らなくてもその場は何とかやり過ごすことができる状況。でも、丸8年以上この部署で働いてきて、知らない用語が出てくるとむしろ嬉しいという感覚もあり、思い切って聞きました。

「で、その、DHCPオプションって何すか?」

この回答として、私としては「えっ?知りませんか?」という反応が返ってくることを予想していたのですが、同席していた業者さんのうちの1人が「・・・実は私も知りませんでした」と。
その方は営業さんで、SEの方ではなかったのですが、本職の方でもなかなか理解していないような話だったようで、これには一同大笑いしました。そのおかげか、若干重苦しい雰囲気に包まれていた会議は、それまでが嘘だったかのように明るく進行しました。無知もたまには良いものです。

ちなみに、肝心のDHCPオプションって何なのかは結局のところ分からず終いとなってしまいましたが、きっと「にわか」には不要な知識なのでしょう。それよりも良い雰囲気で打ち合わせを終われたことの方が、にわか的には大成果なのでした。

リレー
ちなみに、DHCPリレーの話題のとき、私の頭の中はこうでした。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (388)

本日、明日は山車行列です!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-7 17:30

山車行列。
八雲町の大きなイベントの一つであり、毎年七月の第一金曜日と土曜日に開催されます。その「山車行列」が、今年も本日と明日の二日間にわたって開催されます。
今年でで三十五回を迎え、本年は二十二団体の団体が参加して行われます。
「あんどん山車」が八雲町内を練り歩きます。山車には、それぞれの団体が工夫をこらした「踊り」や「お囃子」がつき、行列を盛り上げます。

我が社も参加しており、今年で三十三回目の参加となります。
あんどん山車とともに、我が社の職員及びその家族が笛や太鼓などの楽器に合わせ「阿波踊り」を踊ります。

職員の代表で構成される「やくば山車実行委員会」を組織し、部門担当者がそれぞれの役割を行い、本番に備えます。
当室は山車の「音響部門」を担当しており、昨年までは元上司92氏を中心に行っていたようですが、今年はいませんので、上司ちゅん氏と自分の二人で音響設備の準備を行いました。

倉庫から音響装置を運び出します。音響装置はアンプと電源装置に分かれていました。音楽の再生を行う「ラジカセ」も一緒に運び出します。各々を山車の「定位置」にセットし、配線を行います。次に、すでに設置されている発電機を始動させ、電源の供給を開始します。そして、アンプの電源装置の電源を入れます。電圧メーターの針が動きましたので、電気がアンプに供給されているようです。続いて、アンプの電源を入れます。最後に、ラジカセで音楽の再生を開始します。

しかし、ここで問題発生です。肝心な音が出ません。
ラジカセの表示画面では、音楽が再生されている様子。接続端子を外しラジカセのスピーカーで再生を行うと、きちんと音楽が聞こえます。問題は「アンプ」のようです。
アンプを見ますと電源が入っていない様子。点灯するはずのランプも点灯していませんし、レベルのメーターの針も動いていません。ヒューズを確認したり、内部を確認しますが、故障の原因が発見されず、アンプを交換することとしました。

アンプを交換し、再度、再生を行ってみますが、やはり音が出ません。次に、スピーカーを交換してみることにしました。交換後に再生を行います。やっと音が出ました!良かった、良かった・・・。

このような出来事もありながら「やくば山車」はお祭り当日を迎えました。
八雲町に来ていただき、ぜひ、その目でご覧ください!

故障原因を探す
故障原因を探す、レジェンドU氏と上司ちゅん氏

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (486)

パソコンの電源が勝手に?(EX1)

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-6 19:30

ども。
昼食の量を間違えて、午後からエネルギー切れを起こした担当ちゅんです。

冒頭、まずもってお詫びから入りますが、先日「最終話」としたはずのパソコンの電源が勝手に?シリーズですが、実はその後、また症状が再発してしまいました・・・。ひとえに私の技術力の無さに尽きます。本日は禁断の「エクストラタイム突入」として断腸の思いで続編をお届けします。

とはいえ、結果として「電源オフの状態からオンの状態に持っていく部分とは無関係ではないか」としていた点が正しかったという証明でもあります。正直なところ「やっぱりね」といった気持ちもあります。
では、最終的にこの怪奇現象をどう収めればよいのでしょうか。私の頭の中には半分くらい白旗・降参(保守業者さんに泣きつく)がよぎっていますが、最後の最後、ダメもとでもう一つだけ手を打つとすれば・・・ということで、本日がラストチャンス。上司46氏(初登場)に状況を説明して、再度、学校を訪問することにしました。

PCの保守をしていて、何が原因かどうしても分からない案件が発生したときの最終手段は「BIOSアップデート」であると、元上司92氏からも教わっていました。また、今回の症状が電源オフからの起動という点からも、BIOSを怪しんで当然といえば当然です。事前に対象PCの型番でメーカーサイトを見てみると、やはり新しいバージョンのBIOSがリリースされています。変更点は「BIOSの脆弱性への対応」とされていますが、具体的にどういった脆弱性かは書かれていません。「勝手に電源が入る」とか「Wake on Lanの不具合」と書かれてはいませんが、やってみるしかありません。

現場で全てのPCのBIOSをアップデートしていきますが、何度やってもBIOSアップデートだけは嫌なものです。更新中に万が一電源が切れてしまったら、PCは単なる箱になってしまいます(過去に経験あり)。隣席ふろんと氏とともに清水の舞台から飛び降りる覚悟で臨みました。結果、全てのPCのBIOSを無事更新し、我々の長いたたかいに終止符が打たれました。明日、学校からの連絡で「直りました!」という吉報がもたらされることを期待して、今日は帰宅したいと思います。

BIOSアップデート
「何も不具合が無ければBIOSアップデートはするな」も元上司92氏の教えでした

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (361)


ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open