にわかSEは大忙し!

雪解けとともに外勤開始

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-14 17:40

ども。
本日は今年一番の暖かさに感じられる気候。春本番が待ち遠しい担当ちゅんです。

暖かい日が続いていることで、道路の雪はすっかり無くなってきました。ようやく、外勤のシーズンがやってきます。雪が積もっている状態では不可能な調査などが数件たまっていて、しばらくはこの対応に追われそうです。

本日向かったのは、冬期間、ネットワークが不安定になってしまった某所。実は明日、札幌の業者さんに来町いただいて本格的な調査を行う予定になったのですが、今日は事前の現場確認と状況把握。素人ながらも事前に状況を確認したうえで、自分たちなりに対策案・改善方法などをある程度考えておくことはとても大切なことです。いざ業者さんと対峙して「とにかくこの状況を直して」と結果だけを伝えたのでは、うまくいかないことが多いのです。

雪が融けたことにより侵入が可能になった場所にもどんどん立ち入りながら、隣席ふろんと氏とともに小一時間ほど調査を実施。明日の本番で「ここを見てほしい」「これをやることは可能か」といった具体的なイメージを掴むことができ、やはり現場に直接出向いて、自分の目で確かめることは大事なことだなと再認識しました。

そんな調査も無事終了し、そろそろ現場を後にしようとしたとき。ちょうど下校中の小学生から「こんにちは!」と元気に挨拶されました。・・・と同時に「チリンチリン」と鈴の音。それは、ランドセルに付けられていた「熊除けの鈴」の音でした。暖かくなり我々が外勤に出だすということは、熊も冬眠から目覚める頃でしょうか。八雲らしい風景に心が和みました。

某所
文中「某所」とぼかす意味がなくなる写真

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (730)

パソコンの電源が入らない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-13 18:33

本日も執務室で事務をしておりますと、一台のパソコンが不調を訴え、やって来ました。
さっそく症状を聞きますと「パソコンの電源が入らない」ので見て欲しいとのことでした。

まずは、本当に電源が入らないのかを確認します。
まれにですが、こちらにパソコンを持ち込むとなぜか故障が治ってしまうという現象が起きるからです。きっと、機械を相手にされている方には「あるある」なのではないかと思われます。

ノート型パソコンでありましたので、まずはACアダプターをコンセントへは挿さずに、バッテリーで動作をするかを確認しました。
今回は訴えのとおり、残念ながら電源は入りませんでした。奇跡は起きませんでした。

次にアダプターをコンセントに差し込み、パソコンの電源ボタンを押してみます。やはり、電源は入りませんでした。

「何が原因かなぁ〜」とパソコン本体やACアダプターを動かしながら見ていますと、パソコン本体の側面のランプがオレンジ色に光っていました。「これはもしや」と思い、電源ボタンを押してみます。
すると、電源が入りWindowsが起動を始めました。奇跡が起きました。オレンジランプの点灯は、パソコン本体が通電し、バッテリーが充電を始めた合図なのでした。
「なぜかな?」と思いつつパソコンを操作していますと、突然に画面が黒くなり、電源が切れてしまいました。側面確認しますと、オレンジランプも消えていました。

これは、パソコン本体ではなく、アダプターやコードが不調なのではないかと思い、確認を開始しました。アダプターやコードを動かす度に、オレンジランプが点いたり消えたり。「当たり」の予感がします。
パソコンの差し込み口の方からから順々にコードの一部分を順々に動かしてみます。
アダプターの付け根に触れた時が、一番頻繁にオレンジランプが点滅していました。付け根の部分のコードが断線しかけていると推測しました。
しかしながら、原因はその部分ではありませんでした。今回の原因は、アダプターに接続されているコンセントプラグがついている方のコードが断線しかけていました。

原因がこちらであれば、作業は簡単。別のコードに交換です。
交換をしコンセントにプラグを挿したところ、オレンジランプが点灯。コードを動かしても点滅することはありませんでした。電源も入り、パソコンは通常の使用ができるようになりました。良かった、良かった・・・。

自分の予想とは違った部分の故障ではありましたが、経験値の一つになった出来事でした。

断線しかけているコードの写真
今回は、この部分が断線しかけていたようです。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (771)

HUBのデモ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-12 17:40

ども。
日に日に減っていく積雪に、春の訪れを感じている担当ちゅんです。

我々の業界では「デモ」という概念が存在します。カタログ上の性能だけでは判断がつかない場合などに一定期間商品をお借りして、実際に動きなどを検証させていただくものです。全ての商品で可能というわけではないのですが、迷った場合にはダメ元で相談してみるということはしばしばあります。

先日、とあるメーカーさんが新商品のHUBを紹介されておりました。我々が通常使っているHUBと同程度の性能であるにも関わらず小型かつ安価で、しかもHUBに関して重要なポイントであると個人的に感じている「マグネット付き」。さらに本体には5年間の無償保証がついているという、文句のつけようがないスペックでした。
極めつけは「よろしければデモ機をお送りいたしますので、ご検証いただければ」とのこと。すっかり気をよくして「よろしくお願いします」となりました。

さて、そんなやり取りを若干忘れかけていた頃、職場に現物が届きました。デモの期間は1週間なので、その間に検証をお願いしたいとのこと。
ここで私はふと気がつきます。「ところでHUBの検証ってどういうことをするんでしょうね」と。
HUBですから、普通に使えて当たり前。速度も・・・、とりあえず「1000-T」となっているだけで十分です。正直、一番知りたいのは耐久性や安定性だったりするのですが、それを1週間で検証するのは不可能。困ってしまいました。

ひとまず箱から取り出して、大きさを確認。こだわりポイントのマグネットが付属していることを確認して、箱に戻しました。わざわざ送って頂きありがたかったですが、自分にはHUBの検証など無理だなと悟るとともに、メーカーさんに何て言おうかなと。とりあえず「いい商品だと思います」としか言いようがないなと思います。

デモ
この色でピンときたら、なかなかの通だと思います。

(投稿者:ちゅん)

ノート型パソコンの展開作業

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-9 18:34

先日の上司ちゅん氏の投稿にもありましたが、ノート型パソコンの展開が全て終わりました。
まだ、十数台のデスクトップ型パソコンの展開は残っていますが、やっとここまできました。

ノート型パソコンの展開作業は、執務室内で行っています。
時には自席の机上、ある時には、自席の反対側にある書棚兼作業台でですが、主には執務室内の共用テーブルの上で行ってきました。
共用テーブルは広いスペースで、多くの物が置ける状態でありました。

展開の開始当初は、まだ初めでありましたので、ある意味「勢い」がありました。広いスペースにパソコンを一度に六台並べ、順々に回りながら展開を行ったこともありました。
ですが、段々と、一度に面倒を見ることができる台数がわかり、最終的には「一度に二台」が「あずましい」と感じ、中盤以降はパソコンを二台並べて展開作業を行いました。作業の序盤で、一人で一度に行える限界がわかった訳です。

ディスクの複製終了のタイミングにもよりますが、二台でもなかなかせわしい作業になります。
一台の複製が終わったと同時に二台めの複製を開始します。そして、一台めの環境設定を始めます。その最中に二台めの複製が完了。一台めの環境設定が終わり次第、三台めの複製を開始。そして二台めの環境設定へ・・・。流れ作業です。片手間でできる作業ではありませんでした。

作業に当たれる日には、黙々と作業。繰り返すうちに、中盤以降には上司ちゅん氏が作成した手順書も見なくても作業ができるようになっていました。それは、上司ちゅん氏があらかじめ作成したハードディスク内データ原本の「作りの良さ」もあると思います。

全台配備完了まで、あと少し。
目標の「年度内達成」を目指し、引き続き、頑張っていきます!

二台並んだノート型パソコンの写真
二台並べてのノート型パソコンの展開作業。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (874)

ノートパソコンの展開が完了

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-8 17:30

ども。
業者さんに頼んで重機で自宅前の除雪を行った担当ちゅんです。サボりすぎたツケが回りました。

さて、ついにこの日を迎えました。10月から続けてきた業務用PCの配備ですが、ノートパソコンの展開がすべて完了しました。この頃、職員から「本当に年度内で終われるの?」と声をかけられることが多いのですが、おかげさまで無事に年度内で終了できそうです。

振り返ってみると、展開作業を開始したのが昨年の10月13日。ノートパソコンの総数は224台でした。平日の勤務日は96日間でしたので、単純に割り返すと一日平均で2.3台のノートパソコンを展開してきたことになります。もちろん、その間には別な業務もありましたし、出張で不在という日もありましたので、作業に当たれる日はもっと多くの台数をこなしたことになります。加えていえば、ノートのほかにデスクトップパソコンもありますので、さらに増えることになります。

このペースが速いのか遅いのか、自分たちには判断ができませんが、少なくともベストは尽くしました。正直、職員2人ではこのくらいの台数が限界で、これ以上を処理しようと思ったら、人海戦術で多くの職員で作業にあたるか、割り切って業者さんに委託するか、もしくは何か画期的な展開方法を見つけ出すしかないと思います。1000台を超えるような規模でリプレイスをされる方が、どのような方法で行うものなのかとても興味があります。

こうした作業を行っていて、やはり思うのは「いつまでクライアント側に環境設定が必要なのか」ということです。昨今ではVDI(Virtual Desktop Infrastructure)やSBC(Server Based Computing)といった仮想化技術も普及してきていて、クライアント側に環境設定が不要であったりとか、個人所有の端末を業務利用しても良いというBYOD(Bring Your Own Device」という考え方も広がってきているように思います。
そういう意味では、もしかしたら今回の展開作業が職場で最後の?大規模展開であった可能性もありますよね。たぶんそんなに簡単な話ではないと思いますが、夢は広がるばかりです。

ノートパソコン
この山を見るのも最後です

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (836)

パソコンの入れ替え作業の後

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-7 18:51

先日の上司ちゅん氏の投稿にもありましたが、業務用パソコンの入れ替え作業も八割を超え、間もなく九割に届く状態まで進みました。この約半年、いろいろな出来事がありましたが、コツコツと作業を続けてきました。

配備するパソコンは一度に持ってきてしまうと置き場所に困るということで、町内の「某所」に保管してあります。作業を終えて在庫が無くなる度に執務室に運び、セットアップを行っています。

入れ替え作業を実施しているということは、今まで使用していたパソコンを新しいパソコンと交換しているということで、手元には今まで使用していたパソコンが残ります。このパソコン達は、時が来るまで、別な「某所」に保管を行っています。

入れ替え作業を終えた後は、必ず、今まで使用していたパソコンを保管場所まで運ぶという作業が待っています。これまでに200台以上のパソコンを保管場所に運んできました。

そのパソコン達は、入れ替え作業が完了した後、資源リサイクルへ旅立つ予定になっています。
中のハードディスクは情報管理の観点から取り出して、「適正な処理」を行った後に資源リサイクルへ旅立つ予定になっています。
今回は、デスクトップ型のパソコンもありますので、ディスプレイも保管場所に集まっており、一緒に資源リサイクルへ旅立つ予定になっています。
その他にキーボード、マウス、電源ケーブルなども集まっています。

多くの量のパソコンなどが保管場所に一堂に集まっておりますので、保管場所は大変な状態になってしまっていました。新たな保管場所が不足する事態となりましたので、仕分け・分類を行いつつ整理を行い、受け入れ態勢を整えました。

交換した後の保管場所の確保もできましたので、「配備完了」を目指して、引き続き作業を続けていきます!

階段の写真
別な「某所」への道のり(階段)

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (779)

段ボールは危ない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-6 17:30

ども。
最近、色々な種類の缶詰にはまっている担当ちゅんです。

業務用PCの展開ですが、本日現在で進捗率86.49%となりました。いよいよゴールが見えてきて、俄然力が入ります。
以前もブログに書いたと思いますが、展開するPCは一度に全台持ってきてしまうと置き場所に困るため、普段は町内某所に保管しており、展開に必要な台数をその都度搬出することにしています。残り台数が少なくなったこともあり、モチベーション高く意気揚々と搬出作業にあたります。

そうした中。隣席ふろんと氏から「危ないので軍手をした方がいいんじゃないですか」と声をかけられました。私とすれば、軍手を履いていたのでは段ボールを持つ際に手が滑ってしまい、誤って落としてしまいそうだなと思うと同時に、そもそも「何が危ないのか」という気分もあって「大丈夫ですよ!」と返事をしたのですが・・・。
その「大丈夫ですよ!」の「よ!」と同時くらいのタイミングで、右手の人差し指に激痛が。見ると結構深い切り傷ができていて出血していました。

ようやく「危ない」の意味が理解できたときにはすでに遅し。今まではあまり意識したことがなかったですが、段ボールの端は結構鋭利で、気をつけないと本当に手が切れてしまうのですね。皆さんも紙で手を切ってしまった経験があるかと思いますが、あの場合は「スパッ」と切れる感じ。一方、段ボールの場合は「ザクッ」と切れます。おそらく、段ボールの端面がノコギリのようにギザギザしているからでしょう。恐ろしい!

そして、すぐさま自分の財布の中から絆創膏を取り出してくれるふろんと氏。感謝。気を取り直して、今度は慎重に段ボールを運びます。1つ、2つと運んだ頃に、また「危ないですよ」と声をかけられ、その「よ」と同時くらいに今度は左手を負傷。
半分呆れ顔で、それでもまた絆創膏を手渡してくれるふろんと氏は優しいです。
こんな、冗談みたいな話ってあるかな〜と思いますが、実話です。可能であれば、パソコンの箱を運搬される際には滑り止め付きの軍手などを着用されることを強くお勧めします。

段ボールの注意書き
よく見たらちゃんと注意書きがありました

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (760)

シート上の図形が黒く印刷されてしまう

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-5 19:29

先日も、とある場所で業務用パソコンの入れ替え作業を行いました。
入れ替え作業を終え、その部署用の個別設定を行っていたところ、目の前に別部署の職員の方がやって来ました。その方は前日に業務用パソコンの入れ替え作業を実施した部署の方でした。
「終わったら、次、お願いします。」とのこと。ここ最近は、職員の方に呼ばれるとトラブルの予感しかしなくなってしまいました。
個別設定が終わり、その方のところへ向かいました。

現場に到着。「どうしました?」と話しかけますと「一枚の紙」を手渡されました。
見ますと、その用紙には様式が印刷されていたのですが、その一部に黒く塗りつぶされた四角が印刷されていました。
話を聞きますと、パソコンを入れ替えた後にこの様式の印刷を行ったところ、このような状態になってしまったとのことでした。
黒四角が印刷された用紙を預かり、執務室に戻りました。

さっそく、調査を開始します。
調べてみますと、そのような症状に見舞われている方が、多くいらっしゃったようです。
その中に、保存形式を変えることで症状が改善された事例を発見しました。再び現場へ戻り、試してみることにしました。
職員の方のパソコンで保存形式を変えて別ファイルを作成。印刷を試みます。しかし、印刷された用紙には、黒四角が印刷されていました。残念です。
そのファイルのコピーを職員共有フォルダに保存し、自分のパソコンで印刷を行い、症状をみることにしました。
執務室に戻り、保存形式を変えたファイルで印刷を試みます。すると、黒四角は印刷されずに図形が印字されていました。試しに元の保存形式で印刷も行ってみます。すると、黒四角は印刷されずに図形が印字されました。どうやら、保存形式の問題ではないようです。

ふと思いついたことがありました。それは、PDF形式に保存してから印刷を行ってみることでした。再び職員の方の元へ向かい、PDF形式に保存したものをリーダーを使用して印刷をしてみました。すると、黒四角ではなく、図形が印刷されました。

職員の方には、現在のところ対応策がこの方法のみでありましたので、この方法でしばらくの間、印刷を行ってもらうことにしました。

引き続き、改善方法の調査を続ける案件となった出来事でした。

黒四角が印刷された用紙の一部
なぜ、黒四角が印刷されてしまっているのか・・・。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (748)

お試しハウスのインターネット

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-2 17:30

ども。
一日がすごいスピードで過ぎ去っていく担当ちゅんです。

当町では移住促進の取り組みとして「お試し暮らし」という事業を実施しています。町内2か所に「お試しハウス」があり、その名のとおり移住をご検討される際に実際に短期間暮らしてみて、生活を体験できるものです。
ハウスには電気・ガス・水道があるのはもちろんですが、生活するうえで必要な冷蔵庫や洗濯機といった電化製品のほか、テーブル、ソファー、寝具、調理器具などが一式そろっており、まさに「着の身着のまま」お越しいただいても生活が可能となっております。

さて、そうしたお試しハウスなのですが、先日担当の職員から相談を受けました。聞くと「昨年の台風の影響で設備が故障してしまい、インターネットが利用できない状態になっている」とのこと。
お試しハウス黒岩では、それまでインターネットとしてFWA(固定無線アクセス)を利用していたのですが、アンテナ設備に被害を受けていたようです。

八雲町MAP:お試しハウス黒岩(郊外型)

今や、お試し暮らしでもインターネットは必須の時代なのでしょうね。いくら当町の移住施策のキャッチフレーズが「ちょうどいい田舎暮らし」であったとしても、インターネットが利用できない不便はあり得ません。というか、田舎であればあるほどインターネットが必須であるというのが私の持論でもあります。

ということで、どうしたらインターネット環境を元通りにできるか考えました。
実はお試しハウスのある黒岩地区は光回線・ADSL回線ともに利用できない地域。だから今までFWAを利用してきたのですが、これを再整備するには工事費などを積算すると結構な費用が必要となります。代替案として2.4GHzの屋外無線LANを併用する案なども検討してみたのですが、やはりイニシャルコストが重たい。

・・・そこで、以前「育成牧場でFWA調査(続編)」という記事でもお世話になった「ジャパンモバイル株式会社」様に相談。この地域、固定の回線はありませんが携帯電話のLTE通信は可能です。お試し暮らしという性質上、一年を通して常時回線を利用するわけではないという状況もお伝えしながらご相談したところ「そういうことであれば」と、特別な料金体系でご対応いただけることに。毎度毎度、無理なご相談を引き受けていただき、ありがとうございます。この場をお借りして感謝申し上げます。

それにしても、LTEのルータ機器の設置作業は簡単ですね。現場にて壁にビスを打ち込み、それにルータ機器をひっかけスイッチオンで完了。この手軽さと、何より魅力はLTEのスピード。一度これを体験してしまうと、冗談抜きで「もはやデジタルディバイドなど存在しない」と言いたくなってしまいます。
あとはインターネットの準備が整ったハウスにお客様が来るのをお待ちするだけです。もう少しで暖かい季節を迎えます。ぜひ「快適な」お試し暮らしができる当町にお越しください!

LTEルータ
こんなおしゃれな外観でも速度は速い凄いヤツです!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (831)

自然には勝てない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-1 17:30

ども。
「〇〇には勝てない」という記事がシリーズ化しつつある担当ちゅんです。

春の、といっても北海道はまだまだ冬ですが、嵐が到来しています。今朝方から風雪が強まり、特急列車は全て運休、町内の峠道も熊石地域をつなぐ国道277号(雲石峠)以外は全て通行止めという状況です。風雪が強いわりには気温は高いようで、水分を多く含んだ重たい雪が横殴りに降り続いています。今日から3月とは到底思えない天候です。

そうした中、教育委員会から電話があり「学校でインターネット接続ができずに困っていると連絡が来ている」とのこと。その学校の上位回線は公設民営(IRU)にてサービス中のFWA(固定無線アクセス)なのですが、この天候のせいか接続状況が極めて不安定な状況となりました。私の感覚的に、電波はこうした「濡れ雪」に弱い印象です。こちらとしては「なにぶん、こうした天候なのでご理解ください」としか回答できないのですが、現場からすれば業務にならずに困り果ててしまいます。今や当町の校務用パソコンは全てシンクライアント。データセンターまでの回線が無くなった時点で何もできないのです。

それでも、何かできることはないかと思い、ダメ元で回線のサービス事業者に電話。すると「レベルが落ちているのは間違いありませんが、原因は基地局側のアンテナに雪が付着していることと思われます」という回答。それなら、付着している雪を取り除くことができれば、この天候では付け焼刃かもしれませんが一時的に通信を回復できるのではないかと提案。まずは現場を確認し、対処できるか判断するということに。

早速、右手にデッキブラシを、左手に糸モップを携えて某所にある基地局まで向かいます。保安上、場所が特定されるようなことはここには書けませんが、基地局となりえるような場所ですから、当然、見晴らしの良い場所ですよね。
悪天候の中でそういう場所に行けばどうなるか。ご想像にお任せしますが、一言でいえば「寒い」。これに尽きます。そして、問題のアンテナには事業者さんの読み通り、雪がべったりと張り付いており、見た目にもこれでは通信できないだろうという感じです。せっせとデッキブラシで雪を落とし、作業終了です。

結果、この天候ですからまた不通になる可能性はあるものの、どうやら通信速度を正常範囲に近づけることができたようです。まさに「自然には勝てない」と感じる出来事であったとともに「それでも諦めないことが大切」だと学びました。さらに、FWAが不通になった際でも通信を確保できる手段が必要であるという課題を強く認識しました。やっぱりBCPは大切ですね。

雪が付着したアンテナ
こんな状態では通信できなくて当たり前ですね

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (698)


ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open