にわかSEは大忙し!

日本海側への外勤

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-3 17:30

本日は、朝から外勤。上司ちゅん氏と共に日本海方面へ向かいました。
本庁舎側が「くもり」であると、日本海側は「はれ」なことが多いのですが、本日もそうでした。長いトンネルを抜けますと、青空に白い雲。そしてセミの鳴き声。まさに「夏」にふさわしい光景が広がっていました。

まずは、一つ目の案件。
町の「どこでもWi-Fi事業」で施設に設置している無線LANアクセスポイントが、先日より「また」接続が出来なくなったとのことでした。自分が施設の職員の方に教えた「復活の呪文」(電源の入り切り)では、またすぐに不調になってしまうとのことで、上司ちゅん氏の登場となりました。
検証の結果、無線LANアクセスポイントの不調ではなく、その上流に接続されているルーターの不調であることが判明しました。さっそく、保守用の物と交換作業を実施。上司ちゅん氏は「あっという間」にルーターの設定を終え、自分に手渡されました。脚立に登り、天井裏にあるルーターと交換。すると以前のように無線接続が可能になりました。良かった、良かった。後片付けを行い、次の任務へ向かいます。

続いて、二つ目の案件。
とある施設で無線LANアクセスポイントが必要となったために、他の施設に現在設置されている無線LANアクセスポイントを取り外し、無線接続から有線接続へ変更する案件。
施設の方に脚立を借り、高所に設置されている無線LANアクセスポイントを取り外します。次に無線LANアクセスポイントへ向かっていたLANケーブルを壁伝いに下ろす作業を行いました。
LANケーブルが通っていると思われる天井の板を外します。上司ちゅん氏は手早い作業で板を留めているネジを外していきます。高所が苦手な自分は下でネジを受け取り、最後に板を受け取ります。天井の中をのぞくと、上司ちゅん氏は予定通りLANケーブルを発見したもよう。別な場所の天井板に穴をあけ、そこからそのLANケーブルを下に通しました。そして、先ほどと逆の作業で天井を元通りに戻します。壁にモールを貼りつけ、LANケーブルを通し、フタをして作業は終了しました。

案件が二つあったのですが「めずらしく」大きなアクシデントも無く、作業が順調に進み、予定通り午前中に帰社することができた出来事でした。

板を外した天井
板を取り外した天井。予定通りLANケーブルが通っていて良かったです!

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (351)

ICT-BCP実地訓練?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-2 18:32

ども。
今夏、自宅バーベキューはまだ1回の担当ちゅんです。

本日はとある学校にて電気保安業務に伴う停電が予定されておりました。この学校には自家発電設備があり、今回の保安業務では設備を起動させるのでサーバへの電力は確保されるとは聞いておりましたが、Storage Serverなどの重要な機器を設置していることもあり、念のため立ち合いました。

少し早めに現地に入り、サーバの電気周りをチェック。電源は全て無停電電源装置(UPS)から取られており、さらにUPSは発電機から給電される非常用電源(G電源)に接続されておりました。完璧です。「いつでも停電させていいですよ」と伝え、現地にて待機です。

しばらくすると校内放送で「これから停電します」とアナウンスがあり、まもなく停電となりました。UPSがバッテリー給電に切り替わって「ビャービャー」という独特のビープ音を発します。これはわざとだと思いますが、いつ聞いても嫌な音。明らかに非常事態を知らせるヤバイ音です。
しかし、そのビープ音もすぐに鳴りやみました。どうやら発電機からの電気が届いたようです。

あまりにも順調なので、復電を待たずに帰ろうかと思ったのですが、ここで同席していた隣席ふろんと氏が「電気のついていないスイッチがある」と。調べると、スイッチ本体は稼働しておりましたが、アクセスランプがつかないポートがありました。
このポートに接続されているLANケーブルは、結構重要な幹線となっているもの。これが停電時に長時間途切れると、業務継続上、支障となる恐れがあります。なぜ通信断となったのか思い出してみると、このスイッチまでやってくる間に、LANの延長が100mを超えるために途中にHUBを噛ましていました。今回、このHUBに停電対策をしていなかったため通信が途切れるということが判明したのでした。

これぞICT-BCP。妙にうれしい気持ちになり、職場に戻りさっそく対策を練り始めました。机上訓練だけではなかなか見つけることのできないポイントです。やはり現場で実際に確認することにはかなわないものですね。これからも、コツコツと対策していきます。

UPSの設定
ちなみに、自家発電設備の有無によってUPSの設定は180度変わってきます

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (288)

フロッピーディスク登場

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-1 17:30

昨日の上司ちゅん氏の投稿にもあったように、WindowsNT4.0で動作しているパソコン(システム)に今時の複合機を接続する案件に自分も同行しておりました。
以前に接続されていた複合機には、プリンター用パラレルポート(自分は昔「セントロ」と呼んでしました。)が搭載され、そのポートに接続されておりました。今回設置された複合機にはセントロのポートはついておらず、USBポートとLANポートしか接続口がありませんでした。

上司ちゅん氏が「試行錯誤」を繰り返す中、自分的には「この複合機には接続できない」ことを想定して、作業を進めていました。最悪のパターンの想定です。
古いOS。古い筐体。不利な条件ばかりが目に付いていたためでです。自分が以前の職場でNT4.0に度々泣かされていた経験もあったからです。扱いにくいイメージの「玄人仕様」で「本職の方」が扱うイメージです。

複合機に接続出来なかった場合、業務に支障が出ますので、何らかの方法で「帳票の印刷」を行わなくてはなりません。そこで、手持ちの別なプリンターを設置することを想定していました。
当社の執務室に戻った際、プリンターの型番から仕様を確認します。自分の記憶のとおりNT4.0に対応していました。付属のドライバーディスクが手元に無かったため、メーカーのホームページを検索し、ダウンロードすることにしました。
検索を開始。すぐにドライバダウンロードのページが見つかりました。さっそく、ダウンロード。そして展開。
展開後のフォルダの中を確認します。中にはさらにフォルダがあり「DISK1からDISK9」まで分かれてファイルが格納されていました。そうです。「フロッピーディスク」へ分けて保存して、フロッピーディスクドライブのみ搭載のパソコンにもインストールできるようになっていました。
「何かのために!」と大切に保管してあったUSBフロッピーディスクドライブと3.5インチフロッピーディスクを手に取り、インストールディスクの作成を行います。少々時間がかかりましたが、九枚のインストールディスクが出来上がりました。

プリンターとフロッピーディスクを持ち、現場へ向かいましたが、上司ちゅん氏の活躍により、無事に今時の複合機から印刷が可能となりました。

いろいろとありましたが、最終的には当初の目的を達成することができた出来事でした。

フロッピーディスク
今回登場したフロッピーディスク達

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (281)

窓 NT4.0

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-31 19:50

ども。
7月も本日で終わりですね、担当ちゅんです。

町内のとある施設に、Windows NT4.0のシステムがあります。このシステムは我々の所管外ではありますが、プリンタの設定をお願いしたいと頼まれました。事前に、プリンタの機種名を聞き、NT用のドライバが供給されていることは確認できていたので、あとは現地で作業するだけと「軽い気持ちで」出かけたのが災難の始まりでした。

そもそも、NT4.0をなめてました。隣席ふろんと氏には心得があるらしく、私に「どうやって繋ぐつもりですか?」と聞いてきました。私は「とりあえずUSBで繋げばいいんでないの?」と答えましたが、その後の反応はまさに失笑そのものでした。
そうなんです。Windows NT4.0はUSBこそサポートされていますが、USB印刷はサポートされていないんです。つまり、本体とプリンタは、基本的にパラレルポートで接続しなければならないという訳です。

困ってしまいました。なにせ、対象のプリンタは複合機。いまどきパラレルポートなど搭載されていません。かといって、プリンタ側がUSBでパソコン側がパラレルになっている変換ケーブルも存在しているか怪しいところ。ドライバはあっても繋ぐ術がない、最悪の状況。この時点で、正直降参を覚悟しました。

どうしたものかと本体の裏側を見ていると、なんとLANのポートが搭載されています。この世代のPCにしてはかなり豪華な仕様であったことがわかります。であれば、一か八か、このLANを使ってネットワークプリントを試してみるしかありません。
さっそく、ネットワークアダプタでプロトコルを確認。・・・しかし、ここには「NetBEUI」しかありません。なるほど、NT4.0はTCP/IPも追加でインストールが必要なんですね。

設定画面を開き、TCP/IPをインストールしてみます。すると今度は画面に「ディスクを挿入してください」と出ました。どうやら、ドライバは外部のCDからしか読み込めないようです。現場の職員さんにお願いしてようやくディスクを探し出し、本体に挿入。が、しかし今度はドライブ不良によりディスクが読み込めない。ダメ元でドライブ内部にファミコンのように「フーッ」と息を吹きかけると、奇跡的にドライブ復活!幸運でした。
試行錯誤のうえプロトコルにTCP/IPをインストールして、ネットワークサービスにMicrosoft TCP/IP印刷を追加。恐る恐るIPアドレスなどを設定してみて、プリンタをインストール。
全てが終了し、テストプリント実行!その瞬間、複合機がスリープから復帰する「カチッ」という音がして、私は思わず涙を流すところでした。
無事にプリンタからテストページが出力され、ミッションコンプリートとなりました。

正直、ドライブが故障していた時には「アウトだ」と思いましたが、粘り強くチャレンジして本当によかったです。帰り道、隣席ふろんと氏に「もうNT4.0なんて触ることないでしょうね〜」などと話していると、また電話が・・・。どうやら、別な現場に出動のようです。行きつく暇もない一日です。

NT4.0
この時代のパソコンのほうが「システム」って感じがします

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (525)

デスクトップ型パソコンの無線LAN

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-28 17:30

とある事業で、パソコンの導入作業を行うことになりました。
導入を行う事務室でのネットワークへの接続は、ノート型パソコンを使用して、無線LANで接続していました。今回導入を行うパソコンは、デスクトップ型パソコン。通常であれば、有線LAN接続で利用します。
しかし、対象の事務室では、LANケーブルを引くことが難しかったため、無線LANでの接続を検討しました。

以前に無線LANが内蔵されていないノート型パソコンの無線LANカードが故障した際に導入した「USB型」の無線LANアダプタの使用を検討します。
調べてみますと、いろいろなサイズのアダプタが、各社から販売されていました。
いろいろと調べていますと、思わず購入したくなる「キャッチフレーズ」が目に留まりました。

「さらに進化した飛びと安定性!」
「飛びに差が出る!」

ゴルフのクラブやボールのキャッチフレーズのようです。
そのキャッチフレーズにひかれ、製品をさらに調べてみます。大きく長いアンテナ。これは期待ができそうです。注文を行い、届くのを待つことにしました。

そして先日、アダプタが到着。以前、使用していたものと比較してます。デスクトップ型パソコンに取り付けるには、このようなアンテナの方が電波の送受信が安定しそうです。スチール製のパソコン本体の陰になっても影響が少ないと思われます。
実際にパソコンへ接続し、利用してみます。非常に強い強度で電波を受信していますし、速度も出ています。良かった、良かった。

きっと、対象の事務室でも安定した利用ができると確信した出来事でした。

無線ランアダプタの比較の写真.
今回検討した無線LANアダプタを並べてみました。信頼性はアンテナの長さに比例する?

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (343)

サーバー構築

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-27 17:30

ども。
無理をすると疲れがなかなか抜けない担当ちゅんです。

困った案件が発生しました。とあるシステム群にインストールしているウィルス対策ソフトがあるのですが、このたびこれらを更新することになりました。最新バージョンに切り替えるという話ではなく、パッケージ(商品)を変更するという大掛かりなものです。所定の手続きを終えてソフトが納品となったのですが、ここで業者さんから「ところで、どのサーバーに入れるんですか」と。「想定していたサーバーはこれです」と伝えたのですが、ここで帰ってきた答えは「NO」でした。

まさか、有り得ない話だと思いました。これでは、家具は買ったけど肝心の家が無かったのと同じです。理由を聞くと、今回調達したソフトはWindows ServerにWebサーバー(IIS)を立ち上げる必要があるようなのですが、私が指定したサーバーには既にIISが立ち上がっており、業者さんからすれば「他のシステムに不具合が出た場合に責任が取れない」と。おっしゃる通りです。

だからといって追加でサーバーを調達できるわけがありません。仮想でOSを上げようにも、ライセンスにも余裕はないし・・・。であれば、仕方がありません。私がやるしかないようです。
さっそく、ソフトのインストールマニュアルを入手して勉強開始。いまどきのソフトは専門的な知識がほとんどない状態でも稼働まで持っていけるくらい簡単・新設な設計です。しかも、今回導入したソフトは日本語(これ重要!)で設定が可能なので、基本的には普通のパソコンにソフトをインストールする作業と何も変わりません。次へ次へとボタンをクリックし、何の問題もなくインストールは完了。問題はここからで、他のシステムへの影響を探るのですが・・・、

よくよくサーバーを見ていて気がついたのですが、このIIS、どうも他のアプリケーションが見当たりません。ここでサーバーを構築した業者さんに連絡を取ってみたのですが、驚きました。「当初、WSUS(Windows Server Update Services)を立ち上げようと思ってIISをインストールしたのですが、結果としてはWSUSは導入しなかったので何も仕事はしていません」とのこと。そういえばぼんやりと思い出してきました。このサーバーを導入した当初、「WSUSを入れてみてはどうか」と提案したのも、「効果が薄いのでやっぱりやめます」と言ったのも、全て私だったような気が。回り回って数年後にまさかこんな苦労をすることになるとは思いませんでした。
しかし、結果として大好きなサーバー構築の案件をこなすことができて、良い経験にはなりました。にわかでもやろうと思えば何とかなるものですね。

インストール完了
無事にWeb管理画面も開いて一安心

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (322)

ケーブルを引く際に

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-26 17:30

先日の「大掛かりになってしまった作業」の際に、既設のLANケーブルや電源コードについても整理を行うことにしました。
といいますのも、壁から机へ向かっているケーブル類が床にガムテープで固定されていたり、そのまま転がっている状態であったからです。

まずは、ガムテープで固定されているケーブル類について、整理を行うことにしました。
ガムテープをはがします。LANケーブルやテーブルタップ、床タイルが「ベタベタ」な状態になっています。LANケーブルは、イスなどに踏まれていたのか、外皮が裂けて中のカラフルな芯が露出しています。テーブルタップは無事な模様です。
LANケーブルを交換。まだ経験が少ないLANケーブルの先、コネクタの取り付け作業を行います。愛用の「虎の巻」を見ながら芯を並び替え、コネクタに挿し込みます。そして、圧着。確認のためにおそるおそるテスターをかけます。音とともに「合格ランプ」が光りました。一回で成功しました!良かった、良かった。
テーブルタップは、古くコードが細いものであったため、別の物と交換しました。

最後に、ケーブルを「美しく隠す」ためのアイテム、「モール」を設置します。
モールにもいろいろあるようです。今回は、イスにひかれても良いタイプの丈夫なモールを選択します。商品名が一般的な呼び名になっているモールのようですが、ここでは「床モール」と呼びます。
一般的な素材はプラスチック製のようですが、さらに頑丈とするために「アルミ」が中に使用されている物も販売されているようですね。

床モールを保管している部屋に行き、取り出そうとしたところ、まだ箱の封が切られていませんでした。封を切ります。すると、ビニール袋に包まれて何かが入っていました。袋の中に入っている紙には「ケーブル仮止めテープ」と記載されています。
そういえば・・・。と、過去の記憶がよみがえります。
以前に元上司92氏がモールを設置しているのを見ていた時、モールからはみ出しそうになっているケーブルを落ち着かせるために、ケーブルを「セロハンテープ」で留めていました。このテープは、モールを使用する際に必要な場合があるアイテムということで、モールに付属されていたようです。

今回は、使用せずに作業は終わりましたが、専用のテープもあるのだと知った出来事でした。

ケーブル仮止めテープ
たまたま見つけたアイテム(ケーブル仮止めテープ)

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (296)

暖かい空気は上に

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-25 18:17

ども。
席を外した瞬間に電話がかかってくる傾向にある担当ちゅんです。

防災の担当から相談を受けました。どうやら、夜警員さんの部屋に設置しているパトランプ(回転灯)について「取り付け位置が悪いので夜警員さんから見えづらい」とのこと。そのことと我々がどう関係しているのかという話になるのですが、今時のパトランプはシステムとLANで接続される「ネットワーク機器」なのです。これの位置を変更するとなると、LANの取り回しが必要になるのでどうしても我々が絡んできます。今や、情報機器は庁内津々浦々に存在していて、一時たりとも油断なりません。

で、続きを聞きますと「場所を変えるのに電気屋さんに工事を発注しようかと思っている」とのこと。しかし、現場を見てみるとパトランプにはUPSから延ばしてきた電源ケーブルが取り付けられ、天井裏から降ってきたLANケーブルが接続されているだけ。しかも、LANケーブルを引っ張ってみると、天井裏には多めに余長が取られているようです。
・・・気がついてしまったらもう引けません。「この作業で電気屋さんは不要」と伝え、我々が直営で位置変更を行うことになりました。

朝から隣席ふろんと氏を強引に連れ出し、現場で肉体労働。まずは高い位置に取り付けられていたパトランプを取り外して、下部の見やすい位置に移設するのですが、それにしても暑い!やはり暖かい空気というのは上に溜まるのですね。比重が軽くなる?とか何とか学校で習った気がします。固定されているネジを取り外すだけの何のことはない作業なのですが、体中の毛穴から汗が吹き出します。
ようやく所定の位置に移設が完了し、次はLANケーブルの取り回し。幸い、天井裏の余長だけで目的場所までの長さは足りるようです。・・・しかし、またしても天井付近にモールを貼りながらの作業。汗が吹き出します。

結果的に、思ったとおり電気屋さんのお世話になることなく作業を終えました。しかし、多量に汗をかいたせいか、体力の消耗が著しい事態に。何となく、体が重たく感じられる一日になってしまいました。最近はなぜか配線作業にご縁があるようで、毎日のように高いところに登っているような気がします。ケガをしないように気をつけなければ。

移設工事
作業中に偶然通りがかった職員からは「何でもするんだね」と。お褒めの言葉と受け止めました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (325)

まさか、こんな大掛かりになるとは・・・。

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-24 17:30

以前より、職員の方から依頼を受けていた案件があったのですが、いろいろありまして、着手出来ずにいました。
その案件は、プリンターの接続方法の変更でした。
そのプリンターは、ある時期になると忙しくなるプリンターで、普段は本社の執務室に置かれており、出番が来ると別庁舎の「本部」に置かれるものでした。

別庁舎での業務の際には、別庁舎で臨時に構築されるネットワークに接続され、ネットワーク経由で印刷をおこないます。本庁舎で使用の際には、ネットワークが別になるため、ネットワーク接続ではなく、USB接続で使用していました。このUSBケーブルが事務の支障となっていました。(ケーブルの長さの限界)
執務室には無線アクセスポイントはありませんが、本庁舎ネットワークには接続出来ている環境であっため、USB接続のプリンターを無線LAN接続できるアイテムで接続し「USBケーブルからの解放」を行うこととしていました。その接続変更作業を本日、おこないました。

まずは、執務室でアイテムの設定をおこないます。
付属の説明書では事が足りず(今回の業務使用においては。)、「しっかりとした」説明書をダウンロードしましたが、上手くいかず・・・。「ギブアップです!」と上司ちゅん氏に泣きつきます。適切な指示により設定作業が進行。無事に設定が完了しました。確認のためpingをとりますと、しっかり返ってきました。

次に、設置場所の執務室に移動し、プリンターに取り付けをおこないます。
使用するパソコンのプリンター設定もおこない、テストプリントを実行します。・・・。しかし、プリントされませんでした。pingも通りません。「なぜだろう?」と考えます。アイテムに注目してみますと、無線通信をしている際に点滅するはずのランプが消灯しています。どうやら通信していない様子。再び設定を行った執務室に戻り、確認します。正常にランプが点灯します。pingも通りました。どうやら、無線の電波が弱い模様。パソコンで確認しますと十分な強度がとれていませんでした。

困りました。また、上司ちゅん氏に泣きつきます。経緯を説明。上司ちゅん氏は「有線接続」をすると言いました。今回のアイテムは、有線LAN接続も可能なものでありました。脚立の準備を指示されましたので、取りに行きます。上司ちゅん氏は脚立に登り、天井の点検口の蓋を開けて天井裏を見ています。
以前に使用していたLANケーブル?を数本発見した模様。そして、上司ちゅん氏の「匠の技」で「まあ、なんということでしょう!」目的の執務室まで本庁舎ネットワークがやってきました。
LANケーブルをアイテムに接続し、テストプリントを行います。無事にテストページの印刷が行われました!良かった。良かった。

簡単に終わる予定だったのですが、上司ちゅん氏を巻き込んで大掛かりな作業となってしまった出来事でした。

天井裏を見る上司ちゅん氏
天井裏の中を見る上司ちゅん氏

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (367)

HARP協議会KU部会

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-7-21 17:30

ども。
出張明けでふらふらの担当ちゅんです。

何の出張かといえば、用務は北海道電子自治体運営協議会(HARP協議会)の企画運営部会です。2014年にバックオフィス部会の委員になって以来、3年ぶりの参加。にも関わらず、参加されている方々の顔ぶれがほとんど変わっていない(私も含め・・・)ところは、この業界特有のアレだと思います。

企画運営部会の委員として参加しようと思ったきっかけは、この間行われてきた自治体の情報セキュリティ対策が「構築」フェーズから「運用」フェーズへと移行するにあたって、その段階では当町としても意見反映していきたいと思ったことが一番大きな理由です。あとは言わずもがな、情報収集です。全道各地から集まってきた情報担当者間で情報交換できることは、何にも代えがたいメリットと思います。

いま、自治体のインターネット回線は都道府県単位で設置されている「自治体情報セキュリティクラウド」に接続したうえで、集中的かつ高度なセキュリティ対策が行われるようになっています。北海道でいえば180団体以上が同じネットワーク、同じスイッチを通ってインターネット接続されているわけで、そこの設定を変更するにも大変な苦労があります。どうチューニングしていくか、セキュリティと利便性のバランスをどうするか、不具合が起きたときはどう対処するかなど、全団体に関わる内容を簡単に「えい」という訳にもいきません。なので、この部会でしっかりと議論したうえで、一定の方向性を見出していくということになります。私からも少し(かなり?)発言もさせていただき、かなりパワーを使って疲れましたが、とても有意義な時間となりました。

そして、会議の後は恒例の意見交換会。表の会議では言えなかったあんなこと、こんなこと、もちろんここにも書けないことばかりですが、あっという間に時間が過ぎ去りました。色々な方とお話をさせてもらい、仕事に対するモチベーションがグッと上がったように思います。

HARP協議会
机に置かれたICレコーダーが気になってしまいます。しかも2つも!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (362)


ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open