にわかSEは大忙し!

骨の髄まで

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-23 17:30

ども。
防水スマホのはずなのに水没故障した担当ちゅんです。保証サービスには入っていましたが、それでも1万円以上の出費です・・・。

さて、本日はどうも機器が故障する一日のようです。とある業務用ノートPCが完全に故障して動かなくなってしまいました。業界的には「通電せず」という4文字で片付けられるような状況。いわゆる「ボード不良」というやつで、こうなってしまうとほとんど復活不可能です。簡単にいえば寿命ということでしょう。

ですが、最後まであきらめずに何とかならないか、悪あがきはしてみます。筐体のネジを全て外して、外側のカバーを取り外します。中の基盤があらわになったところで、ACアダプターを繋いでテスターで通電確認。やはり、メインの基盤までは電気が回らないようです。じっくりと基盤を眺めていると、何やらショートした後のような箇所を発見。どうやら、原因はこれっぽいです。

原因が特定できたところで、ようやくあきらめました。ただし、簡単に処分する訳にはいきません。このノートPCには320GBのハードディスクと、4GBのメモリ、Core i3のCPUと内蔵無線LANアダプタが入っています。もっといえば、液晶モニタだってまだまだ使えるはずです。捨てればゴミですが、これを取り外しておくことで、同型PCが故障した際の「保守用純正部品」として生まれ変わります。本体を全てバラバラに分解して、一つ一つ大切に取り出します。ハンターさんが獲物を解体するかの如く、まさに骨の髄まで。ここまで大切に使ってもらえて、我が社のPCは幸せだなと思います。

解体した部品
これを幸せと呼ぶのか、鬼と呼ぶのかは紙一重のような気もします。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (333)

施設の屋上へ上る

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-22 17:30

昨日の上司ちゅん氏の投稿にもあったように、熊石地域のとある施設にて懸案事項であった「施設間通信」の試験を行いました。
投稿にもありましたが、自分は「高所恐怖症」で、高いところは大の苦手!しかしながら、以前の職場で「施設管理」の任務に着き、屋上での雪落とし作業や施設内の天井に設置してある照明の電球・蛍光管の交換作業などで、その苦手を克服するべく、頑張っておりました。
なるべくであれば回避したいところですが、今回も頑張って施設の屋上へ上りました。

上がってみれば、以前の任務が幸いしたのでしょうか、屋上からの景色を見る余裕が。
上司ちゅん氏がいる建物へ向かって「手を振る」こともできました。
下で作業をする業者さんの指示に従い、仮設アンテナの三脚の高さを変えたり、向きを変えたりするサポートを行いました。アンテナについているLED表示が「全開(四個点灯)」になる位置を探し出し、その位置でアンテナを固定しました。

速度を測定している間、時間がありましたので、屋上を見まわしていると、現在使用しているアンテナを見つけました。その方へ向かい、よく見ると「残念な」ものが目に入りました・・・。
アンテナの表面の塗装がはがれて、樹脂?がむき出しになっていました。
この建物があるのは、海辺。海鳥?カラス?に攻撃されたのでしょうか・・・。

測定が終わり、良好な測定値が取れて一安心。後片付けを終え、上司ちゅん氏がいる施設へ戻ることになりました。
しかしながら、ここは施設の屋上。ここから下りなければなりません。今日一番の「注意」と「気合い」を入れ、ハシゴを下ります。落下せすに地上へ立つことができました!

また少し、高所に対する自信がついた出来事でした。

屋上の傷ついたアンテナの写真
屋上で傷ついた無線LANのアンテナ

(投稿者:ふろんと)

施設間通信不調の原因は

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-21 19:10

ども。
スーパーでスイカの値段が大きく値下がりしているのを見て「お盆は終わったんだ」と寂しさを感じている担当ちゅんです。

本日は、熊石地域のとある施設にて懸案事項であった「施設間通信」の試験を実施しました。その施設は、これまでも2.4GHz帯の無線LANによりおよそ700mの距離を結んでネットワーク接続していたのですが、最近特に速度が低下していて、何が原因かつかめずに困っていたのです。今回、札幌市の業者さんにも協力を依頼しての本格的な試験となりました。

業者さんは2名、我々も2名ということで、私とふろんと氏でそれぞれの拠点に分かれて、業者さんのサポート。私もふろんと氏も高いところは超苦手ですが、仕事ですから仕方がありません。建物の屋上に登って、仮設のアンテナを立てて、双方から相手のアンテナ方向を狙います。まもなく、無線LANのアンテナについているインジケーターが反応し、どうやら強度はMAXのようです。

手際よく、業者さんが持ち込んだ測定機器によりスループットなどが確認されます。・・・しかし、2.4GHzのアンテナではどうも電波が安定しないようです。首をかしげながら周囲に出ている電波を測定してみると、見事に1チャンネルから12チャンネルまで全てが使われている状況でした。業者さんいわく「これでは電波干渉してしまい安定しません」とのこと。実は私も薄々怪しいとは思っていたのですが、これで確証が持てました。やはり、施設間通信不調の原因は電波干渉にあったようです。

そこで、2.4GHzはあきらめて5GHzに切り替えてみることに。結果、通信速度は1.5倍から2倍くらいまで大きく伸びました。念のため周囲の電波状況を見てみると、5GHz帯はスカスカの状態で非常にクリアでした。どうやら、これで決まりのようです。およそ700mの距離ですが、アンテナ間のスループットは30Mbpsを超えていました。周波数帯の違いはあるかもしれませんが、そもそも業者さんが持ち込んだ試験用のアンテナの性能の高さにも驚かされる結果となりました。

試験中の様子
一番左の白いアンテナが仮設のもの。ちっちゃいのによく飛びます。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (315)

アップデート失敗の連続

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-18 17:30

先日の「調子を崩したパソコン」についてです。
引き続きの調査を行いました。

全てのプログラムからWindows Updateを起動します。そして、左列の「更新プログラムの確認」をクリックし、しばらく待ちます。すると、更新プログラムの一覧が表示されました。「1個の重要な更新プログラムが利用可能です」との表示がありました。「更新プログラムのインストール」ボタンを押し、インストール開始!

しばらく待ちます。
すると、「復元ポイント」を作成し、インストールが始まりました。
また、しばらく待ちます。
すると、全体が「赤く」なり、「一部の更新プログラムはインストールされませんでした」と表示されました。
何かの調子が悪かったのかな?と思い、「再実行」ボタンをクリックします。
再び、インストール作業が開始されます。
またまた、しばらく待ちます。すると、また、赤い画面が表示されました。

ねばり強く、何度も繰り返します。しかしながら、やはり、赤い画面に戻りました。
「更新履歴を表示します」をクリックしてみます。
画面を見て悲しい気持ちになりました。そこには、「失敗」の表示がたくさん並んでいました・・・。
特定の更新プログラムがインストールできないようです。

重要度が「重要」となっている更新プログラムのようですが、インストールすることができません。
他のパソコンは、更新プログラムが無事にインストールされているのに・・・。
いろいろと調べてみますと、同じような症状に見舞われて、困っている方もいるようです。

やはり、システムが壊れてしまっているのでしょうか?
先が見えませんが、引き続き、修復作業をおこなってみたいと思います。

アップデートが失敗の連続
同じ更新プログラムが何度も失敗しています。どうしたものか・・・。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (379)

機械も暑さには弱い

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-17 19:10

ども。
13日から15日まで、ふるさと熊石にてお祭りに参加し、足に相当なダメージを負った担当ちゅんです。
ちなみに、お祭りの様子は「熊石ブログ」に記事が書かれております。実は私も写真にちらっと写っています。

そんな状況ですので、今日はじっくりとデスクワークと思っていたのですが、そううまくはいきません。とある学校から「ネットワークが遅い。いつも遅いんだけど、今日はマックス遅い」という切実な一報がもたらされました。上位の回線にまつわるトラブルなので職場からのリモートはできず、現場に急行することとなりました。

学校に到着し、まずは状況を確認。あらかじめ、サーバ側にスループットを計測するためのソフトウェア(NetMi)を仕込んでおいたので、現場からこれに向かってパケットを送ってみます。すると、スループットは1Mbpsも出ていないようです。これで何が分かるかというと、単純にネットワークといっても、それがインターネットの話なのか、それともVPN空間(イントラ)の話なのかの切り分けができるのです。今回の場合、ローカルのサーバまでがすでに遅いので後者ということになりそうです。
NetMiは有名なフリーソフトで、スループットを計測したいときに便利です。Windows XPまでしか対応していないとされていますが、Windows Server 2012 R2でもちゃんと動きます。素晴らしい。

次に、そのサーバまでPINGを通してみますが、どうも安定しません。10本に1本くらいの頻度でタイムアウトしているようです。Tracertで経路を確認し、どの段階でおかしくなっているのか絞り込みます。どうやら、VPN接続するためのルータ間があやしいようです。
ここで保守業者さんに連絡。指示を受けながら、まずは学校側に設置しているVPNルータの電源を入り切りしてみますが、状況変わらず。次に業者さんが遠隔から拠点側に設置しているVPNルータの電源を入り切りしてみると「大変です!復帰しません!」と。
どうやら、もともとルータが不調だったところに、電源入り切りで「トドメ」をさしてしまったようです。

ただ、原因がわかってまずは一安心。今回のルータはレンタル品なので、業者さんがすぐに手配をして交換することになりました。今回、VPNルータを設置していた拠点は町内にある秘密の建物になるのですが、業者さんいわく、故障の原因は「熱暴走ではないでしょうか」と。
早速、その建物に侵入してみますが、第一声「暑っつ!!!」でした。まるでサウナのような気温の高さに、実機を見るまでもなく熱暴走であることを悟りました。
急ぎ、部屋の内部の温度を下げるべく手を打ちましたが、どうやらルータはご臨終のようです。
人間と同じように、機械も暑さには弱いのです。もともと、通信機器を設置するための部屋ではないので仕方がないといえばそれまでですが、せめて壊れる前に「暑いよ〜!」とSOSを送ってくれれば助けてあげられたのに・・・と思います。

空調設備
一応、その部屋には立派な換気扇があるのですが、動作温度は「35度」に設定されていました。残念!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (380)

通知領域にいっぱい

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-16 17:30

先日、調子を崩したパソコンが入院して来ました。
症状は、Internet Explorerが異常終了することと、印刷が出来ないというものでした。

まずは、Internet Explorerの件から。
パソコンの電源を入れ、ユーザーでログイン。水色の「e」マークをクリックしてみます。するとInternet Explorerが起動し、ホームページが表示される・・・かと思いきや「エラーの小窓」が画面下に出現し、ホームページが表示されません。本来ホームページが表示されるところには「Webサイトに問題が発生している可能性があります」との記載があります。
ホーム画面に設定されているホームページに異常があるのかと思い、他のホームページを開いてみますが、再び同じ記載が表示されてしまいます。これにこりず、さらに他のホームページを開いてみますが、また同じ記載が表示されます。もうこれは、閲覧しようとしているホームページ側に原因があるとは思えません。このパソコン側に問題が発生していると考えました。

いろいろと調査しているうちに、Windows Updateが最終まで行われていないパソコンで、そのような症状が出る場合があるとのことがわかりました。
ということで、さっそくWindows Updateをおこないました。
パソコンに指示をおこない、しばらく経ってから、終わっているかな?と画面を確認したところ、驚きの状態となっていました。
なんと、タスクバー上の通知領域に、Windows Updateのインジケータが並んでいました。しかも「三つ」!
こんな状態は、初めて見ました・・・。皆様は、見たことがありますか?

もう、このような状態では、システム自体が故障しているのかもしれませんね。
とは思いますが、引き続き、修復作業をおこなってみたいと思います。

タスクバーにインジゲータが並んでいる写真
Windows Updateのインジケータが三つ並んでいます!(合成写真ではありません!)

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (361)

足場が無い!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-15 17:30

ども。
お盆ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。担当ちゅんです。

先日、とある外勤先でLANケーブルの敷設作業を行いました。その施設は天井がネジ止めの石膏ボード(ジプトーン)でしたので、こういう時は迷いなく天井を剥がして天井裏にアクセスを試みます。

通常、我々が外勤に出るときには必要となりそうな工具を一式持参し、現地で「○○はありませんか?」といったようなやり取りは発生しないよう気をつけています。しかし、唯一、現場から借りることにしているものがあります。それは「脚立」です。

理由は単純に「車に積むことができないから」です。トラックで外勤する訳ではありませんので、致し方ありません。
今回の現場でも施設の職員にお願いをして脚立を借りることにし、隣席ふろんと氏に借りてきてもらうことにしました。

しばらくして脚立が届きました。で、それを見て驚きです。なんと、片側にしかハシゴが付いていません!どういうことなんでしょう。でも、現場にはこれ1台しか無いようで、ドキドキしながら天板に足をかけました。いざ使ってみると思ったよりも安定感はあるようで、作業は普通にできました。ジプトーンを固定しているネジを全て取り外し、脚立の下で待ち構えているふろんと氏に手渡します。ずっと上を見ていて若干ふらふらしている中、一度休憩を取ろうと無意識で脚立を降りようとしたその時、

「あーっ!危ない!!」

普段はあまり大きな声を出さないふろんと氏の叫び声とともに、気がつくと床に着地していました。そうです、事前に危ないと思っていた「ハシゴの無い方」に足をかけようとして空振りし、そのまま一直線で落下したのでした。しかし、奇跡的に転倒は免れ、怪我はしませんでした。この一部始終を見ていたふろんと氏いわく「まるで空を歩くように着地した」とのこと。偶然が重なり、ラッキーでした。
やはり、自分たちが使う道具は信頼のおけるものを利用すべきだと感じます。今回の場合、少しでも不安があるならば脚立を使うことを諦めるなどの対応が必要であったと反省しています。これを教訓に安全第一でいこうと思います。

片側にはハシゴがない脚立
よく見ると、支柱の太さも若干細くて頼りない感じですね。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (329)

こんなところで「窓」の画面

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-14 17:30

先日、とある施設に外勤した時のこと、上司ちゅん氏の保守作業を見守りながら、ふと壁に目を向けたところ、施設の設備の操作盤が目に入りました。「いろいろなスイッチや表示灯が並んでいるな〜。」と思って見ていたところ、操作盤の中央に「四角い黒い枠」がありました。その四角い枠の中で何かの表示が動いていました。よく見ますと「懐かしい表示」でありました。その表示は「WindowsXP Professional」と記載されており、画面の中を動き回っていました。そう、表示されていたのは「WindowsXP Professional」の「スクリーンセイバー」でした。

ということで、この施設の設備の制御には、パソコンが使用されているようです。
施設の設備に関わらす、いろいろな物がパソコンで制御されていることは、よくあることですね。操作もパソコンでおこなうことも珍しくはありません。今では、外出先からスマートフォンで自宅のエアコンの電源を入れることができたり、レコーダーの録画予約ができるようになりました。便利な時代ですね。

しかしながら、今回の装置。WindowsXP Professionalのスクリーンセイバーが動作しているということは、きっと制御に使用されているパソコンのOSは「WindowsXP」なのだと推測されます。身近にこのような状態があるということは、各所でもこのような状態になっている制御装置がたくさんあるのではないかと思います。

「インターネットに接続されていない」、「外部デバイスが接続できない」、とは思いますが、サポートが終了したOSを使用している点が、非常に気になった出来事でした。

施設の操作盤の写真
施設の操作盤。「WindowsXP Professional」の表示が動き回っていました。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (305)

更新作業終了

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-10 17:30

先週の金曜日から行っていた「校務用PCの更新作業」の続きです。

昨日は、日本海側の学校二校と太平洋側の学校一校を訪問し、本日もいろいろとありましたが、当初の予定通り39台の「レジェンドPC」を新しいPCと交換を行いました。
これで、全てのPCの更新作業が終了しました。「グランドフィナーレ」です。某有名な長時間テレビ番組ではありませんが、「○ライ」の曲が頭の中で流れました。きっと、作業に携わった方々、皆の頭の中に流れていたと思います。

PCの更新作業が終わり、後片付けの段階となりました。
更新作業ということは、古いものを新しいものに切り替えるということ。つまり、古いものが手元に戻って来るということになります。「レジェンドPC」が一ヶ所に集まっている訳です。
日々、コツコツと保管場所へ運んでいるときには、「量」をあまり意識していませんでしたので、気になって現場へ確認をしに向かいました。

保管場所を見て「唖然」としました。
ノートパソコンが約200台。これまでに見たことがない光景です。
そして、約200個のACアダプター。これまた、見たことがない光景です。

「レジェンドPC」たちは、これから資源リサイクルへ旅立っていきます。
その前に、中のハードディスクは情報管理の観点から取り出し、「適正な処理」をおこなったあとに資源リサイクルへ旅立ちます。

しばらく関連作業が続きますが、コツコツとおこなっていきたいと思います。

ノートパソコンのACアダプターたちの一部
集まったノートパソコンのACアダプターの一部

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (336)

プリンタドライバ導入の裏技?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-8-9 18:50

ども。
激務が続いていて左腕が故障した担当ちゅんです。

本日は知っていれば役に立つかもしれない同業者向けの小技をひとつ。PCのキッティングをするとき、プリンタドライバをあらかじめインストールしておきたいという場面があると思います。そういうときには、プリンタのメーカーサイトにアクセスして対象のドライバーをダウンロードし、インストールという流れになります。多くのドライバーは自己解凍形式のexeファイルとなっており、ダブルクリックして実行すると自動的にセットアップが始まります。

そのセットアップ工程のなかで、ドライバーによっては「プリンタの電源を入れてケーブルを接続してください」という親切な機能が搭載されていることがあります。
通常であれば便利なのですが、我々のような業務を行う場合、必ずしもそばにプリンターがある環境とは限りません。こうしたときには「検索中止」であるとか「キャンセル」といった方法によりこの自動認識を回避するのですが、ドライバーによっては「キャンセル=インストール中止」となってしまい(つまり回避できない)、困ってしまいます。

であれば、通常のセットアップではなく、「デバイスとプリンター」からINFファイルにより手動でプリンターを追加すればよいのですが、メーカーからダウンロードしたドライバーは自己解凍形式のexeで、ダブルクリックするとよくわからない場所の一時フォルダーが指定されてしまいます。しかも、解凍は一瞬で終わるので、その一時フォルダーがどこにあるのかダイアログで確認できず、中に入っていると思われるINFを取り出すことができません。

そこで、ここからが小技です。大手プリンターメーカーの「E社」「C社」のドライバーは、ダウンロードするとexeファイルなのですが、この拡張子を手入力で無理やりzipに変更してやります。Windowsは「拡張子を変更すると動作しなくなるかもしれません」という警告を出してきますが、気にせずにOKします。
すると、今まではexeファイルだったものがzipファイルとなり、解凍ソフトで扱えるようになるのです。これは、圧縮形式が偶然zipであることで可能な裏技。解凍すると、中にはちゃんとINFファイルがあるので、デバイスとプリンターから追加できるようになります。

もちろん、ドライバー全てにこの方法が利用できる訳ではありませんし、メーカーが推奨する方法ではないのであくまで自己責任ではありますが、試してみる価値はあると思いますよ。・・・もしかして、常識だったかもしれませんが。

スクリーンショット
実際に拡張子を変更して解凍してみた画面

(投稿者:ちゅん)



ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open