にわかSEは大忙し!

ふか〜い?ハードディスクの話

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-8 17:20

ども。
今朝ほど一度に3件の電話が同時にかかってきて、思わず「ドラ○も〜ん」と叫びたくなった担当ちゅんです。

本日はハードディスクの話を。
4月の人事異動により色々なPCの設定を行っていますが、それに合わせて動作が遅くなってきたHDDの交換を行ったりもしています。常に快適にPCを使ってもらうため、実は職員の皆さんの目の届かないところでも色々と作業しているんです。

新品のHDDに付け替えると、古くて遅かったPCもかなり快適になることが多いです。しかし、何分高価なので、いくらでも気軽に交換するという訳にもいかないというのが担当者としては辛いところです。最近のHDDは大容量でしかも一昔前から比べればあり得ないほど安くなりましたが、そんなHDDは「Serial ATA」という形式のHDD。当町に配備されているPCはほとんどが旧形式の「Ultra ATA (IDE)」なので、その恩恵にあやかることができないのです。

大げさな話でも何でもなく、2.5インチのSerial ATA 500GBを1つ買うのと、IDEの120GBを1つ買うのが同じくらいのお値段なのです。これは単純に「需要と共有」の原理によるもので、今時IDEのHDDなんて作っても売れない(でもほしい人は案外多いのですが)ので、いざ買おうとすれば高い、とそのような理由のようです。

さらに近頃流行なのは、「Solid State Drive(略してSSD)」と呼ばれる新規格の記憶装置。この話は今度機会があれば改めて書こうと思いますが、技術の進歩はすごいものです。一人のPCファンとしては技術が進歩するのは大歓迎ですが、にわかSEとしては古くなった規格の装置が「製造中止」になってしまうことだけは勘弁してもらいたいなと思っています。(余談ですが、フロッピードライブが今年いっぱいで製造中止らしいですよ。)

ハードディスク
左端はめったにお目にかからない1.8インチHDDです

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6311)

ネジ回しとネジの話

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-7 12:50

 パソコンのメンテナンスをしているとどうしても、ネジを外す外科的修理になることもあります。

 ネジを回すのに使用するのがドライバー(ねじ回し)です。最近は、十字に凹みのあるプラスネジが主流ですが、ドライバーのサイズ(規格)って気にしたことありますか?刃先のサイズ(大きさ)によってNo0、Nol、No2、No3、No4となっています。No0が大きく、No4が小さいサイズです。No0が小さく、No4が大きいサイズです。(H23.9.26訂正)一般家庭に良くあるドライバーは、No2で、先のもう少し尖った太い(H23.9.26訂正)No3と2本あれば上出来だと思います。パソコンもほとんど、このNo2とNo3の2本で作業をします。時として精密ドライバーも使いますが・・・。ドライバー選択の基本は、大きい物から当ててみて、入らなければ小さくします。そうすればネジを潰さずにすみます。

 パソコン用のネジは、主に2種類で写真左の「インチネジ」と右の「ミリネジ」です。インチネジとミリネジの違いはネジ山の間隔が広いものがインチネジで、間隔の狭いものがミリネジです。インチネジはHDDやPCケース等、ミリネジはCD−ROM、FDD等に使用します。写真のインチネジは「六角インチネジ-ロングタイプ」で長さの短い物は「ショートタイプ」と呼ばれます。ミリネジは、径3mmで長さも5〜7mmが主流です。写真のものは、平ワッシャーのようなツバが最初からついているタイプです。また、ミリネジは、大きな力の掛からない装置の取付に使用するので、スプリングワッシャーは使用しません。

 ただし、ノートPCのネジはミリネジばかりなのですが、長さが3〜25mmまで数種類使用されています。奥行きのない(短い)所に誤って長いネジを回し続けると、内部を破壊するだけではなく、筐体からネジが飛び出したりします。ニキビで止まればラッキーかな?

パソコンのネジは2種類
インチネジ(左)とミリネジ

(投稿者:92)

絶妙な角度

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-6 18:04

ども。
「いつもブログ楽しみにしてるよ」という声が何よりの励みになっている担当ちゅんです。

本日、ハードディスクがクラッシュした疑いで、ノートPCが1台入院してきました。ブルースクリーンが出て、その後はWindowsが全く起動しなくなったとのこと。使用していた方にしてみれば突然の出来事でとても驚いたでしょうけど、私たちにとっては何ら驚くようなものではなく、むしろ、ただ天を仰いで嘆息するばかりなのであります。

さて、そんなクラッシュしたハードディスクですが、普通はまずどうすることもできません。認識さえできなくなっているか、もしくは運良く他のPCから中を見ることができたとしても、実際にはファイルをコピーできないことが多いです。今回の場合、認識はできたものの、ハードディスクからはあきらかに異音がするので、半分以上は諦めていました。

しかし!ここからが奇跡なのですが、ダメもとでちょっとだけ本体を振ってみたところ、ある角度に達すると、心なしか動作音が軽快になるような気がしたのです。さらにそこからもっと傾けてみると、「ギャギャァァァ!!」という、今まで聞いたことも無いような金属音。「終わった…」と思ったのですが、恐る恐る再び例の角度に戻してみると、何とファイルのコピーが始まったではありませんか!

やりました!最後の力を振り絞って、ハードディスク頑張りました!どうやら大切なファイルは復活させられそうです。ですが、故障寸前のハードディスクだけあって、転送速度は激遅。画面には残り時間30分と表示されていますが、ハードディスクを絶妙な角度で固定しているのは「私の手」でして、むしろそっちのほうが故障しそうな勢いでした。動かしちゃダメだと意識すればするほど、かゆくもなかった手の甲がかゆくなってみたり。コピーが終わった後は、がっくり疲れました。

絶妙な角度
この角度でした。写真を撮るのがきつかったぁ!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6956)

メモリーについて

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-5 12:42

 時々、パソコンに増設するメモリーについて質問をされます。

 それは勿論、メモリー容量は大きい(多い)に越したことはありません。しかし、パソコンの用途にもよりますが、大体Windows XPなら512MB超(512+α)、Vistaや7だったら2GBを勝手な経験則から回答の目安としています。

 でも、これからPCを新調するなら総容量を3〜4GBに最初から増設するのがお勧めです。3〜4GB?ここが問題です。メモリーを装着する場所をバンクといいますが、一般にノートPCには2個、デスクトップPCには2〜4個のバンクが用意されています。つまりノートPCでは、その内1個のバンクには最初からメモリーが1枚刺さっているので、増設に使えるバンクの空きは1個ということになります。さてここに何GBのメモリーを増設するかですが・・・。

 実は、Windows XP、Vista、7のOS(オペレーション・システム)には、「32ビット版」と「64ビット版」の2種類が存在していてメモリーを使用できる最大値が違うのです。でも、よほどマニアックなPCを買わない限りは32ビット版のOSがインストールされているのが普通です。32ビット版のOSは3GB強までしかメモリーを使用(認識)できないのです。(アクセス出来ないアドレス空間にRamDiskを特殊なソフトで作りキャッシュ等に使うというオタッキーな手法も一応ありですが) 今時は最初から2GBが標準実装で販売されているPCも多いので、もう2GBを増設して合計4GBにしたとします。でも使えるのは3GB強なので1GB弱は使えません。つまり過剰=無駄という事になります。なので1GBを増設して合計3GBにした方が無駄もなく、メモリーの価格も当然安いという事になります。ちなみに、64ビット版のOSでは、バージョンによって多少違いはありますが128GB超のメモリーも使えるとされています。

 このように、大容量のメモリーが当たり前の時代に、わざわざ廃棄PCから外しておいたPC100の64MBや128MB、DDRの128MBのメモリーは、やはり単なるゴミなのでしょうか?

ゴミになった?メモリー
当時は、大変高価だったPC100等のSDRAM

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6328)

アップデートなう

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-2 17:27

ども。
夜寝ても疲れが取れず、無呼吸症候群の疑い濃厚な担当ちゅんです。

さて、昨晩、ウイルス対策ソフト関係で面白い出来事が発生しました。

当町では小中学校配備のPCに某K社のウイルス対策ソフトをインストールしておりますが、PCをリカバリしてソフトをインストールし、最後の起動チェックを行っていたところ、デスクトップ右下からニュルっとメッセージが出てきました。内容を見ると、「ウイルスを発見しました!」となっています。リカバリ直後なのですから、もちろんウイルスの可能性はほぼゼロといえます。

ですが、原因となっていたファイルはオープンソースのオフィス系ソフト「OpenOffice」のプログラムだったようなので、一応起動を確かめまてみました。すると、ウイルス対策ソフトが勝手に隔離したファイルが、実はOpenOfficeを起動させるために重要なファイルだったらしく、エラーで起動できなくなってしまったではありませんか!ウイルスにやれれないよう自己防衛のため導入したソフトに食われるOpenOffice。まさに、トホホな状況です。

その後、Googleで同じ症状が報告されていないかリサーチを開始。程なくして、何とTwitterに次のようなつぶやきがあるではありませんか!

(某K社)の誤検知でOpenOffice破壊されたwww

やった!これでほぼ誤検知で確定です。仕方が無いので、修正ファイルが配られるのを待つかなあと思いつつも、ダメもとでオンラインアップデートを押して見たところ、「2つのファイルを更新しました」とメッセージが。もしや…。淡い期待を胸にOpenOfficeを起動させてみたところ…

何事も無く起動!

ソフトにエラーがあってうまく動かないという状況はたまに発生しますが、今まさに目の前で修正ファイルが降ってくるなんて、初めての経験で驚きました!それでも、肝心なときにOpenOfficeが壊れて、大切なプレゼンがおじゃんになったなんて人が、日本中探せば一人くらいはいたのではないかと思います。

twitter
証拠のスクリーンショット

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7215)

PCは所詮道具

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-1 12:42

 今日から新年度が始まりました。

 昨日、退職者の諸先輩方とお別れし、今日、フレッシュな新採用職員を職場に迎えました。今年の新採用職員は6名で、辞令交付のあと緊張の面持ちで職員宣誓をしました。そして総務課長のユーモアあふれる?新採用職員紹介で多少和みながら、町職員としてのスタートを切りました。頑張ってくださいね!

 さて、年度初め式において町長から、町民の職員に対する目は年々厳しくなっている。町職員としてますます研鑽努力するようにとの訓辞がありました。更に訓辞の中で、コンピューターを過信することなく、十分に注意を払った仕事をするようにとの言葉もありました。

 全くそのとおりです。コンピューターは所詮”TOOL””道具”ですから。

 大変便利な道具なのですが、使うのは”人間”です。仕事は人が主役なのです。私たちはIT系の仕事をしていますが、やはり人間関係など「人として・・・」の部分がやはり大きいと思っています。PCという便利な道具を最適な環境で使ってもらうために奔走していますが、PCが生きるも死ぬも最後は使い手だと日々実感しています。前任者が作成したマクロなんかは、完全にブラックボックスと化したセクションも見受けられます。PCが悪いのではなく、理解しないであやふやに使っている貴方悪いのです。PCのせいになんかしてほしくないです。今一度、PCに頼りすぎている自分がいないかどうか考えてほしい、と激しく同意の訓辞でした。

 と、思いながらも、ここ数日は人事異動の処理にてんてこ舞いです。

新採用職員
今年の新採用職員です。どうぞよろしくお願いします。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6874)

魚の骨

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-3-31 17:18

ども。
本日は年度納めです。退職されていく方を見送る寂しさは、何年経験しても辛いものですね。担当ちゅんです。

さて、昨日は町内の金婚湯地区(上の湯)にて地上デジタル放送受信のための現地調査に出かけました。この地区は金婚湯という名前のとおり集落の一角で温泉が自噴していて、温泉組合管理のもと、なんとご家庭まで温泉を引いているという何とも羨ましい環境です。そのせいもあってか、近頃は別荘地として人気があるようで、新しい家屋が数件立ち並んでおりました(上司92氏はすっかり気に入った様子で、土地の購入を検討?してました)。

ですが、いかんせん山奥の集落であり、テレビの受信にはとても苦労していらっしゃいます。普段、町で見かける一般的なテレビのアンテナと見比べると比べ物にならないほど素子数の多いアンテナを、屋根の上にマストを立てて設置しても、ようやく数チャンネル見られる程度の電波。風の強いときには映らなくなるチャンネルもあるそうです。

国では「新たな難視地域」として認定しているこうした地域を対象に、例えば共同受信施設を設置する際に一定割合を助成する制度があるほか、来年度からは高性能なアンテナを個人で購入する場合にも助成する制度をスタートさせる予定です。今回のケースでも、きちんと電波の測定を実施して、一番条件の良い場所にアンテナを設置することができれば、これまで映らなかったチャンネルも綺麗に視聴することができそうだということで、これから地元として検討していくことになっています。地上デジタル放送完全移行まであと1年と4ヶ月ほどになりました。同様のケースでお困りの方は「町内の電気屋さん」や私たち「情報政策室」までご相談ください。

魚の骨
まるで魚の骨のようなアンテナですよね

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7459)

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-3-30 12:40

 パソコンで作ったデータを保存しておく「器」を媒体と言います。

 最近ではUSBメモリーが一般的な媒体として普及しています。数GBもの大容量もあるのに小指ほどのサイズで、何よりも特殊な設定・部品なしにパソコン直付けで利用できる点に最大のメリットがあります。転送速度もUSB2.0の規格だと十分早いので大きなデータの出し入れも楽々です。

 「も」じゃなくて「MO・エムオー」って知ってますか?PC設定であちらこちらを廻っていると、最近不要物に混じってMOが出てきます。フロッピーディスクの厚手のもので、媒体容量は128MB〜1.3GBまであります。扱える容量はドライブ(装置)の発売時代によって異なります。パソコンとの接続はSCSI(スカジー)なので、パソコン側にもSCSIの受け口が当然必要となります。更に転送速度が遅延書き込みをするくらい遅い。結論=過去の遺物?でも、今この装置一式を用意するには、1万円以上は必要です。そんなに経費かけて最大容量が1.3GBですからね。廃れる訳ですね。そんなこんなで、SCSI接続のドライブはどんどん廃棄となっています。(一応、万が一に備えUSBの物だけKEEPしています。)

 フロッピー(1.2〜1.4MB)全盛の時代に、230MBも保存できる画期的なものだったんですがねぇ。当時を惜しんで、一応電気を入れて動作確認をしますが、ほとんどここ数年使われておらず、ちゃんと動きません。もう10年以上も前のブツですから、やっぱり今となっては「ゴミ」なんですね。ちなみに、MOの正式名称は、光磁気ディスク(Magneto-Optical disk)といいます。 いや・・・いいました。かな?

MOの写真
今時、誰も使ってくれません。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7617)

思わぬところでお宝発見

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-3-29 21:17

ども。
新年度の人事異動が目前に迫り、情報職場はPCの配備のため一年で一番忙しい時期を迎えようとしています。担当ちゅんです。

先日から、学校の春休み期間に合わせて、PC教室の整備をお手伝いしています。最新式のPCがズラッと並んだ教室には思わず「いいなぁ」と心の中でつぶやいてしまいます。

そんな中、どうしても付き物なのは廃棄処分される古い端末。正直、ハードディスクもかなり弱ってきているし、メモリの搭載も少ないので、ほとんどがまっすぐ廃棄となります。ですが、先日、某小学校でとんでもないお宝を発見してしまいました。そのPCは他と比べると一際古い大手ベンダー製のデスクトップなのですが、なんとキーボードが「メカニカルキーボード」だったんです!

PCに付属してくるような普通のキーボードは「メンブレン式キーボード」と呼ばれ、おわん状に成型したゴムと配線パターンを印刷した樹脂製シートを組み合わせた安価な作りとなっているのに対して、メカニカルキーボードはキーの内側に機械式のスイッチが仕込まれている特殊なキーボード。キーを打つときに「カチカチ」というクリック感と打鍵音が得られ、とても気持ちよく入力できるんです。ちょっと触ってみましたが、シャカシャカと気持ちよくキーが打てます。すっかり気分を良くして、職場に持ち帰りました。

ですが、実際にこれをメインで使うかと言えば・・・正直微妙です。なぜなら今や必須とも言える「Windowsキー」がありません!私は仕事柄「Windowsキー+Rキー」のショートカットを多用するのでこれでは厳しいかも。でも純粋に物を書くときなんかは断然これです。時と場合によってキーボードを使い分けるというのも、案外悪くないかもなあ、なんて思います。

メカニカルキーボード
結構音が大きいので、静かな環境だと気になるかも。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7908)

マグロのCM?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-3-26 13:07

 最近TVで、変なマグロのCMを見ました。

 夫婦の会話から始まるのですが、子供がマグロ?を欲しがっているらしいのです。友達もみんな自分のマグロを持っているらしい?のです。お父さんは、自分のマグロを使えば良いのではと、新しいマグロを子供に与えるのに難色を示します。そこでお母さんは、お父さんのマグロを子供に譲り、お父さん用に新しいマグロを買いましょうと提案します。お父さんは、当然喜びます。そして子供は自分のマグロで遊び、お父さんも新しいマグロにご満悦というCMなのですが、分かりますか?見たことあります?

 そして、CMの最後に「マグロをパソコンに置き換えてください。」と出るのです。そうです、大手CPUメーカーI社のCMなのです。

 でも、何で代名詞がマグロなんだろうと思ってしまいました。先日、カタールの首都ドーハで開催された、ワシントン条約締約国会議では、大西洋・地中海産のクロマグロ(本マグロ)の輸出入を全面禁止案について討議がなされ、結果提案は否決されたという、曰く付きの魚がマグロですよね。そのマグロネタを、反対派だった日本のCMでやらなくっても良いじゃない?と思う反面、確かに”話題性”と”インパクト”はありますね。これだけでもCMとしては成功なんだろうな、とも思ってしまいます。どんな事でも立場が変えわれば見方も変わるんだよなって、このCMを見ていて思いました。でもこんなCMで真面目にここまで勘ぐる私もどうでしょう・・・?

 一番気になるのは、私にも新しいマグロが当たるかどうかです。i7使ってみて〜っ!


何でマグロなんだ?

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7795)


ブログ カレンダー
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open