にわかSEは大忙し!

アメダス

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-12 19:56

台風4号が前線を刺激し、記録的な豪雨となりました。今までの降雨量は八雲町熊石で235.5mm、八雲町八雲で219.5mmにもなっています。町内では床上・床下浸水された方もおり、心よりお見舞い申しあげます。

豪雨により地盤もかなり緩んでおり、道路も通行止めとなっている箇所があります。と言う訳で、今日は朝からウェブサイトへ災害情報をUPするためバタバタしていました。現在も国道277号雲石峠が不通ですし、国道229号もせたな町大成区と乙部町鳥山で不通となっています。乙部町の方は迂回路もあり何とか、熊石地区が陸の孤島にならずに安堵しています。雨は止んだようですが土砂災害について引き続きご注意下さい。

さて、これらの気象情報はアメダス(AMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System)と言われる気象庁の「地域気象観測システム」によって収集されています。アメダスって言葉はよく耳にしますよね。では、八雲町八雲のアメダスって何処に有るのか知っていますか?以前は消防本部の裏に有ったのですが、今はAコープ八雲横に設置されています。JR八雲駅の裏って言えば良いのかな。アメダスは、降水量、風向・風速、気温、日照時間などの観測を自動的に行っています。全国に降水量を観測するアメダスは約1,300ヶ所あるのですが、降水量に加えて、風向・風速、気温、日照時間を観測しているものは内約850ヶ所で、更に積雪の深さも観測しているのは約290ヶ所と少なくなります。ちなみに八雲町八雲のアメダスは、積雪まで観測しているフル装備の施設となっています。

むかし・・・夏休みの宿題で「お天気観測表」があり、ナマケモノの私は、友達のを始業式前日に写させてもらったものでしたが、今ではネットで気象庁からアメダスデータが見ることが出来ます。あれ?日ごとの値は細かく入手出来ますが、天気(晴れとか雨とか)が出ていません。でも、よくよく考えたら、日照時間と降水量から天気は十分推測可能なようですね。子供の頃にこれが有れば・・・。

アメダス(八雲町八雲)
アメダス八雲町八雲は、Aコープ横にあります。知ってました?

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8889)

BS放送とCS放送の違いって?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-11 18:18

ども。
暑い暑いと言いながらも、寒いよりは全然へっちゃらだなと思っている担当ちゅんです。

今日、とある職員の方からこんな質問が。
「最近地デジ対応TVを買ったんだけど、BS放送とCS放送の違いって何?」

はい、それはそもそも衛星の種類が違います。終了!

…というわけにもいかず、結局のところ「無料で見られるのがBS、お金を払って見るのがCS」という説明をして納得していただきました。ですが、この「BSとCSの違い」というのは、実際にどのくらいの人が正しく説明できるものなんでしょう。正直、私もあやふやでありましたので、ちょっと調べてみました。

まず、衛星が違うという認識は大丈夫でした。BSは『放送衛星:Broadcasting Saterite』で、CSは『通信衛星:Communication Saterite』となります。そもそも、テレビ放送に特化して上げられた衛星がBSであり、CSで直接放送が認められたのは1989年の放送法改正後から。それまでは「放送」に利用することは禁止されていて「通信」にしか認められていませんでした。今は同じような用途で使っている衛星ですが、こうした歴史があるのです。

じゃあ今は区別しないで「衛星放送」に一本化したらどうなの?と思いますが、そもそも衛星が物理的に違いますので、アンテナを向ける方向も違います(BSと同位置の東経110度にCSの衛星も上がっているので、BSのアンテナだけでもCSを見ることはできます)。一般家庭で視聴されるいわゆる「衛星放送」と呼ばれるものは、民放各社が放送しているBSと、スカパーが放送しているCSという区分けでほぼ間違いありません(CSは企業・団体向けの通信にも使われています)。BSを見るためのアンテナと、スカパーを見るためのアンテナでは方角が違いますので、双方を受信するために2つパラボラアンテナを上げているお宅もたまに見かけます。要するに衛星放送と呼ばれるものの中にBSとCSという2種類の放送があるという理屈になります。

なので、BSとCSの違いは何と言われたら、やっぱり衛星の種類が違うという話に落ち着いてしまうのです。1つのアンテナでBSとCS双方が受信できるので混乱してしまいますが、そもそも同じ110度に衛星を上げたということが画期的なことなんです。ちなみに、2011年にはBSとCS共同で東経110度軌道上に衛星を打ち上げ予定。BSは本サービス用、CSはバックアップ用とのことですが、こうなるとますます住み分けが分からなくなってきますね。

衛星
ちなみに衛星放送は地デジ難視対策最後の要でもあります。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8737)

熊石側4小学校完了です

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-10 20:46

暑い日が続きますが、みなさんお元気ですか?

今週は、先日来ブログに書いているとおり、小学校の生徒用PCの入れ替え作業をしています。月〜水曜日の3日間で、熊石側4校23台の入れ替えの予定でした。事前にある程度の仮設定などをしておくなどの、事前準備が功を奏して2日間で完了しました。こう書くと簡単そうに思うかもしれませんが、本当は大変でした。何しろ暑い!夏休みで生徒のいない学校の閉め切られた窓。校舎内では、太陽の温もりが、既に狂った灼熱地獄に熟成されながら、我々を待っていました。もう熱中症寸前です。見かねた先生方から冷た〜い差し入れを頂き、やっと正気に戻る始末ですから。

最後に作業にしたのが雲石小の7台だったのですが、PC教室に入ってからここでは暫し悩み作業STOPです。普段こんな事は無く黙々と作業開始なのですが・・・。何故って?それは、雲石小のPC室には生徒用のPC机が11脚も所狭しと寺子屋風(3列×4段)に配置されていて、そこに古いPC9台が鎮座していました。今回の整備台数は6台なのでバランスが・・・。色々な学校のレイアウト実績を教頭先生に説明しながら協議となりました。導き出したレイアウトは、横向き背中合わせの2列×3並びです。決まったら早速作業開始です。教頭先生にも手伝っていただきながらPC全台取り外し、LANケーブルを全撤去、更に不要になった机5脚を廊下へ退場させます。灼熱地獄の中で、もうこれだけでヘロヘロです。それから机6脚の位置を決めて、LANケーブルと電源ラインを引き直します。台数が減ったのでもちろん必要最小限で綺麗な作業を目指します。持っていったPCを配置し動作を確認、プリンタ設定・印字テストで無事終了です。な〜んと!全面リニューアルとなってしまいました。教頭先生からは、何屋さん?と呆れられながらもミッションクリアです。夏休み明けに、子供達が驚く姿が楽しみです。

今後の予定は、八雲側の小学校4校です。何とかこれも夏休み中に出来ないかな・・・。

雲石小PC室リニューアル後
広々と再配置され、見違えてしまう雲石小のPC教室

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6463)

Phase-change Dual

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-9 17:42

ども。
熊石方面に1日外勤でしたが、あまりの暑さにフラフラになってしまった担当ちゅんです。

なぜ外勤だったかというと、先日からここで書いていたとおり小学校周りのパソコン整備だったのですが、今日は思いのほか作業がはかどり、相沼小学校と泊川小学校の2校をやっつけてしまいました。いやあ、働きました。

学校周りのパソコンを入れ替えていると、思わぬお宝にめぐり合うことが多いというのは、以前「メカニカルキーボードの記事」で書きましたが、今日もありましたよ!

外付けCDドライブだと思って何気なく手に持つと、なんだか雰囲気が違います。ズシッとしているというか、何かしらオーラが違うんです。よくよくベゼルを見てみると、そこには「PD」と書かれています。PD?これは始めてみました。上司92氏は「おお、PDだ。こんなもんどうすんのよ!」と言っていましたが、私は知らなかったので調べてみました。

PDとは「Phase-change Dual」の略で、某大手総合家電メーカー「M(当時)」が開発した光ディスクの規格でした。記録容量は650MB。容量もですがディスクの外見もMOにそっくり。1995年に発表されましたが、当時はまだCD-RやCD-RWが不安定で、MOやZIPもそれほど普及していなかったので、当時としては優秀なメディアだったそうです。その後、MOやZIPが普及していくにつれ徐々に押されていきますが、同M社が開発したDVD-RAMと下位互換があったため、それなりに延命。しかし、2000年に片面4.7GBのDVD-RAMがリリースされると互換性は考慮されなくなり、市場から姿を消すことになりました。

なんか、この説明文アレですね。この後に「そしてDVD-RAMも…」と続きそうな感じです。要するに、同じような規格の製品が登場する中で消えていった「ベータマックス」のようなものなんですね。し烈な開発競争の中で消えていった製品。ドラマがありますね。

見えますか?ちゃんとPDって書かれています。
自作PCにあえて組み込んでいたらCoolかもしれません。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6934)

暑いです。

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-6 14:08

暑いです。暑すぎです。

厚生労働省令の事務所衛生基準規則(昭和四十七年九月三十日労働省令第四十三号)第四条では「事業者は、室の気温が十度以下の場合は、暖房する等適当な温度調節の措置を講じなければならない。」と書かれています。あれれ・・・?これって10℃以下の寒い場所で働かしてはダメですよ、となっていますが、暑さに対しては明記がありません。エアコンの完備された事務所の場合、第五条3で「事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。」と上限を28℃以下にしなさいとなっています。まあ、エアコンの無い職場なので関係ありませんが。

本日は朝から猛暑の予感だったのですが、アメダスによると午前10〜11時には、何と!31.3℃を記録しました。今年一番の暑さです。昼からは若干雲と風が出てきましたので下がるのかな?それでも、私の卓上温度計は32.3℃となっています。なにせ庁舎の構造からか、私の部屋の窓からは風が入ってきません!どうして?PCのパームレストも気持ち悪く暖かく、汗ばんだ腕がペタペタとくっつきます。これで良いのでしょうか?事務所の中で熱中症にでもなったら笑えません。十分な水分補給と、イスに座りっぱなしではなく時々適度な運動をすることにして、残っている書類をかたづけたいと思います。皆さんも熱中症には、十分ご注意下さい。

ちなみに、サーバー室の推奨温度は9℃〜25℃、動作時湿度は20%〜80%と言われています。我々のサーバー室は、電気代も考慮して高めの24℃をKEEPさせています。なんと庁舎内で一番快適な環境で働いているのは「サーバー」なのでした。

アメダスの画面と温度計
アメダスは31.3℃を記録、机の上は32.3℃です。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5829)

トラブルがなければ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-5 20:15

ども。
暑いのも寒いのも苦手な担当ちゅんです。

先日からお知らせしていますとおり、現在当室では小学校のパソコン教室を整備しています。リビルドの終わったPCを順次学校に卸していきます。

こういう作業は、どのくらいの時間がかかるのか読みづらいです。今日おじゃました黒岩小学校はPC台数は4台なので、普通に考えれば1時間もあれば終わるだろうと思うのですが、現場に出てみるとこれがなかなか。色々なことが起こるのです。

本日の場合、机をよけてみると既設のLANケーブルがごちゃっと置いてあり、まずはこれをちょうどいい長さに切ってケーブルを作りました。床もすっきりしたところでPCを設置。マシン名やIPアドレスを設定し、さああとはプリンタのテストプリントを残すばかりとなったところで、トラブル発生。今回換える予定のないプリンタがどうも芳しくない様子。ヘッドクリーニングを1回行うたびに徐々に状態は良化していきましたが、1回のクリーニングには1分以上の時間がかかりました。結果、全ての作業を終了するころには、作業開始から2時間以上たっていました。

ただ、今回の場合はまだ可愛いものでした。一番困難を極めるのは、一度職場に戻らないと用が足りないケース。八雲町はとても広いので、目的地まで30分以上かかるのも普通なんです。ここで道具を忘れてくると、もう泣くしかない状態に陥るのです。

これから、熊石の小学校4校にPCを設置していきますが、忘れ物には十分注意したいと思います。

作業の風景。これはまだケーブルを作る前。
作業の風景。これはまだケーブルを作る前。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6205)

町営のFreeSpot

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-4 16:20

町民の皆さんが自由にインターネットを利用できる公衆端末(KIOSK)の年度内廃止について、先日このブログに書きました。早速、廃止の「穴」を埋めるべくFreeSpotの研究を始めました。

バックボーン(インターネットへの接続回線)を新たに用意できれば理想なのですが、回線にかかる経常経費は痛いところです。そこで既設の回線に強固なセキュリティを掛けて何とかならないかと実験中です。構想どおりいけば?フリースポット機器のイニシャルだけで、ランニングコスト無しにFreeSpotが構築できるはずです。町内のFreeSpot設定を何台かお手伝いしていましたので、簡単に思っていましたが・・・。実験したところローカルPCとの切り分けや、上位ネットワークへのフィルターなど、少々手を加えなければならないことが判ってきました。何しろここのネットワークは、セキュリティ確保が絶対条件なので当然な話です。また、今回実験に使用している、大手B社のフリースポット機器も新型になったらなんだか多機能になっていて難しい?昔はこんな設定無かったのに・・・ブツブツ。説明書から用語を読み取れば、ああ成るはずですが、実際には何故かこう成ってします?知恵袋のSIと実験を繰り返しています。勿論目標は「簡単に繋がり強固なセキュリティでローコスト」です。

Wi-Fiが自由に使える、町営のFreeSpotの登場にご期待下さい。

FreeSpot機器実験中の図
上位ネットワークに強固なフィルターを掛けることが肝です。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6253)

残っていました!2000とMe「其の二」

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-3 17:34

ども。
先週、とあるホテルの駐車場で車を当て逃げされてしまった不運な担当ちゅんです。ふーん。

昨日、上司92氏が書いた日記の続きを書こうと思います。

(昨日のあらすじ)********************************
もう管理PCには残っていないと思われていたWindows2000とMeが、なんと小学校のパソコン教室に残っていることが判明。それらを入れ替えすべく作業を始めましたが…。
*******************************************

今朝、出勤するとハードディスク30台弱すべて、OSの再インストールが終了しておりました。私はというと、昨日は午後から所用があってお休み。全く、上司をこき使う部下です。

ということで、本日は実際に筐体へハードディスクを組み込み、メモリを増設し、起動チェックを行いました。

まずは埃だらけの筐体を、コンプレッサーできれいにお掃除です。1台あたりどのくらいの重さがあるのかなあ。5kg/台として、それを一度に3台抱えて公民館の2階から1階まで運び、ばらして掃除して再び組んでもとの部屋まで。何往復したんだろう。途中からはあまりの暑さに意識ももうろうとなりながら、何とか全台終了。疲れました。

次に、再び筐体をばらしてメモリを挿し、ハードディスクを交換して、筐体を元にもどす。これの繰り返し。92氏は黙々と起動チェック。ですが、とにかく疲労で手元が怪しい私。「ガチャッ…カチッ…ドカッ!!あっ!!!」ってな具合で、手元が狂って精密機器をテーブルから落下させること数回。そのたびに92氏のため息が。まったく、ずぼらな性格だけは30歳を目前にしても治りません。壊れなくてよかった。

とまあ、このような感じで、意識が遠のきながらも作業を終了しました。全27台。リビルドが終わったPCはいつでも出荷準備ができています。早く子どもたちのうれしそうな顔が見たいです!

黙々と作業中
写真向かって手前側に色々なものを落としました…。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5676)

残っていました!2000とMe

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-8-2 15:51

庁舎内のネットワークには、もうWindows2000などは無いことになっています。(本当は9月連休まで5台ばかり2000が稼働していますが、更新が決まっているのでカウントしていません。)

ところがっ!実は2000の他にMeまでも残っていたのです。それは小学校パソコン教室にです・・・。八雲町内には13の小学校があります。何度かブログにも書いているとおり、昨年度末に先生方の校務用PCを整備し、私物PCを全廃しセキュリティ向上を図ったところです。が、児童用のPCはわずか4小学校だけにXPの整備がされただけでした。ちなみに、中学校全5校はXP以上で整備済みです。八雲町の小学校では、一番多人数の学級を基準にして、その生徒数の半分+先生用1台を学校PC教室の整備基準としています。これでもザッと数えても9校で50台程度、更新の必要があるようです。何と現行PCの中にはMMX300MHzメモリ64MBという化石のようなPCも多数・・・。何故?今までこれらが残っていたのかは、教育委員会における諸般の事情?とでも書いておきましょう。さて、小学校PC教室の実情は、昨年度から周知の事実でしたので、予算的にも僅かながら確保してもらいました。昨年度の中学校PC教室の更新で廃棄する予定だったPCにXPモデルがありましたので、これを活用して何とか2014年のマイクロソフト社によるXPサポート終了まで、延命させることを考えたのです。セレロン1.2GHzですが、512MBへのメモリ増設やHDDを元気な40GBに換装など多少手を加えれば、小学校PCの主用途であるインターネットによる調べ物学習には十分(何とか?)実用の範囲であると思われます。

と言うことで、せっせと1台ずつばらしては部品の取付とOSの再インストール作業を始めました。今回も過酷な日程で、来週から学校への納品(設置)となっています。2セット同時進行でやっていますが、時間だけがかかります。子供達が楽しみにしているので頑張らねば!!

せっせとリビルド中です。
NのM○12H、RAMのMAX512MBがちょっとキツイ

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5786)

衛星ブロードバンドで情報格差解消

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-7-30 16:07

ども。
ついに地デジデビューで、エコポイントの使い道に悩む担当ちゅんです。

昨日は道東を除くほぼ北海道全域で非常に強い雨が降り続き、名寄市などでは川が氾濫し大きな災害となったことをニュースで見ました。ここ八雲町でも朝から強い雨が断続的に降り続き、八雲地区と熊石地区をつなぐ大動脈である雲石峠(通称、ハチクマ線)も朝7時すぎまで通行止めとなりました。幸い、八雲町内では大きな災害には至らなかったようですが、あと少し止むのが遅ければ、あるいは…という、ぎりぎりの状態でありました。

そんな中。
町内わらび野地区のとあるお宅で、衛星ブロードバンド設備の工事が行われているとの情報があり、雨脚のピークと思われる午後一番の時間帯に、上司92氏とともに軽トラックで視察に行ってきました。

(わらび野について)
わらび野という地区は野田生地区から山に入った場所にあり、いわゆるデジタル・ディバイド(情報格差)の地区。地上デジタル放送はほぼ受信できないエリアで、インターネット回線は昨年当室主管で行った無線ブロードバンド(FWA)整備でようやくBB環境が整いましたが、それでもエリアから外れてしまったお宅は未だISDN回線でのインターネットという状況です。

現場に到着してまず第一声は「こんな雨の中で、工事やってるんっすかね?」という私のつぶやきでした。それに対して92氏も「きっとやってねーべや」。そのくらい大粒の雨が降っていて、横を流れる川は濁流と化し、ところどころ道路が冠水している場所もあったほどでした。傘を持っていきましたが、運転席から降りて傘を差すまでの一瞬でびっしょりになるような状態。えいやあ!と車を降り、現場に近づくと、

「工事やってるじゃ!」

そこには頑丈なベースに据えつけられたパラボラアンテナがありました。以前、大関小学校で導入したときに当ブログでもご紹介した「ipstar」です。到着したときは既に微調整の段階に入っており、作業員の方はPCの画面を見ながら電波の強度をチェックしておりました。
何もこんな天気の悪い日にやらなくても…と思いましたが、逆に考えると、こんな天気の日でも途切れることなく通信できるのであれば、安心と言えるのかも。

本日、お電話で状態を確認させていただきましたが「以前とは比べものにならないほどのスピード」とのことで大満足のようです。ipstarは実測で2Mbpsくらいの速度。それでもISDNの64Kと比べたら、およそ30倍の速度ですから雲泥の差です。お客さんが喜んでいる様子を、豪雨の中で作業していた作業員にも知らせてあげたいという思いもあり、記事にしました。見てくれているといいなあ!

ipstar設置の様子
写真ではイマイチ豪雨の状況が伝わらなくて残念です

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11942)


ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open