にわかSEは大忙し!

新規採用職員向けセキュリティ研修

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-17 17:49

ども。
今週末は熊石あわびの里フェスティバルが開催されます。私はステージイベント担当で司会者をやりますので、ぜひお越しください。担当ちゅんです。

昨日、情報セキュリティ対策の一環で、この春に採用となった職員を対象に研修を実施しました。人事部門が主催している新規採用職員向け研修の中に情報セキュリティの時間を設けていただき、およそ50分間、早口ではありましたが基本的な事項を説明しました。

情報セキュリティを取り巻く情勢としては、ちょうど「WannaCrypt」と呼ばれるランサムウェアが猛威を振るっているところであり、ニュースなどでも大きく報道されているところです。当町の情報セキュリティ対策とは比べ物にならないくらい高度であるはずの大企業でさえ被害が発生しているという状況にあり、研修会の冒頭にはこの事案に触れながら、情報セキュリティの重要性を説明。端的に言えば「怪しいメールは開かないで!」という話ではあるのですが、今回はこれを説明するときに「なぜ?」の部分に余計な説明する必要がありませんでした。そのくらい、脅威はすぐそこまで迫っているということです。

研修の中では「当たり前だと思うかもしれないけど、その当たり前なことをしっかりやってほしい」と何度も呼びかけました。その言葉は、新規採用職員の皆さんにはどのように届いたのかわかりませんが、実は自分自身に対する言葉でもあります。長く職場にいて、日々同じような仕事を繰り返しているうちに、疎かになってしまうことってあります。自分こそ、新規採用職員と同じような気持ちで、日々業務にあたらなければならないと気持ちを新たにするよいきっかけとなりました。

・・・さて、冒頭のあわびの里フェスティバルの話題に戻ります。どうやら週間天気予報によると週末の天気は良さそうです。私はこれまでずっと実行委員として運営側で携わってきていますが、一度でいいから一般のお客さんとして参加してみたいというのが夢です。そのくらい、ご来場者の皆さんは楽しそうですし、なにより、あわびが美味しそうです。もし週末のご予定がまだ決まっていないようでしたら、ぜひ「熊石」にお越しください!

あわびの里フェスティバル

会場でお待ちしております!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (466)

ISDNモデム

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-16 17:30
先日、特別な業務に使用していたパソコンが、この度のセキュリティ強化対策により、情報系ネットワークから抜けることになりました。
そのパソコンでは、特定の業務を複数行っていたのですが、個人番号を利用するシステムをそのままそのパソコンで行い、その他の業務を別なパソコンで行うこととしました。
それにともない、別なパソコンにその他の業務システムをインストールすることとなりました。

その他の業務の中に他の団体とデータのやり取りを行う業務がありました。「伝送システム」と呼ばれるもので、その業務用のソフトウェアをインストールしなければならなくなりました。
インストールを行うためにCD-ROMをセット。セットアップファイルを起動します。そしてインストールが開始されました。しかし、途中でエラーが発生しプログラムが強制終了となりました。「?マーク」が浮かびます。CD-ROM内の注意書きを読みます。エラーになった理由がわかりました。対応OSが「WindowsVista」まででした・・・。CD-ROMがこれしか無いとのことでしたので、職員の方に団体へ問合せをしてもらいました。回答は、Windows7までは対応しているとのこと。残念です。用意したパソコンはWindows10でした。取り急ぎWindows7モデルを準備。インストールを開始します。無事にインストールできました。良かった、良かった。
インストールが終わり、ひと安心。職員の方に伝え、一連の作業を終えました。

数日後、職員の方から電話がありました。内容は「伝送」できないとのことでした。自分の確認不足もありますが、ソフトウェアをインストールすれば伝送作業を行えるものと考えていました。
職員の方に状態を確認します。伝送ソフトウェアで送信に使用する機器を選択するメニューがあり、そこに「機器の名前が無い」とのことでした。使用している機器を聞いて驚きでした。「ISDNモデム」で行っているとのことでした。
対応に不安がありましたので、職員の方にお願いして、時間をいただくことに・・・。

職員の方には申し訳ありませんが、持ち越しとなった事案でした。
驚き
職員の方から聞いたとき、ビックリしました。
(投稿者:ふろんと)

カメラのトラブル

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-15 20:33
ども。
このところ春とは思えない寒さが続いていて、どうも気分が滅入ってしまう担当ちゅんです。

肌寒い天候だからでしょうか。本日は出先部署でのネットワーク機器トラブルが多発する一日となり、午後からは急遽外勤となりました。

そんな中で、とある部署に設置している屋外のネットワークカメラが映像を送ってこなくなってしまったため、現場を確認することに。出発前、職場のデスクから事前に分かる範囲で原因を探ってみましたが、カメラの直前に設置しているルータまでは正常に通信できており、そのルータ配下に置いているカメラのみがPINGも返さない状況でした。カメラが不調になると「もしかしたら盗難にあったのではないか?」と毎回心配になるのですが、今回も本気で心配してしまいました。

現場に到着してまず一言「よし、あったぞ!」。車の運転席で隣席ふろんと氏が「当たり前でしょ」と苦笑いしておりましたが、冗談ではなく本気で安堵しました。
さて、今回の不具合は何が問題なのでしょうか。ルータは正常でカメラに異常、その中間にはカメラにLANケーブルで電気を供給しているPoEインジェクタがあります。とりあえず、見た目には全ての機器のスイッチはオンになっており、パワーのLEDランプも正常に点灯しているようです。

現場の段階であれこれ悩んでいたところで仕方がありませんし、まずもって寒い。そんなときは思い切って電源の入り切りを試すに限ります。電源ケーブルを抜き差しして、スマホからカメラ画像のURLにアクセスして通信を確認。ほどなく正常に映像が送られてくるようになり、急ぎ車に戻って暖をとりました。
結局、不具合の原因はPoEインジェクタだったようです。最近、カメラにトラブルが発生するケースのほとんどがこのインジェクタに起因しているように思うのですが、電源周りはやはりデリケートだということでしょうかね。
ネットワーク機器は、見た目には正常でも実は内部的には止まっているといったケースが稀に発生します。こういうときにはまず電源を入り切りしてみるということは基本中の基本ですね。

屋外カメラ
無事についていてホッとしました
(投稿者:ちゅん)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (424)

リファービッシュ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-12 18:37

先日、パソコンの修理の依頼を受けました。突然、起動しなくなったとのことでした。

まずは、普通に電源オン!
やはり、「旗」のロゴは現れません。ディスクを疑い、ハードディスクを取り出します。そして、外付けのハードディスクとして利用できるアイテムで、中が見えるかを確認します。幸い、中を見ることができました。と言うことで、ハードディスクのチェックと修復を試みます。
作業が終わり、ハードディスクを本体に装着し、再び電源オン!
残念ながら、「旗」のロゴは現れません。次にハードディスクの交換を試みました。複製を作成するアイテムで他のディスクに複製を作成します。
作業が終わり、複製を本体に装着し、再び電源オン!
残念ながら、「旗」のロゴは現れません。

本当に無念ですが、OSの再インストールを行うことにしました。
付属品を預かっていましたので、中身を確認します。しかしながら、「システムディスク」や「リカバリディスク」などの記載があるディスクではなく、窓七のディスクのみでした。海外製のパソコンでしたので、OSインストールとWindowsアップデートを行うだけで、ドライバが全て当たるのかな?と思い、インストール作業を開始しました。

インストール作業の最中に必ず通るのが「プロダクトキーの入力」ですね。今回もその場面がやってきました。
と言うことで、キーが記載されているものを探します。ありました、一枚の紙が。紙をよく見ると「購入されたコンピューターは、再生PCです。」との記載が・・・。何だこれは?さらに紙を読み進めると「リファービッシュ」との記載がありました。

調べてみますと、初期不良等でメーカーに返品された製品をメーカーで修理・調整して再出荷したものを指すようです。英単語としては、「磨き直す、一新する」などの意味があるようです。数年前からこの呼び名で出回っているようですが、自分は「初耳」でした。

パソコンは、OSの再インストールにより、復活しました。元のディスクも読み込みができましたので、個人のファイルを救うことも出来ました。
いろいろとありましたが、所有者の方の被害を最小限で抑える事が可能であった出来事でした。

再生パソコン
「新品よりは古いが、中古よりは新しい」と言うカテゴリーのようです。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (472)

さすがはSSD

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-11 17:40

ども。
このブログがほぼ業務報告書になりつつある担当ちゅんです。

本日はとあるシステムのネットワーク切り替えを実施しました。これまで情報系ネットワークに接続してきたものを基幹系ネットワークに参加させるという、これまでやったことのない業務です。事前に保守業者さんとも緊密に連絡を取り合いながら、ついに実施の日を迎えました。

事前準備の甲斐もあり、大きなトラブルは発生せずに作業が進みます。これまで情報系で利用してきたウィルス対策ソフトやインベントリ収集ソフトをアンインストールし、ドメインから抜けてワークグループに変更。その後、基幹系でドメインに参加し、ウィルス対策ソフト等を導入という流れです。

そんな中、全体的な作業工程は順調だったのですが、どうもPCの動きが怪しいことに気がつきました。一つのソフトウェアをインストールするにもややしばらく待たされ、ついにはほんの小さなドライバを導入するのに数分も時間がかかる状態に。ふと時計に目をやるとちょうど昼食の頃合い。
・・・となれば、やるしかありません。既存のHDDをそっくりそのままSSDに置き換えてしまうことにしました。クローニングソフトでバックアップを復元している間に、我々は昼食休憩。無駄のない時間の使い方です。

昼食後、そのPCは見違えるような速度で動作してくれました。我々も空腹が満たされて見違えるような速度となり、あっという間に作業終了。やはり、さすがSSD。最近のPCはCPU・メモリともにスペックには余裕があり、動作のボトルネックになっているのは大概がディスクなのだということを再認識しました。
ちなみに、作業終了後に職場で元々のHDDをスキャンディスクにかけてみると、やはり不具合がでました。クラッシュする前に対処できてよかったです。

不具合のHDD
どうやら2014年1月17日生まれ。少し早すぎるような気もしますが、アタリの問題ですかね。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (532)

大きな荷物

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-10 19:21

昼休みが終わり、コツコツと事務を行っていたところ、執務室に職員の方がやって来ました。「○○から大きくて重い荷物が来ています。」とのこと。「一階の受付に届いているであろうから、取りに行かなくては!」と思っていたところ、「間もなくあちら側(エレベーター側)からやって来ます。」とのことでした。
この時点で、○○から何が届いたのか、想像がついていませんでした。

しばらく待っていますと、あちら側から作業着を着た女性の方がこちらに向かって来ました。運送会社の方のようです。大きな段ボール箱をのせた台車を押しています。
この時点でも、箱の中身が何かがわからない状態でした。

そうこうしているうちに、荷物が目の前にやって来ました。
箱の表面には大きな赤文字で「精密機器」と「取扱注意」と記載されています。そして、アルファベットの小さな文字で記載がありました。
この時点でも、まだ「?」状態でした。
が、箱の「ロゴ」を見て思い出しました。「UPSだ!」この時点でやっと思い出せました、先日に上司ちゅん氏が発注しているのを・・・。

そこで、すかさず運送会社の方に言いました。「重かったでしょう!」。すると笑顔で「はい!スゴ〜く重かったです!」と答えました。一緒に台車から箱をおろします。二人で持ってもかなり重いです。話を聞くと一人でトラックから降ろし、そして台車に積んできたそうです。小柄な女性にはさぞ大変だったと思いますが、「さすがプロ」だなと思って感心してしまいました。

重さが気になり、調べていますと梱包時の重量が33キログラムとのことでした。小学校3〜4年生の男子の平均体重です。なかなかですね・・・。

重いとは聞いていましたが、UPS(無停電電源装置)の重さを実感した出来事でした。

届いた無停電電源装置
届いた無停電電源装置2台。次は、サーバー室へ運搬かな?

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (503)

TV会議システム Ver.2

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-9 17:50
ども。
連休中は遠出せずのんびり過ごした担当ちゅんです。

先日、TV会議システムが不調になった話題をブログに書きました。

2017-04-04 情報政策室ブログ:TV会議システム不調の原因は・・・

上記記事では「原因はUSBの延長ケーブルでした」と結んでいましたが、実はその後の状況も思わしくありませんでした。加えて、現在自治体で早急に進められている情報セキュリティ対策の中でも、今後は「PlayStation Network」の利用が難しい状況となり、いよいよもってPlayStation 3から別な方式への切り替えに踏み切らざるを得ない状況となりました。
※少し技術的なことを書くと、PSNのビデオチャットで利用するポート番号は公式に公開されているものの、肝心の接続先URL(IPアドレス)は公開されておらず、FireWallでの設定が(無理ではないものの)困難な状況となりました。

とはいえ、近い将来このような時が来ることはあらかじめ想定しておりました。ついに「TV会議システム Ver.2」の構築に取り掛かります!

・・・と書きましたが、現在はビデオチャットなんて当たり前の時代になっています。無料で利用できるアプリも山ほどあり、どのアプリを利用するか選ぶことさえ可能な状況。初めてTV会議システムを構築した5年前とは時代は大きく変わりました。
さらにいえば、Windows 10はインストール直後から無料通話アプリ「Skype」が利用可能だと知っていますか?今やSkypeはMicrosoft社のサービスなのです。

ということで、初代システムはプレステを使っていて画期的なものでありましたが、2代目は普通にパソコンでSkypeです。マイクやスピーカーは初代のものをそのまま流用することで一切の経費をかけずにリプレイスとなりました。
本日、稼働テストを兼ねてTV会議が実施されましたが、極めて鮮明かつ安定した通話ができたようで、担当者としては一安心です。これまでほぼトラブルなく稼働してくれたPlayStation 3ですが、ついにお役御免の日を迎え少し寂しい気もします。
2代目
TVラックに機器を設置すると「システム」っぽくなりました
(投稿者:ちゅん)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (494)

緑色の消火器

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-8 19:08

先日、南方のとある学校へ上司ちゅん氏と外勤をしました。パソコン教室のパソコンにプリンタードライバをインストールして、使用できるようにするためでした。
インストールは、上司ちゅん氏が管理ソフトウェアを使用して、教室全部のパソコンを一度に操作して行われました。自分は指示通りに作業が進んでいるかを教室の後方から、二十数台並んでいるパソコンの画面を見ながら確認を行いました。授業支援のソフトウェアは、このようなことも可能なのだと、勉強になりました。

インストール作業も無事に終わり帰社しようとした際、壁際の「消火器」が目にとまりました。「この学校のパソコン教室に消火器が置いてあるんだなぁー。」と思っていたところ、何かの「違和感」が生じました。あらためてよく見ると、消火器の上部が「緑色」でした。しかも、表面に表示されている丸印が二つしかなく、しかも色が黄色と青色でした。
貼られているラベルをよく見ると「二酸化炭素消火器」と記載されていました。

「二酸化炭素消火器」。調べてみますと、二酸化炭素を使用して「窒息消火」を行う消火器とのことでした。
一般の消火器は、「粉末消火器」と呼ばれ、普通火災(白色の丸印)油火災(黄色の丸印)電気火災(青色の丸印)に適用できる消火器なそうです。ほとんどの火災に対して使用が可能です。今回の消火器は「黄色と青色の丸印」、つまり、油火災と電気火災に特化した消火器でした。
粉末消火器は、化学薬品の粉末を噴射して消火するため、後に粉末だらけになってしまいます。しかし、二酸化炭素消火器は二酸化炭素が噴射されるため、電気設備やパソコンが粉末だらけになることはありません。

発生が予想される火災の種類によって、配置する消火器を選定する必要があることを学んだ出来事でした。

二酸化炭素消火器の写真
ノズルが太くなっているのは、二酸化炭素の気化熱による凍傷を防ぐためなそうです。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (537)

システムダウンの原因は

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-2 17:40

ども。
まだ花見の計画は立てていない担当ちゅんです。

先日、業務で外勤していると「システムがダウンしている」という電話連絡が入りました。「どのシステムですか?」と聞くと「よくわからないけど全部です!」とのことで、真っ青になりながら急ぎ職場に戻りました。

状況を確認するため、職場に到着するなりすぐにサーバ室に向かいます。すると、いつもは爆音のサーバ室が若干静かです。おかしい。ラックの扉を開けて中を見て、思わず「えーっ!」と声が出ました。なんと、ほぼ半数のサーバがシャットダウンしており、無停電電源装置(UPS)がバッテリー駆動していたのです。

一瞬頭の中が真っ白になりましたが、とにかくすぐにサーバを復旧させなければなりません。UPSの電気を別なコンセントから取るために延長ケーブルを床に這わせ、一つずつ復帰させます。どうやらサーバ室の壁コンセントのうち1系統がダメになっているようで、他のコンセントは大丈夫でした。

ひとまず、サーバは全て正常に再稼働させられたので一安心。いよいよ、原因の調査にあたります。実は、サーバ室には変電設備から直接電気を引き込んでいて、ブレーカーも単独で設置しています。なので、すぐにブレーカーは確認できるのですが、今回、これは全て正常な状態でした。
では、問題の壁コンセントはいったい何者なのか?という話になるのですが、どうやらサーバ室にある一部の壁コンセントはもともと庁舎についていたものだということが判明。急ぎ庁舎設備の担当者とブレーカーを確認してみると、やはり落ちていました。そのブレーカー、許容電流は20A。ご家庭用です。おそらく、サーバの負荷が高まったことで消費電力量も大きくなり、ついに限界を迎えたということなんでしょう。

原因が分かったところで、さっそく対策を。これまで、あまり電気のことは気にしていませんでしたが、今回のことを教訓に全てのコンセントから満遍なく電気をとるように変更しました。これからはどのコンセントから電気をとるかにも気をつけながら運用しなければいけませんね。それにしても心臓に悪い出来事でした・・・。

問題のブレーカー
情報担当者としてブレーカーの場所を把握しておくことは大切だと学びました

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (635)

サポート終了

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-1 21:24

先月の半ば、パソコンのOSである「WindowsVista」のサポートが終了しました。が、3年前にサポートが終了した「WindowsXP」の時のような「騒ぎ」は、ほとんどと言って良いほどありませんでしたね。

正直にいいます。自分はWindowsVistaのOSがインストールされているパソコンを所有した経験はありません。それは、WindowsXPからWindows7に乗り換えたからです。当時の気持ち的には、許されるならWindowsXPをまだまだ使いたかったです。そう思われた方も多かったのではないかと思います。と言うのも、当時の書店のパソコン書コーナーには「まだまだWindowsXPを使い続ける方法」のようなタイトルの書籍が多々ならんでいたからです。また、新しいOSに乗り換える際には、色々と「手間」が発生しますので、それが「おっくう」ということもありました・・・。

WindowsXPは、ServicePackなるサポートを三回も受け、約13年間もサポート期間が続きました。WindowsVistaについては、ServicePackを二回受け、約10年間のサポート期間が続きました。Windows7についても同じく約10年間のサポート期間の予定となっています。

当社では「レジェンドPC」に代表されるように、導入当時の「事情」から、Windows7ダウングレードXPモデルを大量に導入したこともあり、WindowsVistaモデルのパソコンは「無い」と言っても過言ではありません。レジェンドPCは、XP〜7〜10と三つのOSを渡り、今も現役で使用されています。

皆様のパソコンのOSは、WindowsVistaではありませんか?もしかしたらWindowsXP?
セキュリティ上、使用は危険ですので、OSの確認をして対策を行いましょう!

WindowsVistaのライセンスシール
当社では希少なWindowsVistaモデル 

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (530)


ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open