にわかSEは大忙し!

プライベートIPになってしまった!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-29 18:46

やられました!恐れていたことが、何の前ぶれもなく急にやってきました。

先日書いた、山奥に設置したIPカメラでダイナミックDNSを引く話です。通信事業者からデモ機でお借りした、USB接続のデータ通信端末のWAN側が、グローバルなのかプライベートなのかの問題です。2台手元に来たのですが、何故か1台はグローバル、もう1台がプライベートのIPが振られます。勿論、グローバルのIPアドレスが振られる方を、そのままお借りして運用試験をしていました。かなり良い感じで、思惑どおりです。・・・これが「でした。」に変わりました。

朝まで、見られていたカメラ映像が見られません。DDNSサーバは、他のURLが引けてますので、問題なし!嫌な予感のまま、山奥の現場へ。一目で分かりました。データ通信端末のLEDが「緑」ではなく「赤」です。停止しています。これじゃ繋がりません。ルータにPCを繋ぎlogを見ました。毎日15時半ごろにWAN側アドレスの確認がなされていますが、ある日急にプライベートIPをもらっていました。IPが変わったので、DDNSサーバの更新が必要となったのですが、プライベートIPなので上手く更新できません。何度かリトライをして、最後は諦めて、最後は停止になったようです。本当に、何かの時点でプライベートIPに変わってしまいました。通信事業者さんのいうとおりでした。でも、我々みたいな用途って、特殊じゃないですよね?こだわりで、安易に固定IPを買うのは・・・最後の最後ですよね。

こんな事には全く懲りず、今度はこのサービスでWAN側がグローバルだと標榜する、データ通信端末のデモ機を手配中です。一応ヤマハルータ側でも動作確認済みとなっていますので、問題はないでしょう?これで決まりかな?

プライベートIPになった
つい先日まで、グローバルIPだったのに・・・悲

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2253)

WEPは速度が出ない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-26 17:30

ども。
知らないことをそのままにしておけない性格の担当ちゅんです。

無線LANの暗号化方式のひとつであるWEP(Wired Equivalent Privacy)ですが、解読が容易なため危険であるといわれていますよね。今ではWPA2-PSK(AES)を使うのが当たり前、それ以外の選択肢は無いといった状況にあります。

(参考:外部リンク)BB Watch:WEPは10秒で解読可能、神戸大と広島大のグループが発表

で、そのWEPについて、以前とある本物のSEさんから「WEPは危険なだけではなく速度も出ませんよ」と言われたことがありました。理由を聞くと「セキュリティ的に弱い暗号なので、これを使っている場合にわざと速度を落とす機能がある」と説明されたと記憶しています。そのときは原理をよく理解せず「つまり迷惑機能が搭載されているのですね」くらいに聞いていたのですが、どうやらこれは迷惑機能ではなく、きちんとした理由があった、というのが今回の話です。

別な調べ物をしていて偶然見つけたのですが、WEPの速度が出ないというのは「802.11n」という通信規格がWEPをサポートしていないことに起因するのですね。仮に最大150Mbpsで通信できる機器であったとしても、まちがってその無線LANにWEPで暗号化をかけてしまうと、54Mbpsまで速度が落ちてしまうということのようです。
さらに、802.11nでしか通信できないような機器をつなぎに行ったとき、その無線LANがWEPで暗号化されていると、接続することさえできないものだと書かれていて、これ、原理を知らないとうっかりやってしまっても不思議はないなと思い、備忘録を兼ねて記事にしたところです。「今更?」という声が聞こえてきそうですが、こうした基本を知らないところが「にわか」と呼ばれる所以です。
ちなみに、802.11nがサポートしていないのはWEPだけではなく、WPA-PSK(TKIP)もダメみたいですね。

・・・あれ、これって本当に大丈夫だろうか。思わず上司92氏に「あそこのあれって、これじゃないっすか?」と。「まあ、いんじゃね?」的な会話が繰り広げられました。

AP
あそこのあれは、やっぱりこれ。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2379)

ハンドパワーの続編

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-25 17:30

昨日ちゅんの書いた「ハンドパワー」の続編です。不調を訴え、入院してきたノートPCですが、症状が出ないと書いていました。ひとえに、ちゅんの神通力!ハンドパワーにより「PCの画面がピンクになる。」との訴えを、全否定していたのですが・・・。

本日、ちゅんがお休みという事で、伝言のあった「朝1一発目に症状が出るんじゃね?」を試してみました。出るのか、ピンクの画面?おーっ!!出ました・・・が。出たのはピンクの画面ではなく「白い年輪?」「山の等高線?」「池ポチャの波紋?」あまりのハンドパワーの無さに症状が変わった?この波紋ですが、時間とともに大きさが変化します。そして時々消滅します。ピンクではありません。これでいいのかな?別物かな?この症状、眺めて分かった事は、波紋の中心(池ポチャの位置)が定位置のようです。ここに「誰かが石を投じた。」のでしょうか?液晶パネルの不具合で、よくあるのが「圧迫痕」です。液晶パネルの一点を強く圧迫(押す)と内部組織?が破壊され暗くなるなど輝度に斑がでます。しかし、今回の症状は初めて見ました。圧迫痕と言えるのかな?圧迫痕から、こんな波紋でますか?

とりあえず、PCは部品保守契約の期間内だったので、販社に画像付きで照会することにしました。修理方法は「液晶パネル交換」だと確信しています。でも、判断が難しいですね。この型のパネルは汎用性が高いので、最悪の場合、我社の在庫から・・・あったかな?

圧迫痕、年輪付
この症状見たことありますか?圧迫痕の一種なのかな?

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2407)

ハンドパワー

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-24 17:30

ども。
珍しく体調を崩すことなく冬を乗り切れそうな担当ちゅんです。

ですが、各種情報機器はどうも芳しくありません。季節の変わりなのでしょうか、急に不調を訴える機器が増えているようです。
本日は「PCの画面がピンクになる」という謎の症状で、1台のPCが保守のため職場に届きました。

「ピンクになる」と言われても、さっぱり状況がつかめません。とりあえず電話で聞き取りを行うと、どうやらPCの起動時、モニタにピンク色の線が表示されることがある模様。「画面を揺すってみたり、指で押してみたりすると、その線がたわむような感じになる」とのことで、何となく液晶パネルの故障なのかな〜と想像しながら、まずは実際に状況を確認してみることに。

・・・しかし、何度起動させてみても、そのピンクは現れず。特定の条件下でのみ発生するのかもしれないと思い、再度電話で確認。「何かしているときに出ますか?それとも起動直後からですか?」と聞くと「ピンクが出るときは起動直後から」とのことだったので、ひたすら起動と電源オフを繰り返すこと数十回。ピンクは一回も出ません!もしかしたら、筐体に熱が入る前の状態でしか再現できないのかもしれませんが、こういうのが一番困ってしまいます。

まさに「ハンドパワー」です。長年この仕事をしていると、経験や勘のほかに、目に見えない力が発揮される場面があります。どうしても動かないと言われていた機器が、私が触ったとたん普通に動いてしまったり、おかしいから見て欲しいと言われ、急ぎ現場に向かうも、到着するとなぜか改善していたり。「どうやったんですか?」と聞かれても、むしろ私の方が聞きたいですという気分。今回の件も、もしかしたらその類のような気が・・・。とりあえず、現場にお返しして、今度そのピンクが出たら、すぐに写真を撮ってもらおうと思います。

ピンク出ず
まだ保証期間なので、頼むから「ピンク」が出てほしい!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2428)

無線のチャンネルを変えてみる

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-23 19:47

全国の自治体で活躍される「にわかSE」の皆さん!悩みは解決していませんが、3月補正ですよね?明許繰越で先送り感もありますが、契約までにまだまだ勉強しなければ・・・それは、私だけ?そんな関係もあり、近隣のO町から担当の方々の訪問を受けました。何時ものとおり、ここでは書けない話で盛り上がらせて頂きました。お疲れ様でした!悩みはどこの町も同じと何時も痛感します。先に強靭なハートが欲しいです。

そんな予定が入っていた本日ですが、朝からネットワークが不調との電話がありました。約800m位の距離を、お得意の2.4GHzのビル間通信で繋いでいる施設です。先日来、何度か不調の電話をもらっていたのですが、不通ではなく不安定とのことで何時も様子見となっていましたが、いよいよ重い腰を上げることに。午後から熊石へ行ってきました。無線空間を疑い、出発前に一対の無線設備を現場用にWDS専用モードで設定して、持っていくことになりました。備えあれば・・・何とかです。

現場でアンテナの確認から始まり、親側の無線機にpingを打ちます。半分近くpingが欠けます。何時ものBNRで測るも100kbps!!悲しすぎる結果です。無線機の交換前に、ダメもとで無線のチャンネルを固定してあった6chからオート(1〜11ch)に変更してみました。子機側に居ますので先に親機の設定を変えてから子機を変えます。間違うと大変です。あ〜ら不思議!pingが欠けなくなりました。BNRも20倍以上の速度がでます。明らかな改善です。やはりチャンネル(周波数)が変われば、通信品質にも差が出るようです。ある意味、当然ですよね。勿論、施設の職員には、ボルト!(多分?爆速の意)と大変喜ばれました。

この無線も設置時に、当然幾つかのチャンネルで試しています。隣接して使うもう一組のビル間通信とチャンネルを明確分けるために、6chに決定したのですが、今はオート(自動選択)の方が良いみたいなので「これで様子を見ましょう。」と帰路に着いたのですが・・・。峠を越えながら忘れモノに気が付きました。オートと言いながら、実際は何chに移ったのか確認するのすっかり忘れました。もしオートでも6chだったら・・・?。まあ暫く様子見ですからイイっか?

チャンネルを変えてみる
1・6・11chで棲み分けをした6chだったのですが

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2370)

シルテム

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-22 17:30

ども。
早いものでもうすぐ2月が終わりますね、担当ちゅんです。

最近、パソコンを購入したいと相談を受けることが増えています。まず確認するのは中古でもいいのか、それとも新品がいいのか。デスクトップ型かノートブック型か。予算はどの程度か、主な用途は何か。大体このあたりのヒアリングからスタートします。

ここまでで、だいたいの大枠が決まり「それではこれはどうですか?」と具体的に提案してみるのですが、最近多いのが「メーカー」についてのアレコレ。偶然かもしれませんが、「外資系は不安、やっぱり国産メーカーで!」という声が多いような気がしています。気分としては理解できなくもないのですが、私個人としてはそこまでこだわりがないので(むしろ外資好き?)、ここは人それぞれだなぁと感じるところです。「結局、OSが入ってしまえばパソコンなんてどれも同じですよ」と説明をし、結果的に外資系を選択することもあります。

ですが、どうしても「弱いな〜」と感じてしまうのが、マニュアルなどの「日本語」です。言い回しがおかしかったり、漢字のフォントが中国語っぽいものであったりなど、このあたりはどうしようもないものでしょうか。
本日、とあるパソコンの保守をしていて、どうもハードウェアに障害がありそうな感じだったため、メーカー製のシステム診断ユーティリティをダウンロードし、CDブートさせてテストを実施してみました。

すると、明らかに言葉がおかしい点がちらほら。言い回しがぎこちなかったり、フォントがおかしかったりするのは織り込み済みでしたが、まさかの「シルテム」です。この点については文末画像をご覧いただければクスっと笑っていただけると思いますが、この辺が「やっぱり国産!」と言われてしまう原因のひとつなのかもしれませんね。

シルテム
どうして事前に気がつかなかったのでしょうね。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2279)

レバードが来ました!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-19 17:30

既報のとおり、本日お昼前にプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」公式マスコットの「レバード」くんが来鳥しました。町の鳥でもあるオオワシのレバードくんが、生家であるJR鷲ノ巣駅に帰省したのです。お出迎えに行ってきました。

鷲ノ巣駅は無人駅(レバードくんのご両親はここに住んでいる?)でして、3月のダイヤ改正で廃駅となります。この帰省が最後になるらしいです。我々も、花束と横断幕を用意して歓迎してきました。当のレバードくんは、無くなる駅舎を見て残念がり、更に駅舎の中を覗き込み盛んにご両親を探していました・・・が、急な帰省?のせいかご両親はお留守だったようです。この様子は、町広報をはじめ、北○道新聞、N○Kの取材が入りましたので、後日紹介されると思います。お楽しみに!

さてこの週末、チームは函館アリーナで対広島ドラゴンフライと連戦です。当日券もありますので、是非レバンガ北海道いや「レバード」の応援にお足を運んでいただきたいと思います。会場には、今回レバードに用意した横断幕と花束を飾っていただけるそうです。お楽しみに!そうして我々は、八雲町出身のレバードを縁に、これからもレバンガ北海道を応援していきたいと思います!!

帰省したレバード
ちょうど後ろを特急北斗が通過しました。

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3096)

不審メールとのたたかい

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-18 17:40

ども。
本日の投稿が、記念すべき1500回目となりました!担当ちゅんです。

最近、不審メールが多数届いていて、対応に苦慮しています。とはいえ、基本的にはメールサーバ上にインストールしているスパムフィルタが高性能なので、ほとんどの不審メールはサーバの段階でブロックされ、ユーザー側には存在すらわからないようになっています。
でも、ごく稀にこのフィルタをすり抜けてしまうこともあります。本当のたたかいはここからで、不審なメールを開かずにそのまま削除してもらうことが第一関門、万が一開いてしまった場合でも添付ファイルは無視してもらうことが第二関門、最悪、添付ファイルを開いてしまった場合はウィルス対策ソフトが検知してくれること、これが最後の砦です。もしその砦を突破されたら、緊急事態としてのシフトを組んで対応することになります。

先日は、この最後の砦まで行ってしまう案件が発生し、インシデントとして適切に処理したのですが、もしそこで止まらなければどうなっていたかと思います。ちなみに、その際にウィルス対策ソフトは「ヒューリスティック」で検知していました。ヒューリスティックとは「ウィルスのパターンファイルとは合致しないが、怪しい挙動を関知してブロックする」というもの。ますます、危ない案件だったと肝を冷やしてしまいました。

この場合、誰が悪いのかといわれれば、やはり最終的には情報担当の責任になります。再発防止策として、まずは「絶対に開かないでください」という周知徹底が肝なのですが、それはこれまでだってやってきていました。今回の場合、同様のメールが複数届いていて、さらにそのメールは共通して「海外のフリーメールのドメイン」が使われていたため、これをフィルタでブロックすることに。かなり確立は低いですが、本当に用事がある方からのメールがこのドメインから送られてくる可能性も無きにしも非ずですが、総合的に判断しました。

ところで、このメール。実に巧妙といいますか、タイミングや状況によってはついうっかり開いてしまってもやむを得ないようなものでした。
詳細についてはこちらで確認いただけますが、送信者名を偽っていても、メールアドレスまでを確認すればすぐに不審メールと断定できます。どうか、どうか、そのメールを開く前に「もしかして・・・」という警戒心を持っていただければと切に願うものです。

メール
無害化対策が急がれます

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2380)

遂に来鳥!?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-17 17:20

以前「八雲町出身者を発見!!」と題して、プロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」の公式マスコットの事を書きました。その名は「レバード」です。そうです、オオワシのレバードが、生まれ育った家が、八雲町花浦にあるJR北海道の「鷲ノ巣駅」なのです。つまり生家は駅舎ということです。こんなご縁で、レバンガ北海道の広報S氏からご連絡を頂きました。それは、間もなく廃止される生家に、レバードがやってくるというものです。

普段はチームに帯同しているレバードですが、週末に函館アリーナで開催される試合の移動途中に、JR鷲ノ巣駅に立ち寄るとのことです。選手の皆さんは、練習もあるので会場へ直行の様ですが、レバードだけ懐かしの我が家にご帰宅です。レバードは、19日(金)の朝に札幌の住まいを車で出発し、お昼前ごろには到着の予定です。S氏からは「長万部を出たら連絡しますね。」と、ありがたいお言葉を頂きました。町広報担当者を引き連れて、会いに行こうと思っています。広報担当者が、私のスケジュール(GW)に入れてくれたのがコレ!「レバード来鳥」洒落ていますね!!

ちなみに、駅舎では写真撮影などが行われるとの事です。見学者、大歓迎とのことですのでご自由にお越しください。時間的には、11時〜12位かなと思っています。天候次第ですが・・・。

GWキャプチャ
左下がレバード。来鳥!?・・・洒落ていますね!

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4200)

最新OSの仮想プリンタ事情

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2016-2-16 18:10

ども。
本日、およそ40歳になった担当ちゅんです。

普段、職場がWindows 7 の環境であるせいか、どうも最新のWindows 10 のことが疎かになってしまいます。というか、全然知らないと気がつきました。

というのも、職場で「仮想プリンタ」の話題をしたときのこと。仮想プリンタとは、その名のとおり「物理的には存在しないプリンタ」のことで、アプリケーションから印刷すると紙ではなくファイルに出力されるものです。Windows 7(正式にはVistaから)にインストールされている「Microsoft XPS Document Writer」がお馴染みで、印刷時にプリンタとして選択すると、XPSファイルとして出力できます。こうすることで、紙ではなくファイルとして取り扱うことができます。紙にした状態とほとんど変わらないイメージになるので、改ざんされづらいファイルとして使われたりします。

ですが、職場で専ら使われているのは「PDFファイル」です。他人から送られてくるファイルも、町のウェブサイトにアップロードされているファイルも、ほぼ全てPDFで、XPSなど見たこともありません。職員の業務用PCにも、わざわざPDFを開くための無料ソフトを導入していますし、最近ではフリーの仮想PDFプリンタを導入することもあります。XPSとPDFの違いはここには書きませんが、できることとしてはほぼ同じと考えて良さそうですし、Windows が「標準で」持っているXPSがなぜ普及しないのかな?と不思議でした。
※ちなみに、XPSはWindows の印刷スプールファイルとして使われているもののようです。これをビューアで可視化しているだけなんですかね。

ところが!!今日何気なくウェブサイトで情報収集していると、Windows 10 には「Microsoft Print to PDF」なる仮想PDFプリンタが純正で搭載されているというではありませんか!そうなんですか?現物が手元にないので確かめられませんでしたが、どうやら間違いなさそうです。
う〜ん、これは何やらビデオテープのアレ光学ディスクのソレに近いものを感じてしまいます。とにかく、最新のOSを使えば、PDFファイルを作成するために別途ソフトウェアは不要ということですね。これはかなり大きな収穫でした。PDFが純正仮想プリンタで作成可能となれば、今、自治体の情報担当がみな頭を悩ませているあの事業にも応用ができそう?です。

プリンタ
見たことがあるけど使ったことがないという筆頭格?

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2500)


ブログ カレンダー
« « 2016 2月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 1 2 3 4 5
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open