トップページ  >  組織から探す  >  収納対策室  >  多重債務相談  >  多重債務相談

多重債務相談

多重債務相談

 多重債務で悩んでいませんか?

多重債務チェックポイント

消費者金融やクレジットカード(キャッシング)により借入れをしている方で、もし、次の項目のうち1つでも、ご自分や家族の方で心当たりのある方がいましたら、多重債務に該当すると思われますので、是非最後までご覧ください。

  • 消費者金融やクレジットカード会社の4社以上から借入れをしていませんか?
  • 借入合計金額が自分の年収と同じくらい又はそれ以上となっていませんか?
  • 返済ができなくなり、返済のためにまた別の業者から借入をしていませんか?
  • 生活費に占める借金返済額の割合が高くなり、そのことが個人若しくは家族の生活を圧迫していませんか?
  • 毎月の返済のたびに、お金の工面に追われたり、食事を我慢したりするなど、苦しんでいませんか?
  • 返済を優先してきたために、町税や上下水道料、給食費、町営住宅料等を滞納していませんか?

グレーゾーン金利と過払い金

グレーゾーン金利

最近、テレビ・ラジオのCMや新聞・雑誌等の広告で、「グレーゾーン金利」や「過払い金」という言葉を見聞きしたことがあると思います。これまで消費者金融等は、高利息により貸付けをしてきましたが、利息制限法規定の利息(15・18・20%)と出資法規定の利息(29.2%以下であれば処罰されない。)との間の部分、いわゆる「グレーゾーン金利」については、支払義務がありません。
・利息制限法による利息

貸付金額
利息(年)の上限
10万円未満
20%
10万円以上100万円未満
18%
100万円以上
15%

過払い金

消費者金融等は、元金に充てられるべきお金をグレーゾーンの利息に優先して充当するため、いつまで経っても元金が減らない状況となっています。
実際は、元金の返済がすでに終了しているにもかかわらず、支払いを継続している場合もあり、その場合には払い過ぎ、いわゆる「過払い金」の返還を請求することにより取り戻すことができます。また、過払い金が発生してなくても、借入残高(残額)を圧縮できる場合もあります。

具体的な手続き及び方法

借入(負債)状況の聴取

全体の借入(負債)状況を把握するため、借入先や借入金額、借入期間等についてお聞きします。来庁される場合には、借入状況の分かる書類(カード、契約書、ATMのレシート、領収書等)が手元にありましたら持参してください。

取引履歴の開示請求

契約に係るすべての借入・返済についての「取引履歴」を借入先に対して、原則として、ご本人に開示請求をしていただきます。会社によって対応は異なりますが、当町が直接調査する場合、消費者金融等は開示を拒否したり、引き延ばしたりするため、時間が掛かります。契約者本人から開示請求をした場合には、速やかに開示しなければならず、早ければ1〜2週間程度で開示してきます。

引直計算

開示された取引履歴を基に利息制限法の規定する利率により利息・元金に振り分けて、引直計算を行います。

過払い金の差押え

引直計算の結果、過払い金が発生している場合で、町税等を普段の収入のみでは自主納付により完納できない方については、町が過払い金の差押えを行うことにより滞納金へ充当します。

専門機関への誘導

借入残高(残額)を圧縮できることが判明した場合や専門的な判断が必要な場合には、弁護士及び司法書士、法テラスを紹介し、過払い金の返還や法的整理等をお勧めします。弁護士及び司法書士への相談については、相談時間等により一時的に多少の費用が掛かる場合もありますが、過払い金返還金以内で済むこともありますので、詳しくはお問い合わせください。

あなたの「町税等の滞納解消」「生活再建」のお手伝いができればと考えています。

もし、過払い金が発生していなくても、そのような状況で誰にも言えずに悩んでいるのであれば、1人で悩まずにご相談ください。
現在、返済中の契約以外にも、過去10年以内に返済を終了した契約も過払い金発生及び過払い金返還の対象となります。

個人情報の取扱いについて

相談された方の相談内容等の個人情報については、町税等の納付及び過払い金の返還等に係る返還事務、弁護士・司法書士への引継ぎに関して使用させていただきますが、それ以外には使用しませんので、ご安心ください。 

ご質問及びご相談について

ご質問のある方や心当たりのある方は、どんなことでも結構ですので、お気軽に収納対策室収納推進係までお問い合わせください。

お問い合わせ方法

  1. 電話
  2. メール
  3. 手紙
  4. 来庁(窓口8番:収納対策室収納推進係)

 お問い合わせについては、上記1〜4のうちどの方法でも構いません。
なお、具体的なご相談をお受けする場合には、来庁していただくこととなりますので、ご了承ください。

お問い合わせ先

〒049−3192
北海道二海郡八雲町住初町138番地
八雲町役場収納対策室収納推進係
TEL:0137−62−2114(内線256)
FAX:0137−62−2120
E−mail:zaimu@town.yakumo.lg.jp

プリンタ用画面
前
改正貸金業法
カテゴリートップ
多重債務相談
トップページ  >  組織から探す  >  収納対策室  >  多重債務相談  >  多重債務相談


open

町へのご意見 open

便利なサービス open