トップページ  >  組織から探す  >  農林課  >  八雲町農業概要  >  八雲町町民農園  >  八雲町町民農園

八雲町町民農園

八雲町町民農園

八雲町町民農園利用者を募集しています。

八雲町では自然とのふれあいと農業に対する理解の促進、都市と農村の交流を目的とし
て「八雲町町民農園」を開設します。

■平成29年度八雲町町民農園利用者募集要項■

1.利用期間

  ・八雲体験農園 平成29年5月1日(月)から平成29年10月31日(火)
  ・熊石町民農園 平成29年4月23日(日)から平成29年11月12日(日)

2.場  所

  ・八雲体験農園 八雲町立岩375−8(遊楽部公園内)
  ・熊石町民農園 八雲町熊石鮎川町185−90

3.対 象 者

  ・農業者以外で野菜や花き等の栽培に興味のある方
  ・都市と農村の交流を目的として農園の利用を希望する方
  ※町内及び町外を問いません。

4.申込方法

  「町民農園利用申請書」を八雲町役場農林課又は熊石総合支所産業課へ提出してください。
町民農園利用申請書(Wordファイル)
  ・申込受付期間:平成29年4月3日(月)から平成29年4月17日(月)の土日を除く、
  午前8時30分から午後5時15分までとします。
  ※申込が募集区画数を上回った場合は抽選とします。
  ※募集区画数以内の申込の場合は、申込者の希望により調整を図ります。

5.募集区画数及び利用料

 貸付農園は次のとおりとします。
  ・八雲体験農園
    個人 1区画約45平方メートル=2,000円、募集数82区画
    団体 1区画約120平方メートル=6,000円、募集数2区画
  ・熊石町民農園
    個人 1区間約100平方メートル=2,500円、募集数28区画 
  ※教育・福祉・社会公益上特に必要と認められる場合には減免することができます。

6.利用料の納付

 町民農園利用許可の交付後、所定の納付書により速やかに納付してください。

7.農園利用時の禁止事項

  ・建物及び工作物の設置
  ・使用権利の譲渡又は転貸
  ・営利を目的とした作物栽培

8.利用の取消

  ・利用料の納付がされないとき。
  ・農園利用時の禁止事項及び条例、規則に定めのある事項が守られなかったとき。
  ・利用者が正当な理由なく利用しないとき。
  ・都合によりやむを得ず利用期間内に体験農園を休廃止する必要があるとき。

9.利用者の損害.

 利用者の次に揚げる損害及び不慮の事故等について町は責めを負わない。
  ・土壌障害や農薬除草剤等による生育不良、病害虫の発生等
  ・動物による食害等
  ・栽培作物間の交雑
  ・栽培作物の盗難
  ・その他災害及び不可抗力によるもの

10.農園利用時の留意事項

  ・栽培作物は、野菜、花卉等の1年生作物とします。
  ・植物防疫法及び同施行規則に定めのある有害動植物の発生の危険性のある種子及び種苗の栽培
    は禁止します。具体的にはジャガイモの品種をキタアカリ又は、町が斡旋する物だけとします。
  ・栽培に関する農具及び費用は各個人、団体で負担してください。
  ・体験農園使用区画の割付は抽選とします。

11.利用者の責任

  ・農薬除草剤を使用する場合は、他の使用者の障害とならないよう充分注意してください。
  ・貸付区画周囲の通路の雑草等は各自で除去してください。
  ・農園使用後は必ず後かたづけをして、ゴミは持ち帰ってください。
  ・使用者間相互の誠意をもって栽培管理等を行ってください。 
  ・農園内の車輌の乗り入れは行わないでください。

12.その他

  ・農園の管理人はおきません。
  ・その他不明な点は、八雲町役場農林課(0137−62−2203)
               熊石総合支所産業課(01398−2−3111)へ問い合わせ下さい。
   

プリンタ用画面
カテゴリートップ
八雲町町民農園
トップページ  >  組織から探す  >  農林課  >  八雲町農業概要  >  八雲町町民農園  >  八雲町町民農園


open

便利なサービス open

町へのご意見 open