トップページ  >  組織から探す  >  保健福祉課  >  健康に関すること(健康推進係)  >  高齢者等に対するインフルエンザ予防接種費用助成事業のお知らせ

高齢者等に対するインフルエンザ予防接種費用助成事業のお知らせ

高齢者等に対するインフルエンザ予防接種費用助成事業のお知らせ

インフルエンザの感染に注意しましょう。

 インフルエンザは症状が重く、感染力が強いので、抵抗力の低い高齢者にとっては注意が必要です。
 また、帰宅後のうがい・手洗いを習慣づけ、インフルエンザと思われる症状が出現した場合は、マスクの着用や咳エチケットを徹底し、早めに医療機関を受診しましょう。
 高齢者等に対するインフルエンザ予防接種費用助成の詳細は、以下の通りです。

八雲町内で接種できる医療機関

医療機関名

電話

番号

予約開始日

接種開始日

備  考

八雲総合病院

0137-

63-2185

10月6日

11月6日

接種月齢:6ヶ月以上
【6ヶ月〜13歳未満の接種は10月17日より開始します。】

魚住金婚湯医院

0137-

67-2311

10月中旬

10月中旬

接種月齢:6ヶ月以上

まきた循環器内科

クリニック

0137-

62-4711

10月中旬

11月上旬

 接種月齢:3歳以上
八雲ユーラップ医院

0137-

62-2878

10月26日

接種月齢:3歳以上
【予約は必要ありません。】

熊石国民健康保

険病院

01398-

2-3555

10月6日

10月24日

接種月齢:1歳以上
【年齢により接種日が異なります。】

助成対象者

 八雲町に住民登録があり、平成29年10月1日から平成30年2月28日の間にインフルエンザワクチンを接種した方のうち、次のいずれかに該当する方
(1)接種日当日に満65歳以上の方
(2)接種日当日に満60歳以上満65歳未満であって、身体障害者手帳1級(心臓、じん臓、呼吸器若しくはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能障がいに限る。)の交付を受けた方

助成金額と自己負担額について

 八雲町内の医療機関の窓口で支払う自己負担額は、どの医療機関で接種しても1,800円です。
※生活保護世帯(助成対象者に限る)の方が、八雲町内の医療機関で接種する場合は無料です。

八雲町内の医療機関で接種される方

 医療機関で、自己負担額である1,800円をお支払いください。
 ※申請の手続きは必要ありません。
 〜医療機関に提出するもの〜
   ◎健康保険証 または 運転免許証、住民票
 ≪生活保護世帯の方≫
   ◎診療依頼券 または 生活保護受給証明書
  ※八雲町役場住民生活課、落部支所、熊石総合支所住民サービス課で発行しています。
 ≪満60歳以上満65歳未満の方のうち、上記助成対象者の方≫
   ◎身体障害者手帳

八雲町外の医療機関で接種される方

 一旦、医療機関の窓口で接種料金の全額を支払った後、下記により申請することで自己負担額を除いた額(上限2,300円)を、助成します。
※生活保護世帯(助成対象者に限る)の方は、接種にかかった費用(上限4,100円)を、お支払いします。
申請場所:シルバープラザ、落部支所、熊石総合支所、相沼泊川出張所
申請期限:平成30年3月15日まで
申請する際にお持ちいただくもの
(1)医療機関が発行した領収書または接種済証
(2)氏名・生年月日を確認できるもの(健康保険証等)
(3)印鑑(シャチハタ印以外の印鑑)
(4)銀行等への口座振込を希望される場合には、その口座番号を確認できるもの(通帳等)

ワクチン接種の効果と危険性

 ワクチン接種は多くの方々に重症化予防という効果をもたらしますが、接種後にはれたり、熱が出るなどの症状が見られるほか、まれに重篤な症状を引き起こす可能性もあります。
 予防接種の危険性を完全には排除できないことをご理解いただいた上で、個人の選択により接種を受けていただくようお願いいたします。(接種は義務ではなく、任意です。)

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
健康に関すること(健康推進係)
次
成人の健康
トップページ  >  組織から探す  >  保健福祉課  >  健康に関すること(健康推進係)  >  高齢者等に対するインフルエンザ予防接種費用助成事業のお知らせ


open

町へのご意見 open

便利なサービス open