ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 洪水ハザードマップについて

洪水ハザードマップについて

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月1日更新

洪水バナー

遊楽部川・落部川浸水想定区域図

八雲町洪水ハザードマップは、遊楽部川及び落部川で洪水が発生したことを想定し作成しました。現在までに遊楽部川・落部川の改修が進んでいるため、過去の災害時の雨量よりは抑えられるものと考えられますが、近年では記録的な豪雨が局地的に発生した例もありますので、注意は必要です。

洪水内浦
1981(昭和56)年9月3・4日台風18号崩れの温帯低気圧による遊楽部川はん濫の様子(内浦町1区)

洪水ハザードマップについて

「洪水ハザードマップ」には、洪水に備えるための以下のような情報が載っています。

  • 想定される浸水の範囲と深さ
  • 各地区の避難場所
  • 洪水に関する学習情報

洪水に対しては、事前の備えで被害を軽くすることもできます。雨の降り方等に注意して、早めの行動を心がけましょう。また、普段から浸水の起こりそうな場所とその深さ(自宅が浸水しそうかどうか)、いざという時の避難場所、情報収集の方法や取るべき行動などを確認しておくことも大事です。

「浸水想定区域図」について

浸水想定区域は、計画上想定している大雨が降った場合に、河川沿いのどこかで堤防が決壊したという想定で複数のシミュレーションについて計算を行い、浸水深さの最大値を重ね合わせたものです。なお、このシミュレーションにあたっては、支川のはん濫、想定を超える雨量、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

遊楽部川浸水想定区域

遊楽部川の浸水想定区域は、30年に1回程度起こる大雨(流域全体に日雨量199mm)が降ったことを想定しています。(マップを見る)

落部川浸水想定区域

落部川の浸水想定区域は、30年に1回程度起こる大雨(流域全体に洪水到達時間内(3.2時間)総雨量80mm)が降ったことを想定しています。(マップを見る)

遊楽部川及び落部川浸水想定区域図は、北海道函館土木現業所により作成されたものです。

位置図

遊楽部川・落部川の下記赤枠範囲について浸水想定をしています。
浸水想定図

災害に備えて

普段から目を通しておきましょう。

洪水ハザードマップ全編

A4版8Pすべて[PDFファイル/2.77MB]

洪水ハザードマップに関するお問い合わせ先
総務課 防災係
Tel 0137-62-2111
Email soumu@town.yakumo.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)