ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 新幹線推進室 > 令和3年度第2回(通算第4回)北海道新幹線新八雲(仮称)駅周辺整備推進会議を開催し、新駅デザインコンセプトを鉄道運輸機構へ要望しました

令和3年度第2回(通算第4回)北海道新幹線新八雲(仮称)駅周辺整備推進会議を開催し、新駅デザインコンセプトを鉄道運輸機構へ要望しました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年2月22日更新

1.北海道新幹線新八雲(仮称)駅周辺整備推進会議について

北海道新幹線新八雲(仮称)駅周辺整備基本計画に基づき、新八雲(仮称)駅開業に向けた整備や取組みを推進するにあたり、広く意見を集約し、協議・検討を行う会議を開催しました。

【日 時】 令和4年1月

【会議方法】 書面開催

【議 題】 北海道新幹線新八雲(仮称)駅デザインコンセプト要望書(素案)における意見の有無などについて

[経過]
・第1回会議における審議内容を基に骨子案を調整
・骨子案を去年11月から町広報及び町ホームページにて町民から意見公募、
意見申し出なし
・改めて事務局にて再検討、北海道新幹線新八雲(仮称)駅デザインコンセプト
要望書(素案)を策定

【審議結果】 「北海道新幹線新八雲(仮称)駅デザインコンセプト要望書(素案)の修正無し
※ご意見はあったものの、駅周辺整備に関する意見であり、「デザインコンセプト」
自体の修正の必要は無しと判断致しました。

【資  料】  ・推進会議結果 [PDFファイル/132KB]

        ・北海道新幹線新八雲(仮称)駅デザインコンセプト要望書(素案)
         (下記に添付しているデザインコンセプト要望書と同じ内容)

 

2.新八雲(仮称)駅デザインコンセプトについて

 北海道新幹線は2016年3月26日より新青森駅ー新函館北斗駅間が開業しており、新函館北斗駅ー札幌駅の開業は2030年度末の開業を目指し、鉄道運輸機構が工事を進めているところですが、八雲町においても新八雲(仮称)駅が開業する予定です。
 新八雲(仮称)駅については、2021年5月7日に鉄道運輸機構より新駅デザインコンセプトの作成依頼を受け、八雲町で作成した「デザインコンセプト」を基に鉄道運輸機構が新駅の設計を行うこととなっております。
 八雲町では、北海道新幹線新八雲(仮称)駅周辺整備推進会議を中心にデザインコンセプトについて、検討を進めており、この度、鉄道運輸機構へ下記PDFのとおり要望書を提出し、鉄道運輸機構ではプレスリリース発表を行いました。(下記URL参照)
 今後は、デザインコンセプトを基に鉄道運輸機構で新駅のデザイン素案の検討を進め、八雲町へ提案される予定です。

北海道新幹線新八雲(仮称)駅デザインコンセプト要望書 [PDFファイル/1.41MB]

https://www.jrtt.go.jp/corporate/public_relations/pdf/220222_concept-Shinyakumo.pdf<外部リンク>

【問い合わせ先】 新幹線推進室推進係  ☎ 0137-62-2226

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)