ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > インフルエンザ予防接種費用助成について

インフルエンザ予防接種費用助成について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年10月1日更新

令和2年度に限りインフルエンザ予防接種助成対象者を拡大します!!

 現在のコロナ禍において、インフルエンザの予防接種により、その発症や重症化を抑えることは医療現場の負担を軽減し、自身の周囲の健康な生活を守るためにも重要となります。この機会に費用助成を利用し、ぜひ、インフルエンザ予防接種を受けましょう!

インフルエンザ予防接種費用助成方法について

(1)助成対象者

 八雲町に住民登録があり、令和2年10月1日から令和3年2月28日の間にインフルエンザワクチンを接種した方

 ※今年度は、従来の65歳以上の高齢者等から、全町民へ対象を拡大します。

 

従来の対象者
(高齢者等インフルエンザ予防接種助成事業の対象者)

(1)満65歳以上の方

(2)満60歳以上満65歳未満であって身体障害者手帳1級

(心臓、腎臓、呼吸器もしくはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がいに限る)の交付を受けた方

今年度のみ拡大された対象者
(新型コロナ感染症対策インフルエンザ予防接種助成事業の対象者)
(3) (2)を除く満6ヵ月以上65歳未満の方

 

 

(2)自己負担・・・ 八雲町内の医療機関で支払う自己負担額は、どの医療機関で接種しても同額です。

 
年齢区分 接種回数 自己負担額
13歳以上 1回 2,000円

13歳未満

2回

1回につき1,000円

※生活保護の方が、八雲町内の医療機関で接種する場合は無料となります。

 

(3)八雲町の医療機関で接種される方(※申請手続き不要)

 医療機関で住所を確認できるものを提示し、自己負担額をお支払いください。

 《生活保護の方》診察依頼または生活保護受給者証明書をご提示ください。

 

(4)八雲町外の医療機関で接種される方

 一旦、医療機関窓口で接種料金を全額支払った後、下記により申請することで接種1回につき 自己負担額を除いた額(13歳未満:1回につき上限3,200円、13歳以上:上限2,200円)を助成します。

※生活保護の方は、かかった費用(1回につき上限4,200円)を助成します。

(1)申請場所:シルバープラザ、落部支所、熊石総合支所、相沼泊川出張所

  申請期限:令和3年3月12日(金曜日)

(2)申請する際にお持ちいただくもの

 ・医療機関などが発行した領収書または接種済証・氏名や生年月日が確認できるもの。

 ・印鑑(シャチハタ印以外)

 ・銀行などへの口座振り込みを希望される場合は、通帳等口座番号がわかるもの。

八雲町内で予防接種を受けることができる医療機関

 
医療機関 電話番号 予約開始日 接種開始日 備考

八雲総合病院

 【乳幼児は母子手帳をお持ちください】

(0137)
63-2185

10月1日

6ヵ月以上13歳未満
10月19日

接種月齢 6ヵ月~

13歳以上
11月2日
まきた循環器内科クリニック

(0137)
62-4711

受付中 10月15日

接種年齢 13歳以上

八雲ユーラップ医院 (0137)
62-2878
10月5日※ 10月26日

接種年齢 中学生以上

※17時00分~18時30分の接種は予約が必要となります

熊石国民健康保険病院 (01398)
2-3555
受付中 10月1日※

接種年齢1歳以上

※年齢により接種日が異なります

※ワクチンの供給状況により接種できない場合がありますのでご了承ください。