ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 地域包括支援センターとは?

地域包括支援センターとは?

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月1日更新

 地域包括支援センターは、介護、健康、福祉、虐待防止、権利擁護など、高齢者の暮らしにかかわるあらゆる相談や問題に対応する「ワンストップ相談窓口」です。行政・医療・保健・福祉の専門機関、介護サービス事業者、住民組織など、地域のさまざまな組織や人材と連携して包括的なサポートを行います。

こんな相談に応じています

  • 介護保険や介護予防のこと
     介護保険の申請、介護予防の相談、介護の仕方、福祉用具の紹介、住宅改修の相談、福祉や医療に関する相談
  • 虐待防止や権利擁護のこと
     虐待の関する相談・通報、悪質商法に関する相談、金銭管理や契約に関する相談、成年後見制度の利用支援、経済的な困窮に関する相談
  • 認知症サポーター養成講座の開催
     認知症を正しく理解し、認知症の方や家族を温かく見守る応援者である「認知症サポーター」を養成する養成講座を開催しています。

どこにあるの?

町では八雲・熊石2箇所に設置しています。

  • 八雲地域包括支援センター(保健福祉課包括支援係)
     八雲町栄町13番地1八雲町総合保健福祉施設シルバープラザ
     Tel:65-5001(時間外は八雲町役場へ転送されます)
     Fax:63-4411
     *地図はこちらをクリックしてください。
  • 熊石地域包括支援センター(住民サービス課包括支援係)
     八雲町熊石根崎町116番地 八雲町役場熊石総合支所
     Tel:2-2365
     Fax:2-3230
     *地図はこちらをクリックしてください。