ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する各種お知らせ > 新型コロナワクチン予防接種について

新型コロナワクチン予防接種について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年4月1日更新

 新型コロナワクチン予防接種について
             (4月1日更新)

八雲町では、令和3年4月以降に新型コロナワクチンの予防接種を開始する予定となっております。
対象となる方には、個別に接種券を送付します(4月中旬以降送付予定)。接種を希望される方は、同封される案内をご確認のうえ、予防接種を受けられますようお願いいたします。

*この情報は令和3年4月1日現在、決定していることをお知らせしております。今後の情報は、随時ホームページを更新し、ご案内いたします。


ワクチン接種の具体的な実施予定については以下のページをご覧ください。
実施予定が決定する度に随時更新いたします。

[新型コロナワクチン接種実施状況のおしらせ]

新型コロナワクチンについて

【対象者】 16歳以上の町民が対象となります。接種にあたっては一定の接種順位を決めて、接種を行って行きます。
 *高齢者の方(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)から優先的に接種を開始する予定です。
【接種回数】 2回接種
【接種費用】 無  料
【接種の流れ】 基本的に「接種券が届く→予約をする→接種を受ける→2回目の接種の予約をする」という流れとなります。
 *今後、「八雲町新型コロナワクチン予約センター」を開設予定です。予約方法や接種開始日など、決まりましたらホームページや接種券送付時にお知らせします。
【ワクチン接種に関する同意】
 新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方を理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意がなく、接種が行われることはありません。

ワクチンの効果

 現在薬事承認されているファイザー社製の新型コロナワクチンは2回の接種によって、95%の有効性で、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています。
(インフルエンザワクチンの有効性は約40~60%といわれています)

ワクチン接種の意義

 新型コロナウイルスの感染により、令和3年1月末までに6千人以上の方が亡くなり、3万人以上の方が入院されています。特効薬も開発中の段階です。
 新型コロナワクチンの接種は努力義務であり、強制されるものではありませんが、多くの方に接種を受けていただくことで、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されておりますので、積極的に接種を受けていただきますようお願いいたします。

副反応について

 一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫を付ける反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。副反応により健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が起こることは、極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。
 新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 ➡ ワクチン接種後は、15分以上は接種会場でお待ちいただきます。極めてまれに、接種後すぐに
  アナフィラキシーを起こすことがありますが、もしアナフィラキシーが起こってもすぐに対応が
  可能なよう、接種会場では医薬品などの準備をしています。

高齢者向けワクチン接種の実施予定について

 (1) 八雲町内の医療機関、高齢者施設等に入院・入所中の高齢者の方および従事者の方への
    接種について
  → 4月19日の週および4月26日の週に八雲町へ新型コロナワクチンが供給される予定ですが、
    供給量が限られていることから、 表記の方を対象に接種を開始する予定です。

 (2) (1)以外の高齢者の方への接種について
  →  (1)以外の高齢者の方への接種については、5月中旬以降の開始を予定しています。
    接種券は4月中旬以降、年齢ごとに区切って送付を開始する予定です。

接種が受けられる場所

新型コロナワクチンは、原則として住民票のある市町村(住所地)において接種を受けていただきます。

【八雲地域】

八雲地域では当面の間、以下の会場で実施する集団接種を予定しております。(医療機関での個別接種は行いません)
受付時間
  町民センター はぴあ八雲 町民センター -
13時30分~16時15分 ○(第2・4)
14時00分~16時15分 - - - - - ○(第1・5)
17時00分~18時30分 - - - - -

 

※第3土曜日・日曜・祝日は実施しません。
※上記の他、落部町民センター会場での実施について準備をしています。
※接種会場が遠い高齢者の方には、送迎バスの運行を検討しております。決まりましたら接種券送付時にお知らせします。


【熊石地域】

熊石地域では、熊石国保病院での接種を予定しております。
受付時間
13時00分~ - - - -
15時00分~

※送迎バスの運行を予定しています。  詳細は申し込み後、案内致します。


*上記日程等については、ワクチンの供給状況等により変更となる場合があります。

新型コロナワクチンに関する相談窓口について

八雲町では新型コロナワクチンに関する相談専用窓口を開設します。新型コロナワクチン接種についてのご相談は下記までお問い合わせください。

相談内容に応じて、下記の「厚生労働省のコールセンター」や北海道の相談窓口を紹介させていただくことがあります。

●八雲町新型コロナワクチン相談窓口
 問合せ例)持病があるが接種について、主治医に確認した方が良いか。
  新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは何日後に接種できるのか。等
  ・受付時間:平日の午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)
  ・電話番号:0570-032-105
  こちらの番号では、予防接種の予約を行うことはできません。予約窓口
   は、接種券送付時やホームページでお知らせします。)
 
接種券の再発行に関すること、住所が他市町村にあって八雲町での接種を
  希望される場合や予約に関する問い合わせ等はお住まいの地域の相談窓口
  へ問い合わせください。
  (八雲地域は上記の番号へご連絡ください。熊石地域は熊石総合支所
  住民サービス課 住民福祉係(01398-2-3111)へご連絡ください)
 
 *電話でのお問い合わせが難しい方は、メールやFaxでのお問い合わせが
  可能です。
 
 
・メール  corona-soudan@town.yakumo.lg.jp
  ・F a  x  (八雲地域) 0137-63-4411
         (熊石地域) 01398-2-3230

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 問合せ例)コロナワクチン施策のあり方等に関するご意見・お問い合わせ
  ・受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日・祝日も実施) 
  ・電  話:0120-761-770(フリーダイヤル)

新型コロナワクチンに関する、他のホームページ

・首相官邸「新型コロナワクチンについて<外部リンク>

・厚生労働省「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ<外部リンク>

・厚生労働省「新型コロナワクチンについてのQ&A<外部リンク>

新型コロナワクチンに関するQ&A

 
Q1 副反応にはどのようなものがありますか?
A1

副反応には主に以下のようなものがあります。

〇アナフィラキシー(接種直後から通常30分以内にまれに起こる症状)
 接種後短期間で起こる重度のアレルギー反応です。皮膚症状(じんましんなど)、消化器症状(腹痛、嘔吐など)、呼吸器症状(息苦しさなど)が急に起こります。血圧低下や意識レベル低下を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。
 起こることは極めてまれですが、接種後にもしアナフィラキシーショックが起こっても、すぐに対応が可能なよう、接種会場では医薬品などの準備をしています。

〇その他の症状(接種後、数日以内に起こることのある症状)
 接種部位の痛み・腫れ、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、吐き気、嘔吐などがあります。これらの症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

Q2 接種を受けられない人や接種を受けるのに注意が必要な人はどのような人ですか?
A2

以下のような方です。該当する方は、接種を受けても良いか、事前にかかりつけ医にご相談ください。

〇接種を受けられない人
 ・明らかに発熱(通常37.5℃以上)している方
 ・重い急性疾患にかかっている方
 ・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方
 ・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

〇接種にあたって注意が必要な方
 ・過去に免疫不全の診断を受けた方や近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
 ・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
 ・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方
 ・過去にけいれんを起こしたことがある方
 ・ワクチンに含まれる成分に対し、アレルギーを起こすおそれのある方
 ・抗凝固療法を受けている方、または血小板減少症や凝固障害のある方

Q3 住民票のある市町村(住所地)以外で接種を受けられますか?
A3

原則として、接種を受けることができるのは、住民票がある市町村です。
ただし、以下に該当する方は、他の市町村の接種会場や医療機関で接種を受けることができます。

〇医療機関や高齢者施設等に入院・入所中の方
  →入院、入所中の医療機関や高齢者施設等で接種を受けられる場合があります。
   各医療機関や施設にご相談ください。

〇やむを得ない理由により住所地以外にお住まいの方
  (例)単身赴任者、出産のために里帰りしている妊産婦、遠隔地へ下宿している学生、DV・ストーカー行為などの被害者、災害被害により他自治体に住んでいる方など
  →現在お住まいの市町村の担当窓口へご相談ください。(申請が必要な場合があります)


 ◇パターン1 八雲町に住民票があり、A市に滞在
   接  種 券・・・八雲町から届く
   接種場所・・・A市にある医療機関を希望
   手  続  き・・・(1)A市の新型コロナワクチン担当窓口に届出をする
          (2)A市から「住所地外接種届出済証」が届く
          (3)予約をして接種を受ける    

 ◇パターン2 B町に住民票があり、八雲町に滞在
   接  種  券・・・B町から届く
   接種場所・・・八雲町の接種会場を希望
   手  続  き・・・(1)八雲地域:「八雲町新型コロナワクチン相談窓口」に届出をする 
             熊石地域:「熊石総合支所 住民サービス課 住民福祉係」へ問い合わせる
          (2)八雲町から「住所地外接種届出済証」が届く
          (3)予約をして接種を受ける


DV・ストーカー行為の被害で、八雲町に避難されている場合など、住所地からの接種券が受け取れな
い方は「八雲町新型コロナワクチン相談窓口」へ事前にご相談ください。 
                                      

町広報折込チラシ

八雲町では、新型コロナワクチンの接種に関して、接種対象者に対して接種券を送付するほか、ホームページ、町広報にてお知らせしていきます。
過去の町広報折込チラシは下記のとおりです。

【八雲地域】

第1号(令和3年3月号広報折込チラシ八雲地域版) [PDFファイル/485KB]

第2号(令和3年4月号広報折込チラシ八雲地域版) [PDFファイル/771KB]

 

【熊石地域】

第1号(令和3年3月号広報折込チラシ熊石地域版) [PDFファイル/626KB]

第2号(令和3年3月22日号広報折込チラシ熊石地域版) [PDFファイル/384KB]

第3号(令和3年4月号広報折込チラシ熊石地域版) [PDFファイル/860KB]

ワクチン接種の詐欺にご注意ください

北海道や町の職員を騙り、「10万円を振り込めば優先的に接種できる」などと、金銭や個人情報を要求する不審な電話が発生しております。
町が実施する新型コロナワクチン接種は無料です。また町から町民の皆さんに対して個人情報を要求することもありませんので、不審な電話等にはご注意ください。
なお国民生活センターでは、「新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン」を開設し、ワクチン詐欺に関する消費者トラブルについて相談を受けつけています。

国民生活センター 消費者ホットライン<外部リンク> 電話0120-797-188

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

八雲町の対応について
事業者の方へ
関連リンク