• カテゴリ モーモーの放牧日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

冬の北海道ならでは・・・

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2013-2-26 17:00

車で遠出する際は、滑って人様に迷惑をかけないように、かなり神経をすり減らして運転しています(牛)です。

おかげさまでまだ無事故です。



最近、人生で初めてスノーモービルに乗せてもらいました。

これは年間で数えるほどしか雪の降らない小牧ではまず経験できません。
小牧だと雪が降ってもすぐ溶けちゃいますしね。

さて、乗ってみた感想ですが、かなりのスピード感があり面白いんですが怖いです。
ヘルメットも帽子も被っていなかったので、顔に雪がかかったり、ひんやりした風をたっぷり受けたりしました。
そして悲しくもないのに少し涙が出ました。
恐らく最高で70〜80Km(もしかしたらもっと)程度は出ていたようですが、車よりもスピード感が凄いです。

(牛)がその日乗せてもらったのは、154馬力のマシンだそうです。
軽自動車の一番馬力があるもので64馬力(規制有りのため)なので、馬力は自動車の倍以上ですね。
なんと、スノーモービルによっては最高で1,000馬力くらい出る物もあるそうです。

とっても楽しげです。
八雲さむいべや祭りでの、スノーモービル列車「白熊号」は、迫力があり貴重な体験。


一人でまたがってみたり・・・
今度乗る機会があれば、もっと本気の装備で乗りたいと思います。

今回はいかんせん軽装すぎました・・・   (牛)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3876)

豚汁と牛

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-10-17 19:57
最近朝晩めっきり寒くなってきました。
寒さには弱い(牛)ですから、帰るとき自転車で冷たい風を切って走るのはなかなかに苦行です。
すでに。
まだ10月ですね・・・


去る10月13日土曜日、先日告知しておりましたはぴあ産直市内で、豚汁をたっぷりふるまってきました。
出来たての豚汁。熱々です。
出来たての豚汁。熱々です。

(牛)がお客さまに豚汁を提供してますの図。
(牛)がお客さまに豚汁を提供してますの図。

当日イベント開催中は天気も良く、500人程のお客様がご来場されました。
豚汁も盛況で、たくさんの方に、チャリティーにご協力いただき、8,079円を社会福祉協議会へ募金することができました。
この募金は、社会福祉事業の為に使用されます。
ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

イベント終了後、少し残った豚汁をいただきました。
労働の後の豚汁は格別ですね。
ご馳走様でした。(牛)


〜本日の蛇足〜
八雲に来て(牛)の周りでは『豚汁』を、『ぶたじる』と言う人がボチボチいらっしゃいました。(牛)も実家(三重県津市)では昔から『ぶたじる』でしたが、小牧や名古屋では『とんじる』と言う人が多かった気がします。
全国的にはどうやら『とんじる』派が多いようですね。
しかし、慣れ親しんだ『ぶたじる』と聞くと何か安心します。
ノスタルジック。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3061)

根崎神社例大祭にて。

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-8-17 10:57

ご無沙汰しております。(牛)です。最近は、朝晩めっきり涼しいので、窓全開で寝ていると風邪ひいてしまいます。小牧とは大違いです。八雲は暑くても基本的に湿気が少ないのでお肌がべとつかずホント快適です。


8月15日は根崎神社の例大祭を見学してきました。
詳しい内容は熊石ブログしげちゃんブログで紹介されていますのでそちらをご覧ください。

 山車をひいている様子
天気があまり良くなくて、山車にビニールがかかっています。

お祭りは天候不良の為、いつもより巻き気味で進められたそうです。
熊石に着いた頃にはモー終盤でした・・・

  猿田彦の前にお酒が置かれています
佐藤副町長が天狗さんと呼ばれる猿田彦に扮している様子。
猿田彦の前にお酒が置かれ、それで猿田彦のご機嫌をとるようです。

  熊石の元気印たち
太鼓に合わせて若者がお酒をがぶがぶ飲んでいました。熊石の元気印達。

  階段に提灯
根崎神社前階段の提灯。幻想的です。

山車は8台出ていましたが、作ってから補修なども含めると、どれも少なくとも1千万円以上はかかっているそうです。
どの山車も昔からひいているからというのもあるのでしょうが高級品ですよね。

今度は天気のいい日にぜひゆっくり見てみたいものです。(牛)

 


※しげちゃんのブログと似た写真が多々ありますがあまり気にせずさらりとご覧ください。
今回しげちゃんと一緒のバスツアーで行ってきました。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3569)

道産子大集合!

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-7-4 9:32

7月に入って、夏の日差しがきつい季節になってきました。

八雲町ではここ最近、最高気温が20度を超えたり超えなかったりとまだまだ比較的過ごしやすい日が続いていますが、(牛)の愛知県小牧市では、先日30度を超えてうだるような暑さだったそうです。

そう思うと八雲の夏は非常に快適です。

町外の皆さん、夏は是非八雲町へ涼みに来てください☆

もちろんその際は長袖を持ってくるのを忘れずに。

さて、少し遠回りしてしまいましたが、先日観光ブログで告知した通り、去る6月30日と7月1日、サッポロビール★道産子感謝Dayに八雲観光物産協会の事務局として役場からは(GEN)さんと(牛)が参加してきました。


結果から言うと・・・


大盛況!!!


出店ブースの様子

人が人を呼び、行列ができてきてます。 
     

人がいっぱい!

無事2日間とも天気も良く、土曜日は札幌でも
30度まで気温が上がったみたいです。

2日間であわび300個とホタテ500枚を用意していったのですが、2日目の14時前には完売。

食べられなかった方、すいませんでした。

是非、今度は八雲へ食べに来てくださいね!

今回のイベント中お客様からは、「とても美味しい」、「あわび500円は安い」など、好意的なお声をたくさんいただきました。

本当にありがたいです。

今回イベントに来てくれたお客様には、八雲はあわびもホタテも食べることができる『オイシイ』町というイメージがついたのではないでしょうか。


しめしめ。


今後も八雲のPRのために、(牛)もいろんなイベントに参加していきますよ!(牛)

 

八雲町PRステージ!

 八雲山車行列実行委員会が7月6日、7日に開催の
八雲山車行列のPRのために来てくれました!
八雲山車行列について詳しく知りたい方はコチラ→http://yakumo-dashi.com/

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3091)

はな・はな・はな

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-6-8 15:27

去る6月4日、八雲商工会女性部と八雲地方法人会の主催により花いっぱい運動が行われました。

サルビア、マリーゴールドを国道5号バイパス沿いの植栽帯に植えるという運動です。

商工会女性部と法人会以外にも、商工会青年部、そして役場の面々が作業を行いました。

当日は晴れて暖かく、とっても植栽日和。
前日の寒さがウソのようです。

みんなで苗を植えています
花の苗はどんどん植えられていきます。
作業はかなり順調に進行。

国道5号バイパス沿いを通りかかった折には是非ご覧ください。
綺麗な花を見るときっと気持ちがほっこりしますよ。(牛)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3099)

(牛)と牛

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-5-28 9:22

今回は(牛)の八雲の友達を紹介します。

みんなとってもおおらかで・・・

少し体が大きくて・・・

少し毛むくじゃらですがカワイイところがあるんです。

そう、牛。

みんなこんにちは。

小牧の(牛)です。

仲良くしてね。


5月22日は八雲町育成牧場の入牧の日でした。
この日は預けられた未経産牛(出産を経験していない牛のこと)251頭を、農林課をはじめ、各関係機関の協力により牧草地へ放牧する日です。
牛はとっても広い牧草地で平均130Kgくらい(!)成長して飼主のもとに返されます。

(牛)2人分じゃないか・・・

うしうしうし。牛がいっぱい。
うしうしうし。壮観です。

今年の入牧は、例年より2週間程遅くなっています。
昨年度の冬に雪が多かった影響で牧草の生育が遅れたからだそうです。

牛の体重計
入牧時と下牧時に、ここで体重を測定します。

牛を追う(牛)
体重測定する場所へ牛を追い立てる(牛)の図。
手に持っているのは木の棒にレジ袋をくくりつけたもの。
牛は揺れ動く物にとても危険を感じるそうです。

物凄い勢いで走る牛
物凄い勢いで走ってます。
これから牧草地へ誘導されていきます。

今後、牛は10月下旬まで育成牧場で放牧されます。

これからの友達の成長がとっても期待されます。

みんないっぱい食べてでっかくなれよ。


◇今回の蛇足◇
牛の目は実は色をほとんど識別できないそうです。
闘牛士が赤い布をひらひらさせているのをテレビなどで見たことがある人は多いと思いますが、実際は色ではなくて、あのひらひらに牛が危機感を感じて突進していってるんですと。
うーん、最近まで知らんかった。(牛)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3666)

あわびまつり★

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-5-24 9:47

あわび・・・
それは甘美な響き。
あわびといえば、お刺身にあわびステーキ、あわびの姿焼き等々、あわびの料理は色々あります。
あわびといえば、普段なかなか食べる機会がなく、もしお店で置いてあっても高価で手が出しにくいものというイメージ。
そんなあわびを目一杯堪能できればどれだけ幸せでしょう。

実はあったんですよ。
そんなあわび大好きなあなたにピッタリのイベントが。

すでに情報政策室のブログで紹介されていますが、(牛)もせっかく参加しましたので感想をちょろりと。

去る5月20日に『熊石あわびの里フェスティバル』が開催されました。
このイベントは1日で1万個以上のあわびが出るというとっても素敵なイベントです。

イベント開始は9時半なんですが、話によるとキャンピングカーで前日入りしている人もちょいちょいいるんだそうな。
すごい・・・
車のナンバーを見てると、函館や札幌など、近隣市町からもたくさんお客さんがいらしてました。

(牛)が着いた頃には・・・
すでに会場ではあわびを焼いている人たちが!

このイベント、焼き台があり一般の人も買ったあわびや海産物、お肉などをその場でじゃんじゃん焼けちゃうのです。


八重桜
当日は天気もよく、八重桜が映えます。


すごい行列!
ホッケのすり身のかまぼこに並ぶの図。
とんでもない行列ができてます。
まだ9時半ですよ・・・

 

(牛)はお腹いっぱいで食べれなかったけど、あわびラーメンやあわびカレーなどもあったりします。
あわび料理を楽しめるだけでなく、アワビのつかみどり、餅まき、ビンゴゲームなどイベントもモリモリ。
それに、お土産としていろいろ買い物し、その場でゆうパックでの発送も可能です。

 

このお祭りは・・・
誘惑がいっぱいの本当に恐ろしいイベントです(笑)
今年行けなかったという人は、来年はぜひ参加してその嬉しい恐怖を体感してください!
帰るころにはきっとお腹が大変です。


あわびをいただきます
人生初。あわびの踊り食い。
うーん、なまら贅沢★

 

◇今回の蛇足◇
(牛)の実家のある三重県では、妊婦さんがあわびを食べると目がキレイな子供が生まれるという言い伝えがあります。
ほんまかいな。
このブログを読まれた方、ぜひ一度お試しあれ。(牛)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6094)

ようこそ、八雲へ!

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-5-21 10:49

いらっしゃーーい!

ということで、去る5月13、14日に、こまき市民活動ネットワーク(以下こまきネット)の方々が、総勢15名で当町へ体験観光モニターツアーにいらっしゃいました。

ようこそ八雲へ。

 これから八雲町も体験観光の仕組みを整えていかなければいけないということで、
こまきネットの方々には今回のツアーでたくさんのご意見やご感想をいただき、
それらを参考にして八雲町の観光メニューの更なる充実を図っていきたいというこちらの思いもあります。


初日には八雲町郷土資料館を見学。
郷土資料館を見学


夜はおぼこ荘で温泉につかって旅の疲れを癒していただき、
当町の小牧市と交流する会との懇親会(宴会)へと移ったのでした。おぼこ荘で懇親会
食べきれないくらいの料理が出ました。
どれも美味しい。


2日目には最初にバターづくり体験。
これがなかなかに大苦戦。
最終的には何とか完成?しましたが、こんなにうまくいかなかったことは初めてだとのことで、
皆さん腕の振り過ぎで朝からかなり疲弊していました。バター作り体験でビンを振ってます。
(牛)も頑張ってビンを振りまくりました。ちかれた。

 その後八雲神社を参拝し、八雲産業八雲事業所を見学。

 次に八雲町育成牧場見学や噴火湾パノラマパーク周辺を散策。パノラマパークで記念撮影
パノラマパークで記念撮影★

最後に落部漁協ほたて部会さんのご協力により、
ホタテの耳吊り体験。
ホタテの耳吊り体験
皆さんかなりリズムよく、ホタテの貝に開けられた細い穴にテグスを通していきます。
真剣です。

ホタテの耳吊り体験後、落部漁協さんにご用意いただいたホタテ尽くしの昼食をいただきました。
ホタテ尽くしのお昼ごはん
朝作ったバターがここで活かされてます!
ホタテうまー!
落部漁協の皆さんご馳走様でした★


こまきネットの皆さんには2日間目一杯八雲を満喫していただきました。

こまきネットの皆さん本当にありがとうございました。
またのご来訪を心よりお待ちしています。


〜今回の蛇足〜
「ごめ」とは北海道では「かもめ」のことを言います。

今回の耳吊り体験中に、不幸にもごめのアレ(皆さんご想像の通りです…)が(牛)の頭に降りかかったのはここだけの内緒の話です。

今年の(牛)は運に恵まれてますな、うんうん。(牛)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4013)

じんぎすかん★

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-4-24 10:00

八雲の空気にモーすっかり馴染んだ気がしてます(牛)です。
こちらに来てから外食産業に貢献しすぎて栄養の偏りから口内炎ができました。
これからは、牛らしく草もしっかり食べるようにしてゆきます。

さて、現在働く(牛)がいる商工観光労政課内には役場の職員他、総勢7名の職員が働いていますが、その中の4名が4月生まれで、残り3名が1月生まれというなかなかの片寄り具合をしています。
お祝いをまとめてしやすく、ある意味ラッキーです。ということで、4人の誕生日のお祝いと、先日(o.k)さんがブログで紹介しておりましたが、今月観光コーディネーターとして八雲観光物産センターで採用された、かなこさんの歓迎会を兼ねてのジンギスカンパーティーが、去る4月18日、町内某所で開催されました。

(牛)は初ジンギスカンということで期待に胸ふくらませていったわけですが、生ラム肉とジンギスカン(ラムスライス肉)の両方を食してみたところ・・・


うん、どっちもうんまい。そしてなまらビールに合う!


ジンギスカンはややクセのある味(ニオイ)がするため地元の方でも苦手な方がみえるんですね。
当課の(GEN)さんは小さいころ食べすぎて大人になってからあまり食べなくなったそうです。

そんなジンギスカンですが、2004年に北海道遺産の一つに、2007年に農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選で北海道の郷土料理の一つに選出されています。やはりこういった素晴らしい郷土料理を大切にして、後世に伝えていきたいですね。
ちなみに愛知県の農山漁村の郷土料理百選選出料理は「ひつまぶし」と「味噌煮込みうどん」が選ばれています。まだ食べたことがないという方は、そちらもぜひ一度食べてみてください。

蛇足ですが、(牛)は4月9日に晴れて三十路の仲間入りを果たしております。
時の流れはホント早いですね・・・

モリモリお肉が並んでいます。右は生ラム肉。左がジンギスカン(マトンスライス肉)です。

 モリモリ肉が並んでいます。右は生ラム肉。
左がジンギスカン(ラムスライス肉)です。

ジンギスカン(マトンスライス肉)。想像してたよりも一枚が大きい・・・

ジンギスカン(ラムスライス肉)。
想像してたよりも一枚が大きい・・・

 

かなこさんが書いている「ようこそ、みなみ北海道」の八雲町ブログはコチラ
http://www.minami-hokkaido.jp/blog/12

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4274)

はじめまして。

カテゴリ : 
モーモーの放牧日記
執筆 : 
八雲町 2012-4-11 14:16

八雲町に来てから、「毎日なまらしばれてわや」です。

はじめまして。愛知県の小牧市から来ました(牛)です。これから1年間八雲町の観光ブログ「モーモーの放牧日記」を担当させていただくことになりましたのでよろしくお願いします。

冒頭の言葉の意味は、地元の方は分かるかと思いますが、「毎日とても寒くてモー大変」という意味です。

今週は大分暖かくなってきましたが、先週はまだ雪がちらつく日もあり、最高気温が2度という日もざらでした。分かっちゃいたけどやっぱり寒いです、北海道。小牧だと、モー15度以上あるみたいなんですけど…

写真は4月5日に撮影した夕暮れ時の遊楽部公園です。しかし公園と分からないほどの雪の積もり様(笑)この様子だと公園で遊べるようになるにはまだしばらくかかりそうです。(牛)



ブログ カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open