• カテゴリ zoeの冒険記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

zoeの冒険記〜最終回〜

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2012-3-29 11:18

八雲町の友好都市 愛知県小牧市から派遣職員として勤務させていただき、あっという間に任期の1年が過ぎ、3月末をもって小牧に帰ることになりました。

この1年を振り返るといろいろなことがあり、zoeの冒険記で紹介してきた内容はほんのごく1部で、もっと濃くて面白いことがたくさんありました。その1つ1つが思い出と経験になり、多くのことを学ぶことができたのは支えていただいた皆さんのおかげだと深く感謝しています。

仲良くなれた皆さんとのお別れは正直さびしいですが、きっとこれからもずっと仲良くしてくださると信じています。
皆さんとのつながりを一生大切にして、八雲と小牧の交流がより深まるよう努めていきたいです。1年間本当にお世話になりました。

zoeの冒険記は今日で最後になりますが、4月から新連載「モーモーの放牧日記(仮称)」が始まる予定です(笑)。
今後とも観光ブログをよろしくお願いします。(zoe)

全校朝会で

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2012-2-10 16:22

本日(2月10日)、八雲小学校の全校朝会で八雲町と小牧市の交流についてお話する機会をいただきました。前回、古くからのお友だちでご紹介した内容は4年生の授業でしたが、今回は1〜6年生なのでみんなに楽しんでもらえるようにと少し内容をアレンジしました。

はじめに先生が「小牧市を知っている人ー?」と聞くと6〜7割くらいの人が『知っている』とのことでした。

つづいて、八雲町と小牧市の交流の歴史を紹介していきました。
気温の差や雪の降る回数など両市町の気候を比較し、夏の小牧の最高気温は38.1度(平成22年)なんですよーと説明すると悲鳴にも似た声が聞こえきて、とても良い反応(笑)。

最後に愛知県の県庁在地である名古屋市の説明をし、「名古屋市が愛知県の中にあるって知らなかった人―?」と聞くと2割くらいの人が『知らなかったー』とのことでした。
やはり全国的には愛知県より名古屋市の方が有名なんですね。

今回もみんなとても熱心に話を聞いてくれたので、楽しくお話することができました。
このような貴重な機会をくださった八雲小学校に感謝です。ありがとうございました。(zoe)

 

そして、突然ですが、emiよりご報告があります。

私事ではありますが、本日2月10日をもって商工観光労政課を「卒業」させていただくこととなりました。短い間ではありましたが、この観光情報ブログを通して様々な経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。「ブログ読んでるよ!楽しみにしてるね。」その一言が日々の活力へと繋がり、なにより私自身楽しく更新することができました。
本当にありがとうございました。
そして、これからも続いていく観光情報ブログを宜しくお願いいたします

(emi)

古くからのお友だち

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2012-2-6 9:43
2月1日、八雲小学校4年生の授業の中で小牧市の紹介をする時間をいただきました。
題名は「古くからのお友だち 愛知県小牧市と八雲町」です。
せっかくの機会なので小牧市のことだけでなく、名古屋市や愛知県全体のことを知って欲しいなと思い資料を作成しました。

まず、「小牧市を知っているひとー?」と聞くと半分以上の割合で『知っている・聞いたことがある』とのことで、『行ったことのある人』は3人くらいいいました。
続いて、八雲開拓の歴史、交流のはじまり、小牧市の位置・人口や特徴などを説明し、
「小牧市の人口が約15万人で、そのうち8千人くらいが外国の方なんですよー」と説明した時には『えーそんなに住んでるの?』ととても良い反応でついつい饒舌になるzoe。

その後も、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康ともかかわりのある歴史ある町であることや八雲の山車行列をお手本に始められた小牧平成夏まつり、名古屋弁や名古屋の名物グルメの紹介をしました。

小学校でお話をするのは初めてのことだったので、前日からドキドキしていたのですが、みんなとても熱心に聞いてくれて楽しくお話しすることができました。これをきっかけに少しでも小牧に興味を持ってくれたら嬉しいです。(zoe)

 

氷との戦い

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2012-1-27 9:48
久しぶりのzoeの冒険です。
今回の冒険は最近八雲で話題沸騰中のあのイベントのお手伝いをしてきました(社会教育ブロガーにんにんのお誘い)。
そう、みんなお待ちかね「八雲さむいべや祭り」です!!!

この日の作業は、100mのすべり台に使う氷をトラックから降ろしたのですが、これが重くて私一人の力では全く動きません(みんなは一人でも動かしていました)。
※詳しくは昨日の社会教育ブログ「氷到着」をご覧ください。

前回のブログ「なかなかの重労働」の時と同じですぐにバテバテ(気持ちはいつまでも中学2年生のつもりで頑張っています)になってしまいしたが、こういった作業も北海道ならではの体験でとても新鮮です。

北海道旅行といえば夏をイメージする人が多いかもしれませんが、冬もおススメです。普段、雪になじみのない人ならば雪かきをするだけでも楽しいと思います。また、雪を見ながらゆっくり温泉につかり、おいしいものを食べるなんてサイコーですよ!
雪まつりの時期(2月中旬頃)を避ければ、安い航空券もあるのでお得に楽しめます。ぜひ『冬の北海道』に遊びにきてください。(zoe)


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3170)

冬将軍が到来!?

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2011-11-21 15:53
最近寒くなり、雪も降ってきて、冬将軍の到来をひしひしと感じています。
私は雪道での運転もほとんど経験がなく、どのくらいのスピードで走ればいいのか、路面状況もよくわからず苦戦しています。
冬用のワイパーがあることも初めて知り、思わず小牧の友人にも「冬用のワイパーって知ってる?」と確認しましたが、みんな知らなかったので少し安心しました。

そこで冬用のワイパーを知らない小牧の皆様のために写真を撮ってきました。
通常のワイパーはガラス面にふれる部分のみにゴムがついているのですが、冬用は可動部分もゴムで覆われています。これは、雪や凍結によって動かなくなってしまうのを防ぐためだとか…(奥が深いですね)

職場で皆さんが運転の仕方を教えてくれるのですが、優しい上司k.mさんは
「ま、大丈夫だべや」と励ましてくれます。
個人的には精神論ではなく、技術的なことを教えて欲しいのですが…(笑)

とにかく、安全第一で冬の八雲を精一杯楽しみたいと思います。(zoe)

 

見なきゃソン!紅葉クライマックス!

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2011-11-1 11:33

観光ブログ「八雲の秋を探しに」で、雲石峠の紅葉をご紹介しました。その後『梅村庭園の紅葉がいいよ!』とご連絡をいただいたので、さっそく行ってきました。
梅村庭園にある紅葉はヤマモミジが主で、赤・黄の様々な色の紅葉が楽しめます(間もなく紅葉シーズンが終わってしまうので、まだ見ていない方はお早めにご覧ください)。

今回のお気に入りの1枚はこれです。「八雲の秋を探しに」でご紹介した1枚をある方に『光るモミジ良かったよー』とほめていただき、とても嬉しかったのでまた光るモミジ(逆光で撮影)を撮ってきました(ほめられて伸びるタイプです)。

梅村庭園の入園は無料です。モミジやツツジ、サクラなどさまざまな樹木が植えてあり、四季折々の景観を楽しむことができます。お昼休みやちょっと空いた時間にふらっと散策してみてはいかがでしょうか。(zoe)

  

■なぜ、紅葉は赤や黄といった色になるのでしょうか?

紅葉とは、落葉前に葉が色づく事です。もともと、木の葉にはクロロフィルと言う葉緑素があるために緑色に見えるそうですが、秋になるとクロロフィルが分解され、カロチノイドが残るために黄色くなるそうです。一方、秋になると葉柄(ようへい)と枝の境に離層が出来ると、光合成で作られた糖分などが葉に蓄積してアントシアンという赤い色素に変化することを、狭義の紅葉と言うそうです。アントシアンの代わりにタンニン系の物質が出来ると、初めは黄色くなりその後褐色になるとのことです。(しんちゃんのカメ日誌「梅村庭園の落葉」より転用)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4355)

Enjoy Halloween!!

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2011-10-24 9:59
10月16日、八雲で採れたジャンボカボチャを使って、ハロウィンのシンボルを作ってきました。(デカイ!!をご覧ください。収穫の様子がご覧いただけます。)

作っていると子どもたちが集まってきたので一緒に作成。みんなでワイワイ楽しく作りました。
emiは教えるのが上手で「おねえちゃん、わたしもやってみた〜い」と子どもたちに大人気!

私の作品はこちらです。さて、このカボチャのモデルは…ブログを見ていただいている方ならわかりますよね?
正解は「あんどん型山車づくり講習会に参加しました」でご確認ください。


完成した作品はこちら。なかなか良い出来です。あかりを灯すと雰囲気が出ていいですね!(zoe)

〜注目情報〜

ご当地グルメ募集中です!
締切が近くなってきました。ご応募お待ちしています。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3883)

デカい!!!

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2011-9-30 9:05
9月15日、インターンシップに来ていた八雲高校生と一緒にたまふくらの収穫に行きました。
皆さんは「たまふくら」って知っていますか?私は初めて聞いたのですが大豆の品種で粒が大きいのが特徴です。

収穫した豆をみんなでもぎもぎ。これがけっこう地味な作業なんですよ。

家に帰る途中にコンビニで枝豆を買い、収穫したたまふくらと比べてみました。
たしかに大きい…!ホクホクとして、味も良くやみつきになりそうです。

この日、ジャンボカボチャの計量もしました。今回一番大きなもので42キロ。こんなに大きなカボチャを見たのは初めてで、カボチャが並んでいるのを見るだけでもテンションが上がってしまいました。
   
このジャンボカボチャは主に観賞用で食べないそうですが、このカボチャでハロウィンの飾りを作ったら楽しそうですね。挑戦してみようかな。(zoe)


〜zoeの冒険記 プライベート編〜
先日、友人たちと根室市まで行ってきました。やはり観光担当者としてはいろいろな地域の観光を勉強しないと行けませんからね(笑)。
「納沙布岬に行く」以外は特にプランもなく、行った先々で情報を集めグルメや温泉、観光スポットをめぐる2泊3日の旅で気づいたことがあります。
それは、現地の観光協会などが作っている観光パンフレットには、出版社などが発行している旅行雑誌には載っていないマニアックな情報がたくさん載っているのです。
しかし、その情報は必ずしも「当たり」と思えるものばかりではないのかもしれません。
有名な観光名所は旅行雑誌で、もっと細かい情報やマニアックな情報は観光パンフレットで、と使い分けるといつもと違った旅が楽しめそうですね。

日高町と清水町の間にある日勝峠からの景色。曇り空でしたが、広大な十勝平野を望むことができました。
雪が積もる前に次の冒険をしたいと考えています。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4602)

暗い場所での写真撮影

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2011-7-28 9:15

おはようございます。今日の八雲はガスがかっています。

夜景やイルミネーション、行灯などを撮影する場合、フラッシュを使わずに撮影するのが一般的だと思います。フラッシュを直接被写体に当てると白くなってしまい、夜の雰囲気やそれ自体が放っている光がわからなくなってしまいます。
     

フラッシュを当てて撮影:電球が光っているかどうかもわかりません フラッシュを当てず撮影:電球が光り、色までわかります

        
なぜ、急にこんな話をしたかというと…
先日、初めてホタルを見ました。とても幻想的でこの感動を誰かに伝えたいと思い、カメラを構えたのですが、うまく撮影できず苦戦しました。  

フラッシュを当てて撮影:ホタルの光が写りません

フラッシュを当てず撮影:ホタルかどうかもわかりません


そこで私が意識しているのはシャッタースピードとISO感度の設定です。

シャッタースピードとは、シャッターが開いて閉じるまでの時間のことで、シャッターを押してから「カシャリ」という音がするまでです。長くシャッターを開けていると光が多くとりこまれ、暗い場所でも明るく撮影できます。しかし、長くシャッターを開けているとブレやすくなるので、しっかり固定する必要があります。

ISO感度とは、光をキャッチする度合いで、ISO感度を上げると明るく撮影できますが、上げすぎると写真が粗くなります。

本当はホタルの輪郭もわかり、光がボワーとなるように撮影したいのですが、かなり難しいです。どなたか良い撮影の仕方がありましたらぜひ教えてください。(zoe)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3987)

初のカヌー体験!!

カテゴリ : 
zoeの冒険記
執筆 : 
guest 2011-7-27 10:25
日曜日、YOU・遊・クラスで遊楽部カナディアンカヌークラブの皆さんのご指導のもと、カヌー体験をしてきました。
YOU・遊・クラスとは、八雲に住む異業種の若者が集まり、みんなでワイワイ八雲ならではの活動をしようとするグループです。

いざ出発!水しぶきが気持ち良かったです。

最後はやっぱり川の中へ!川の水はとても冷たかったです。


初めてのカヌー体験!けっこう難しくてなかなかまっすぐに進みませんでしたが、とても楽しかったです。機会があればまた体験したいです。(zoe)


恒例(?)の方言ネタです。
名古屋弁で「エビフライ」のことを「エビふりゃー」と言うと思っている人が多くいるのですが、実際に普通に言う人はいません。もしかするとほかにも誤解されている方言があるかもしれませんね。



ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open