トップページ  >  組織から探す  >  農林課  >  山菜採りによる事故を防ぐために

山菜採りによる事故を防ぐために

山菜採りによる事故を防ぐために

  慣れた山でも、山菜採りに無我夢中になると「隠れた危険」があります。山菜採りなどのため山に入るときは、次のことに心がけてください。

家族等に行き先と帰宅時間を知らせましょう

「自分だけの秘密の場所だから」では、万一の場合、捜索が遅れることになります。
行き先、帰宅時間等を必ず家族等に知らせてから出かけましょう。

単独での入山を避け、二人以上で声を掛け合い位置を確認する

  もしも迷ったりしたら、一人では救助を求めることもできません。二人以上で入り、たえず声を掛け合い、お互いの位置を確認しあうことが大切です。

服装は目立つ色にしましょう

   赤や黄色、蛍光色の服装はよく目立つため、もしもの場合でも救助隊やヘリコプターから発見されやすくなります。また、ヘリコプターへの合図は、タオル、手ぬぐいを振ったり、鏡の反射も有効です。

携帯電話や非常食、熊除けのための鈴やラジオ等を携帯しましょう

 鈴や笛、ラジオ等の音の出るものは、熊除けや自分の位置を知らせるのに役立ちます。アメ玉やチョコレート、ビスケットなどは非常食になります。
 また、非常の場合の連絡用として、携帯電話を持ちましょう。

迷ったときには無理をせず、落ち着いて行動しましょう

  迷ったときは、むやみに歩き回らず、体力の消耗を抑え、落ち着いて捜索隊を待つなど、慎重な行動が必要です。また、捜索隊などに発見されやすい視界の開けた場所、野宿に適した場所を早めに探すことが大切です。

山火事に注意しましょう

 山火事の発生原因の多くは、たばこや火の不始末など人為的な要因によるものです。山に入った際は火の取扱いに十分注意しましょう。

 

●山林ではヒグマに注意●

   北海道の山林の多くは、ヒグマの生息地であり、山菜採りや渓流釣りなどでは、ヒグマに遭遇する可能性があります。ヒグマによる人身事故を予防するためには、不意にヒグマと遭遇しないよう配慮することが大切です。安全のため、次のポイントに気をつけて、山林でのレジャーをお楽しみください。

  • 山に入る前には、地元の人や役場に聞くなど、ヒグマの出没情報に気をつけましょう
  • 「熊出没注意」の看板のある場所には入らないようにしましょう
  • ヒグマに人の存在を早めに知らせるため、鈴やラジオ等で音を立てるなどの工夫をしましょう
  • ヒグマを引きつけることになるので、ゴミは絶対に残さず、必ず持ち帰りましょう
  • ヒグマの足跡やフンを見つけたときは、すぐ引き返しましょう
  • 子グマを見つけても、決して近づかず、すぐその場を離れましょう


お問合せ先

八雲町役場農林課林業係 0137−62−2111
熊石総合支所産業課農林係 01398−2−3111

プリンタ用画面
前
「八雲町農業振興地域整備計画」農用地利用計画の変更手続きについて
カテゴリートップ
農林課
次
環境保全型農業の推進について(環境保全型農業直接支援対策)
トップページ  >  組織から探す  >  農林課  >  山菜採りによる事故を防ぐために


open

町へのご意見 open

便利なサービス open