KKB

やりっぱなしの行政、頼りっぱなしの民業、全然関心のない市民

カテゴリ : 
郷土資料館 » お知らせ
執筆 : 
八雲町 2017-5-31 21:35

やっほー!某大臣から「一番のがんは学芸員」と言われた学芸員やってます、しげちゃんです。

これについてはいろいろな方からメッセージが発信されていますが、観光学の専門家で北海道博物館長のメッセージを紹介しておきますね。

こちら

それと、北海道の学芸員有志たちでweb上でコラムリレーをやり、それをまとめた本を寿郎社から出版しましたので、ついでにリンクはっておきます。

こちら

私も木彫り熊のお話を書かせていただきました。4月1日に札幌駅そばの紀伊國屋で開催された発刊記念トークショーは、80名ほどの方にお聞きいただき、ご好評だったそうで、大変ありがたかったです。…登壇するだけじゃなく、サインまですることになるとは思いませんでしたが…

トークショーの様子

文化財を守って伝えていくためには、みなさまの理解が必要不可欠。そのきっかけになったらいいなぁと思いつつ。…なにやら、トークショー地方巡業の話も、出てるみたいですよ?

 

それはさておき、今回のタイトル「やりっぱなしの行政、頼りっぱなしの民業、全然関心のない市民」は、「地方創生失敗のパターン」として、こばやしたけし著『地方は活性するか否か』で出てきて、今では石破衆議院議員(地方創生担当のとき、こばやし氏と対談もされてます)がよく口にされているフレーズです。

この『地方は活性するか否か』はマンガ本もありますが、webマンガもありますので、金曜に八雲町で開催される「八雲町まちづくり講演会」(講演1が石破茂氏、講演2が隈研吾氏)の前にサクッと目を通しておくと面白いと思います。

web漫画はこちら

 

さて、お知らせです(実は本題はこれ)。

八雲町各所がテレビで取り上げられます。

BS日テレで、6月3日の土曜日、お昼の11時30分から11時55分まで放送の『北海道すたいる』という番組です。

HPはこちら

そのなかで木彫り熊資料館も取り上げられますので、ぜひご覧ください―。

アナウンサー
茂木さんの木彫り熊とともに

なお再放送は、6月24日のようです。

よろしくどーぞ!

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (657)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/museum_blog/tb.php/354

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要


ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント