KKB

取材して記事を書いて投稿した話と、取材を受けて校正した話。

カテゴリ : 
郷土資料館
執筆 : 
八雲町 2017-3-29 19:46

やっほー、しげちゃんです。
今回は、最近投稿した記事や、受けた取材などなど紹介します。

まず『集まれ!北海道の学芸員』というサイトに投稿した記事です。
こちらは北海道内の学芸員が集まって活動している『北海道博物館協会学芸職員部会』が運営しているサイトなのですが、そこで毎週1人ずつコラムをリレー形式で投稿していくコラムリレーを開催しています。
ただいま第4弾「地域の謎を解き明かせ!学芸員の研究ノート」というテーマでのリレーが始まってまして、そこに八雲の木彫り熊作者、加藤さんについて聞き取り等した内容を書かせていただきました。

八雲の「熊大工」の素顔

実はレギュレーションがありまして、1500字以内・写真は5枚前後でしたので、カットした部分などあります。それらを補完した完全版は、また別の機会にお届けしたいと思います。

なお、昨年11月には、第1弾コラムリレーを本にして発売しました。その出版記念トークショーを、札幌駅そばの紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデンで4月1日(土)の15時から16時に開催しますので、こちらもどーぞ。

トークショー告知
日程が非常に嘘っぽいんですけども、開催します。

 

さて、続いては中川政七商店が運営している『さんち〜工芸と探訪〜』というサイトで、3月は函館探訪記的なのが掲載されています。
ここでいう函館は道南圏を指しているようで、他の記事では江差の五勝手屋羊羹も取り上げられています。
その中に、木彫り熊についての記事が2件あります。

「対」で知る、弾丸函館
こちらは最後の方に柴崎さんの熊が取り上げられています。

木彫り熊はいつ鮭をくわえたのか?
こちらは木彫り熊資料館の取材だけでなく、旭川での取材も掲載されています。
読んでいただければわかる通り、八雲は私がひたすらしゃべっている内容といふ…(実際に展示を案内した録音の書き起こしから、いろんな校正を経てこうなりました)。

 

そして来月号のANA機内誌『翼の王国』で、木彫り熊資料館が取り上げられる予定です。
ANAをご利用の際にはぜひご覧ください。

よろしくどーぞ!

(投稿者:しげちゃん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (800)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/museum_blog/tb.php/351

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要


ブログ カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント