KKB

榊原のバター飴

カテゴリ : 
郷土資料館 » 八雲の歴史
執筆 : 
八雲町 2012-6-12 19:40

 先日、町内の方から榊原のバター飴を寄贈していただきました。冷凍庫の底の方から発見したとかで、未開封でした。パッケージには「賞味期限99.10.5」と記されてありました。

榊原のバター飴


寄贈された榊原のバター飴


 榊原のバター飴は、榊原安茂氏によって昭和6年に製法が発明され、5年後には製法特許を取得しています。2代目を継いだ幹男さんが平成16年7月に他界された後は、その技術を引き継ぐ人もなく、製造されなくなりました。ある本によると、「二代目幹男さんは、職人気質の方であり、工場は気の許す人以外には決して見せない人」だったそうで、まさに一子相伝であったのかもしれません。
 古いバター飴の缶には、”牛酪飴”と書いて”バターあめ”と読んでいたようで、円筒形の缶の表面には「産名海北」とあり、長方形の缶の表面には「北海名産」と違う表記になっており、円筒形の缶が戦前のものと推測されます。

榊原のバター飴缶1

榊原のバター飴の缶2

戦前の物と考えられるバター飴の缶

榊原のバター飴の缶3

榊原のバター飴の缶4

戦後の物と考えられるバター飴の缶

しおり
バター飴のしおり
バター飴に関しては、観光情報ブログでも紹介されています。

投稿者:しんちゃん

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/museum_blog/tb.php/120

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要

コメント


投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2016-11-15 20:06  更新日時: 2016-11-16 9:33
 Re: 榊原のバター飴
先日、名古屋の方から昔北海道のお土産に、バター飴をよく頂いたとの事。
八雲がその発祥の地である事を最近知り、バター飴が食べたいので、送ってほしいと頼まれました。
道南で作られている類似品を買ってみましたが、
榊原のバター飴の濃厚な味わいとは程遠く、残念に思いました。
何方か、復活させてくれる人はいないのでしょうか。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2016-11-15 20:20  更新日時: 2016-11-16 9:33
 Re: 榊原のバター飴
パノラマパークで売られている事知りませんでした。
先程の投稿、削除して下さい。
返信

投稿者 スレッド
八雲町
投稿日時: 2016-11-16 9:14  更新日時: 2016-11-16 9:14
 Re: 榊原のバター飴
以前、パノラマパークで販売していたバター飴は、現在製造販売はしておりません。また、八雲高校でも新たなバター飴の製造販売を試みていましたが、現在は行っておりません。
榊原のバター飴に関しては、復活を願う声が多くありますので、又誰かが製造を試みる可能性もありると考えられます。
返信


ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント