トップページ  >  組織から探す  >  建設課  >  平成26年度町道路等除排雪業務

平成26年度町道路等除排雪業務

平成26年度町道路等除排雪業務について(八雲地域)

除雪路線延長

269.9km

内訳 市街地

43.8km

  非市街地(スクールバス路線を含む)

226.1km

 

除排雪の方法

委託路線は、町内の事業者へ委託を行っています。委託事業者はこちらから
また、直営路線は、八雲町が行っています。

除雪業務担当区域はこちらから

除雪実施要件

・除雪必要量(積雪深約15cm)に達した場合、出動いたします。
ただし、局部的に15cm以上となる場合は、出動しないことがありますのでご理解願います。また、局部的に15cmに満たなくても、他の地域と総合的に判断し、出動することがあります。出動は、各自の要望どおりとはならないことがあります。出動の判断は町に一任をお願いします。
・除雪回数は、1日につき原則として朝1回とします。
・除雪車輌による除雪は、12月1日から3月31日までとなっています。

排雪の方法

市街地を主体に、積雪量や道路状況を考慮して行います。

排雪場所

・栄町雪捨場(道道の大新スポーツ公園入り口交差点から250m右側及び300m左側)
・落部川河川敷地雪捨場(国道5号線落部橋上流)

除排雪に要する町予算

平成26年度の八雲地域における除排雪に要する当初予算の総額は、2億1,192万円です。
なお、平成25年度の八雲地域の除排雪に要した決算額は、1億9,219万円でした。

町からのお願い

除雪作業は、天候の悪い中で行われることが多くあります。
作業員は、除雪車輌の前後の安全を確認しながら作業しておりますが、対向車や後続からくる車がライトを付けていただけると確認がし易くなります。
除雪していそうな雪が降ったときは、早朝の明るくなる時間帯など早めにライトを消すことなく、ライトの点灯走行にご協力をお願いいたします。

路上駐車は除雪の大敵

路上駐車は違法ですが、その車輌のおかげで、車道をきれいに除雪できなかったり、場所によっては除雪車輌が通行できず、限られた時間内に除雪が終わらない事態になっています。絶対に路上駐車をしないようお願いします。

除雪後の雪出し

除雪車が除雪した後、自宅の敷地内の雪を道路に雪出しする方が見受けられます。
身勝手な雪出しにより、除雪したばかりの道路が狭くなり、対向車や歩行者とのすれ違いができなくなるなど支障をきたします。絶対に道路への雪出しをしないようお願いします。

障害物の撤去

路上に除雪作業の障害となるものを放置しないでください。また、道路に面した「さく等」は予め撤去してください。

猛吹雪の除排雪

猛吹雪の時や夜間の除排雪は、非常に危険なため作業を行いませんので、ご理解をお願いします。

ゴミの不法投棄

排雪場所にゴミ等が混入している例があります。排雪場所へのゴミ投棄は不法投棄となりますので、絶対に捨てないでください。

その他

除雪に関するお問い合わせは、こちらまでお願いいたします。

・ 八雲町車輌センター、電話0137-62-2350または0137-62-3352
・八雲町役場 建設課、電話0137-62-2111(内線290)

プリンタ用画面
前
建設課の仕事
カテゴリートップ
建設課
次
道路・河川の管理
トップページ  >  組織から探す  >  建設課  >  平成26年度町道路等除排雪業務


open

町へのご意見 open

便利なサービス open