トップページ  >  事業者の方へ  >  熊石海洋深層水  >  業務利用について  >  業務利用について

業務利用について

業務利用について

熊石海洋深層水の分水については「八雲町熊石海洋深層水供給施設及び総合交流施設条例」に基づいて行っています。熊石海洋深層水を業務用として利用される方は、次のような手続きが必要です。詳細について説明が必要な方は海洋深層水推進室までお問い合わせください。

分水申請

  • 分水申請書及び添付書類(会社概要、事業計画書、食品衛生法に基づく営業許可証の写し)を町へ提出してください。
  • 内容を審査し、分水が適当であると認められると分水承認書及び分水カードが交付されます。
  • 審査は次の基準により行われます。
  1. 原則、道内に事業所、工場、研究所を有すること。
  2. 深層水の利用計画、事業目的等が適切であること。
  3. 深層水の利用が地域振興に資するものであること。

分水の注意事項

分水場所

  • 熊石海洋深層水分水施設で行います。宅配等の輸送は原則行いません。

分水日時

  • 平日の午前9時から午後5時までです。
  • 土・日曜日、祝祭日、年末年始(12月30日〜1月4日まで)は分水できません。

深層水の種類

  • 分水する深層水は、原水(汲み上げたままの深層水)です。
  • 塩分濃度は約3.4%、硬度は約7,200です。

分水方法

  • 交付された分水カードを受付に提示して、受付票に必要事項を記入し、係員の指示に従って分水を受けてください。
  • 分水は容器等を持参し、運搬は事業者の責任において行ってください。
  • 容器は、ポリエチレン等の錆びないものを使用し、運搬はホロなどで日光を遮断する方法で行ってください。

分水料金

  • 分水の都度現金で納入されるか、申し出により月末締めの一括納付となります。
  • 分水料金は次のとおりです。

区分 料金(1回あたり1㎥につき)
町内利用  300円
町外利用者

 610円

大口分水・小口分水とも同一の価格設定です。

深層水の保管

海洋深層水は、清浄とはいえわずかですが細菌や藻類の胞子などが存在します。特に、深層水は富栄養(肥料が多い)なので、光があたると藻類などが繁殖します。ですから、光があたらないようにして保存することが重要で、低温の冷蔵庫などで保存するのが理想です。

利用状況の報告

深層水の利用状況や利用の成果、利用商品の販売状況などについて、毎年度1回報告していただきます。

 

ブランドマークの使用について

熊石海洋深層水を利用した商品を販売するときには、原則熊石海洋深層水ブランドマークを使用し、製品パッケージなどに表示していただきます。

その他

  • 分水を受けた深層水を第三者に譲渡してはいけません。
  • 町は分水する深層水の品質については保証する義務を負いません。
  • 海洋深層水使用製品を販売するにあたり、「ガンが治る」「血圧が下がる」などのように消費者に誤解を与えるような表現は避けてください。製品によっては表示方法に基準がありますので、関係機関と相談してください。
プリンタ用画面
カテゴリートップ
業務利用について
トップページ  >  事業者の方へ  >  熊石海洋深層水  >  業務利用について  >  業務利用について


open

町へのご意見 open

便利なサービス open