にわかSEは大忙し!

ガンブラーウイルスにご注意ください

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-20 17:03

ども。
今日は比較的平和な一日で、ブログ更新にちょっと困った担当ちゅんです。

さて、最近大手ウェブサイトも被害にあうなど話題となっているPCウイルス「ガンブラー(Gumblar)」。当町においても例外ではなく、今年に入り既に4人の町民の方から情報政策室に相談が寄せられています。

ウイルス対策ソフトがこれほど普及した現在、ここまで見事にやられるというのは知る限りでは例がないと思います。

このウイルスがなぜここまで猛威を振るっているのかというと、一般的なウイルスがメールの添付ファイルやダウンロードしたファイルなどを媒介としているのに対し、ガンブラーはウェブサイトを改ざんし、不正なコードを仕込むことで、「脆弱なPCで当該サイトを見る」という行為のみで感染する点があげられます。

さらに、ガンブラーの手ごわいところは、感染後に新たなウイルスを「調達」してくることです。感染したPCをそのままにしておくと「Security Tool」と呼ばれる不正ソフト(マルウェア)を勝手にダウンロードします。そうなってしまうともうお手上げ状態です。実は、ガンブラーに感染しても表面上は特に異常を感じないため、このSecurity Toolが発動して初めてウイルス感染に気がつく人が多いようです(情報政策室に相談された4人の方も、見事にこいつが動いていました)。

Security Toolは、もっともらしい外見でウイルスチェックを始め、「XXウイルスを検出しました!」とメッセージが出て、最後にクレジットカードでお金の支払いを求めてきます。もちろん、このソフト自体がウイルスなので、XXウイルスを検出なんてのも嘘っぱち。全て英語なので怪しいと思われる方が多いですが、これが日本語で表示されていたら、もっと被害は広がっているのかもしれません。

このウイルスに感染してしまうと、PCから完全に駆除するのは至難の業です。プログラムを削除するだけでは意味が無く、レジストリなどもかなりいじらなければならないんです。結局、最終的にはPCをリカバリしてしまうことになってしまいます(正直、にわかSEとしてはリカバリというのは本当に最終手段で、これを選択するのはちょっとだけプライドに傷がつきます)。

ということで、対策方法。まずはきちんとWindowsアップデートをかけましょう。そして、ガンブラーが悪用しているセキュリティホールを含んでいるAdobeリーダーとAdobe Flashも最新版にアップデートしましょう。さらに念を入れるのであればAdobeリーダーのJavaScriptは無効に、「Java」と「Apple QuickTime」もアップデートします。こうしたうえでウイルス対策ソフトを導入していればほぼ被害を防ぐことができます。

「うちのPCには有料のウイルス対策ソフトが入っているから絶対に大丈夫」と思っている人ほど危ないかも。しっかり対策をして、安心・安全なネットライフを送りましょう!

Security Tool
この画面が既にウイルスそのものなんです!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7820)

やはり本で読みたい。

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-19 17:07

 仕事柄あちらこちらで、パソコン関連の講師を頼まれます。これも仕事ですので、時間の取れる限り対応させていただいています。基本的に私はハードマニアなので、アプリケーションソフト系はあまり得手ではありませんが、頼まれれば勉強がてらそれなりに何とかさせていただいています。自動車整備士さんは、運転上手ですか?ピアノの調律師さんは、本当に名ピアニストなのですか?と言うことなのですが、パソコン関連はあまり仕事(分野)が細分化されていないようで、何でも出来る人と思われがちです。

 さて、今回の依頼は、エクセル2007でして、一応エクセルの基礎がある方を対象に、2007になっての変更点をわかりやすく?1時間半で説明するというお仕事です。昨年末にオファーがあり打合せの結果こういう事になったのですが、職場のPCは当然2003なので、自宅PCの2007を使ってお勉強の開始です。講習で使えそうなポイントは、ウェブで調べます。なるほど、なるほど・・・リボンという画面周りが大きな改正点の様です。あれこれと更に調べます。ワークシートも1,048,576行×16,384列と大きく拡大されています。デザイン機能(見てくれ)の向上により1,600万色が使えるらしい。でも・・・・そんなに必要なの?エクセル2000、XP(2002)や2003と互換性が無く、下位バージョンで使えるようにするのは保存時に、一ひねりの注意が必要なようです。などと、にわか勉強をしましたが、やっぱり解説本(参考書)を見たくなり、町内の書店で買ってきました。立ち読みしたら意外に面白く、2冊も買ってしまいました。やはりアナログ人間なのか、年のせいなのか、紙媒体の方が理解しやすい?私だけ?

 さて、解説本で見つけたテクニックです。あなたはエクセルで次の分数計算ができますか。

A1セル B1セル C1セル
6/7 5/8 合計を計算


 上記の様に、 A1セルに6/7、B1セルに5/8、C1セルで合計を計算させてください。

2冊の参考書
やっぱり参考書が一番です?

答えです。
 A1セルに 半角で 0 6/7 (ゼロ・スペース・6・スラッシュ・7)と入力します。
 B1セルに 半角で 0 5/8 (ゼロ・スペース・5・スラッシュ・8)と入力します。
 C1セルに 計算式を 半角で =A1+B1 (イコール・A1・プラス・B1)と入力します。
 なんと答えは、1 27/56 (1と56分の27)となります! 大正解です。
 あれ〜? 1 1/2 (1と2分の1)になってしまったあなたは、詰めが甘〜い!
 C3セルのプロパティの「表示形式」「分数」で「3桁増加」を選び「OK」です。
 分母の桁数が大きくなった場合は、「ユーザー設定」の「# ??/???」で調整します。分かるかな?
 仮分数は表示できませんが、通分、約分、帯分数はいけます。  奥が深いぞ!恐るべしエクセル!!

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7720)

獣医になりました

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-18 18:25

ども。
休み中に体調を崩し、仕事にはばっちり間に合わせる真面目な男、ちゅんです。

さて、本日は東野小学校の「キリン」の具合が悪いということで診察にお伺いしました。

症状を確認すると、どうやらキリンさん、真っ青なお顔(ブルースクリーン)で確かにとても具合が悪そうです。どうやら緊急オペが必要な状態でしたので、早速胴体にメス(ドライバー)を入れ、臓器(HDD)を摘出し、ドナーのウサギさんからDNAの提供を受け(HDDをフルコピー)、無事手術成功!キリンさんはさっきまでの病気が嘘のように元気になり、嬉しそうに動き回ってくれました!

・・・そうです。東野小学校の児童用PCのモニタには、先生が作ってくれた可愛らしいフェルト生地の動物が貼ってありまして、マシン名もそれに合わせて「zou」「usagi」「risu」「kirin」となっているんです!

小学校ではマシン名が可愛らしい名前というのは珍しくはありませんが、このように手作りの動物は初めて見ました。児童への愛情が伝わってきます。バッチリ直したから、またキリンさんでいっぱい勉強してね!

キリンさん
ちょっと殺伐とした光景ですね。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7879)

全小中学校、遂にBB化なる!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-15 22:04

 過酷な現場回りが一応終わりました。やっと、野田生小中・東野小の3校のFWAによるブロードバンド(以下:BB)化工事が終了しました。本日現在、町内の小中学校全校のBB化がなされています。(既出の大関小の衛星BBも修理が完了し復旧しています。) バンザ〜イ! 何とか約束どおり、冬休み中に3校の職員室、パソコン教室全ての設定変更を終わらせられました。これで、ISDNともおさらばです!!早速、NTTへアナログ戻しの連絡もすませました。経常経費の削減も図れそうです。

 学校の5GHz帯のFWAは、一般の皆さんとチョイと違う通信の仕組みとなっています。同じ無線(周波数)で総合病院まで通信しますが仮想トンネル化された特別な空間を利用しています。病院の受信地点からは、役場の既設ネットワークにヒョイと接続され、光回線で一度役場へ、ここでコンテンツフィルターを経由させています。これで、有害サイトなどをブロックする仕組みなのです。役場からは、また光回線でインターネット網に接続させています。同じFWAを使っている皆さんより、やたら仕組みを挟むので微妙に速度が落ちるらしい?のですが、実際十分速度も出てますし、先生方には大好評です。

 苦節○年、やっと全校BB化の念願が叶いました。学校が始まったら、多少の手直しもあると思いますが、今は満足感いっぱいでブログをかいてます〜ぅ。

 そう言えば、このFWAによるBB申込者数も100件を超えたそうです。お待たせしていた加入者用のアンテナも、安定供給の見込みがたちました。指定工事店の小澤電設工事さんからは、「月内全工事完了に向け、頑張ります。」と、力強い言葉をいただいています。工事をお待ちの皆さん、今暫くお待ちください。もう少しです!!

東野小のBB化
東野小のFWA用アンテナとVPN装置

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7004)

暗闇でのケーブル作成

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-14 18:34

ども。

本日は丸一日、学校のネットワーク周りの整備のためずっと外勤だった担当ちゅんです。

さて、今日は…、上司のことをここで書いてもいいものかと小一時間ほど悩みましたが、どうしても書きたいので思い切って。

情報政策室では、ネットワーク周りの整備に使用するLANケーブルは、基本的に全て自作しています。長いケーブルをちょうどいい長さで切り、その両端にコネクタを専用のカシメる器具を使って取り付けます。LANケーブルって出来上がりの製品を買うと結構なお値段がしますけど、この方法ですと非常に安上がりですし、なおかつ必要な長さで作ることができるので、いいことだらけです。

ですが、ひとつ問題もあります。LANケーブルというのはコネクタの中に8本のケーブルが収まっています。8本ごとに色が付けられており、AタイプとBタイプという規格に従い、順番に並べる必要があります。

当町のネットワークはBを使用しているため、左側から「白橙、橙、白緑、青、白青、緑、白茶、茶」という並びです。それぞれケーブルはとても細く、そして基本的によじれたペアの状態(ツイストペアといいます)になっているので、手先の器用さが求められて、急いでいるときなどは結構苦労します。

そんな、通常時でも大変なケーブル作成ですが、今日はご覧の写真の通り、暗い場所での制作。この作業に関しては、私の上司であり、このブログのもう一人の執筆者「92」さんの得意分野。

しかし・・・。私は初めて、上司がケーブル作成を素でミスするのを目撃!よく見てみると、白青と白緑が逆になってました。

暗い場所だと緑と青との区別がつきづらかったそうです。

私など、明るい場所でもときどき失敗するので人のことを言える立場にはありませんが、暗闇でのLANケーブル作成を最終的には成功させた「92」さんに、心より敬意を表したいと思います。

私ももっと精進しないと!

ケーブル作成
写真以上に現場はほんと真っ暗でした。
(投稿者:ちゅん)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6272)

使えるウェブサイト・・・その2

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-13 18:18

 今日は、野田生小と野田生中の校内ネットワークを今までのISDNから先日完成した5GHz帯を使った無線LANへの改修工事に係りっきりでした。今日で外回りが終わり、明日はPC・プリンタ等への設定となります。何とか東野小も含めて終わりたいと思っています。でも、帰ってきたら明日午前中は泊川小でのトラブル対応となりまして、相変わらず二つの海を行ったり来たりの大忙しです。

 さて、以前使える”八雲町マップ”のことを書きましたが、新しいウェブサイトには、まだまだ使える仕組みがあります。今回は、”サイト内検索”機能です。ウェブサイトの右上に「サイト内検索」と書かれた四角い箱(業界用語ではフォームっていいます)があります。ここをクリックして八雲町のホームページ内で探したい、「単語」や「用語」を入力します。そして検索をクリックするとその言葉が含まれているページの一覧が表示されます。沢山出てきて、探しきれない場合は、もう少し詳細に分野を絞る機能もあります。
 検索の種類も ANDとORが使えます。ただし、注意が必要です。漢字(正しくは全角)だと3文字以上、半角英数だと5文字以上でなければ検索できません。
 これって使えます。メニューから調べたいことが上手く見つからない場合も使えますし、議会の議事録なんかも検索できます。膨大な文字(テキスト)から必要な部分を簡単に探せます。と言っておきながら・・・・実際は工夫も必要です。検索結果は、カテゴリー毎にその言葉が含まれているページを紹介するだけです。そのページをクリックして開いた後にその言葉が何処にあるのか探すのが大変です。せめて言葉に色でも付いてくれればいいのに(現在思案中です)。
 そこでホームページ閲覧ソフト(業界ではブラウザって言います。ここではインターネット・エクスプローラー6.0で話をすすめます)の検索機能のあわせて使います。ツールバーから「編集」→「このページの検索」→「検索する文字列」に「単語」や「用語」を入力して「次を検索」をクリックして探します。このクリックを繰り返して目的?の文書を探し出します。

 この合わせ技を使えるようになると、なんだか楽しくなります。でもそれって私だけかな?

使えるサイト内検索
使える”サイト内検索”の機能

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7077)

AETのRoss's Blog まもなく開設

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-12 16:30

ども。
3連休を東京で過ごし、北海道の冬の厳しさを改めて痛感している担当ちゅんです。

さて、本日はお知らせがございます。

当ウェブサイトには現在「観光情報ブログ」「農家の花嫁・花婿ブログ」「にわかSEは大忙し!」と3つのブログがありますが、近日、もうひとつブログが開設されることとなりました!

その名も「AET Ross's Blog(仮称)」。

町教育委員会でAET(Assistant English Teather)として勤務しているRossさんによるブログです。Rossさんはオーストラリア出身ですから、もちろん記事は全て英語となります。
本日はブログ開設にあたっての説明と設定のためにRossさんのもとを訪ねました。

が、しかし・・・。私の英語ではどうにもうまく伝わらない。一応英検準2級を持っていますが、そんなちっぽけな誇りは「Mr.Ross」という言葉と共に闇に葬り去られました・・・(ちなみにMr.Cole-Hunterです)。
そんな珍問答をしどろもどろやってましたが、最終的にはなんとか伝わったようです。イージーイングリッシュオッケー?とのこちらからの問いに、「もちろんだ」と言わんばかりの笑顔で答えてくれたRoss。そもそもイージーイングリッシュという言葉自体が存在するのか不安ですが、要するに「簡単な英語で頼むね」と。
ブログのタイトルの案で「コールハンターのモンスターハンターはどう?」とウイットなジョークを飛ばすも、会話にならないので冷たい空気が・・・。
※さらに、RossさんはMacユーザーなので、説明はなおのこと難しかったというおまけつき。MacOSXでWindows7が動く様子には思わず興奮しちゃいました。実は元Macユーザーなもので。

Rossさんは写真のとおり、とても素敵な方です。写真を撮るのが趣味だとおっしゃっていましたので、キレイな写真なんかもアップされるかもしれません。

Ross
ブログはまもなく公開できますので、ご期待ください!by Ross
本日公開です!今後の更新をお楽しみに!by Ross

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6524)

ネットの速度って?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-8 13:46

 今日の道新聞朝刊に高速無線LANの記事が載りました。実は、昨年中に取材済みだったので”やっと出た〜!”って感じです。
 利用者としてコメントしているKさんはウェブデザイナーで、Uターンして実家のある山崎で仕事をしています。BB回線はお仕事上からも必須で以前より熱望しておりました。ここで気づいた方がいるかも?コメントに「8〜10Mbpsで速度が倍増・・・」とあります。えっ!今までもこの半分位は出ていたの??ISDNで???と突っ込まれそうです。実は山崎地区では、2.4GHzの無線LANを有志で設置し花浦からADSLを延ばして使っていたのです。しかし、Kさんは、より高速で安定的な今回の無線LANに乗り換えたと言うことなので、こんなコメントになっているのでした。

通信速度の数字ってそんなに大事でしょうか?

単に通信速度を数字で表示させると、次のようになります。
0.056 アナログモデム
0.064 ISDN
11.000 無線LANのIEEE802.11b
47.000 フレッツ・ADSLモア3
54.000 Air5G や IEEE802.11g
100.000 Bフレッツ光

単位はMbpsですが、数字は理論値(公称)です。

では、この実測値って何で測るのか?

 これって、通信回線速度の測定方法ですね。google等で検索すれば、山のようにその方法が出てきます。専門・技術的に数種類の測定が発表されていますが、測定方法が変われば、同じ回線でも大きな差(何倍もの)が生じると言うことです。要は、目安に過ぎないと言うことです。情報政策室では速度の目安として簡単に使える”gooスピードテスト”と言うウェブサイトをメインにしています。   

次に、測定するPCから何処までを測るのか?

 gooスピードテストでは、gooスピードのWebサイト→ネット回線→測定しているPC間を測ります。なのでネット回線の優劣で速度に表示差が出ます。なのでこれを目安にしています。ただし、あくまで測定は、gooスピードのWebサイトなので、ヤフーやYouTubeへの速度ではありません。
 次の問題です。測定に使っているPCでも大きく差が出ます。以前、自宅の光回線を、数種類のPCを使い、同じgooスピードで測った事があります。測定結果はPCによってバラバラです。ウインドウズ98では、3Mbps位、Meも似たり寄ったりで、XPだと16前後、Vistaだと10位だったと思います。同じXPでも半分の8しかでない物もありました?同じ光回線なので全て同じ値が出るはずですが、実際はこんな物です。要は、測るPCによっても差が大きいって事です。体験的に調子の悪いPCは速度もでないようです。
 それと使った光回線は、勿論契約は100Mbpsです。測定結果は、最高でも5分の1以下です。しかし通信サービスは各社とも「ベストエフォート型」のサービスとされています。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法なので、5分の1の速度でも文句は言えないのです。いやなら使うなって事でしょうか?まあ、1Mbps程度あれば問題なくBBが味わえると思います。(ちなみにPCのMTUって値を特定サイトに合わせ高速化する禁じ手もあったはりします)なので、速度の数字は、どのPCで何処までをどんな測定をしたかで、変わるってことです。

 インターネットを何に使うかは個人差がありますが、ちゃんと使えれば数字を気にせず”OK”ではないでしょうか?一説では0.5Mbps以上あればBBと呼ぶとなっていますから。

 最近インターネットが遅いと相談されることがあります。対策(答え)は、大変に難しいって事ですね。まずプロバイダーや通信事業者へ故障の問い合わせをしましょう。出来れば違うPCでも試してみるのも良いでしょう。いろんな人に聞いて、実際に色々試す事が大事です。

役場の測定結果
役場は光(100Mbps)ですが結果はこれ位です。


(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6477)

衛星BBは1度の狂いが大問題!?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-7 16:23

ども。
年末年始から続いていた悪天候もようやく回復し、本日は久しぶりの晴天となりました。
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。担当ちゅんです。

昨日、八雲町の上八雲という地区にある大関(だいかん)小学校【MAPはこちら】に設置中の人工衛星を使用したインターネット『IPSTAR』が不調との連絡を受け、現場に行ってきました。

デジタルディバイドの地域に残された最終手段?とも言える衛星BB。現在、日本ではIPSTAR社によるサービスが始まっており、1月中旬からはBBSAT社の衛星を利用したTikiTiki-SATも利用可能となる見込みです。速度はISDNの比ではなく、下り速度で2Mbps程度の速度が得られ、YouTubeなど動画サイトの閲覧も問題ないレベルなんです!

ですが、それが不調なんです。「今朝からつながらなくなった」とのことで現場を確認すると、既にパラボラアンテナの付近まで堆く積もった雪・・・。恐らくは屋根から落ちてきた雪がアンテナを直撃し、角度が微妙にずれてしまった?!でも専用モデムのランプを確認すると衛星からの信号は受信できてるっぽい。上空で何が起こっているのかは知るすべも無く、どうしてつながらないのかまったくの謎!現在はとりあえず様子見です。

電波の発信元が人工衛星ですから、地上でアンテナの角度が1度ずれると衛星から見れば「がっぱり」狂ってしまうということなのでしょうか…。衛星BBの電波はテレビのCS放送などと比べて指向性が狭いのかもしれませんが、積雪地帯にとってこれは死活問題。というか、そもそも屋根の下に設置したこと自体が間違いだったのか??

何事も無かったように無事に復旧することを祈るばかりです。

ipstar

角度が微妙なんです(夏に撮った写真で申し訳ないです)

(投稿者:ちゅん)

電線の下に積もる雪

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-1-6 9:25

 おはようございます。

 昨日から雪が降り続き、今朝は一面の銀世界です。八雲町は道南の多雪地帯と言われていますが、大晦日からの雪でその名のとおりになってしました。みなさん、雪かき(除雪・排雪)大変ご苦労様です。
 さて、出勤時に気になった光景がありました。普通、電線の”上”に雪が積もりますが、電線の”下”に雪が積もっています?電線の周囲全体に”きりたんぽ”のように巻き付いているものもあります。ちょっと調べてみました。
 湿った雪が電線上に積もって、気温が下がるとそのまま凍り付き、バランスが崩れて電線ごとクルッと回転するそうです。こうなると雪が電線の下側に積もったように見えます。(写真参照)
 この状態でさらに雪がつもると”きりたんぽ”状に外周に付着することになります。注意すると年に数回見られます。余談ですが、高圧の送電線に大量の雪が付着してこの現象が起きると、電線を固定している部分に大きな捻れの力が作用するため、電線が切断されることがあるらしく、積雪地帯の送電線には、いろいろな着雪防止対策が講じられているとなっています。さらに調べます、送電線は複数の線を縒りあわせて作られているらしく、電線に付着した雪は、電線のねじれに沿って回転しながら成長するため、”きりたんぽ”が出来やすいとも言われています。そこで、電線の途中に雪が付着しにくいプラスチックの「難着雪リング」なる物を一定間隔で取り付け、着雪の成長を防いでいると書かれていました。つまり、”きりたんぽ”を輪切りにして、大きくさせないということでしょうか。
 注:きりたんぽ(切蒲英)とは、秋田県の郷土料理です。詳しくはWikiでどうぞ。

 ひとまず、雪も峠を越えたようですが、道路での転倒や屋根からの落雪には十分ご注意下さいませ。

電線の下に積もる雪
”きりたんぽ”と電線の”下”に積もる雪

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8169)


ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open