にわかSEは大忙し!

噴火湾パノラマパークに光回線が開通しました

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-7-12 17:30

ども。
7月の予定がパンクしそうな担当ちゅんです。

とはいえ、暖かい時期にしかできない仕事が多いので仕方がないところです。
さて、このたび道立公園「噴火湾パノラマパーク」に念願の光回線が開通しました。先日、回線の工事が行われ、VPN回線の切り替え作業等のため立ち会いました。

噴火湾パノラマパークのエリア一帯は、今回、光のエリア拡大となった町内「浜松・山越エリア」の中で、最も重要と考えていた場所のひとつです。八雲町の観光拠点となっていて、さらに道央自動車道の八雲SAと徒歩でアクセスが可能という条件から、シーズンには大勢の観光客で賑わいます。実際に、当町の「どこでもWi-Fi事業」で設置しているFreeSpotのアクセス数では、他の施設と比較してアクセス数の桁が一つも、ときには二つも違います。

そのくらい公衆無線LANの需要が高い中で、これまでバックボーンがADSLであったことが、我々にとってはすごく気になっていたことでした。何度もエリア拡大の陳情を行いながら、ついにこの日を迎えられました。これまで大勢の方々がご尽力いただいた結果だと思います。こうした場面に立ち会う中で、より一層その思いを強くしました。

今後はご来園のお客様には快適にインターネットをご利用いただけるようになっておりますので、これまで以上にどんどん、さらには多目的にご利用いただければ幸いです。もちろん、事務所で仕事をしている職員にとっても悲願。データを送受信するときに別な用事を足しながらが完了を待つといった業務フローからようやく解放されます。昨今のICTを取り巻く情勢、さらには情報通信の高度化を考えるとき、やはり回線は光でなければ通常の業務すら難しくなりつつあります。そういう意味で、まだ光回線が利用できない地域に対しての働きかけはこれまで以上に力を入れて取り組まなければならないと気を引き締めました。

工事中の風景
このケーブルを差し入れた瞬間、光になりました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (164)

HARP協議会

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-7-10 18:00

ども。
肌寒い日が続いていて、自分の体調に自信が持てない担当ちゅんです。

そんな中、昨日は札幌市にて「北海道電子自治体共同運営協議会(HARP協議会)」の企画運営部会が開催され、出席しました。八雲町としては2年連続2回目の参加。協議会の名前のとおり、北海道の自治体で共同運営している各種システムやそれに付随する施策・ルール・方針などを検討する場となります。

(参考)
HARP構想について:北海道庁(情報政策課)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/jsk/harp/

今回は平成30年度の第1回の開催であり、平成29年度に参加されていた団体からほぼ半数が入れ替わりとなりました。私は時間に余裕をもって開会の30分くらい前に入室しましたが、すでに会場は名刺交換の場となっておりました。普段はなかなか話ができない「同業者」の集まりです。こうした他自治体との交流ができることもこの場に参加する意義だと感じていますので、私もさっそく名刺を片手に人山に突入。

最初に目が合った方に「はじめまして、八雲町の・・・」と切り出すのですが、初対面であるはずの相手から「あー!いつも見てますよ!」と。どうやらこのブログをいつもご覧になられているようで、いきなり恐縮。ついで、別な方にご挨拶すると、今度は「ちゅんさんですよね」。若干汗をかきながらもう一人、別な人とご挨拶すると「有名な方ですからもちろん知っていますよ」。いつの間に有名な方になったのでしょうか・・・。10年もこういうことをしていると、そういう括りになるのかもしれません。さながら「オフ会」のようなノリでしたが、このように声をかけていただけるのは光栄ですし、本当にありがたいなと思います。

会議では、運用中の「北海道セキュリティクラウド」のことや、当町も公開している「オープンデータ」についてなど、夕方5時までびっちり議論。事務局が「会議室の都合でリミットは5時です」と発言しなければ議論が止まらない状況。そのくらい、出席された団体は意識を高く持って参加されているということでしょうし、裏を返せば日常の業務の中で情報交換する機会があまりにも少なすぎるということかもしれません。私は都合により日帰りとなりましたが、次回以降はぜひ食事をしながらの情報交換会にも参加し、日頃困っていることなどを相談していきたいと思います!

会議の風景
個人的に、ちょっとしゃべりすぎたかな・・・と総括しています。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (178)

苦労したHUBの再設定

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-7-6 17:30

ども。
本日から八雲では北海道三大あんどん祭りの「八雲山車行列」が開催予定。天候が気になる担当ちゅんです(詳しくは当町観光ブログにどうぞ)。

さて、とある試験事業を実施する中で、LANケーブルの敷設が必要になりました。結構な数のポート数が必要となるので急遽16ポートのHUBを複数台用意して、これをカスケード接続しようと考えました。本来はもっとポート数の多いHUBを用意できればよいのですが、なにぶん試験なのでなるべく経費はかけないで行いたいのです。

そして、こういうときにすぐHUBが見つかるのは我が社特有の「もったいない精神」のおかげです。サーバ室にまだ使えそうな、しかも1000BASE-Tの16ポートHUBが4台も積まれていました。どこかの現場で廃棄となったものを大切に保管していたということなのですが、それにしてもこんな上物を使わないで置いておくとはどういうことでしょうか。

調べてみました。すると、どうやらこのHUBはとある学校のパソコン教室でかつて使われていたもののようなのですが、なんと「再設定しようとしたけど管理者IDとパスワードが分からない(しかもリセットもできない)」という悲しい事情があったようです。廃棄予定の山から勝手に拾ってきたので文句は言えませんが、実に残念です。
ですが、やはりあきらめきれません。自分の目でもそれを実際に見てみようと思い、HUBのシリアルポートにケーブルをつないでTeraTermで覗いてみます。すると、やはりログイン画面でIDとパスワードの要求が出てきました。

こんなときにまず試すのは、メーカー出荷時に設定されているデフォルト値。取扱説明書に書かれていたものを入力してみますが、やはりこれではログインできません。そこからは手当たり次第に思いつくまま、様々な組み合わせを試してみますが、これまた簡単には見つかりません。もっとも、簡単に破られるようではパスワードの意味はありませんので仕方がないことです。
しばらくチャレンジを続け「これは確かに厳しそうだな」とあきらめかけましたが、やけになってIDを入れた後にEnterを複数回押したとき、奇跡が起きました。なんと画面には管理者メニューが表示されています!

そうです、実は設定されていたのはメーカーデフォルトのIDだけで、パスワードは未設定(なし)だったようなのです。偶然、パスワードの入力をせずにEnterしたことでログインできてしまった、というのが話のオチになります。普段から物を大切にしているとこんなご褒美もあるんだと思いました。
・・・ただ、今回用意したHUB、設定を終えてから気がついたのですが排気ファンの音がうるさくてどうしようか迷います。1台ならまだしも、これを複数台運用したら、きっとクレームが来るだろうなぁ。やはりすんなりと事は運ばなそうです。

HUB
再利用は可能となりましたが、利用するか否かは検討中。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (274)

インターネットの速度測定

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-7-4 18:00

ども。
私物ではありますが、パソコンを新調した担当ちゅんです。もちろん中古です!

さて、業務の中でネットワークの速度を測定しなければならない場面というのは、案外多いものです。速度を計測するうえで大切なことは、インターネットの速度とローカルの速度を分けて考えることだと思います。私の場合、ローカルの速度計測にはフリーソフトの「NetMi」を利用させてもらっています。サーバ側とクライアント側、それぞれで本アプリケーションを起動させておいて、その間のスループットを計測するもの。あくまでも目安でしょうけれど、私にとっては必要十分だと思っています。

で、いつも迷うのがインターネット側の速度。これについては様々な方と意見交換をしていますが、人それぞれ使っているサイトやサービスが異なります。最近では速度結果がグラフ表示されたりと、かなり高機能なものもあるようです。正直、どのサイトを利用するのがいいのか迷ってしまいますが、皆さん一致しているのは「どこでもいいのだけど、毎回使うサイトは特定した方がいい」ということのようです。
つまり、サイトやサービスによって速めの速度が出るところもあれば、遅めのところもあるのですが、いずれにしても「毎回同じもの」を使っていれば相対的に速度の目安となりますよ、ということです。なるほど、勉強になります。

我々の部署ではこれまで、伝統的に「BNRスピードテスト」を利用してきました。元上司92氏がよく利用してきたものなのですが、いつしかこのサイトで計測することが暗黙のルールとなりました。大変便利に利用してきたのですが、速度計測にはFlashが使われていて、たまにFlashが利用できない環境だと測定が画像によるものに置き換わり、「いつも同じ環境」とはいかない面もありました。

そこで、今後はどこかのサイト、できればどんな環境からでもすぐにアクセスができるもの、使い方が容易なものはないかと探してみました。
すると、驚いたのですがGoogleにスピードテスト機能なるものが実装されていました。使い方も簡単で、「スピードテスト」と検索するだけ。簡単です。
これなら自ら操作できない環境であったとしても、電話などで「スピードテストと検索してください」と指示をして実行をお願いすることも簡単そうです。以降はこれに統一して業務を行っていこうかなと思っています。

スピードテスト
誰でも使えるという点で優れていると思います

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (273)

フェージング現象が発生中です

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-7-2 17:30

ども。
普段はサッカーより野球派ですが、ワールドカップは別だと思っている担当ちゅんです。

そんな時期だからでしょうか。最近「夜にテレビを見ていたら急に映らなくなってがっかり」そんな話を耳にします。また、本日は「町民の方からの問い合わせで、テレビの映りが悪いとのことだけど、どう対応したらよいか。」といった職員からの連絡もありました。
映って当たり前のテレビが急に映らなくなると困りますよね。実際に私も自宅で、数分間テレビが映らなくなったことがあって、右往左往してしまいました。

そこで、本日はテレビ放送の受信障害に関するお問い合わせを受け付けている「北海道総合通信局」さんに電話してみました。単刀直入に「町民の方からテレビの受信強度についてお問い合わせが多数寄せられていますが、現在類似の連絡は寄せられていませんか?」と聞いてみると「総合通信局として各テレビ局の送信設備に不具合が生じているとの連絡は受けていません」とのこと。それとあわせて「気象条件などによって電波の状況は変動するものです」とのことでした。
次に、地元のテレビ局である「HNK函館放送局」さんに電話。すると「放送局の設備に異常はありません」と前置きがあったうえで「ただ、室蘭の設備から電波を送信している八雲地域は『フェージング現象』により強度が不安定になっていることを把握しています」とのこと。

やはり、この時期特有の「フェージング現象」が発生中のようです。フェージング現象とは何ぞやという点を解説しだすと長くなりますし、そもそも私のような「にわか」が詳細な解説は困難ですので、もし興味がおありの方は次のサイトからご確認いただけます。

総務省|関東総合通信局:電波の異常伝搬によるテレビの受信障害
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/bc/shogai/izyou/

上記リンク先にもありますとおり、今回のフェージング現象を含めた電波の異常伝搬に対しては「自然現象によるものですので、これといった対策の方法はありません」が答えとされています。八雲町内では特に夏場のこの時期に発生することが多く、傾向としては日中よりも夜〜日の出頃が特に悪いようです。
せっかく楽しみにされていたテレビ番組が見られず、特にこの時期はサッカーワールドカップなどで深夜帯にテレビをご覧いただく機会も多いなかで大変残念ですが、やはり「自然には勝てない」ということでご理解いただくしかないようです。

アンテナ強度
裏技的には「ワンセグ」を受信してしのぐという手もありそうですが

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (352)

光回線開通後の後始末

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-6-28 17:30

ども。
Twitterにて「八雲町の情シスのブログ、書籍化されたら絶対買う」というツイートを偶然見つけて、飛び上がりたいほど嬉しかった担当ちゅんです。

本日は、とある学校でネットワーク回線として利用してきたFWAのアンテナの取り外し作業を行いました。光回線が開通したことで役割を終えたものですが、これまで様々な苦労を乗り越えて運用してきたことを思い出し、感慨深いものがありました。

情報政策室ブログ:140m先でPoE機器を使いたい(2014-07-10)
情報政策室ブログ:高所恐怖症(2014-08-25)
情報政策室ブログ:5GHz帯無線LAN経路を変更(2015-02-03)
情報政策室ブログ:また高所作業・・・(2017-08-29)
情報政策室ブログ:高所作業回避(2017-09-07)
情報政策室ブログ:再び、ネットワークが不通になる(2017-09-28)
情報政策室ブログ:FWAアンテナを交換する(2017-10-04)

書き出してみるとこの歴史です。特に晩年は謎の不具合が頻発し手をやきました。
そして、このブログには度々書いていますが、私は高いところが大の苦手。それに加えて、前任の「隣席ふろんと氏」も、現在の相棒も高いところはからっきしダメ。正直、この案件にトラブルが発生すると「またあのハシゴか・・・」と憂鬱になり、誰がハシゴに登るかでけん制しあったことを思い出します。

そんな業務に終止符を打つべく、最後の高所作業。これまで何度も冷や汗をかきながら行った作業ですが、最後は不思議と恐怖心はありませんでした。むしろ、経年により若干見栄えが悪くなってしまったアンテナ機器を見て「お疲れ様」という気持ちでした。丁寧に取り外し、そして残ったLANケーブルを綺麗に処理して作業終了となりました。
グランドの脇に電柱は残ってしまいますが、これは撤去が不可能なのでこのまま残しておくことに。この先、この電柱を見るたびに「たたかいの記憶」がよみがえるんだろうなと思います。

取り外し作業
引き気味に写真を撮ってみたら、妙にシュールな感じになりました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (358)

円マークとバックスラッシュ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-6-26 18:00

ども。
このところ、寝不足が続いている担当ちゅんです。

とある部署から「プリンターの初期設定をしてほしい」と依頼の電話がありました。これまで使ってきたレンタルのプリンターが故障し、別なプリンターと交換になったとのこと。同型のプリンターであれば設定情報をエクスポートしておいてもらえれば楽なのに・・・と思いましたが、そういう設定ができる機械ばかりではありませんのでやむを得ません。

IPアドレスのみ現地の職員が設定し、その後は私が自席から設定書を見ながらネットワーク越しに設定します。今回の対象プリンターは複合機タイプであったため、プリンター機能の他にスキャナー機能などが搭載されているものでした。スキャナーについてはあらかじめ保存先をファイルサーバーに設定しておいて、PDFファイルに変換されたデータが自動的に保存されるよう設定します。どうやら、無事に設定できたようです。

現地の職員に「設定が終わりました」と連絡をし、一件落着・・・と思ったのですが、数分後「スキャナーが利用できません」と報告を受けました。
設定後、自分なりに内容をチェックして間違いが無いことは確認していたハズでした。それなりに自信があったので、がっかり。
で、再度設定画面を見てみたのですが、一瞬見ただけではどこに間違いがあるのかわかりません。IPアドレスも問題ないですし、そもそも使えないのはスキャナー機能だけで、プリンターとしては使えているようです。

焦らずに、一つ一つの項目を指さししながら確認していき、ようやく原因が分かりました。ファイルサーバーまでのパスを入力するときに、円マークとスラッシュを間違えて入力していたのです。

実は、円マーク(¥)というのは日本語フォントを使っている時にはきちんと出力されますが、欧文フォントを使っている時にはバックスラッシュ(\)と呼ばれる記号として出力されます。これは、双方の文字が「U+005c」という同じコードを使っているために起きる現象なのですが、普段見慣れない記号なので、気を付けないとよく間違えます。特に、設定書などを見ながら作業をしていて、バックスラッシュが出てくると無意識にスラッシュを入力してしまいがちです。どう考えても「¥」の方が見やすいと思うんですが、それは日本人だからそう思うのでしょうかね。

円マークとバックスラッシュ
どちらが見やすいと感じますか?

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (296)

地下埋設の管、通る。

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-6-22 17:40

ども。
「いつもブログ見てますよ」の一言が本当に励みになっている担当ちゅんです。

5月11日に当ブログに投稿した「やっぱり通らない地下埋設」という記事の続編になります。よろしければまずそちらの記事をご参照ください。

情報政策室ブログ:やっぱり通らない地下埋設(2018-5-11)

「学校の敷地にある地下埋設の管は、どうしてだかすんなり通らない」「あきらめるしかない」と、残念な内容をご報告したものです。
このたび、ついにその学校にて工事日が決定し、業者さんによる事前配線作業が行われることとなり現場に立会しました。

現場に到着し、さっそく光ケーブルの配線ルートについて最終確認。私からは地下埋設が使えない前提で「このあたりに引いて、そこから壁伝いにケーブルを這わせて・・・」と説明したのですが、どうも業者さんと話がかみ合いません。聞くと「地下埋設の管を通せるかもしれない」とのこと。「いやいや、これまですでに2度ほど現調が行われていて、その都度「無理ですね」と言われているんですよ。それはさすがに厳しくないですか」と伝えるも、なにやら勝算がありそうな様子。

話を伺うと、「地下埋設の管の途中にやはりBOXがあるのではないか」とのこと。しかし、前回までの調査では、地下ピットに入れるような入り口は見つけられませんでした。業者さんと校内をもう一度探してみます。入線ルートに一番近い部屋は「女子トイレ」だったのですが、やはりここからは地下に入ることができません。次に「多目的トイレ」を確認しますが、やはりNG。微妙な空気になる中で、最後に「男子トイレ」を確認すると、そこにはなんと床下への入り口が!

業者さんが地下に潜り数分後、無事に地下埋設の管が通ったとの朗報がもたらされました。やはり見込みどおりBOXが取り付けられていて、地上からいくらワイヤーを通しても通線は不可だったとのこと。さすがプロの仕事です、恐れ入りました。
ところで、この地下への入り口、後から図面を見返してもどこにも書かれていません。さらにいえば、床下にBOXがあるとも書かれていないとのことで、苦笑いです。おそらく、百戦錬磨の業者さんにとっては、こんなことは日常茶飯事であり、たいしたことではないのでしょう。
結果的に、理想的な配線をすることができ、景観を損ねずに綺麗な工事ができました。諦めずに調査をしていただいて、本当によかったです!

配線工事
無事に管が通って一安心です

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (434)

まさに外科医

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-6-20 18:00

ども。
八雲地域と熊石地域の気温差に驚く担当ちゅんです。

先日、とある施設で光回線の開通に伴う事前確認が行われ、我々もその現場に立ち会いました。確認作業は通信事業者さんが行うものなので、指示だけ出させてもらえば後は見ているだけ。現場監督といえば格好いいですが、肉体労働では無い代わりに瞬時にいろいろなことを判断しなければならず、それはそれで大変な仕事です。

さて、その現場での出来事です。実は、その現場は「難工事」が予想され、これまでに我々が立ち会わずに2回ほど現調が行われては「失敗」に終わっていました。というのも、こんな悪条件が重なっています。

・ 宅外の配線は架空禁止、全て地下埋設の配管を通さなければならない。
・ そもそも、配管のルートは不明。通るかはやってみなければわからない。
・ 運よく配管が通ったとしても、建物内部でどのように配線されているか不明。
・ 天井の建材はビス止めだけではなく糊付けがされていて剥がすことができない。
・ よって、既存の電話回線自体がどのように配線されているのかわからない。

こうした状況の中、通信事業者の技術者は最終手段ともいえる秘密兵器を持参されました。それは、人間ドックの胃カメラなどでお馴染みの「内視鏡」です。人体に使うものと比べて太さはやや細めですが、手元のコントローラーを使って上下左右、フレキシブルに曲げることができます。先端部にはカメラが取り付けられていて、小さい穴の隙間からワイヤーを通すと、内部で配管や配線がどうなっているかわかるというわけです。こういう道具が存在していることは知っていましたが、実際に見たのは初めてでしたので大興奮。そして、この内視鏡を見た瞬間、正直「今回は成功だな」と思いました。

しかし、予想に反して調査は大苦戦。どうやら地下埋設の管自体はすんなりとワイヤーが入ったようで、建物内部の壁付近で「ガサゴソ」と音はしていますが、肝心の入り口がわかりません。
ある程度の目星をつけ、壁に小さな穴を開けて例の内視鏡を入れてみますが、そこには「強電」のケーブルしかなく、電話などの「弱電」のケーブルはありませんでした。
そこからは穴という穴、手当たり次第に内視鏡を入れてみましたが、結局、入線ルートは確保できませんでした。業者さんいわく「地下埋設の管は建物の入り口で終わっていて、そのあとは管を使わずにケーブルが引かれている可能性がある」とのこと。これ、建物の建築工事の最中の、壁を貼る前にやられたものと思われますが、後からはどうすることもできない、厳しい状況です。

結果、3時間くらいねばって調べましたが、時間切れとなり調査はまたしても失敗に終わりました。現場に残されたのは内視鏡を通すために開けられた5cm四方くらいの穴だけ・・・。プレートは取り付けましたが、何とも痛々しい状況となってしまいました。後日、作戦を練り直してリベンジです。

作業中の風景
まさに「職人技」でした。結果は残念でしたが、貴重なものを見させてもらいました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (410)

希少価値の高い消耗品発掘

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-6-18 17:30

ども。
このところずっと寒いです。寒いまま6月が終わってしまいそうで、憂えている担当ちゅんです。

先日、とある部署の担当職員から「ちょっと相談がある」と持ち掛けられました。この時点で若干嫌な予感がしましたが、どうやらそういった類の話ではなさそうです。聞くと「書庫から大量のフロッピーディスクが出てきたんだけど、どうやって処分したらいいのか」とのことでした。
「フロッピーディスクを処分!?とんでもない!!」ということで、全て我々が引き取らせてもらうことになりました。

ご存知の方も多いと思いますが、フロッピーディスクは2011年をもって生産が終了しており、現在は新品を購入することが不可能です。調べてみると、フロッピーディスクのドライブは今でも生産されているようで、つまり世の中には「過去の遺産」をやむなく活用しなければならないような悲しい事情が存在するのだと推察されるわけですが、実はこれ、他人事ではないのです。数は少ないですが我が社にも今なお現役でフロッピーディスクを使っている部署があって、それはそれで驚いてしまいます(やめてくださいと何度か持ち掛けていますが事情があるようです)。
そして、生産が終了しているため現在市場では若干のプレミアがついていて、10枚購入しようとすると3,000円以上の値がついているようです。

今回、引き取ったフロッピーディスクは100枚にもなりました。中にはラベルに「ワープロ」と書かれていたり、はたまた退職した職員と思われる見知らぬ名前が書かれていたりと、まるで古文書でも見ているかのようです。
それだけではなく、なんと新品未使用の「ドライブクリーナー」なるものまで発掘されました。クリーニング用フロッピーディスクのシャッタ部を開けて、そこに湿式のクリーニング液を垂らし、それをドライブに読み込ませるという仕掛け。商品の説明書きには「月に1回程度は行ってください」とされていて、驚きです。よくぞこのような希少価値の高いものがこのままの形で残っていたものです。箱に入れて大切に保管しようと思います。

ところで、もしかしたら、今や若い職員にとっては「フロッピーディスクって何?」という世界かもしれません。事実、隣席の相棒(30)にそのことを話すと「フロッピーの容量って100MBくらいでしたっけ?」と返ってきましたから。そうですよね、普通はそのくらいあると思いますよね・・・。時代は変わりました。

フロッピーディスク
まさか容量が「1.44MB」なんて信じられませんよね

(投稿者:ちゅん)



ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open