にわかSEは大忙し!

自己署名証明書のインストール

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-12-6 18:00

ども。
このところデスクワークが続いている担当ちゅんです。

とある案件で、職員が利用している業務用PCに「自己署名証明書」をインストールしなければならなくなりました。自己署名証明書というのは簡単に言えば通信の暗号化を複合するための「鍵」のようなもの。鍵があるから通信できますし、逆にいえば鍵が無ければ通信できません。すみません、こんな説明で。にわかSEにはこれ以上の説明は無理です。

鍵が無ければ通信できないのですから、この作業は必須です。さっそく作業にとりかかろうと導入手順書を読みました。しかし、ほどなくしてその内容に愕然とします。
「証明書ファイルをダブルクリックして開く」から始まるその手順書、つまり・・・管理しているPCに手作業で展開することを前提として書かれているようです。ちょっと待ってください、我が社だって一応数百台くらいの規模で対象マシンはあるわけで、しかもこの作業を10日以内に完了しなければ利用に支障を来すサービスが出てくるって・・・。うむむ、これは困りました。

仕方がありません。手順書通りに作業しない場合は「自己責任」という業界内の暗黙のルールは重々理解したうえで(当然同業者の皆さんもすべからくやっているであろう)「グループポリシーによる配布」に方向転換です。
というのも、グループポリシーを使うことができる環境下では驚くほど簡単な手順で展開が可能です。
(以下、自分向けの備忘録を兼ねて)
設定すべき項目は「コンピューターの構成→ポリシー→Windows の設定→セキュリティの設定→公開キーのポリシー」です。この中にある該当する証明書ストアに対して、通常クライアントに設定するときのように証明書をインポートするだけ。本当にただこれだけで、このポリシー配下のPCすべてに証明書が配布されます。

たぶんですが、こういうことは「みんな知ってるでしょ?」ということなのだと思います。だとしても、手順書の最後でいいから「グループポリシーにより配布することも可能です」とか記載があれば安心できるのにな〜と思います。「結果的にできた」ということと「それが正しい方法かどうか」ということは全く別の問題だよな〜とつぶやいてしまいました。

GPO管理エディタ
むしろこれ以外の方法でどうしろと言うのでしょう

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (239)

無線通信機器の引き渡し

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-12-4 18:00

ども。
睡眠時にネックウォーマーを着用しだしたところ、今期は肩こり・腰痛が全く発生していない担当ちゅんです。

そのようにめっきりと寒くなりましたが、本日も外勤です。先日から設定に悪戦苦闘しておりました無線通信機器を現場の業者さんに引き継ぐため、熊石地域に赴きました。
結局のところ、現段階で設定は未完了の状態となってしまいましたが、現場の作業工程に合わせて取り付けをしてもらうことが最優先。あとは実際に現地で、本番環境で調整して仕上げることになりそうです。

現場では電気工事の代理人さんと会話をしながら、機器の取り付け位置や仕様などを説明。「〇〇という建物が基地局なので、おおよそアンテナはそちらの方向に向けてください」など説明をしたのですが、代理人さんの表情は優れません。どの程度伝わったのかちょっと不安。

それもそのはず、今回の建物に入っている工事業者さんは、おそらく「強電」を専門にされているのでしょう。電気工事には強電と弱電という区分けがあり、簡単にいえば強電とはコンセントに来ている電気のこと。我々のような情報システム分野でお世話になるのはほとんどが「弱電」です。まして、そこに「無線通信」という概念が加わるとお手上げになってしまうのも致し方がないところ。

仕方がないので、なるべく専門用語は使わずに説明。「この線を(LANケーブル)、頭を付けずに(RJ45コネクタ)、このへんの外壁から室内に入線させて、この箱(通信設備用BOX)に入れておいてください。この白いの(AP)は適当な場所(だいたいの場所を指さす)にネジで取り付けておくだけで大丈夫です」といった要領。加えて「この箱の中にはコンセントを用意してください」と。この部分だけが妙にクリアに伝わったような気がしましたが、なんとかなる・・・でしょう。

我々の本番は、すべての工事が完了して建物に電力が通った後。越年案件とはなってしまいますが、基地局に向けてアンテナ角度を微調整し、ネットワーク設定を行い、最終的には建物内でWi-Fiを利用できるようにすることがミッションです。引き続き、気を緩めずに対応していきたいと思います。

建設中の建物
見るからに弱電設備などなさそうな現場です

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (297)

いざ山奥へ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-30 19:09

明日から12月ということで今年も残すところあと一か月となりました。「同僚F」改め「おーるど」という名前でこれからこのブログに登場することになりますのでよろしくお願いします。さて、情報政策室には、毎年この時期に「山奥にあるIPカメラの通信設定」の業務があり、今年から私が担当することになりました。異動してすぐに担当になったこともあり、11月頃から別部署と連絡をとりながら、契約など進めてきました。このIPカメラの通信手段は「USB接続型モバイルデータ通信端末」というもので、通信の肝となる「SIMカード」が本日到着し、いよいよ設定、設置の日を迎えました。机にSIMカード、必要機器、PCを並べ、「引き継ぎ書」を片手にいざ設定へ。しかし、「設定ってどうやるんだ?」と思いながらも、とりあえず挑戦してみることに。結果30分ほど格闘しましたが、まったく設定できる気配がなく、ちゅん氏へヘルプの要請。すると、あっという間に設定が完了し、通信の確認も無事終了。設定方法を覚え、少しレベルアップできた気分でした。

現場へ向かう前に、前担当者のふろんと氏へ連絡をとり、現地へ同行してもらうことに!ふろんと氏からアドバイスをもらいながら、機器の設置を終え、現場での動作確認をし現場を後に。帰りの車中でふろんと氏から雪が積もると、雪に埋まりながら修理しないといけないから頑張ってとの話が…。このまま春まで無事動き続けてくれればと思うおーるどでした。

 

 この高さまで積もると余裕で埋まっちゃいますね。

 

(投稿者:おーるど)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (329)

プロ用機材に泣く

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-28 19:20

ども。
すっかり自転車好きになった担当ちゅんです。

とある案件で無線LAN機器を調達しました。今回はいつも選定しているおなじみのそれではなく、今まで自分では触ったことのない、いわば「プロ用機材」です。当然、こうした機器を導入する際には現地での設置・設定作業までを専門業者さんに委託するのがセオリーなのですが、今回はそこの部分にも若干の事情があって、機器のみを購入し私が設定を行うということになってしまいました。業者さんには「物だけ売ってもらうことはできますか?」と確認が必要なほど、特殊なメーカーです。

とはいえ、実は自信がありました。いくらプロ用機材だからって、所詮はネットワーク機器。IPアドレスやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイなどお馴染みの設定をするはずですし、その後はSSIDを作成してパスフレーズを決めて、最後に機器のパスワードをデフォルトから変更しておけばいいのでしょうと。
・・・まあ、結局のところそれは当たっていたとは思うのですが、はっきり言ってナメてました。

いざ設定画面を見てみますと、当然のように全て英語。そりゃそうです、何せプロ用です。「Change Language」なんていう設定などあるわけがありません。面喰いながらも少しずつ設定を進めます。が、いつも設定している機器には出てこないような項目が山ほど出てきます。そして、これは事実なのですが、機器のIPアドレスを設定する項目すら、どこにあるのか分からない始末・・・。ほとほと困り果てました。普通、LAN側のIPアドレスを設定したいだけなのに「VLAN」なんて項目から設定しますか?「SVI」って何ですか??もう意味が分かりません!

結局、その納入業者さんに電話で泣きつきました。すると、業者さんからも意外な言葉が。「これ・・・難しい・・です」と。この一言には救われました。本物のSEさんから見ても難しいという言葉が出てくるのですから、私ができなくて当然と言えば当然です。
仕方が無いので今日はあきらめて、後日再挑戦してみることにします。結局のところ、無線LANを設定して通信できればよいのであって、結果が全て。現場で試行錯誤して答えを導き出していきたいと思います。

設定
このAPはうまく設定できたのですが・・・

(投稿者:ちゅん)

フリースポット天吊り用金具

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-26 18:00

ども。
電話対応が続き、しゃべりすぎて声が枯れてしまった担当ちゅんです。

そんな状況ですが、本日もフリースポット機器の更新のため、町内公共施設を訪問しておりました。
先日、当ブログにて「壁掛け・天吊り用に金具で細工をした」と書いたところ、同業者及び本物の方々から多くのリアクションをいただきました。恐縮ですがお褒めのお言葉も多く頂戴しましたが、その中でこんなアドバイスも。

確かあのAPは台座と本体がカチッとはまるタイプかと思います。事務所でなく多様な場所に設置なので可能ならテグスやワイヤーで落下防止をしておいたほうが安全かと思います。LANケーブルと電源が刺さっているので、すぐには落下しないと思いますが、一般の人が立ち入る場所では何が有るか判りませんので・・・

的確ですね。そして私の性格をよくご存じのようで、まさに現場にて「LANが刺さってるから落ちないべさ」と発言しておりました。反省。本日の施工では何らかの細工をして、落下防止策を講じることにします。

偶然にも、本日の案件は全て「天吊り」が必要でした。以前、天吊り用金具の試作品を作っていたのですが、実際に現場で試してみるとAPがうまく取り付けできないということがわかりました。
工具箱をひっくり返して、手持ちの部材だけで対応できないかとしばし悩みます。そして、困ったときには必殺「マーブルチョコレート金具(と勝手に呼んでいます)」の出番です。プラスチック製の台座を固定するため、U字金具のように細工をしていきます。いくつか失敗を繰り返し、ようやくそれらしいものが完成。そのまま取り付けても良かったのですが、見栄えを考慮して黒マジックで塗装。ひたすら金物を作る人間と、ひたすら塗装をする人間(同僚F氏)。傍から見たら絶対に役場職員には見えません。

そんなこんなで、見事、台座は天井に取り付けられました。念のため、AP本体と台座は結束バンドで固定し、落下対策も万全。非常に苦労しましたが、満足のいく仕上がりとなりました。アドバイスを頂いた某社のHさん、ありがとうございました!

 

天吊り
真ん中にドリルで開けた穴が見えます。そこにネジを打ってはAPなどつきませんね。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (462)

スキャンディスク決行

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-21 19:30

ども。
八雲もついに雪が降りました。神経痛の訪れを恐れる担当ちゅんです。

某学校からお叱りの電話がありました。「コンピュータ室にあるPCの動きがおかしくて授業になりません」とのこと。実は数日前に連絡を受けていたのですが、急ぎの業務が立て込んでしまい訪問が遅くなってしまいました。

現場にて状況を確認。その学校のコンピュータ室には40台のPCがあるのですが、まずもってOSの起動に失敗してしまうPCが3台ほどありました。まずはこれを直さなければならず、すぐにディスクイメージから復元します。イメージを展開すると通常通り起動することができたので、どうやらハードディスクにダメージは無い様子。単純にシステムが壊れていたことが原因でしょう。

さて、ようやく全てのPCが起動するようになり、ここから本格的に保守作業に着手です。そもそも、正常なPCではシステムが壊れることはありません。確認を進めると、PCはとりあえず起動するものの、どこか動作が緩慢であったり、触っていて感覚的に「何かがおかしいな」と感じます。何のプログラムも起動していないのにマウスカーソルがクルクルしていたり、突然勢いよくディスクへのアクセスが始まったり・・・。確証は持てませんでしたが、これはおそらくファイルシステムのエラーが原因だとアタリをつけました。

早速、全台でスキャンディスクを実行。実はスキャンディスクって危険な行為です。弱ったディスクでこれを実行してしまうと、とどめを刺すことになりかねません。ただし今回の場合は、仮にこれで起動しなくなったとしてもディスクイメージから復元するだけですので安心。むしろ、ふるいにかける意味でも有効な手法です・・・よね?
実行してみるとやはりエラーの山でした。あまりにもエラーが出るものだから、逆に喜びを感じてしまうほどです(この気持ち、たぶん同業者なら共有できますよね)。
丸一日この状態を放置し、本日ようやく全てのPCを復旧することができました。

どういうわけか、学校にあるパソコンではファイルシステムにエラーを生じることが多いような気がします。不特定多数の生徒が利用するので、中には電源ボタン長押しでシステム終了するような状況もあるかもしれません。本来であれば、本格的に起動しなくなる前の段階で定期的にメンテナンスしていければいいのですが。なかなか難しいところです。

スキャンディスク
スキャンディスクのエラーが流れていく画面って、なぜかわくわくしてしまいます。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (430)

壁面がコンクリート問題

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-19 19:09

ども。
実は日々の生活をルーチン化していて、そこから大きく外れると体調を崩してしまう担当ちゅんです。

先日、フリースポット機器の「自作取付金具」のことを記事にしました。本日はその続きとなります。
前回のあらすじは「新しく買った機器には壁掛け・天吊り用のパーツが無かったので金物を使って細工をした」と、たったの40文字で全てをお伝えできるような内容でした。

本日はそのパーツを手に、さっそく現場にて取り付け作業を行いました。今回、利用したのは壁掛け用のパーツ。金物に空いている穴を利用して、ネジで壁面に固定します。これが終われば、あとはそのパーツにルータをセットして、LANケーブルと電源ケーブルを付け替えれば完了となるため、「順調なら10分もあれば終わるだろう」とたかをくくっていたのですが、順調なわけがありませんでした。

公共施設によくある「壁面がコンクリート問題」に直面したのです。公共施設ってとにかく頑丈に作られています。万が一の際に避難所にもなる施設なので、当たり前といえばそうなのですが、あとから壁に何かを取り付けようとしたときに困ってしまうことが多いです。
しかし、こういうこともあらかじめ想定していました。電動ドリルを持ち込み、壁にネジを打ち込むための穴を開けていきます。以前、通信工事業者さんがコンクリートの壁面にネジを付けるとき、あらかじめ小さな穴をドリルで開けて、そこにネジを手で打ち込むのを見たことがあったのです。見よう見まねでチャレンジです。

日中ではありましたが、ドリルの「ウィーン」という音が施設内に響き渡ります。1か所、また1か所と穴を開け、最後に金物をネジで固定。やはり、この方法は正しいようです。金具はバッチリ固定できました。
ふと、それを見ていた施設の職員がひとこと「情報って何でもするんですね・・・」と。はい、私もそう思います。でも、こういう努力をしながら「最小の経費で最大の効果」を上げられるよう努力しているのです。少々やりすぎかとは思いますがね。

壁面取り付け
こういう仕事、元上司92氏が上手だったよな〜と思い出しました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (366)

テイチャクキジュミョウ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-15 18:00

ども。
昨日は出張中に少々大きな地震があり、一瞬かなり焦った担当ちゅんです。

年末が近づくにつれて、当町の「ふるさと納税」の部署は忙しさが加速しております。おかげさまで、昨年を上回る勢いです。このブログを見て、もし興味がおありの方は次のリンク先からご寄付できます。どうぞよろしくお願いします!

八雲町へのご寄付はこちら「さとふる」
https://www.satofull.jp/town-yakumo-hokkaido/

大好評なふるさと納税ですが、ご寄付が過去最高となると、必然的に事務量も過去最高になります。ご寄付いただいた方に「受領証明書」を発行するため、職場にある「ふるさと納税専用」のレーザープリンターはフル稼働。信じられない勢いでトナーが消費されるので、常に複数の替えを用意して印刷しています。
プリンターは一生懸命頑張っていますが、それでも印字速度は決まっています。今年度はついにプリンターの数を1台増やして、2台を稼働させてしのいでいます。

そんな中。ふとプリンターの様子を見てみると、なんと「使用中止」の張り紙が。どうしたのか聞いてみると「定着器ユニットの寿命」によりプリンターを利用できなくなってしまったとのこと。もともとプリンターを2台にしたのは作業効率を倍にするという意図だったのですが、こうなると冗長化という意味合いで不幸中の幸いでした。事務作業は辛うじて止まることなく、継続できました。

さて、困りました。トナーのことしか頭にありませんでしたが、定着器ユニットだって消耗品。プリンターのステータスシートを印刷してみると、総印刷枚数は20万枚を超えていました。これでは消耗品が交換時期になるのも納得です。ユニットを交換しなければならない状況なのですが、ふと、あることを思い出しました。

実は今回利用していたプリンターは、業界としては珍しく「メンテナンス品5年間無償提供」という保証がついていたのです。ウェブサイトで確認してみると、やはり定着器ユニットも無償対象です!早速申し込みを行います。手続きの中で「ステータスシートを印字してPDFかJPEGにして添付してください」とあり、要するに消耗品が間違いなく要交換の状態なのか確認するということのようです。なるほど、これなら手続きがすべてウェブ上でできるのも納得です。
庁舎内のどの部署よりもプリンターの利用頻度が高い部署で、偶然にも無償保証付きのプリンターを運用していたことが、個人的にはゴールデングローブ賞並みのファインプレーでした。

使用中止
まるで耐久テストをやっているかのような稼働状況です

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (392)

自作の取り付け金具

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-13 20:49

ども。
前回はイレギュラーにより同僚Fが記事を書きましたが、好評なので今後は定期化を検討していきたい担当ちゅんです。

当町では「どこでもWi-Fi事業」と銘打って、町内の主要公共施設に公衆無線LANである「FREESPOT」を設置して運用しています。運用を開始したのは2011年。当時としてはまだまだ公衆無線LANを自治体が運用するのは珍しい時代でした。しかし、それから7年が経過し、今では街中でWi-Fiが利用できることは当たり前。「いつかこういう時代が来るだろう」と思って始めた事業でしたが、本当にその通りになりました。
※ちなみに、「なぜ独自の街中Wi-FiではなくFREESPOTなのか」と聞かれることが多いですが、利用者にとってどちらの方が利便性が高いのかと考えれば、必然的に答えは出ます。FREESPOTのシェアは全国区ですから、本当の意味で「どこでもWi-Fi」です。

さて、そんなFREESPOTですが、経年により頻繁にトラブルが発生するようになりました。ネットワーク機器というのはリプレイスのタイミングが難しいのですが、さすがに7年も経過すると故障が頻発します。いや、むしろよくここまでもったと考えるべきでしょうか。
そこで、本年度はこれらの機器をすべて取り換えることとし、先日、機器が納品となりました。

現場で機器を交換する前に、まずは事前準備。機器の設定書を見ながら、IPアドレスやPPPoEの設定などを行います。FREESPOTとはいえ、中身は普通の無線ルーター。さして難しいことでもなく、スイスイ進みます。これを済ませておけば、あとは単純に機器を付け替えるだけです。
・・・しかし。その「付け替える」に大きな落とし穴がありました。設定を終え、機器に取り付け用の足を付けていて、ふと「これってどうやって壁面に取り付けるのだろう」と気がつきました。壁面に取り付けるには筐体の側面にパーツを付けなければならないのですが、どこにも取付穴がありません。

焦って説明書を見ると「本製品は縦置き専用です。熱がこもる恐れがありますので、横置きにはしないでください」の注意書きが・・・。そりゃないっすよ、猛牛さん!
急ぎ対策を考えます。縦置き専用のルータを壁面に取り付けるには、それ用に何らかの加工が必要です。すぐさま同僚Fと一緒に金物店に向かいます。
あれこれと商品を物色し、ようやくそれっぽい金具を発見。職場に戻り試作品を作ってみましたが、よし、これならなんとかなりそうです。ついでに、天井に吊り下げる場合も想定してもう1パターン。自作の取り付け金具ができて、とりあえず一安心です。
アクセスポイントって、手の届かない天井付近に取り付けるのがスタンダードだと思っていましたが、そういう先入観は危険なのだということを学びました。

自作の取り付け金具
壁面や天井に取り付けるというニーズは絶対に高いと思いますが・・・

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (344)

はじめまして

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-11-9 17:40

はじめまして。上司ちゅん氏の投稿にてたびたび登場していました、「同僚F」と申します。

本日が「にわかSEは大忙し!」デビューとなります。情報部門に関して、知識も経験もないまったくの素人でございます。
至らない点も多々あると思いますが、これからどうぞよろしくお願いいたします。

この情報部門に異動して1か月ほど経ちましたが、まだまだちゅん氏の会話の内容が呪文にしか聞こえないのが現状です。
情報部門の仕事はかなり専門性が高く、特殊なものばかりで経験して覚えるものがほとんどと聞いていました。
そんな中、昨日からちゅん氏が不在ということで、ほぼ経験のない私にとって大ピンチの2日間でした。

昨日は、とある部署から「机の配置を変えたいので、LANケーブルを長いものに交換したい」との依頼。
ちゅん氏へ連絡したところ、「やってみて!」とのこと。すでにLANケーブルの作り方はレクチャーを受けていたため「やってみます」と電話を切り、いざ現場へ!
以前のレクチャーを思い出しながらの作業ということで時間はかかりましたが無事作業を終えることができました。

本日は、とある学校から「インターネット回線が不調になったため確認してほしい」との依頼。以前から不調だったこともあり念のため現場へ行ってみることに。
到着後は、ちゅん氏と連絡を取りながら、順番にPINGを通してみると、ある機器へのPINGが通らず、報告してところ「これは交換するしかないかな」とのこと。
状況を報告し、現場を後にしようと片づけをしていると、「あれ?通ってる」なんと奇跡的にそれまで全くダメだった回線が復活していました。
どうやら「情報部門あるある」のようで、調子の悪い機器の交換を決めた途端に問題なく動き出すことがあるようで、そんな「情報部門あるある」を身をもって体験した1日でした。
こんな感じで大ピンチの2日間をなんとか乗り切ることができ、ほっとしています。

奇跡的に通信できるようになってよかったです。

(投稿者:同僚F)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (536)


ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open