にわかSEは大忙し!

毎日更新をしばらくの間お休みします

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-31 17:30

ども。
年度末の業務に伴い休日出勤中の担当ちゅんです。

本来であれば更新日ではありませんが、本日は大事なお知らせがあり、急遽更新いたします。
昨日の記事にもありますとおり、4月1日付人事異動により隣席ふろんと氏が職場を離れることとなりました。「新しい職場」と表現しておりましたが、我々の仕事と無関係ではない部署であり、引き続き連携をとって仕事をしていくことになりそうです。関係各位におかれましては、これまで同様のお付き合いをお願いしたいところです。

さて、そうした中で、2009年12月から9年3か月の間「全営業日毎日更新」を続けてきたこの情報政策室ブログですが、4月からは当面、私「ちゅん」が1人で更新していくこととなりました。このことを隣席ふろんと氏及びかつて共同執筆者であった「元上司92氏」とも相談し、毎日更新は一度お休みして、更新は「1日おき」にさせていただくこととなりました。月・水・金・火・木の繰り返しです。

隣席ふろんと氏の代わりには新しく職員が配属となるのですが、何分最初のうちは覚えなければならないことが山積みですし、このブログタイトルのとおり「にわかSEは大忙し!」な状況です。そうした状況でブログを更新するのは、本来業務に支障を来す恐れがあるという判断をしました(でも、そんな新人の四苦八苦も面白いのかも?と思ったり・・・)。
しかし、いつの日かまた、職員2人体制により毎日更新を必ず再開することをお約束し、ひとまずはスピードダウンすることをお許しいただきたいと思います。

・・・とはいえ、私自身は実は全く変わらないペースでブログを更新しなければならないということで、全くスピードダウンにはなっていないというオチもつきます。
4月からも気負わず、自然体で、こつこつとブログを更新して参りますので、今後ともご覧いただければ幸いに存じます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

ふろんと氏
ふろんと氏は本日で卒業。新しいステージでも頑張ってほしいです!

(投稿者:ちゅん)

今季の営業は終了、そして・・・。

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-30 21:37

昨年の12月1日、冬期間限定で降雪の監視を行っている山奥のIPカメラの運用を開始したことを、このブログに投稿しました。

今期は、初めて一人で設定を行った結果、設定を失敗し、上司ちゅん氏に設定をし直してもらったり、機器を収納しているBOXに雪が付いてしまった結果、通信機器が動作しなくなったり、などの困難を乗り越え、晴れの日も雪の日もカメラは動作を続けていました。

今期は近年まれにみる積雪量でありましたが、今ではその雪も無く、春の雰囲気です。
降雪の監視は三月までとしており、本日が三月の最終営業日ですので、機器の撤収作業を行いました。
設置場所も積雪が無いことを想定し、当社の保管場所にある中で一番大きな脚立を車に積み込み、一人で山奥へ向かいました。

しばらく車を走らせ、山奥に到着。
設置場所はやはり春の雰囲気。雪はあるものの、以前に積もっていた自分の身長より高かった雪は、そこにはありませんでした。やはり、一番長い脚立を持ってきて正解でした。
脚立を設置してのぼり、BOXに到達。カギを外して扉を開けてネジ止めしている機器を取り外します。そして、扉を閉めて再びカギをかけます。撤去作業はトラブルなく終了しました。

今期の営業を終了したIPカメラ。また来季まで冬眠ならぬ夏眠。今はゆっくり休んで、再び頑張って欲しい!と願った出来事でした。


ここで、お知らせがあります。
先日、新年度の人事異動の発表があり、四月から自分は新たな場所で勤務することになりました。よって、今回が最後の投稿となります。
二年七か月の勤務の内、二年間ブログを投稿してきました。中身の無い記事がほとんどであったかと思いますが、今まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

なお、今後の情報政策室ブログ「にわかSEは大忙し!」について、明日、上司ちゅん氏から発表があるようですので、ここでお知らせいたします。

本日の山奥の写真
本日の「山奥」の様子。待ちに待った、春到来!

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1138)

ミッションクリティカル案件

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-29 17:30

ども。
諸事情により本日も登場、担当ちゅんです。

我々は消防署のネットワークも管理しているのですが、本日はその中枢である「通信指令室」のシステム更新作業を行いました。
通信機器類が収納されているBOXから新たに1本LANケーブルを引き、床下のOAフロアを通していく作業。現場は消防ですから、まさに「ミッションクリティカル」な職場。作業は行いつつも通常業務は継続してもらわなければならず、そういう意味で緊張感がある現場です。

当初予定していた手順どおりに作業を進め、小休憩。その瞬間、建物のスピーカーから「ビーッ!」と音が鳴りました。事前に「これから119番のテストをします」という放送もあったので戸惑いませんでしたが、素人にはかなりドキッとする音です。・・・と思っていたら、再び「ビーッ!」と音が。今度は指令室内が一気に慌ただしくなります。そうです、本物の119番通報が来たのです。

こうなると我々の業務など二の次。すぐに邪魔にならない場所に退避して、プロの仕事を間近で見学です。なるほど、実際に通報が来た際にはこのようなフローで処理を行うのだなと勉強になります。

ICT技術がこうした現場を支えているのだということを目の当たりにして、「縁の下」である我々も誇らしい気持ちになると同時に、やはり責任の大きさを痛感します。
人命を扱う職場においては、信頼性が高く、絶対止まらないネットワークが求められます。世の中には「絶対」はないのかもしれませんが、リスクを減らす努力は絶対に怠ってはいけないなと肝に銘じて、残りの作業を行ったのでした。

OAフロア
他のケーブルに影響を与えないよう慎重に作業しました

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (970)

最終手段は仮想化?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-28 19:00

ども。
年度末特有の多忙が加速している担当ちゅんです。春ですね。

そうした中ですが、当然のように日常業務も行っています。本日はとある職員から「Windows 7でなければ動かないシステムがある」と告げられました。
このブログを日頃ご覧いただいている方はご存知かと思いますが、当室では先日、やっとの思いで職員の業務用PCをWindows 10にし終わったばかり。そのタイミングですので、率直に「はい、わかりました」とは言いづらい気持ちになりました。

詳細を聞き取りしますと、その職員も「まさかWindows 10では動かないとは思わなかった」とのことで、さらに「対応版のシステムを導入するには〇十万かかると言われた」と。であれば、Windows 7の端末を再配備するしか道はなく、かといって数年間使ってようやく退役したマシンに鞭打っていくというのも不安しか感じません。困りました。

あれこれと頭を悩ませ、ようやく見つけ出した道は、やはり「仮想化」でした。実はWindows 10 Proは標準でHyper-Vを利用可能です。これを利用することで、簡単に言えば、Windows 10の中でWindows 7を動かすことができます(ただしライセンスを保有している場合のみ)。つまり、ハードウェアは最新でありながら、必要に応じてWindows 7も利用できる環境が実現できるのではないかと考えたのです。

早速、実験に取り掛かりました。Hyper-V マネージャーは初期状態では有効になっていないため、「Windowsの機能の有効化または無効化」から有効にします。これで、普段サーバーでおなじみのHyper-Vがお目見え。Windowsのセットアップそのものは至極簡単で、何の苦労もなくWindows 7が動作してしまいました。最終的に、このOSの上に冒頭のシステムを載せる必要があり、その部分に対して業者さんがどう考えるかが課題かとは思いますが、改めて「仮想化ってすごいな」と感じる出来事でした。この方法さえ確立してしまえば、今後は怖いものなしだと思います(幸い、Windows 7のライセンスには余裕がありますし・・・)。

Hyper-V
そういえば、昔お世話になったWindows XPモードも似たような仕組みでした。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1126)

重い腰を上げました

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-27 18:34

いろいろな出来事がありました平成29年度も、残りあと数日となりました。本庁舎の中の様子も、年度末の雰囲気があふれています。
年末(12月)という時期にもいろいろと行うことありますが、年度末(3月)というのもこれまた行う事がいろいろとあります。

新年度を迎える準備もそのひとつですが、今年度にやり残したことを行うこともひとつです。
この時期を逃すと翌年度へ持ち越しになってしまいます。

自分には、以前から気になっているものの、なかなか手がつけられずにいたものがありました。
それは「宝箱」の整理でした。

「いつか使えるはず」「もったいない」というフレーズがいつも頭をめぐり、自分は「宝箱」に物品を保管しています。「宝箱」ごとに分類を行い、数々の物品を保管していますが、この度の業務用パソコンの入れ替え作業などでも、ある程度収集しました。
そのため、箱の上限を上回る量が入り、いっぱいになっていました。

この度、重い腰を上げ、取捨選択と整理を行いました。

今回のターゲットは、電源ケーブルや延長コード、テーブルタップなどを保管している箱。
箱から一つ一つ取り出して分類。そして、分類した「山」ごとに新しめの物を抽出。使用できない物も多く見つかり、整理ができました。
「選ばれし宝物」をもとの「宝箱」へ種類ごとに分類して保管。
不要な物や故障している物、劣化しているものは、他の箱へ移し、資源リサイクルへ向かいました。

年度末ギリギリでやっと行えた整理整頓。この作業は、日々の業務の中で「コツコツと行わなければならない」と、改めて思った出来事でした。

整理整頓を行った後の宝箱の写真
取捨選択後の「宝箱」。整理整頓され、宝物を探しやすくなりました。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1105)

本日も学校へ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-26 21:19

先日の上司ちゅん氏の記事にもありましたが、先週からとある学校のパソコン教室のパソコン保守作業を行っています。
本日も夕方から上司ちゅん氏と学校へ向かいました。

本日はその前に、冬期間にネットワークが不安定になってしまった「某所」へ向かいました。
業者の方と一緒に調査を行った結果、外のネットワークのトラブルではないことがわかり、屋内のネットワークまたは利用しているサービスの異常であるのではないかという切り分けができていました。
通信の調子が悪い部屋のネットワークは無線で行われており、無線アクセスポイントは七年以上経過しておりました。使用できていますので故障状態ではありませんが、不安定ということで持参した新品のアクセスポイントに交換をしました。
交換後、調子は良好となりましたので、しばらく様子を見てもらうこととして、現場を後にしました。

次に、先週からの引き続きの学校へ向かいました。
到着し、職員室でカギを借り、パソコン教室へ向かいます。
先週の上司ちゅん氏の作業により、WindowsUpdateは終了し、更新プログラムは最新の状態になっておりました。
当初の問題である「動きがおかしい」問題に取り組みます。それは、いつまでも電源が切れない症状でありました。
授業支援ソフトを使用し、教室のパソコンを一斉に再起動させます。そうしますと、すぐにシャットダウンして電源が入り再起動を終えるパソコンと、そうではないパソコンがあり、同時に指示しているにも関わらず、その動作時間に差があり過ぎました。
OSのバージョンは違いますが、以前に他のパソコン教室で同じ症状があり、その際には更新プログラムが最後までインストールしきれずにパソコンが動作していることが原因でありました。
更新プログラムは電源を入り切りする際に適用される場合が多いことから、再起動が安定するまで
、今回も数回の再起動を繰り返しました。
五回ほど繰り返したところで、一斉シャットダウンを実行します。
数台、差があるパソコンはありましたが、全てのパソコンの電源が切れる状態になりました。
このまま様子をみてもらうこととして、学校を後にしました。

保守作業を行っている中で「スパッと」結果が出ずに様子を見てもらう案件も多くあります。
本日実施した策で、今回の不具合が解消されることを願った出来事でした。

保守実施中の風景写真
保守作業の風景。親機を上司ちゅん氏が操作し、自分は後ろ側で子機画面の実際の様子を実況するスタイルです。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1123)

Windows Update ができない!

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-23 19:00

ども。
年度末が近づき、業務がバタバタしだした担当ちゅんです。

そんな中ですが、とある学校のパソコンを保守しなければならなくなり、外に出ずっぱりになっておりました。
元々は「動きがおかしい」ということで保守に入ったハズなのですが、色々と調べているうちに、Windows Update がなんと2年以上もかかっていないことがわかりました。セキュリティ上、むしろこっちの方を早急に何とかしなければなりません。

Windows Update の画面を見ると、不可解なことにアップデートをMicorosoft経由で行うことができなくなっており、WSUSなんて立てていないにも関わらず、取得する更新プログラムの欄に「システム管理者によって管理されています」と表示されている状態でした。言わずもがな、こっちは管理などしているつもりはないという状況下です。

この項目が勝手に書き換わるとなると、まず怪しむのはグループポリシーです。すぐさま設定を確認してみましたが、いくら確認してもWSUSの項目は未設定です。
次に、レジストリの項目を探してみます。WSUSにまつわる項目は、調べてみたところ次の場所にありました。

HKEY_LOCAL_MACHINE
\SOFTWARE
\Policies
\Microsoft
\Windows
\WindowsUpdate
\AU

この中の「UseWUServer」の値が「1」になっていればWSUSを使う設定ということのようなのですが、案の定、この設定が「1」になっていました。
なぜ設定されているのか原因不明で釈然としませんが、ひとまずこれを「0」に書き換えてパソコンを再起動してみます。しかし、再起動後に再びこの項目を見てみると、またも「1」に書き換わってしまっています。何かが悪さをしていて、わざわざこの設定を書き換えているとしか考えられません。となれば・・・、あとはアレしか思い浮かびません。

毎度、学校のパソコンでは苦しめられる「授業支援ソフト」です。単純に先生機から生徒機をコントロールするだけではなく、昨今の授業支援ソフトは多機能で「Windows Update 支援機能」なるものも搭載されております。
この支援機能が具体的にどういったものなのかよくわかってはいませんが、とりあえず「有効」に設定されていたものを「無効」にしてみたところ、無事にアップデートされるようになりました。支援ソフトのバグなのか、それともクライアント機の不具合なのか。原因は最終的にわかりませんが、とりあえずWindows Update は動くようになったというご報告です。

スクリーンショット
じっくり原因を探るには、あまりにも時間が足りません。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3668)

コンセント

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-22 19:49

本日も午前中から業務用パソコンの配備作業を行いました。
今回は本庁舎最後の一部門で、デスクトップ型のパソコンがほとんどの部署でした。台車にパソコンを積み込み、上司ちゅん氏と現場へ向かいました。

現場に到着し、作業を開始します。
その部署のデスクトップ型パソコンは専用の棚に収納されており、使用する担当者ごとに棚が分かれていました。棚の中では基幹系システムの端末と業務用パソコンがセットで置かれていました。
執務中の担当者の方に声をかけ、パソコンの電源を切ってもらい、交換作業を始めます。

電源ケーブルなどをパソコン本体から外し、本体を棚から出して新しいものと交換。外したケーブル類を再び取り付け、そして、セキュリティワイヤーを取り付けて作業は終了となります。
それを繰り返しながら作業をしておりますと、外したケーブル類が残ってしまったパソコンに出くわしました。それは、ディスプレイの電源プラグでした。

なぜ、電源プラグが残ってしまったのかを考えることに。
棚から出したパソコンを確認します。そうしますと、パソコン本体の背面にはサービスコンセントが付いていました。そこからディスプレイの電源を取っていたのです。そこで、電源ケーブルのプラグの上部にプラグを挿すことができるケーブルを取りに行き、現在の電源ケーブルと交換を行い、作業を終了しました。

「サービスコンセント」の事が気になり、調べてみました。
すると、パソコンの背面に付いているものだけが「サービスコンセント」と思っていましたが、パソコンだけではなく、他の電化製品にも付いているものがあり、そのもの以外に電源を供給できる
機能をもったコンセントの総称のようです。自分が取りに行ったケーブルも「サービスコンセント」付き電源ケーブルと呼ばれているようです。

そのパソコンの説明書の「各部名称欄」を見ますと、電源コードを挿す部分は「インレット」と記載されており、サービスコンセントの部分は「アウトレット」と記載されていました。
調べてみますと、上記の「コンセント」は「和製英語」とのことでした。自分は今まで英語であると思っていました。

本日の配備作業で、進捗率は九割五分に達しました。三月の営業日も少なくなってきましたが、年度内完了に向けて、引き続き頑張っていきます!

パソコン背面のサービスコンセントの写真
普段、コンセントといえば、こちら側の意味で使いますよね?

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1133)

シャットダウンできない謎現象

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-20 17:40

ども。
翌日が休日だと、どうも週末のような気がしてしまう担当ちゅんです。

とある学校のパソコン室でトラブルが発生しました。内容は「シャットダウンしようとすると電源が切れるまでに時間がかかる」というもの。あれ?この症状、どこかで聞いたような気が・・・。

2017-10-12 情報政策室ブログ:原因は環境復元?

そうなんです。昨年夏から秋にかけて複数の学校で発生した謎の現象と酷似しています。このときは、Windowsアップデートがかかったタイミングで環境復元ソフトが設定されてしまったことで、毎回の起動・終了時にアップデート中の状態が復元されるという、とんでもない事態でした。はたして、今回も同じでしょうか。

昨年までの状況と若干違うのは、OSがWindows 8.1だということくらいです。Windows 10のように、勝手にメジャーアップデート(というのかな)をかけにいってしまうような作法ではないので少し安心していましたが、それでも毎月のようにセキュリティ更新プログラムは提供されています。
現場でパソコンを見てみると、何の設定が悪かったのか、しばらくの間Windows Updateが動いていなかったようです。
だからといって、これが原因とも断定できません。あれこれと設定を見直しては実行してみる「トライアンドエラー作戦」です。

しかし、これは学校のパソコン室を保守する際の特有の問題なのですが、何しろ一度に管理しなければならない台数が多く、なかなか作業が捗りません。ネットワーク越しに実行しなければならない作業では、一度に大量の通信が発生し、ネットワークがすぐ輻輳してしまいます。特にWindows Updateは鬼門であり、これを全てのパソコンで一度に行うと、あっという間にパンクしてしまいます。
結局、明日が休日であることを利用して、パソコンの電源をオンにしたまま丸1日放置してもらうことにして学校を後にしました。毎度のことですが、学校案件はやはり時間との勝負でした。

作業風景
遠くに映っているふろんと氏も心配そうです

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1185)

日本海側での配備作業

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-3-19 18:40

度々このブログの記事になっておりますが、今年度中に業務用パソコンの配備を完了するべく、作業を実施しております。

本日も配備作業を行うため、午前中から上司ちゅん氏と二人で日本海側へ向かいました。
日本海側での配備作業は三回目。
拠点施設への配備については以前に実施しており、本日は出先機関への配備が主でありました。
また、今回は以前に拠点へ配備したパソコンの中で、特殊なソフトウェアのインストールが必要であった数台に、インストール作業などをあわせて行うことも予定しました。

日本海側へ到着。
予定した順序で出先機関を回り、配備作業を行いました。
本日も配備場所を回っている際には、いつもの「お約束」で少々の「予定外の出来事」に出会いましたが、上司ちゅん氏の指示を受けながら、あらかじめ持参したアイテムなどを使用して、配備作業を進めていきました。

昼からも作業を継続。そして夕方、本日最後の四ヶ所目の施設へ向かい、いつものとおりの配備作業を行った後に動作を確認。無事に動作を確認し、本日の作業は終了となりました。

本日の配備作業で、日本海側の業務用パソコンの配備を終了することができ、進捗率は九割を超えました。
残るは、本庁舎の一部門と出先機関二ヶ所。

全台配備完了まで、あと少し。ゴールを目指して、引き続き頑張っていきます!

雪解けが進む峠の頂上の写真
雪解けが進む峠の頂上付近。本日は好天に恵まれた外勤でした。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1140)


ブログ カレンダー
« « 2018 3月 » »
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open