にわかSEは大忙し!

CPUは世代に要注意

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-31 17:30

ども。
最近、天気予報の的中率の低さにやきもきする担当ちゅんです。

業務用パソコンを調達する際などには仕様書を作成することになるのですが、毎年作成していて「CPUって難しいな」と感じています。
インテル社のCPUは「Core i」から始まる型番を使い始めて、今年でおそらく10年目くらいになると思います。世代で言うと現在最も新しいものは「第7世代」と呼ばれるもので、最上位の「i7」は最新だけあって素晴らしい処理能力を誇ります(今後Core i9が出るというニュースもありますが)。
しかし、一方で呼び名は第1世代でも第7世代でも同じ「Core i7」ですから、一見しただけではそれがどの程度の処理能力なのか判別が難しいですよね。

このような話を、先日隣席ふろんと氏と職場で話しておりました。私は「いくら旧世代でもi7は別格」という思いもあって、自分で所有しているPCは特別な理由が無ければ精神衛生上、i7を選ぶようにしているのですが、「旧世代のi7は今の世代のCPUと比べたらスペック的にどうなんだろうね」という話になりました。
※ちなみに、職場のPCにはi7など不要ですので、我が社では標準的なi3を導入しています。

恐る恐る、調べてみました。私が現在所有しているノートPCには「第2世代」のCore i7である「Core i7 2640M」が搭載されています。一方、最新のビジネス用エントリークラスには「第6世代」のCore i3である「Core i3 6100U」が多く搭載されているようです。この情報をもとに、以下のサイトで比較を行ってみます。

BTOパソコンミニ館:ノートパソコンのCPU性能比較
http://btopc-minikan.com/note-cpu-hikaku.html [外部リンク]

薄々気がついてはいたものの、正直がっかりな結果でした。上記サイトでi7 2640Mはスコアが「3858」、i3 6100Uは「3576」となり、かろうじて上回ってはいるものの、性能的にはi3とほとんど変わらないという結果。もちろん、CPUのどの能力に着目するかによっては多少差は出るのでしょうけど、ここで言いたいことは「第6世代すごい!」ということです。名前だけで判断してしまうと「i3よりもi7の方が速いでしょ」と思われがちですが、CPUに関しては世代に注意をしないと、うっかり「i3よりもスペックが低いi7」という話になりかねません。これからは世代にも注目してCPUを選定したいと思います。

以下、同業者向けに余談。
ちなみに、Core iシリーズCPUの世代の簡単な見分け方は、型番の数字の頭文字です。これが2から始まれば第2世代、6から始まれば第6世代。第1世代のみ例外で数字が3桁となります。これを知っていれば、どこかで役に立つかもしれませんね。

第7世代とのベンチマーク比較結果
なお、第7世代との比較では恐れていたことが起きてしまいました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (541)

ISDN回線での通信

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-30 17:53

以前より度々このブログに登場しているISDNモデムについて、進展がありましたので記載します。

RS-232C端子での接続のみのISDNモデムをUSB端子のみを有したノートパソコンへ接続する案件。
上司ちゅん氏の「宝箱」より「変換ケーブル」をいただきました。これで、パソコンとの物理的接続は確定したのですが、内部的接続についての悩みが出たところまでが、前回の投稿内容でありました。

その後、ブログの読者皆様からコメントをいただき、変換ケーブルにもドライバが必要であることを知りました。本当にありがとうございました。変換ケーブルの型番で調べ、ドライバを発見。インストールしたところ、デバイスマネージャーの「ポート(COMとLPT)」のところに「USB Serial Port」と「通信ポート」があらわれました。

「やれやれ」と安心し、モデムの設定ソフトウェアを起動したところ、「ポートが重複している」旨の警告画面があらわれました。再度、デバイスマネージャーを確認します。すると、先ほどのデバイス名の後ろに「(COM3)」の表示が付いていました。「このことだな。」と思い、ポート変更を試みます。しかし、ここで疑問が。「どちらを使用しているのかな?」。今回は「USB Serial Port」で接続しているのでこちらなのか。モデムは「通信をするもの」なので「通信ポート」なのか。考えていても仕方がないので、総当たりでいくことに・・・。結果は前者の「USB Serial Port」でした。

次にコントロールパネルの「電話とモデム」のところで、モデムをインストールを行うことに。
モデムの設定ソフトウェアに含まれているドライバで「モデムの追加」を試みます。ここでもポートの指定を求められます。画面の指示に従って追加を行い、無事にモデムが追加されました。

そして、相手方との通信の確認を行います。
祈りながら接続ボタンを押しました。しばらく待つと「接続」の文字があらわれました。良かった、良かった。

長きに渡って取り組んだこの案件も、無事に終了する事ができました。
皆様の協力により、無事に任務を終えることができた出来事でした。

無事に接続されたケーブル
無事に接続(認識)されたケーブル。「小さな仲間?」もお祝いに駆けつけてくれたようです。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (503)

APの設定が飛ぶ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-29 17:30

ども。
昨日、おそらくこの春最後と思われる花見を雨の中敢行した担当ちゅんです。

八雲町では「どこでもWi-Fi事業」と題して、町内公共施設にFreeSpotを設置しています。整備したのが2011年でしたので丸6年が経過したことになりますが、ある程度年数が経過してきて、最近では不調になる機器も出始めました。その中でも、本日は最も稼働率が高いFreeSpotである「噴火湾パノラマパーク」からSOSの連絡があり、急ぎ現場に向かいました。

早速アクセスポイント(AP)の状況を確認してみます。すると、正常時には消灯しているはずのAP本体のDIAGランプが点滅していて、本体に異常が発生していることは一目瞭然でした。点滅を観察してみると、5回点滅を繰り返しているようです。きっと、点滅の回数に意味があるのだろうとアタリをつけ、取扱説明書を確認。すると「WAN側とLAN側に同じIPアドレスが設定されている」という訳のわからない障害でした。

次にAPの設定画面を確認してみます。そもそも、設定画面自体が開いたり開かなかったりと不安定でこの段階ですでにおかしい。ようやく設定を確認するも、本来は固定してあったはずのWAN側IPアドレスがなぜか初期値に戻っています。どうやら、機器の設定が見事に飛んでしまっているようです。

6年も使ってきたので故障に対してはある程度「仕方がない」と受け止めざるを得ません。一度職場に戻り、代替の機械を設定し、再度現場にて取り付け。しっかりと動き出して一安心です。噴火湾パノラマパーク(パノラマ館)は月曜日が休館日であることもあって、影響は最小限に抑えることができました。
今回、予備機をすぐに用意できたので簡単に復旧させられましたが、これで手持ちの予備機はゼロに。そろそろ全面的にリプレイスが必要な時期なのでしょうか。

FreeSpot
DIAGランプ5回点滅は「アイシテルのサイン」ではありませんでした

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (550)

プリンターが動かない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-26 19:37

先日、サーバー室での作業を終え執務室に戻ったところ、机の上にメモ用紙があがっていました。自分が席を外している時間に電話があったようです。以前は自分が留守番をし、元上司92氏と上司ちゅん氏が現場へ出かける事が多かったですが、この春から自分も現場へ出る機会が増えましたので、隣の課の方に電話をとってもらうことも増えました。いつもありがとうございます!

机の上のメモ用紙を見ますと、プリンターが「動かなくなった」と記載がありました。「動かなくなった」ということですので、誰かが何かをした訳ではなく「自然と」動かなくなったと文面から取れます。
よくありますよね?「昨日まで動いていたのに、なんで今日は動かないの!」と叫びたくなる時・・・。などと考えながら現場へ向かいました。

出先機関の事務室へ到着。さっそくプリンターを確認します。
このプリンター。家庭用のインクジェットプリンターで一台○役の多機能モデル。コピーにファックス、スキャナなどの機能が付いているプリンターでありました。
職員の方に話を聞きます。
コピーはできるとのこと。ファックスもできるそうです。ですが肝心なプリンターとしての役割がはたせていないとのことでした。

液晶画面がついているプリンターですので、画面を見ながら設定などを確認していきます。画面にメニューアイコンが並んでいますので、そこを押してみます。しかし、無反応。この液晶画面は「タッチパネル」ではなく、あくまで画面のようです。これも「あるある」かもしれませんね。

いろいろ見てみますが、おかしいところは見当たりませんでした。「んー。」とプリンターを眺めながら考えていると、何かが「青く」光っているのが目に入りました。よく見てみると、「アンテナから電波が出ている表示」のランプが光っていました。「ああ、無線LANでも接続できるんだなー。今時のプリンターだなー。」と思っていたところ、はっと思いつきました。「確かこのプリンター、LANケーブルでネットワーク接続されていたはず・・・。」

ネットワーク設定の部分を確認します。このプリンター、ネットワーク接続が有線接続と無線接続が同時に出来ない仕様で切り替えて使用する仕様でありました。いつの間にか、有線接続から無線接続に設定が変わっていたようです。
設定を有線接続に変更します。すると、プリンターが動き出します。印刷のジョブがネットワーク上に残っていたのでしょうか。印刷が勝手に始まりました。良かった、良かった。

なぜ、設定が変わってしまったのかは不明ですが、良い経験?を出来た出来事でした。

プリンターの無線LANランプ
この「ランプ」に気が付いて良かったです・・・。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (512)

DIMMスロットカバー

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-25 17:50

ども。
帰宅後にソファーでうたた寝しているうちに朝を迎えてしまうことが多い担当ちゅんです。

先日、とあるサーバが不調となりメーカー修理を行うこととなりました。すぐに動作に直結するような重大な不具合ではなかったものの、やはりそこはサーバです。何かあってからでは遅いということもあり、職員の理解も得ながら緊急でシステムを止めての作業となりました。

今回の修理案件は、メーカー保証の範囲で行われるということもあって「本物のSE」さんが作業に当たることになりました。こういう時には、我々はただ見守るだけ。当町のセキュリティポリシー上、サーバ室に第三者が立ち入るときには職員が立ち会わなければならない規程になっていることを逆手に取り、じっくりと見学することとなりました(業者さんは嫌でしょうね・・・)。

それにしても、さすがプロは違います。まずは静電気を防止するために手首にバンドを巻き、金属にアースをとってからの作業開始です。今回の案件はどうやらマザーボード不良が疑われるらしく、これを交換するとなると大仕事です。しかし、極めて手際よく作業が進み、あっという間に解体されていくサーバ。その技に思わず見とれてしまいました。ドライバーでねじを外すだけで惚れ惚れします。

ふと、分解されている過程を眺めていると、メモリバンクに目がいきました。さすがはサーバ、メモリモジュールもぎっしり搭載されているな〜と思っていたのですが、1つ、2つと数えていて、それにしても数が多すぎやしませんか!?
ここで、本当は業者さんの邪魔になるのでダメなことですが、思い切って質問。「我が社のサーバはこんなにメモリが積まれていましたか?」

すると、業者さんはすかさず「これはメモリバンク用のカバーですよ」と。「へぇーっ!」と声が出ました。通常のパソコンでは見たことのない部品です。ただ空けておくと埃などが侵入する可能性があるので、メモリスロットを保護する目的で使われていると思われます。まだまだ、自分の知らないことってたくさんあるな〜と嬉しくなる出来事でした。今度、自分のPCで真似をしたいと思います。

スロットカバー
さすがはサーバですね

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (625)

アップデートが終わらない

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-24 17:30

先日、とある学校へ上司ちゅん氏と外勤をしました。パソコン教室のパソコンにプリンタードライバをインストールして、使用できるようにするためでした。

現場に到着し、上司ちゅん氏がプリンターにIPアドレスの登録を開始しました。
今回のプリンターは本体に液晶パネルが付いていて、そこを見ながら設定するタイプではありませんでした。メーカーから設定ソフトウェアが配布されており、まずはそのソフトウェアをパソコンへインストールすることが必要なタイプでありました。設定ソフトウェアをインストールし、パソコンとプリンターをLANケーブルでつなぎます。すると、ソフトウェアの画面にプリンターが表示され、選択すると設定画面が表示されました。いろいろな設定項目が並んでいます。内容は自分にはよくわかりませんでしたが、上司ちゅん氏は「サササッ」と設定していきます。さすがです。今回は二台が配置になりましたので、もう一台の設定にうつりました。こちらもあっという間に終わりました。

プリンターの設定が終わりましたので、パソコンにプリンターの登録行います。
まず、パソコンの設定が崩れないようにするソフトウェアの解除を行いました。この解除を行わなければ、パソコンの再起動が行われた後には、事前に登録を行った時点まで戻ってしまうためです。解除の司令を管理端末から送り、全てのパソコンが一斉に再起動を開始しました。
全てのパソコンの画面を見てみますと「Windowsの準備をしています」の青い画面が表示されています。
しかし、その画面が、しばらく経っても変化がありません。丸がクルクル回っています。「アップデートの適用か何かで時間がかかっているのかな?」と思い、さらに待ってみます。やはり、その画面のままです。

結局、再起動が終わりデスクトップの画面が出るまでに「数時間」を要しました。その間に一度帰社し、所用を済ませ、再び学校へ。プリンターの設定を行い、帰社となりました。

再起動に時間がかかった理由は不明ですが、なんとか設定が完了した出来事でした。

準備中の画面
よく見る画面ですが、普通は短時間で終わる画面ですよね・・・。

(投稿者:ふろんと)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (586)

NTPサーバの怪

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-23 18:30

ども。
先週日曜のあわびの里フェスティバルで後片付けを張り切りすぎて、体へのダメージが大きい担当ちゅんです。筋肉痛です。

行政の職場では、すごく専門的なシステム(ソフトウェア)が利用される場面があります。本日はそうしたシステムのうちの一つが「起動できなくなった」と問い合わせを受けました。

実は、思い当たる節がありました。当町のネットワークは先日から「強靭」なセキュリティ対策が行われるようになり、外部への不用意な通信は一切できなくなりました。外部との通信が必要なシステムがある場合は事前にフィルタ除外の手続きをしなければならない、と。昨今の情報セキュリティを取り巻く環境からすれば当たり前のことではありますが、やはり利便性が大きく低下している点は否めません。
で、そのシステムが起動しない理由が、おそらく起動時に外部のサーバに何らかのアクセスをする仕様で、それが失敗することでシステムの起動ができないものではないかと仮定したのです。

これがまさにビンゴでした。そのシステムは起動時にNTPサーバ(時刻合わせ用のタイムサーバ)にアクセスして、PC内部の時刻を正確なものに同期する動きをするようです。
早速業者さんと連絡をとり、実際にどのIPアドレスに通信をしているのかを調べてもらいます。これさえわかれば、「このPCからこのIPアドレスに対してのみ通信を許可する」という設定が可能となります。
・・・しかし、その回答は驚きでした。「システムを起動するたびに違うIPアドレスに通信しようとしています」。

そんなことってあるのかな〜と思いながら、システムの開発元に問い合わせました。すると、システムで利用しているNTPは「pool.ntp.org」であると判明。何やら、URLがすでにあれですね。
調べてみると、このサービスは世界中にあるNTPサーバが登録されていて、上記URLにアクセスすると登録済みのNTPサーバの中から1つがランダムで選択されて接続されるという動きをするようです。とても便利なサービスですし画期的なものなんですが、我々のようなセキュリティ対策をしている人間にとっては困ってしまう動きです。

結局、ネットワーク的には対策の方法が無く、システム側で調整をしてNTPサーバを確認しない方法にすることで一件落着となりました。
それにしても、上記サービスはボランティアで運用されているようですが、セキュリティ的には大丈夫なのか、少し不安です。今回、これがブロックできたということは、それだけ強靭性の高いセキュリティ対策が行われているという証拠かもしれませんね。

NTP POOL PROJECT
間違いなく便利なサービスだと思いますが・・・

(投稿者:ちゅん)

変換ケーブル

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-22 17:30
近日、取り組んでおります業務、ISDNモデムについて。
標準では、RS-232C接続で使用する物ですが、用意したノートパソコンにはポートがありませんでした。しかし、RS-232CポートをUSBポートへ変換するアイテムがあることが調査の結果わかりました。

翌日、前回の投稿を見た隣席の上司ちゅん氏から、「そのアイテム、あるよ!」と声をかけられました。しばらく待っていると、上司ちゅん氏は、自分の「宝箱」から自分の欲しかったアイテムを取り出しました。
「それです。それ!」思わず声が出ました。
その時の上司ちゅん氏の宝箱は、「○ラえもんの○次元ポケット」に思えました。取り出した時、某、有名な効果音が聞こえた気がしました。
某所の現場で使用されていない物を「担当職員の許可を得て」持ってきていたそうです。助かります!

さっそく、接続!
といきたいところですが、本庁舎の部門ではなく出先の部署であるため、日をあらためて接続にトライすることとしました。

ここで、さらなる疑問が・・・。
このアイテムの接続には、インストールするドライバが必要になるのかな?
モデムのドライバは、RS-232C接続用のもので良いのかな?

さらに研究が必要な案件となりました・・・。
変換ケーブル
身近にありました、変換ケーブル・・・。
(投稿者:ふろんと)

第2世代テレビ会議システム稼働

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-19 17:40

ども。
しつこいようですが、週末はあわびの里フェスティバルをよろしくお願いします。担当ちゅんです。

先日、当ブログでそれとなく話題とした新しいテレビ会議システムですが、正式に「第2世代テレビ会議システム」と呼ぶことにしました。最近、こういう呼び名が流行っているので便乗してみます。
業務の合間で少しずつ構築を進め、本日ようやく全ての拠点に配備となり、本格稼働をスタートさせました。

システムの概要は前回の記事にも書いたとおり、Microsoft Skypeを使ってのビデオチャット。PCを大型テレビにHDMIで接続して、マイクとカメラは第1世代のものを流用したことで、更新経費を0円に抑えることに成功しました。本物のテレビ会議システムは今でも数十万するものがざらですが、我が社的には「安価なものこそが正義」の精神で、かつ「安かろう悪かろう」は許されないというのがスローガン。今回のリプレイスはそれをまさに地で行くものだと自負しております。

さて、システム構築自体は何の問題もなくスムーズにいったのですが、問題はシステムを現場に配備しなければならない点にありました。構築のため役場にテレビを集めてしまったのですが、これを実際に利用する拠点まで運搬する術を考えておりませんでした。
テレビはキャスター付きの台に乗っていますが、大きさ的に車に積むのは難しそうです。
・・・仕方がありません。覚悟を決めて、隣席ふろんと氏と2人で直接運ぶことに。キャスターがついているので簡単に動かせますが、屋外をテレビが移動する光景に、道行く人の視線が痛いです。想像以上に振動もあり、下手をすればせっかくのシステムが稼働前に壊れるリスクを抱えながらも、何とか目的地まで運搬完了。正直、これが一番大変でした。

今回、第1世代運用時の教訓「簡単に使えなければ使われない」を考慮して、なるべく設置はスムーズに、操作は簡単にするよう工夫したつもりです。これを有効活用してもらう日が来ることを楽しみにしています。

エレベーター
最大の難関と思われた某施設のエレベーターもクリアし、一安心しました。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (484)

RS-232C接続

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2017-5-18 17:30

先日のISDNモデム。調べてみますと、「仕様」の欄の「インターフェイス」に「RS-232C」と記載がありました。パソコンとは「RS-232C」ポートで接続するモデムのようです。

「RS-232C」。
懐かしい響きです。自分の若き頃、今では知らない人はいないと言っても過言ではない「インターネット」という物はなく、「パソコン通信」を一部の方が利用していました。接続料金は今のような定額制ではなく、「一分いくら」や「月○時間まで○円」の料金体系。合わせて、接続センターまでの「電話料金」が別に必要な世界でした。接続センターが市外になると電話料も市外料金となり、お高いものでした。通信切断を忘れ、放っておくと大変なことに・・・。
共感してくださる方がいれば幸いです。

当時、パソコンとモデムを接続する手段は「RS-232C」が一般的でありました。以前は「当たり前」にパソコンに搭載されていたもの。今では非搭載が当たり前ですね。やはり「USB」の登場が大きいですね。こんな便利なポートが生まれてしまっては、他のポートが消えてしまっても仕方がない気がします。同じシリアル転送(通信)なのですがね・・・。

さて、困りました。今回用意したパソコンには、RS-232Cのポートはありません。
しかし、そこに救世主の「アイテム」が。RS-232CのポートをUSBポートに「変換」するアイテムがあるそうです。古きと新しきを「つなぐ」アイテム。世の中には「需要」があるようです。

少し、光が見えた出来事でした。

ノートパソコンの後ろ
こちらのパソコンは、9ピンと25ピンが搭載されているモデルなのですが・・・。

(投稿者:ふろんと)



ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open