にわかSEは大忙し!

大型連休は仔犬で遊ぶ

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-30 16:17

 いよいよ大型連休に突入なのですが、仕事上暦どおりの勤務となっています。それでも5連休にワクワクしています。日頃出来ない事にドップリと填り、精神衛生上思いっきりリフレッシュをと企んでおります。

 その筆頭は「仔犬」で遊ぶです。仔犬?って・・・。実は先日来、暇を見つけては Puppy Linux(パピー リナックス) をいじっています。詳しく?書くとWindows・MACとも違うOSにLinuxと言うのがありまして、そのなかにXubuntu・Debian・Fedora・Red Hat 等々のディストリビューションがあります。今回のpuppyもその一つです。名称のPuppyとは”仔犬”の事でして、このLinuxのマスコットにもなっています。puppy Linuxは、豪州のBarry Kauler氏が開発したモノで、2007年には日本語化もされています。(日本語版の最新バージョンは、4.3.1で、無料で使うことが出来ます。)

 なぜ今Linuxなのかって?だって、古いPCが沢山あるんですもの・・・。このpuppyの動作条件が、CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上で、HDDは無くてもOKなのです。つまりCDから起動させても使えるんです。役場や学校で廃棄される、セレロン500の256MBなら全く問題なく使えるはずなのです。そこでなんとか「MOTTAINAI」の精神で再利用をと画策しているのです。

 仕事柄、時々PCの相談を受けます「インターネットが使えて、ワープロ・表計算が出来ればOK」って言われますが、その言葉に二言は無いですよね!!サクサクとネットが出来れば良いんですよね!!!puppyの標準ブラウザはSeaMonnkyなので、軽くて今時のGoogle Chrome に、ワープロ・表計算もワード・エクセルと互換性のあるopen office にPETで使えるようにします。画像処理はGIMPで、ウイルス対策はxfplotでこれもバッチリです。にわかに始めたLinixですが、google先生のおかげでかなり分かったつもりになれました。

 なので、連休中は、何故か記憶しない無線LANのconfigとプリンター設定、そしてWindowsネットワーク参加をじっくり試そうと思っています。本当に古いPCでサクサク動くのですが、やはりWindowsと比べるとコマンドなど難解な部分が有るのは事実です。ちゃんと仔犬を飼い慣らして「脱窓」したいと妄想していますが、果たして優秀なブリーダーになれるのでしょうか? でも、大型連休もPC三昧???・・・・・悲

puppy Linux 4.3.1 JP
P3:600MHz  RAM:256MBのMeだったPCも完全復活?

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6014)

サーバー室のお引越し

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-28 17:32

ども。
うっかりブログの更新を忘れそうになった相変わらずの僕です。ちゅんです。

先日、八雲町シルバープラザから、こんな相談を受けました。
「事務室に置いているサーバー機器の騒音がひどいので、別な部屋に機器を移したいのですが。」

現状を確認してみますと、確かに1台や2台ではない台数のサーバーが事務室にドカンと置かれていました。聞くと「最初は1台から始まったんだけど、色々な業務のシステムが追加される度にサーバーも増えてしまった」という理由でした。なるほど、そういう事情だったのですね。

そもそもサーバーは騒音のことなど考慮されていない設計であり、事務所に置くのは確かにムリがあります(もちろん、セキュリティの側面からも)。そこで、いよいよ別部屋に「サーバー室」を作り、機器を全て移動させることを計画しました。…が、サーバー室と一言に言っても、色々と仕様が面倒です。例えば、入退室の際のセキュリティを保つため入退室記録&施錠が必要、電源(コンセント)が足りないので増設が必要、インターネット回線(光ケーブル)の移設が必要、熱対策のためもしかしたらクーラーも必要?などなど、本気でやろうと思えば結構大変なのです。

それでも大体の話に目処がつき、近日中に作業に入れる見通しとなりました。でも、ふと気になっていることが。天井を見ると、防火対策でスプリンクラーが設置されていました。熱対策が不足だった場合、最悪天井からシャワーが…なんてことになりかねません。調べてみました。一般的なスプリンクラーの作動温度は72℃だそうです。よかった〜。熱いと言ってもさすがに72℃になることはない(と思う)ので一安心です。

ずらっと並んだサーバー
ガーーッ!!!という爆音とともに鎮座しておりました

(投稿者:焦ったちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8685)

ローマ字入力

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-27 16:36

 普通パソコンでは、キーボード等の装置で文字を入力します。PCは英語圏で発明されたモノのせいなのか、キーボードには、使用国文字の他にABCの英文字(アルファベット)が必ず表示されています。これは、PCのプログラムの入力の基本が英数字だからと思われます。我々日本人はPCで、母国語である「日本語」を使うには、2つの選択肢があります。それは、「かな入力」と「ローマ字入力」の2つだというのは分かりますよね。かな入力は、”あ・い・う・え・お”と、キーボードの表示どおり入力するモノなので、説明は要りませんよね。さて、本題のローマ字入力なのですが、普段何も問題なく入力していたつもりだったのですが・・・。詳しく聞かれれば、???と悩むことが意外と多いのが、この「ローマ字入力」だったりします。

 では、問題です。フロッピィディスク って一回で変換出来ますか?フロッピーディスクではありませんよ。確実に変換されるのは、huroppilidelisuku と思われます。分解すると次のようになります。

FU

RO

PPI

LI

DE

LI

SU

KU

 吃音ではない小さい文字には、Lを頭に付けて入力しているところがミソです。
 ちなみに、玄人っぽく huroppyidhisuku これでもちゃんと変換できます。

 ところが、上手く変換出来ない場合があります。これは、かな漢字辞書の仕様で異なる場合があるからです。かな漢字辞書には、MS社が日本語版ウィンドウズに標準で搭載している”IME”と、根強い人気の一太郎で有名なJS社の”ATOK”等があります。PCにセットされている「かな漢字辞書」にローマ字入力も左右されるようなのです。
 ”ウォーキング” これを入力するのに、ulo-kingu と小さい「ォ」をLOと入れるのが一般的?ですが、IMEでは、ulo-kingu の他に who-kingu と打っても良いようなのです。確かに変換できます。しかし、ATOKでは whoーキング になってしまいます。確かに違います。

 まあ、結論としてはどう入力しようが、ちゃんと変換できれば結果オーライだと思います?

ATOKとIMEの違い
ATOKには、WH+A〜Oが無い?

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7286)

自動車税納税証明もIT化

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-26 18:13

ども。
気がつけば4月もあと1週間。月日の過ぎ行く早さに危機感を覚える担当ちゅんです。

私ごとではありますが、先日マイカーの車検を受けました。

こんなところでカミングアウトするのは少々恥ずかしいですが、実を申しますと私はずぼらな性格の持ち主でありまして、よく「おっちょこちょい」なミスを犯します。今回も、まさか!と思いましたが、車検前日に荷物を整理しておりますと、保管しておいたはずの「納税証明書」が見つかりません。車税を納付した際に領収印が押されて渡される半券です。

これがなければ車検を受けることができませんので、急遽、予定にはなかった「納税証明書の交付申請」のため、渡島総合振興局を訪ねました。

車検の予約時間が近づいていたので、手続きにどのくらいの時間がかかるのかドキドキしながら窓口へ出向いたのですが、なんと車税の納付証明は自動交付機で行われていました。無人です。タッチパネル画面の指示に従って、車のナンバーを入力。次に車検証を見ながら車体番号の下4ケタを入力。たったのこれだけで、機械からレシートのような証明書がシュルっと出てきました!

さらに驚いたことに、発行手数料は無料。かかった時間はものの1分足らずでした。私としては無事に車検の予約時間にも間に合ってホッと一安心。でも、こうした機械が設置されているということは、それだけ証明書を紛失する人が多いということなんでしょうね。今度は気をつけます!

自動交付機
自動車税は納期までに忘れずに納めましょう!

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6250)

雄鉾岳絶景

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-23 12:40

 総合支所や学校など、雲石峠を越えて熊石地区へ行く機会が多い職場となっています。制限速度を守り安全運転を心がけていますが、何故かビュンビュン追い抜かれます?運転手の皆さん、安全運転をお願いします。

 さて仕事の帰り道、何時も楽しみにしていることがあります。個人的には何故か感動モノなのですが。

 道南の秀峰、雄鉾岳(おぼこだけ)って知ってますよね。標高は999.3mで、旧八雲町と旧熊石町との町界にそびえる山で、鉛川からは登山道も整備されています。八雲市街地からも見ることが出来、八雲地区ではメジャーな山なのですが、残念ながら熊石地区では見ることが難しいためかあまり知られていません。その雄鉾岳の絶景ビューポイントが帰り道に有るんです。そのポイントは、雲石峠頂上から八雲方向に下りはじめ大きな右カーブを抜けると「9合目」なのですが、この直線が良いんです。道路右前方に雄鉾岳の山頂部が手前の山陰から”ニョキッ”と見えるんです。「カッコイー!」んです。見えるのは右カーブ後から直線途中までのほんの一瞬なので、注意していないと見逃してしまいます。特に季節は冬〜春が最高です。快晴の青空をバックに白く雪化粧した岩肌が迫り来るんです!超感動モノ!!なのです。この話をここ数年言い続けているのですが、意外にここから雄鉾岳が見えることは知られていません。でも、安全運転の見地からは「正しい」のかも知れません。脇見運転なんてとんでも有りませんよね。私はちゅんの運転で助手席が多いので本当に楽しみにしています。

 雲石峠を越える皆さん、是非一度「安全運転」でご確認下さい。

雄鉾岳の絶景ポイント
携帯のカメラでは感動を伝えられない・・・残念!

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7879)

意外と知られていない?便利なショートカットキー

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-22 20:51

ども。
時間に追われるのが嫌いで、駅には30分以上前に到着してしまうチキンな担当ちゅんです。

さて、今日はこれといって書くネタがないので、こんなときのために温めていたとっておきの記事を書こうと思います。題して「便利なショートカットキー」。ね、別にタイミング関係なくいつでも出せそうな感じですよね。でも、ここからは気合を入れて書いていきますのでよろしければお付き合いのほど。個人的なランキングベスト5と題して、徐々に感動度合いを強めていきたいと思います。

第5位 Windowsキー+L
Windowsのログオフをするショートカットです。通常はスタートメニューからログオフをクリックするのですが、こういうのをサラリとやれるようになるとかっこいいですよね。

第4位 Windowsキー+D
いわゆる「あ、やばい。この画面は人に見られたくない!」と思ったときに緊急回避するためのショートカット。実際にやってみてもらえればわかると思いますが、これは思った以上に便利です。

第3位 Ctrl+Shift+ESC
タスクマネージャを起動するためのショートカットです。通常はCtrl+Alt+Deleteから起動するか、タスクバー右クリックから起動させることが多いですが、これだと1発でOK。左手だけだとちょっと押しづらいので、Shiftは右手で押すことをお勧めします。

第2位 Shift+CD挿入
CDをドライブにセットする際にShiftを押したままにすると、CDの自動再生をキャンセルすることができます。CDの中にあるマニュアルだけを読みたいのに、セットアップが始まってしまったりしてイライラしたことはありませんか?そんなときはぜひ!

第1位 メモ帳限定でF5
これ、知っている人はかなり少ないと思います。何が起こるのかは実際にやってみましょう!メモ帳を起動してファンクションキーのF5を押してみてください。これは、電話がなるたびに必ず押すようにして、それから用件を書き留めるなど、工夫次第でかなり便利に使うことができます。メモ帳って使い込むとほんと愛着の沸くアプリケーションですよ。

番外編 Windowsキー+Eを長押し
これは番外編なので試してみたい方は自己責任で。そうですね、5秒も押しっぱなしにしたら十分じゃないでしょうか。これだって使いこなせればすごく便利ですし、何よりデスクトップ上に「マイコンピュータ」を出しておく必要がなくなるかもしれません。

以上が私の思うところのベスト5です。まだまだWindowsには便利なショートカットがあるのですが、特にこうした機能はサーバーを操作するときに威力を発揮します。限られたスペースでマウスを操作するよりも格段に早く仕事ができます。
もし、この記事が気に入った方はInternet Explorer上でCtrl+D(お気に入りに追加)をよろしくお願いします!

Windowsキー
スタートメニューを開くとき以外にも使い道はあるんです

(投稿者:ネタギレのちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7425)

検索サイト vs SEO

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-21 13:28

 インターネット検索サイトのyahooやgoogle等で、調べたい事柄を検索する事が増えているのですが、この仕組みって一体どうなっているのでしょうか?きっともの凄い仕組みには違いないと思いますが、調べてみました。これを調べるのもgoogleでですが。

 まず、検索サイトの運営各社はロボットと言われるコンピューターを複数台(何百・何千・何万台?)利用して、四六時中世界中のウェブサイトを自動でランダムに見て回ります。そこで、キーワード(単語)を収集し、そのアドレス(URL)を記憶します。それにより膨大な検索用の単語データベースを構築します。これは今現在も更新されながら膨張し続けています。
 このデータベースを元に、我々が入力した単語に関連するウェブサイトが表示される訳なのですが、まだまだ仕組みが施されています。どうすれば、いの一番(最初の方)に表示されるかという問題です。検索して最初に表示されるサイトの方が見てもらえる確率が高いのは言うまでもありません。物販等のサイトであればそれは死活問題なのです。そこでSEO対策が必要となります。SEOとはSearch Engine Optimization のことで、日本語にすると「検索エンジン最適化」となります。検索結果の表示は、何らかの「法則・得点制」によって順番が決められると考えられています。例えば、普段から沢山アクセスのあるメジャーなサイトは、「アクセス数がもの凄く多い」の要素で加点され上位に表示されます。また、「沢山のサイトからリンクが張(貼)られている」なども加点要素と考えられます。その具体的な要素と点数配分は、検索サイトによって異なり、さらに絶えず変更されているとされている言われています。勿論、検索サイト側では本件についてトップシークレットなので教えてくれません。
 そこで、色々な手法でこの「法則」を解析し上位に表示されるよう指南する商売が何と有るのです。このSEO対策の一要素として「信頼性の高い自治体サイトからリンクが張られている」というのが有るらしく、町のWEBサイトトップページ(右側)のバナー広告に、見慣れない道外の会社広告が出ているのもそう言う理由だったりするようです。

 町では、バナー広告を随時募集しています。町内の方は月額5千円、町外の方は月額1万円と大変リーズナブルになっています。是非SEO対策の側面からもご利用をお待ちしています。

バナー広告随時募集中です。
SEO対策なのか道外企業の広告も増えています。

(投稿者:92)

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6241)

仕様書は難しい

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-20 16:16

ども。
外で元気に遊んでいる小学生を見ると「あの頃に戻りたいなぁ」とつぶやいてしまう担当ちゅんです。

さて、3月のPC更新、4月のPC配備換えが一段落し、そろそろ次の更新時期が近づいてきました。今日は次に発注するPCの仕様書の作成を任せられ、しばしPCの画面とにらめっこしておりました。

それにしても仕様書を作るのは難しい。PCのスペックを全てこちらで指定して購入するのですが、購入する端末はノートかデスクトップかから始まって、CPUのグレードはCeleronなのかCore2Duoなのか、メモリは何GBで、HDDの容量はどのくらいか、搭載するOSとアプリケーションはどうするのか、といった具合でとにかく細かく仕様を伝えなければなりません。さらに、今回はレーザープリンタも同時発注の予定なので、そっちも同様に仕様が必要です。使用できる用紙の最大サイズはどのくらいか、印刷速度は一分間に何枚か(PPMという単位です)、両面印刷はどうか、用紙トレイの段数は何段か、といった具合です。

そして、ここでポイントが。これら仕様には全て「限定指示の無いものは相当以上を可とする。」という注釈がつけられるのです。どういうことかというと、モニタのサイズは17インチと仕様で書いたとしても、仮に19インチのモニタの方が安いような場合は、そちらでも可能ということです。PCを発注する際には実はこれがとても重要で、例えばHDDだと80GBと指定しても現実的には120GBの方が安価であった場合、指定を上回る容量であるので120GBが入ってくるなんてことはごくごく当たり前のことだったりします。

逆にこの注釈を付け忘れてしまうと、スペック的にはそこそこなのに、お値段は最上位グレード並なんてことになってしまいます。以前も書きましたが「需要と供給」です。あまり出回っていない部品は高いというのがこの分野では特に顕著に感じられます。さすがにいまどき「フロッピードライブ搭載」と書く気はありませんが、この場合は「物理的に生産されていない」のでたぶんアウトでしょうね。もしかしたら特注でしょうか…。

FD
これを有効利用する方法はないものか・・・

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5460)

マニアックなHDD容量

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-19 16:20

 今年度予定の町内小学校PC教室整備の事前準備を始めました。町内の小学校にはいち学年生徒数の2分の1を目安に生徒用PCを整備しています。

 でもこれがもう・・・大変なんです。ペンティアム2の300MHzのPCが現役で動いていたり、OSもMeは良い方で98も有ったりします。頻繁に学校からSOSが来るのもうなずけます。第一これでは、今時のWebサイトをまともに見ることも出来ません。メモリーは多くても128MBなのでFlashなんかはあっさり固まります。これでは、とても授業には使えません。そこで、今回はウインドウズXPのPCと入れ替える予定なのです。とは言っても厳しい財政事情もありまして、某中学校でのPC教室更新により廃棄予定だった?PCをリビルドして再使用する事となりました。PCはギリギリで何とかXP(Home)でしてCPUはセレロン1.2GHzでメモリーも512MBへ増設すれば、小学校での利用にはそこそこ耐えうると判断されました。HDD(ハードディスク)も元々20GBだったのですが、あまり調子が良くないものが多いため、別件で取り置きのHDDと換装することにしました。

 あれっ??30GBだと思って保存してあったHDDなのですがよく見ると40GBの製品です。確認のためにPCに繋いでみます。やはり30GBしか容量はありません。そこで、マニアックに「icc hdd」なる怪しいTOOLで40GBの本来の容量に直します。ほら、ちゃんと40GBになりました。(詳しくは書きませんが興味のある方は自己責任でご覧下さい。)

 何故?メーカーがわざわざ40GBのHDDを30GBに細工して出荷したかですが、多分こうなのかな?PCメーカーでは、30GBのHDD搭載PCとして販売を開始しました。生産を続けているうちに、HDメーカーに30GBの在庫が無くなり、やむを得ず40GBを調達します。でも製品のカタログ等に30GBモデルとして記載しているため、あくまで30GBの容量にこだわり出荷したためと想像されます。もしも40GBのままで出荷すると、買った時期で容量が違うって、消費者は納得しないんでしょうね。実はこう言うPCって結構有ったりします。マニアとしてはTOOLで容量を戻せば全量使えるので、得した気分です。

容量制限がかけられたHDD
40GBのHDDに30GBの容量制限が

(投稿者:92)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5556)

こんなところにもWindows

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2010-4-16 15:22

ども。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還カウントダウン特設サイトを見て、思わず涙してしまいそうになった担当ちゅんです。

先日、マイカーに給油するため、町内の某セルフ式ガソリンスタンドに行きました。時間はちょうど深夜0時頃。すると、いつも見慣れたタッチパネル式の操作端末の画面には「現在、システムを更新中につき、しばらくお待ちください」といったメッセージが表示されていました。どうやら、そのガソリンスタンドは日付をまたいだ時に何らかのシステムメンテナンスを行っているようで、私は偶然その瞬間に居合わせた、ということのようです。

しばらく画面を見ていると、画面の電源が一瞬切れたので「ああ、再起動したんだなあ」と、滅多に見ることのできない画面に「ラッキ〜」と思いながら(このあたりの感覚が人からマニアックと言われる所以か)またしばし凝視しておりますと、次の瞬間、「いつもの見慣れた画面」が表示されて私のテンションは夜も手伝って最高潮に達しました。

画面に表示されていたのはWindows XPの起動画面。なんと、いつもの操作端末はWindows XPをベースにして動いていたんです!あの手のシステムはオーダーメイドの1点ものとばかり思っていましたので、とても驚きました。ということは、「お金を入れてください」「油種を選択してください」とオペレーションしているシステムは単なるWindowsで動作するアプリケーションということになり、もしかしたらお金を数えたり、カードを読み取ったりする機械はUSBで接続されている機器の可能性も。ついでに言えば、給油が終了した後のスロットゲームも…。

最近のWindowsは信頼性も高く、むしろ1点もののシステムより安定して動作するのかもしれません。でも、これだけ広く普及しているので、私はつい「ウイルスは大丈夫だろうか」と心配してしまいます。ちゃんとWindowsアップデートはしているだろうか、ウイルス対策はしているだろうか、と。余計なお世話ですかね。

見慣れたいつもの画面
この画面が「いつもの見慣れた画面」です。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5562)


ブログ カレンダー
« « 2010 4月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open