にわかSEは大忙し!

本当にLTSCが必要なのか?

カテゴリ : 
つぶやき
執筆 : 
八雲町 2018-12-12 18:00

ども。
12月の過ぎ去っていくスピード感にスリルを感じる担当ちゅんです。

12月といえば、当町にとっては(他の自治体も同様でしょうけど)来年度予算の編成時期となります。役場内に導入されるICT関連機器・システム等の計画に対しては、原則的に我々情報部門との事前協議が必要とされているため、連日、様々な部署から協議の依頼が寄せられています。

そうした中で、最近困っているのが「Windows 10」のグレードです。
ご存知の方も多いかと思われますが、Windows 10には個人向けの「Home」、個人・企業向けの「Pro」、企業向けの「Enterprise」、学校向けの「Education」という4つのグレードが存在しています。当町では基本的に業務用PCには「Pro」を導入して運用しているところですが、ここにきて「Enterprise」を必須要件に指定されたシステム用端末の協議が増えてきました。

しかも、単純にEnterpriseにするだけではなく「LTSC(旧LTSB)にしなさい」という指示。LTSCとは「長期サービスチャネル(Long Term Servicing Channel)」と呼ばれるもので、簡単にいえば定期的にリリースされるOSの新バージョンにはアップグレードせずに、セキュリティ更新のみが10年間受けられるというもの(で合ってますか?)。ここだけ見れば、我々のような職場のICT管理部門の人間は「これしかない!」と泣いて喜ぶところですが、実はそう単純なものでもないのです。

まず、このOSは高価です。価格は販売店によりますが、少なくともProより高額なのは間違いありません。しかも、販売形態はボリュームライセンスのみ。さらに、LTSCでは「Microsoft Office」の利用さえも想定されておらず、医療装置など「特定用途のデバイスに対してのみ使用してください」の注意書きもあります。つまり、職場で利用する端末全てをLTSCにしてしまえばいいという考え方は誤りなのです。

(参考外部リンク)Windows IT Pro Center:サービスとしてのWindowsの概要 

それにも関わらず、あえてこのバージョンを指定してくるシステムが増えていることに対して「本当にこれが必要なのか?」という疑問を抱いてしまいます。しかも、そういう端末に限って過度にハイスペックなCPUを要求していたりして、踏んだり蹴ったりです。でも、最終的には「この要件を満たさない場合はサポートしかねます」と言われることが一番怖いわけで、担当者としてはしぶしぶ承服するという状態です。一体、何が正解なのかよくわからなくなってきます。

Pro
それにしても、これ系の話は書きづらくて仕方がありません。

(投稿者:ちゅん)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1940)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/information_blog/tb.php/2110

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要


ブログ カレンダー
« « 2019 3月 » »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
最新のコメント

open

町へのご意見 open

便利なサービス open