トップページ  >  八雲町議会  >  議会の概要  >  議会のしくみ

議会のしくみ

議会のしくみ

議会はなにをするところ

私たちの八雲町を、明るく住みよい町にしていくためには、町民ひとりひとりが強い関心を持ち、町民の意思が町政に反映された行政が行われるようにすることが必要です。しかしながら町の運営を決めるために、町民が一堂に集まることは不可能です。そこで町民の声を町政に反映させるために、町議会は、町民の選挙によって選ばれた代表(町議会議員)によって構成し、条例(町の法律に当たる)を制定したり、町長が計画した仕事(議案)を審議し決定(議決)します。その決定に基づいて町長は計画を実行(執行)していきます。

また、議会は、町長などが行う仕事を調査したり検査したりするほか、多くの権限をもって活動しています。(詳細は、「議会の権限」をご覧ください。)議会は、町民が議員を通して町政に参加する大変重要なところであるといえます。

議会の権限

議会には、法律(地方自治法)により、次のような権限があたえられています。

議決  条例の制定、改正、廃止を決めます。
 町の予算を決め、決算を認定します。
 特に重要な町工事請負契約を結ぶことを決めます。
 町有財産の取得、処分などを決めます。
 町村の合併などを決めます。
 そのほか法律や条例で決められている重要な事柄を決めま
 す。
選挙  議員の中から議長、副議長を選びます。また、町民の中
から選挙管理委員を選びます。
同意  町長が副町長、監査委員などを任命する場合は、議会
の同意が必要です。
調査・検査 町の仕事が正しく行われているかどうか、調査や検査を
します。
意見書の提出 町民の福祉や利益となる事について、政府に意見書を提
出します。
請願の受理  町民の請願(要望)を受け、審査し、適当と思われるものは
町長等執行機関へ提出します。
プリンタ用画面
カテゴリートップ
議会の概要
次
議会の構成と組織
トップページ  >  八雲町議会  >  議会の概要  >  議会のしくみ


open

町へのご意見 open

便利なサービス open